FISHING THE BESTS : 27 May 2019

tofubeats / ootuka / ¥ABAI GOON / 909state / STUTS / Sush Yakamash

Fishing the Bests #2 〜Trip to Mercury〜

By Daiki Takaku

FISHING THE BESTS : 27 May 2019

tofubeats / ootuka / ¥ABAI GOON / 909state / STUTS / Sush Yakamash

Fishing the Bests #2 〜Trip to Mercury〜

By Daiki Takaku

Fishing the Bests #2 〜Trip to Mercury〜

お久しぶりです。vol.1から時間が経ってしまいましたが、いかがお過ごしでしょうか。前回の最後に「次回はもっとコンセプトを絞って」と予告していた通り、かなりフォーカスしたラインナップを紹介できればと思いまして、注目するのはリミックスのみ!それもtofubeatsの平成の名曲「水星 feat.オノマトペ大臣」のリミックスのみを並べました。本連載で軸になっているSoundCloudというプラットフォームは(現在は違っているらしいのですが)既成の音源に対してのクリアランス、つまりは権利関係の問題をスルーしてアップすることができておりまして、いわば無法地帯として発展してきた側面があり(リミックスやサンプリング文化の強いヒップホップとの相性の良さも頷けますよね?)、中でも「水星」のリミックスは有名なものから全くの無名のアーティストのものまでたくさんあるんです(ヒット曲をリミックスすることで関心を持ってもらおうという下心もあるかもしれません)。今回はそんな数あるリミックスの中から独断でピックアップしました。そういえば先日、と言ってもだいぶ前ですがラジオ番組『アフター6ジャンクション』にてtofubeats本人がミックスした「水星地獄」なる水星のリミックス等々、「水星」と所縁のある曲のみを繋げたミックスを披露しておりましたが…ええ、地獄はこんなものでは終わりません!では「水星地獄 part2」とでもいいましょうか。とりあえず未聴の方は原曲を聴いてからスタートしましょう!

909state「tofubeats – 水星 feat,オノマトペ大臣 (909state remix)」

まずは6年前にアップされておりますこちら。原曲が2012年6月のリリースなので、リリース後比較的早めに作られたものだと思います。すぐ馬鹿みたいな(失礼)リリックが耳に入ってくると思うのですが、これは「水星」の元ネタKOJI1200「ブロウ ヤ マインド~アメリカ大好き」のもので(ちなみにKOJI1200はタレントの今田耕司さんです)フックは「水星」のもの(トラックもうまい具合に混ぜられています)なので所謂マッシュアップに近いかもしれません。元ネタとのマッシュアップって意外と新鮮な気がします。ハッシュタグがAMERICAなのもクスリときますが、“優しかったアメリカ〜”などのフレーズは今聴くと皮肉っぽくも取れますね。

ootsuka「水星 feat.オノマトペ大臣 / tofubeats [remix]」

続いてはこちら歌声に関しては大きくはいじっていない、ザ・リミックス!という感じ。コーラスを噛ませたような甘いギターリフが心地よいです。原曲もMVからもチルな雰囲気も備えていますが、こちらはより夜の散歩向きな気がしますね。ポツポツと明かりのついた高層ビルをやや遠目から見上げながら聴きたいです。こちらは2年前のものですがootsukaさんが最近(7ヶ月前)アップしているものも「水星」のリミックスですね。この曲の筋金入りのファンなのかもしれません。

¥ABAI GOON「Bom B x ¥ABAI GOON – 水星 (REMIX)」

先ほどのほぼトラックのみを変化させるリミックスに対してこちらは歌のパートを変えているもの。ビートジャックという言い方でもいいかもしれません。ちなみに歌っているのは韓国の方ですね。この曲の説明のところに「Original song : Daoko -水星」とあるのでDAOKOのヴァージョンをオリジナルだと思っているのかもしれません。しかしながら別の言語でも(勘違いしているとしても)原曲の雰囲気が伝わってきますね。リリックをGoogle先生に翻訳してもらいましたがフックはほとんどそのままと言ってよさそうです(DAOKOの「水星」もフックのリリックは原曲と同じ)。

Sush Yakamash「DOPEBEAZ」

続いてはこちら。めっちゃ笑いました。歌入りの頃にはすでに原曲のムードはかき消され、ひたすら轟音が鳴り続けるハードなリミックスです。説明文のところにある通り「水星」とSkrillexの「Syndicate(Cormak Remix)」のマッシュアップながら、いやぁフックのところのビート連打なんかかなりイカれてますね。「f**k yeah, great remix」とのコメントが付いていますが、そう叫びたくなる気持ちもなんとなくわかる曲に仕上がっています。

STUTS「水星 Cosmic Trip ver. (STUTS remix) – tofubeats feat. オノマトペ大臣」

最後は今や星野源などの有名アーティストとも共演、共作するSTUTSによるリミックスを聴きながらお別れです。6年前に投稿されたものですが、音の使い方は現在の彼のトラックにも通づるものがありますね。非常にバランスが良く、先ほど失った落ち着きを取り戻せます(笑)。

