FEATURES : 07 May 2019

Kelsey Lu

A Cellist / Singer Exploring Sounds That Embrace The Environment And The Possibility of Songs

By Koki Kato

FEATURES : 07 May 2019

Kelsey Lu

A Cellist / Singer Exploring Sounds That Embrace The Environment And The Possibility of Songs

By Koki Kato

ケルシー・ルー来日公演決定!
環境に寄り添うサウンドと歌の可能性を探求するチェリスト/シンガー

ケルシー・ルーの来日公演が5月29日(水)に渋谷『WWWX』で行われることが決定した。ソランジュ、ブラッド・オレンジやOPNなどの作品にも参加してきた彼女のソロ・デビュー・アルバムとなる『Blood』が4月にリリースされたばかり、絶好のタイミングでの来日だ。

チェロを携え歌うスタイル、そして自然環境からインスピレーションを受けている彼女の音楽は私たちに興味深く感じさせてくれる。また近年、一層人口が増加し地価が高騰するニューヨークに住んだ後ロサンゼルスへ移住、現在はロサンゼルスの郊外に住む彼女は人口の密集した中心部と距離を取りながら、けれど上述したミュージシャンとの交流や共演も行う活動に独特のバランス感覚があるようにも感じる。

ノースカロライナ出身のケルシー・ルーは18歳のときに地元の芸術学校に入学するも1年で退学し飲食店でのアルバイトを始めたという。そこで出会ったヒップホップグループ、ナッピー・ルーツとの交流が彼女の音楽キャリアのスタート。ライブではコーラス/ボーカルとして参加し、彼女をフィーチャリングした楽曲「Waiting」も制作された。ブレイクビーツに重なる彼女のソウルフルな歌声はローリン・ヒルを彷彿とさせ、またタイトなビートに伸びやかなチェロが重なる実験的なサウンドは、様々なアーティストと共作した『Blood』の原体験にもなっているかもしれない。ナッピー・ルーツとの出会いから楽曲制作を始めたことは、彼女自身のインタビューからも重要な体験として位置づけられていることが分かる。

その後、ニューヨークに移住するも収入がなかなか得られず楽曲制作もiPhoneのガレージバンドで行っていた彼女の転機は、リーバイスのファッションモデルの仕事だったという。ファッションから受けるインスピレーションも彼女の中で重要な要素となっているというから、今回の来日公演でも彼女のファッションには要注目だ。ファッション界隈からも熱視線を受ける彼女、実は昨年の10月11日に表参道のジル・サンダーのローンチ・イベントに出演していた。

よって、今回の単独公演は改めて音楽家としての彼女にフォーカスできるチャンスだ。音楽活動はナッピー・ルーツとの交流をきっかけに持ち、ファッションとも接続するケルシー・ルーだが、彼女自身の音楽に作品に注目し、ファーストEP「Church」(2016年)と先日発売されたデビュー・アルバム『Blood』を聴くと、彼女の音楽に宿る環境/スピリチュアルな意識が段々と変化をしていく様子が分かる。

『Church』は、自らの声とチェロというシンプルなサウンドと、そのミニマルな編成ゆえにできた空間をうまく利用しながら、チェロと歌の旋律を丁寧に重ねていくバランスが見事だ。ニューヨークやロサンゼルスの中心部のようなぎっしりと埋め尽くされた都会の喧騒とは異なる、現在彼女自身がロサンゼルスの郊外で自然に囲まれて過ごすように、まるで自然環境に存在する余白を表現しているようでもある。彼女が自らの手によって自然界の環境音を人工的に再現している、とも言えるかもしれない。それは例えばニコラス・ブリテルが映画『ムーンライト』のサウンドトラックでピアノのアルペジオとヴァイオリンの長く響くシンプルなサウンドによって、舞台となったマイアミ/リバティー・シティのぽっかりと空いたその地の衰退を再現したことにも近いかもしれない。そこには、環境に潜む空白の「再現」があるのだ。

けれど、先日リリースされた『Blood』は前作とは少し装いの異なる作品だ。歌の存在感は一層強くなり、様々な楽器が交差する中、チェロや環境(音)のような前作を引き継ぐサウンドはアクセントのように配置している。彼女特有のそのバランス感覚に驚かされるのだ。スクリレックスがプロデュースした「Due West」でシンセや打ち込みのドラミングなどエレクトロニクスの中でソウルフルに歌い上げたと思えば、ジェイミーXXがプロデュースした「Foreign Car」では力強いストリングスのサウンドと暗く低いベースをバックにラップのようにリリックを反復するなど、彼女の歌唱は取り囲むサウンドに応じて変化している。一方で、前作のような質感はケルシー・ルーが愛聴するララージの影響を感じる「KINDRED I」「KINDRED II」に特徴的だ。環境音やアンビエントといった彼の作品を彷彿とさせるこれらのインタールードは、鳥のさえずりやぼんやりと響く彼女の歌声によってアルバム全体の中に空白を生み出している。ララージもインタールードにI、IIと数字を振っているようにそういう部分にもリスペクトはあったのだろう。そして、エイドリアン・ヤングがプロデュースした表題曲「Blood」のイノセンスが、本アルバムの終着点として相応しい歌唱になっている。ピアノのサウンドはトレモロによってゆらゆらと、ヴァイオリンとハープのオーケストレーションが季節の移り変わりを表すようにドラマチックに展開する中、澄み切った彼女の歌声はどの楽曲とも異なるし、唯一無二の純真さによってアルバムを締めくくるのだ。

