Back

RDC “Sound Horizon”が10月29日(土)に開催

22 October 2022 | By TURN's Editors

《RAINBOW DISCO CLUB》(以下、《RDC》)のスピンオフ・パーティー「RDC “Sound Horizon”」が10月29日(土)に開催される。

会場は、RDCとしては、2021年のスピンオフ・パーティー「RDC “Back To The Real”」以来2度目となる神奈川県川崎市の臨海公園「ちどり公園」。

今年も広々とした芝生エリアを楽しむことができる「RDC Stage」(こちらのステージは音響面を前回よりさらにアップデートするとのこと!)と、京浜工業地帯のインダストリアルな夜景を一望することができる「The Top」の2ステージで構成され、18時間ノンストップのオールナイト公演となる。

今回のヘッドライナーはFloating Points。ソロでの活躍はもちろん、ファラオ・サンダースとロンドン交響楽団との『Promises』(2021年)、宇多田ヒカルの最新作『BADモード』(2022年)にプロデューサーとして参加など、今最も見たいアクトのひとりだ。

また、トロント出身で現在はロンドンを拠点に活躍するPeachが待望の初来日。デビューアルバム『Baby, We’re Ascending』(2022年)をリリースしたばかりのHAAiが《RDC》に初登場する。その他、海外からはHodge、Benny Salvador × Sam Fitzgeraldがラインナップ。

さらに、国内最高峰のテクノDJ、Wata IgarashiとHarukaによるB2Bや、《FUJI ROCK FESTIVAL 2022》でも大勢のクラウドを沸かせたハウス・ミュージック・コレクティブCYKによる貴重な3時間のオープニングセット、DJ活動を休止していたMayurashkaの2年ぶりとなる現場復帰、UKの重要レーベル《Hyperdub》からのリリースでも注目を浴び、昨年衝撃の《RDC》デビューを果たした孤高の才能、食品まつり a.k.a foodmanが今年もLIVE SETで出演を予定。レーベル《NC4K》の中心的存在であり、現行ダンスミュージック・シーンの最前線を突き進む京都在住のDJ/プロデューサー、Stones Taroの出演も決定している。その他、国内からKabuto、Lil Mofo、Romy Mats、Vinyl Youth、Yamarchy、YOSA、Kikiorix、Sisiがラインナップ。

《RDC》の映像&演出を初年度から手掛けているREALROCKDESIGNをはじめ、VJ Manamiといったビジュアルアーティストの参加や、レーザー&ライティングにYAMACHANGの参加も決まっている。

総勢18組(海外5組&国内13組)、半数以上が《RDC》初登場。京浜工業地帯のインダストリアルな景色を見つめながら踊り明かす体験は、唯一無二のものになるだろう。


〈開催概要〉
名 称:RDC “Sound Horizon”

日 時:2022年10月29日(土)14:00開場/15:00開演〜30日(日)9:00終演予定
※18時間ノンストップのオールナイト公演です。

会 場:神奈川県川崎市「ちどり公園」

出 演:
DJ / LIVE:
Benny Salvador × Sam Fitzgerald
CYK (3-hour opening set)
Floating Points
HAAi
Hodge
Kabuto
Kikiorix
Lil Mofo
Mayurashka
Peach
Romy Mats
Sisi
Stones Taro
Vinyl Youth
Wata Igarashi × Haruka
Yamarchy
YOSA
食品まつり a.k.a foodman (live)

VISUAL:
REALROCKDESIGN
VJ Manami

LASER & LIGHTING:
YAMACHANG

料 金:
前売券 12,000円
前売券(23歳以下) 8,000円
グループ前売券(4枚1組) 44,000円(Sold Out)
当日券 15,000円
https://rainbowdiscoclub.zaiko.io/e/Sound-Horizon

〈チケットについての注意事項〉
● 20歳未満の方はご入場いただけません。
● 小学生以下は保護者同伴の場合に限り入場無料とさせていただきます。保護者の方の連絡先を記入の上、お子様に身に付けていただきます。21時までにお帰りください。
● 規定枚数に達しましたら当日券の販売はございません。
● 申し込み後の変更、キャンセルはできませんのでご注意下さい。
● 雨天決行ですがアーティストのキャンセル、変更、天災や不慮の事故による中止の場合の料金の払い戻しはありません。

〈イベントについての注意事項〉
● 再入場可。
● 駐車場はありません。お車でのご来場は出来ません。
● 会場内・外での事故・紛失・盗難・ケガ・病気等の責任は、主催者、会場、アーティストは一切負いません。
● ペット同伴でのご入場はご遠慮下さい。
● アルコール類、瓶、缶、テント、タープ、イス、ドローン、楽器、打楽等、傘、花火等の火薬類、その他危険物及び法律で禁止されている物、他のお客様に迷惑になるもの、怪我の恐れがあるもの。発見次第即没収、破棄致します。

【公式サイト】
https://www.rainbowdiscoclub.com


関連記事
【FEATURE】
幸福な2人の合流地点
─宇多田ヒカル『BADモード』におけるフローティング・ポインツとの共同作業、その演出を聴く─
https://turntokyo.com/features/utadahikaru_floating_points/

【FEATURE】
《NC4K》の元に集結したプロデューサーたち
記念碑的作品Sekitova & isagen『Mirrorcode』が映し出す、豊かな個性に育まれた音楽的土壌
http://turntokyo.com/features/nc4k_mirrorcode/

【REVIEW】
HAAi
『Baby, We’re Ascending』
http://turntokyo.com/reviews/baby-were-ascending/

Text By TURN's Editors

1 2 3 42