さて、いかがだったでしょうか。掘っていると数日前にアップされたものもありました。わかりやすいメロディとコード進行、オートチューンの掛かった歌声(ラップ)、昼はデータの束を抱えて歩きレコ屋に行き、夜はフロアで揺れる音楽好きを描いたリリック、インターネットから、そして神戸という場所から発信されたことまで。様々な要素で構成されたこの「水星 feat.オノマトペ大臣」という曲が2012年のリリースから何度となくリミックスされ続けている事実は、このテン年代が音楽にとってどういったディケイドだったのかを私たちに伝えている気がしてなりません。ワンループのトラックにラップを、それも加工されたヴォーカルを乗せたものがチャート上位を席巻するようになった時代。ストリーミング・サービスが主流になった一方でレコード文化が再興した時代。風営法について音楽好きの誰もが疑問を抱えた時代。インターネットによって都市と地方の境界線がシームレスになった時代。周囲を見渡せば、きっとあなたにも心当たりがあるはずです。既存の楽曲を自らのテイスト、アングルで再構築していく…リミックスという行為は実に批評的でもあるのです。オリジナルが1番!そう思っている方のためにも、その楽曲のどこに惹かれたのかを考えるためにも一役買ってくれるでしょうし、今まで気づいていなかった魅力に気がつくかもしれませんよ。消費が加速する昨今の潮流に逆行しているかにも思えるこのリミックスという行為について、今一度考えてみてはいかがでしょうか。では、今回はこの辺で。エンジョイ!サウンドクラウド・ライフ!(高久大輝)

関連記事
【Fishing The Bests #1 〜Departure〜】
自由ヶ丘、SUMMAWHERE、bstertheproducer、Sid the Lynch、CE$
http://turntokyo.com/features/series-ftb1/

【REVIEW】
tofubeats「Keep on Lovin’ You」
http://turntokyo.com/reviews/keeponlovinyou/

【REVIEW】
tofubeats『FANTASY CLUB』
http://turntokyo.com/reviews/fantasy-club/


MORE FEATURES

  • FEATURES : 18 June 2019

    Jordan Rakei

    《Ninja Tune》のソウル・シンガー / マルチ・プレイヤー、ジョーダン・ラカイはロンドンのルイス・コールか? 〜新作『Origin』とこれまでのキャリアからその魅力を探る

    By Nami Igusa

    とかくトム・ミッシュやロイル・カーナーの影に隠れがちではあるが、ジョーダン・ラカイはロンドンのジャズ〜ソウルのフィーリングを備えたフレッシュなソング・ライターの”第三の男”と言

  • MAP OF THE K-POP : 18 June 2019

    Yerin Baek

    ノスタルジーの先に生まれた、ミステリアスで未来的なR&B。
    上半期のK-POP最重要作を紐解く!

    By Daichi Yamamoto

    ナマ音を強調したオーガニックなR&Bサウンド。その心地よいグルーヴは日本のシティ・ポップにも近くてどこか懐かしいのに、例えるならフランク・オーシャン『blonde』を聴いた時のような「今まで

  • FEATURES : 10 June 2019

    春野

    ポップスは夜に濡れている
    春野の作品にみる「夜の描かれ方」の考察

    By Kei Sugiyama

    【春野とは?】 まずはここから話を進めよう。 春野(haruno)とは、ボカロPとして話題となり、現在はLo-Fiヒップ・ホップを通過したインスト楽曲や、70年代や80年代のポップスの要素を取り込んだ

  • FEATURES : 07 June 2019

    Bon Iver

    ボン・イヴェールはどこを目指すのか?
    新曲2曲にみるコミュニティ・ミュージックという理想主義

    By Tsuyoshi Kizu / Shino Okamura

    今月頭にボン・イヴェールの新曲が2曲発表された。「Hey, Ma」と「U(Man Like)」。現地時間6月2日にロンドンのヴィクトリア・パークで開催された《All Points East Londo

  • BRINGING THE PAST TO THE FUTURE : 06 June 2019

    Azimuth

    神話時代のブラジリアン・フュージョン、そして〈プログレッシブ〉

    By Yuji Shibasaki

    ブラジリアン・フュージョン界の絶対王者であり、旧くはNHK-FM『クロスオーバーイレブン』のテーマ曲「Fly over the horizon」(79年作)で、90年代以降はUKを発信源としたレア・グ

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 06 June 2019

    Various Artists

    BEST TRACKS OF THE MONTH – May, 2019

    By Dreamy Deka / Kei Sugiyama / Nami Igusa / Koki Kato / Sinpei Kido / Eri Mokutani

    black midi - 「Talking Heads」 9月に来日も決まっているロンドン出身の注目の4人組バンド、ブラック・ミディ。この曲は6月にリリースされるデビュー・アルバムからの先行シングルだ

  • INTERVIEWS : 05 June 2019

    玉名ラーメン

    忘れてしまうことと思い出すことの境目で
    18歳女子・玉名ラーメン、登場!

    By Shino Okamura

    2001年6月東京生まれの今年18歳。現役女子高生。ラッパー。トラックメイカー。詩人。それが玉名ラーメン。とにかくそれが玉名ラーメン。呟くように、囁くように、独り言のように……いや、独り言などではない

  • FEATURES : 30 May 2019

    Sufjan Stevens

    スフィアン・スティーヴンスが《Pride Month》を前に新曲を突如発表!
    マントラのように繰り返される愛と苦悩の行方

    By Shino Okamura

    来月(6月)の《Pride Month》を前にスフィアン・スティーヴンスから突如新曲「Love Yourself / With My Whole Heart」が届いた(6/28日に7インチ・シングルで