そして出色は、10ccの「I’m Not in Love」のカバーだ。原曲でも印象的な声の多重録音(原曲は624人分のコーラスを重ねている)は非常に印象的だが、彼女は原曲と遜色ない多重録音を「再現」している。上述のように本アルバムは彼女自身が様々な歌唱によって声/歌の可能性を探求しているとするならば、多重録音は一つの挑戦であるし、原曲に劣らない素晴らしいこのコーラスワークは象徴的だ。そして原曲と異なるバスドラムのキックは、まるで心拍数のようにリズムを刻み、声という肉体的な表現に囲まれることと相まって人間の生命力を表現するかのようでもある。まるで自然が次々とその表情を変えるように、歌を中心としながら一定の歌唱スタイルや楽器に固執せず音楽を奏でることを目指したのが『Blood』だったのかもしれない。

前作、今作とこれまでにリリースされた楽曲がライブでどう演奏されるか、今回の来日公演でどのように表現されるか期待がふくらむ。また、アルバムには未収録だが4カ月前にサンファをフィーチャリングしたジョニ・ミッチェルの「River」のカバーが彼女の《SoundCloud》にアップされた。来日公演では、この素晴らしいカバーも聴くことができるだろうか。今一度、リリースされたばかりのアルバムと合わせて聴き、初公演を心待ちにしたい。(加藤孔紀)

■Kelsey Lu Official Site
http://www.kelsey.lu/

■ケルシー・ルー 初来日公演
https://www-shibuya.jp/schedule/011042.php


MORE FEATURES

  • FISHING THE BESTS : 18 September 2019

    youheyhey

    Fishing the Bests #3 〜Another Perspective〜

    By Daiki Takaku

    「音楽の聴き方を変えているのは間違いなくインターネット」先日TURNで行ったインタビューでYoung-Gもこう語っていたように、実際インターネット上で音楽を聴く、あるいはクラウドで音楽を管理することは

  • INTERVIEWS : 17 September 2019

    川本真琴&山本精一

    対談:川本真琴 × 山本精一
    「いろいろな曲がたくさん聴ける雑誌のようなアルバムにしたかった」

    By Shino Okamura

    悪いけど私はデビューした時から川本真琴のファンだ。だからわかる。彼女は決して衝動だけのアーティストなんかじゃないってことが。 それに気づいたのは、もう今から20年くらい前、彼女の正式なライヴとしてはお

  • INTERVIEWS : 16 September 2019

    Give me little more / MARKING RECORDS

    感度の高いショップが密集する城下町・松本のインディー文化
    カギを握る2軒の人気ショップ店主に訊く

    By Dreamy Deka

    サブスクリプション・サービスの普及と巨大フェスの定着によって、ぱっと見では隆盛を極めているようにも見える音楽シーン。洋楽・邦楽のメインストリームが盛り上がるのはもちろん素晴らしいことだけど、クラウドサ

  • FEATURES : 13 September 2019

    Belle And Sebastian

    映画と漫画と音楽から届いた手紙、私たちが過去を物語る理由

    By Koki Kato

    2020年公開予定の映画『Days Of The Bagnold Summer』のサウンドトラックがベル・アンド・セバスチャンの新作だという。誰かの過去について描くことで完成した新作、というべきだろう

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 08 September 2019

    Foals / Thom Yorke / Flea / Tohji / Alessia Cara / DIIV / The 1975 / South Penguin / Spinning Coin / First Aid Kit / Konradsen / 折坂悠太 / Oliver Tree

    BEST TRACKS OF THE MONTH – August, 2019

    By Hitoshi Abe / Si_Aerts / Sayuki Yoshida / Dreamy Deka / Shino Okamura / Kei Sugiyama / Daiki Takaku / Koki Kato / Hiroko Aizawa / Eri Mokutani

    The 1975 – 「People」 スタイリッシュでポップ、現代社会をクールに、かつ痛烈に切り裂くメッセージ性の強い歌詞、どこをとっても今最強で最高のロック・バントの一つであるThe

  • BRINGING THE PAST TO THE FUTURE : 06 September 2019

    Music From Temple

    〈プログレッシヴ〉の捨象したものが蘇る
    83年福岡産自主制作プログレを聴く

    By Yuji Shibasaki

    これまで一般にというと、テクニカルな演奏、複雑な楽曲構成、壮大で主情的なメロディーといった要素ばかりが取り沙汰されてきたきらいがある。それを抽出することをもってとして(一部カンタベリー系やジャーマン・

  • FEATURES : 04 September 2019

    Bon Iver

    バラバラになった何かをつなぐ最後の希望
    ROTH BART BARON三船雅也が綴る『i, i』に向けられたどうしようもなく美しい物語

    By Masaya Mifune

    ボン・イヴェール『i, i』に寄せて—— “これは1人のアメリカ人の男が絶望と孤独の淵から回復し、戻ってくる物語だった” 美しい自然と、黒く清んだ川がある。ウィスコンシン、オークレア。ジョン・プライン

  • FEATURES : 03 September 2019

    Jay Som

    Jay Som『Anak Ko』から考える、アジアン・アメリカン女性による”私たちの音楽”としてのギター・ミュージック

    By Nami Igusa

    90年代のオルタナ・ロックというのはある種、サウンドの荒っぽさゆえ、雄々しいイメージとは不可分であることは否定できない。いや、もちろん、ピクシーズのキム・ディールやソニック・ユースのキム・ゴードンとい