BRINGING THE PAST TO THE FUTURE : 08 May 2019

Joe Tossini and Friends

BRINGING THE PAST TO THE FUTURE〜未来は懐かしい #2

By Yuji Shibasaki

BRINGING THE PAST TO THE FUTURE : 08 May 2019

Joe Tossini and Friends

BRINGING THE PAST TO THE FUTURE〜未来は懐かしい #2

By Yuji Shibasaki

純粋経験としてのポップス~「アウトサイダー・ミュージック」のその先へ

Joe Tossini and Friends 『Lady of Mine』

これは、著名なミュージシャンによる記念碑的作品でもなく、歴史に名を残す堂々たる名盤でもない。日常の中で音楽を奏でてきたオーディナリー・パーソンによる音の記録だ。一人の若者がミュージシャンとしてヒロイックな活動を繰り広げていくロック式のビルドゥングス・ロマンから最も離れた、だがそれゆえに激しく尊いなにかである。

イタリアはシチリア島産まれ、後にボローニャへ移り、更にはデュッセルドルフ、トロント、フィラデルフィアと祖国を離れ流転の人生を歩んできたジョー・トッシーニ。1977年、母の死に接し一時は抑うつ状態に陥るが、幼少期より親しんできた音楽に救いを求め、作曲を通してその精神を緩やかに回復していったという。更にその後ニュージャージーに移住し、同じイタリア系の米音楽業界の大物バンドリーダー、ペッピーノ・ラッタンツィと出会い交流を深めることになった。ジョーの才能を高く買ったペッピーノが舵取り役となり、周辺ミュージシャンを一同に集めて制作されたのが本作『Lady of Mine』(1989年リリース)だ。

哀情溢れるイタリア流セレナータをルーツとしたマイナー調楽曲に、カシオトーンを駆使した極めてチープな電子音、妙に切れの良いホーン・セクション、セクシーな女性コーラス、突如切り込んでくる泣きのエレキ・ギター、そしてジョー本人の切々としたヴォーカルが乗るこの音楽の魅力を語ろうとするとき、多くの人が「アウトサイダー・ミュージック」という呼称を授けようとすることだろう。たしかに、美麗とロー・ファイが不可思議なバランスで同居する様は、ゲイリー・ウィルソンやチャック・センリック、ジェフ・フェルペスといったアーティスト達によるオブスキュアAORの名作群にも近しい質感を湛えている。実際に、本作が注目を集めたのは、ジュリアン・ドゥシエとDJサンデーによる2016年のコンピレーション『Sky Girl』へM7「Wild Dream」が収録されたことをきっかけとしており、珍奇なグルーヴを求めるディガー的な視点から評価されたという事実もある。しかしながら、こうしてオリジナル・アルバムのリイシューで全貌に触れてみると、そうした「珍盤礼賛」的視点のみでは取りこぼしてしまう音楽的美点に彩られていることがわかる。

それはどんなものかといえば、収められた音楽から強く感得される、音楽を固有的に対象化するのではなく、あくまで常なるものとして行為している様=「ミュージッキング性」によって生み出されるサムシングだ。当たり前のことだが、彼はここで何か珍奇なものを作ってやろうとか、後年のディガーをしてギョッとさせてやろうとか、そういう欲動に動かされているわけではない。自身を救ってくれた音楽制作を通して、音楽制作そのものを祝福しようとしているように感じてならない。音楽が値を付けられたり、マーケティングの対象としてそのアウラが不正にブーストされたり、消費されたり、転売されたり、捨てられたり、忘れされたりすることから幸運にも逃げおおせ、ただ内側に向かって音楽を開放させるのだった。だからこれは、究極的な意味で自己目的的な音楽であり、一般的なポップスが宿命的に足を踏み入れざるを得ない資本主義的道程が消し去ってしまうポップスの純粋経験とでもいうべきものを、それ自体が行為として行われることでフリーズ・ドライすることに成功した、非常に稀なる録音物といえるだろう。全ての「アウトサイダー・ミュージック」は、そのような純粋なる行為性の魅力に接近するときにのみ、その輝きを垣間見せてくるものなのだということを忘れないようにしたい。(柴崎祐二)

■Calentito内アーティスト情報
https://calentitomusic.blogspot.com/2019/02/rtmcd1372.html


Joe Tossini and Friends

『Lady of Mine』

Original:

