FEATURES : 23 July 2019

Joey Dosik

A Man Dedicated To Inheriting The Soul Music Traditions Through Authentic Songs

By Koki Kato

FEATURES : 23 July 2019

Joey Dosik

A Man Dedicated To Inheriting The Soul Music Traditions Through Authentic Songs

By Koki Kato

ジョーイ・ドーシック来日公演間近!
オーセンティックな歌を通じてひたむきにソウルの伝統を継承する男

 

昨今、ロサンゼルスという地から届けられる歌のエネルギーに興奮を覚えることが多い。例えばサーペントウィズフィート、イヴ・トゥモア、ケルシー・ルー、ヒラキッシュ……彼、彼女らは声を中心にソウル、ジャズ、エレクトロニカ、アンビエントなどを交錯させながら実験的で新しいサウンドによって、それぞれのセクシュアリティや様々な価値観を提示している。モッキーの作品への参加や来日公演にも帯同したことで知られるシンガーソングライター、ジョーイ・ドーシックもロサンゼルスを拠点としながらソウルを歌う今のミュージシャンだ。ただ、ジョーイ・ドーシックが前述したミュージシャンたちと異なると感じるのは、彼が70年代のソウル・ミュージックに敬意をはらいながら直向きにオーセンティックなサウンドを届けているからなのかもしれない。サーペントウィズフィートらが現在のロサンゼルスで新しい表現を次々と生み出す流れとは逆行するように、ジョーイ・ドーシックという男はオーセンティックであり続けている。ただ、逆行しているからこそ、そのノスタルジーを感じるサウンドがかえって稀有で特異な存在に思えてくるのだ。

ロサンゼルス出身のジョーイ・ドーシックは、ヘンリー・グライムス・グループや、ウィルコのギタリストでもあるネルス・クラインらと演奏を共にしながら高校までの学生生活を過ごしたという。ミシガン州の大学ではジャズを専攻、その時にルームメイトかつバンドメイトだったのがTheo KatzmanとJoe Dart、現在ロサンゼルスで活動するバンド、ヴルフペックのメンバーを務める二人だ。彼らとジョーイの出会いは必然だっただろう。最近日本でも認知されてきたヴルフペック、キレキレのリズムとビートを生み出しながら、ギター、ベース、キーボード、ドラムという4人編成を軸として繰り出されるファンク・サウンドがファンク・ブラザーズやタワー・オブ・パワーを想起させる。ジョーイ・ドーシックはヴルフペックのコラボレーターとしてキーボードやコーラス、コンポーザーと多岐に渡って活動をしている。中でもユニークだったのは、2016年にリリースされたEP『Game Winner』収録の「Running Away」が、翌年の2017年にリリースされたヴルフペックの『My Finish Line』に別アレンジで収録されたことだ。リリースから間もなくヴルフペックによって再解釈された「Running Away」は、デイヴィッド・T・ウォーカーとジェームス・ギャドソンの二人をフィーチャリングに招くというサプライズもあった。力強いジェームス・ギャドソンのドラミングに、Marlena Shawの『Who is This Bitch, Anyway?』(1974年)を思い起こさせるデイヴィッド・T・ウォーカーのメロウなギター、そこに遜色なくフィットするジョーイ・ドーシックの歌声を聴くことは、ソウルという音楽が世代を問わず、時代を越えて私たちを魅了するものだと再認識した瞬間だった。そういえば、ジョーイが『Inside Voice』(2018年)でビル・ウィザースの曲(「Stories」)をカバーしているが、当時ビル・ウィザースのプロデュースとドラムを担当していたのがジェームス・ギャドソンその人だった。

ジョーイ・ドーシック自身の作品『Game Winner』(2016年)、『Inside Voice』(2018年)にフォーカスしてみると、ヴルフペックとのコラボレートとは異なり、歌詞の独白を強調するサウンドになっている。それは、まるで一人で歌うジョーイを囲むようにバンドのサウンドが配置されている。ビル・ウィザースの「Stories」も原曲はたしかにピアノを主体とした語りとも思えるサウンドになっているが、ジョーイのカバーではクラップ、バスドラム、コーラスのサウンドのみをバックに彼自身がリード・シンガーとして前に立ち「あなたを大切にする」というメッセージをより近い距離で歌い伝えている。また「Game Winner」では、彼の趣味でもあるバスケットボールの試合を例えにしながら、恋愛というテーマを歌っている。比喩を用いた歌詞やサウンドの工夫は、より相手に伝えることを意識したソングライティングになっているからだということに気付く。そして『Inside Voice』に参加するミュージシャンにモッキー、ミゲル・アトウッド・ファーガソン、モーゼス・サムニー、ニア・アンドリュース、ココ・Oなど多彩なミュージシャンを迎えたことで、独白的でありながらも広い空間を演出することに成功している。特に、一部で共作も行うミゲルのストリングスとヴォーカリストたちのコーラスワークはその演出を一層拡張している。ミゲル・アトウッド・ファーガソンのストリングスはタイトル・トラックの「Inside Voice」に代表されるように流麗なサウンドを聴かせながら歌と巧みに共存しているし、モーゼス・サムニーとニア・アンドリュースが参加した「Take Mine」では声のレイヤーが美しくハーモニーを奏でている。

ジョーイのfacebookではモーゼス・サムニー、ニア・アンドリュースとのリハの様子が公開されている

https://www.facebook.com/watch/?v=671444122893654

広がりのあるサウンドの中にたしかに佇むジョーイの独白、これはゴスペルを思わせないだろうか。元来、教会で聴くという性質を持っていたゴスペルは私たちの日常生活との距離が近いし、ジョーイが目指した表現にある近さ、聴き手に伝えようとする工夫はゴスペルと似ている気がするのだ。メッセージをより伝えたければ対面することが一番だと考えるならば、対面する音楽こそゴスペルであり、それを継承したのがソウル・ミュージックであるから、彼は録音でそういった距離感も現代に再現したかったのかもしれない。2015年の来日の際、ソロ公演で楽器を持たずに自身のクラップのみで「Stories」を一曲歌い上げてしまった彼の姿が、記憶に残り続けてしょうがないのはそのせいだろうか。(加藤孔紀)

Photo by Curt Essel

■amazon商品ページはこちら

■Joey Dosik Official Site
https://joeydosik.com/

関連記事
【INTERVIEW】
モーゼス・サムニーの清くダークな歌世界、それは誰の胸にも宿る天国と地獄
http://turntokyo.com/features/interviews-moses-sumney/

【INTERVIEW】
サーペントウィズフィート クィアーかつ純然たるR&Bシンガーの妥協なき葛藤のうた
http://turntokyo.com/features/interviews-serpentwithfeet/

【FEATURE】
ケルシー・ルー 環境に寄り添うサウンドと歌の可能性を探求するチェリスト/シンガー
http://turntokyo.com/features/features-kelsey-lu/


The EXP Series #29
JOEY DOSIK

2019/07/31(水)、08/01(木)
Blue Note TOKYO
1st
OPEN 17:30
START 18:30
2nd
OPEN 20:20
START 21:00
ADV ¥6,500(税込)
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/joey-dosik/


MORE FEATURES

  • INTERVIEWS : 21 August 2019

    Young-G

    日本でヒップホップをやることはタイからみたら一種のルークトゥン
    Young-Gが魅了された一過性のブームでは掬いきれないタイの音楽の魅力とは?

    By Daiki Takaku

    「今アジアの音楽が熱い」最近そんな言葉をよく耳にするが、山梨県旧一宮町を拠点として活動するヒップホップ・ユニット、stillichimiyaのMC、ビートメイカーとして知られるYoung-Gは、One

  • INTERVIEWS : 16 August 2019

    Juu & G. Jee

    アジア・レペゼンの現在を伝えるタイと日本の刺激的な連帯
    Juuが語る自身の生い立ち、そしてタイの今

    By Shino Okamura

    もしかすると、今ほど新旧さまざまなアジアの音楽が注目され、その多様な作品、アーティストが広く聴かれている時代も過去になかったのではないかと思う。いや、過去にもちょっとしたアジア・ブームがあっただろう。

  • INTERVIEWS : 13 August 2019

    The Bird And The Bee

    ザ・バード・アンド・ザ・ビー流ヴァン・ヘイレンのススメ
    イナラ・ジョージが語るポップ・ミュージック進化論

    By Shino Okamura

    はっきり言おう。イナラ・ジョージとグレッグ・カースティンの二人は、目立って評価される機会こそ少ないが、アメリカの現在の音楽の現場で人間交差点的な役割を果たしている重要人物だ。90年代から裏方として活動

  • FEATURES : 13 August 2019

    Foals

    サマーソニック出演目前!享楽とシリアスの融合の軌跡
    フォールズ全アルバム・ディスク・ガイド

    By Masashi Yuno / Kei Sugiyama / Daichi Yamamoto / Hiroko Aizawa / Eri Mokutani

    《サマーソニック ’19》出演までいよいよカウントダウン! そこで、フォールズを紐解くAtoZ、最新ライヴ・レポートに続き、今回は彼らのこれまでの作品を1枚ずつ振り返ってみよう。 ダンサブ

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 08 August 2019

    Haim / Wilco / SAGO SAID / 蓮沼執太 / Dabeull / Rude Jude / Rayland Baxter / Angel Olsen / Lulileela

    BEST TRACKS OF THE MONTH – July, 2019

    By Sayuki Yoshida / Dreamy Deka / Shino Okamura / Kei Sugiyama / Daichi Yamamoto / Nami Igusa / Koki Kato / Sinpei Kido

    Angel Olsen – 「All Mirrors」 比類なきその声に対峙できるのはオーケストラだったということか。前作『My Woman』(2016年)からほとんど新曲らしい新曲もない

  • BRINGING THE PAST TO THE FUTURE : 08 August 2019

    『Digital Kabar"Electronic Maloya From La Reunion Since 1980"』

    文化混交と多様性の称揚
    レユニオン島の「エレクトロニック・マロヤ」を聴く

    By Yuji Shibasaki

    マダガスカルから約800km東のインド洋上に浮かぶ島、フランス海外県レユニオン。サトウキビ生産を主要産業とするこの小さな島の名は、海外文学に明るい方ならあのミシェル・ウエルベックの出身地としても知って

  • FEATURES : 08 August 2019

    Fuji Rock Festival

    《フジロック・フェスティバル ’19》ライヴ&フォト・レポート

    By Makoto Watanabe / Daichi Yamamoto / Hiroko Aizawa / Eri Mokutani

    23回目を迎えた《フジロック・フェスティバル’19》。7月27日は台風6号の影響で一部プログラムに変更が生じたものの、26日の前夜祭から延べ4日間で130,000人(主催者発表)が来場して

  • 菅原慎一の魅惑のアジアポップ通信 : 07 August 2019

    古一小舍(guyicafe)

    第1回:『古一小舎』〜今後の台北音楽シーンを担う、
    どう考えても普通じゃないカレー店

    By Shinichi Sugawara

    菅原慎一のアジア熱が止まらない! 近年、すっかりアジアン・カルチャーに魅せられているシャムキャッツの菅原慎一が、ここ『TURN』で執筆レポートしてくれた人気記事《ex透明雑誌・洪申豪(モンキー)が作っ