1989年 / IEA Records
Reissue:

2019年 / Efficient Space / Calentito

■購入はこちら


MORE FEATURES

  • FEATURES : 21 May 2019

    Flying Lotus

    Flamagra、それはフライング・ロータスが歴史を把捉しながら描く新たな音楽の設計図

    By Tetsuya Sakamoto

    これまでフライング・ロータスことスティーヴン・エリソンは、ビート・ミュージック、エレクトロニック・ミュージック、ジャズ、ヒップホップ、ファンクを自由に撹拌し、自在に往来しながら、エクレクティックでフレ

  • INTERVIEWS : 17 May 2019

    The National

    人はまっさらで生まれ、喜びや挫折を浴びて育ち、強く気高く終える
    ザ・ナショナル最高傑作『I Am Easy To Find』ここに誕生!

    By Shino Okamura

    モノクロのポートレートとしてアルバム・カヴァーに写る女性は女優のアリシア・ヴィキャンデル。と知って、とっさに『光をくれた人』(2016年公開)の熱演を思い出した人は、筆者以外にもいるだろうか。昨年公開

  • INTERVIEWS : 16 May 2019

    The National

    世界に誇る最強バンドであるために
    アーロン・デスナーが語るザ・ナショナルが無敵の理由

    By Shino Okamura

    このインタビューは2年前、2017年9月に発表された通算7枚目のスタジオ・アルバム『Sleep Well Beast』のリリースに際して筆者が行ったものだ。相手はアーロン・デスナー。このバンドの音楽面

  • MAP OF THE K-POP : 15 May 2019

    Jannabi

    BTSやBLACKPINKとも肩を並べる人気バンドが聴かせる、現代に寄り添うレトロ・ポップ

    By Daichi Yamamoto

    「K-POP」という言葉は私たちに何をイメージさせるだろう。北米や北欧のソングライターとタッグを組んだ激しいダンス・ミュージック?歌や踊りを何年も鍛え上げる厳しい訓練生活やオーディションといったアイド

  • INTERVIEWS : 13 May 2019

    空間現代

    遠回りをした方が得られる感動もある~ アメリカ・ツアーも大好評だった空間現代、初の海外リリース作であり7年ぶりのオリジナル・アルバム『Palm』を語る

    By Shinpei Horita

    ニュー・アルバム『Palm』は、空間現代にとって実に7年ぶりとなる単独名義でのスタジオ録音作品であり、初の海外リリース作品である。しかし彼らはその間、沈黙を貫いていた訳ではない。言うまでもなく、201

  • INTERVIEWS : 12 May 2019

    三宅唱 x Hi’Spec x OMSB

    三宅唱 x Hi’Spec x OMSBが語る、共に過ごす日々が紡ぐ、尊敬と信頼のクリエイティブ~映画『きみの鳥はうたえる』Blu-ray&DVD発売記念インタビュー

    By Daiki Takaku

    ヒップホップの曲作りの過程を収めたドキュメンタリー『COCKPIT(2014年)』でも既にその音楽への熱を迸らせていた映画監督・三宅唱。そしてその出演者でもあり今や神奈川県は相模原を代表するヒップホッ

  • INTERVIEWS : 11 May 2019

    Jamila Woods

    レガシー、それは私そのもの ~ジャミーラ・ウッズが語る新作『レガシー!レガシー!』と、誇りの在り処、アイデンティティのゆくえ

    By Nami Igusa

    レガシー、それは自分自身だ。ジャミーラはインタビューでこう語ってくれた。「『この人は誰だろう? 私と同じ所から出てきて、世界を変えるような素晴らしい業績を残したこの人は?』と。それが私の自信になり、自

  • FEATURES : 08 May 2019

    OMSB&Hi'Spec

    永遠に続くと思ったあの日々が蘇る一夜〜映画『きみの鳥はうたえる』Blu-ray&DVD発売記念パーティー × EBISU BATICA 8周年記念興行イベントレポート

    By Daiki Takaku

    4月25日木曜日に恵比寿《BATICA》で行われた、映画『きみの鳥はうたえる』Blu-ray&DVD発売記念パーティー × EBISU BATICA 8周年記念興行。映画のワンシーンを再現す