FISHING THE BESTS : 29 March 2019

自由ヶ丘 / SUMMAWHERE / bstertheproducer / Sid the Lynch / CE$

Fishing The Bests #1 〜Departure〜

By Daiki Takaku

FISHING THE BESTS : 29 March 2019

自由ヶ丘 / SUMMAWHERE / bstertheproducer / Sid the Lynch / CE$

Fishing The Bests #1 〜Departure〜

By Daiki Takaku

Fishing The Bests #1 〜Departure〜

これは主に《SoundCloud(以下、サンクラ)》をディグって直感でいいと思ったビートやら何やらをゆるっと紹介しようという連載企画です。なので、筆者の私含め名前も聞いたことのない人や、どこの国の人かもわからないの人の曲だったりも唐突に紹介していきたい所存です。一応、《サンクラ》について書いておくとアカウントを作れば誰でも曲をアップできて、ストリーミングで聴けるよってサイトです。ということもあって、いわゆるプロ以外の方の曲もたくさんあるんです(どこからプロっていうのは曖昧ですが…)。そりゃもう、わんさかあるんです!ワクワクしますね。そう、そんなワクワクを少しでも共有できたら!と思います。ちなみに一時は経営破綻も危ぶまれたっぽいですが近年台頭する若手ラッパーたちの活躍もあってか持ち直したようで、最近話題のビリー・アイリッシュなんかもサンクラ発だったりします。では前置きはこの辺にして第1回、始めます〜。

自由ヶ丘「お前を殺す」

1発目なのでパンチがあるのがいいなーなんて思っていたら見つけました。歌ありです。「社会的に○した後に、物理的に○す」と。いきなり怖…歌詞もそうですが、ブレイクで入るギンギンに歪んだギターソロもその狂気に一役買っています。しかし構成はしっかりとポップス的というのも“根はいい奴”みたいな感じがしていいです。1年前の曲なので現在自由ヶ丘さんが活動しているか勝手ながら心配になったのですが、Twitterで検索したらいらっしゃいまして、サンクラでもシェアしている≪Local Visions≫(レーベル)のUtsuro Sparkの作曲もされている方でした!失礼しました。(原稿を書き上げた矢先、音楽活動終了と言う旨のツイートが…悲しいです)

SUMMAWHERE「arston.」

次はこちら。福岡在住のビートメイカー、SUMMAWHEREさんによるトラックです。こちらは4ヶ月前の曲ですが、サンクラのアーカイブを見ていただければわかるように曲数も多く、おそらく界隈では有名な方です。ビートはバウンシーですが、上物のホーンや声ネタがチルな感じを演出しています。散歩のBGMなんかにしたいですね。アウトロでビート・スイッチするのもおもしろポイント。

bstertheproducer「kawaii.」

これは本当に彷徨っていたら出会いました。「ミンナ!サイコウ!アリガト!カ!カ!カ!カワイイ!」ありがとうございます。ここまで褒められるとお礼が言いたくなりますね。Avril Lavigne「Hollo Kitty」のイントロを大胆にループさせたサンプリングがメインのトラックで、この方はおそらく海外の方?チームか個人かはわかりませんが、フォロワーも多いです。関係性のありそうなリンクを踏んでいったら16歳の女性のインスタグラム・アカウントに辿り着きました。が、詳細は闇の中。誰か教えてください。さておき、褒められるのはサイコウです。

Sid the Lynch「Hype’s Feat.Sleet Mage」

これ、20代半ばくらい=私と同年代の方は結構好きなんじゃないでしょうか。というのも、子供の頃観てたアニメの主題歌っぽいんですよ。だけどギター・サウンドと内省的なリリック、メロディックなフロウはエモ・ラップ的でもあります。つまり、私たち世代のノスタルジーと現代の流行には共通点があるということかもしれません。日本のアニメを観ていてSNSのアイコンにしていたりする海外の若手ラッパーが多いのも無関係ではないはず。インドネシアの方もコメントで「peeepp vibeee bruhhh」とリル・ピープとの類似性を絶叫してますもんね。この辺はこちらの連載とは別で掘り下げていきたいところです。またゲストのSleet Mageのフロウも個人的にはかなり好みです。既にご存知の方も多いと思うのですが、この曲で興味を持った方は是非ご自身で掘ってみてください。おすすめです。

CE$「NIGHT AFTER NIGHT #2」

最後はこちら。MIXです。すいません。C.O.S.A.「1AM in Asahikawa」の「このCESのMIXが終わる頃、あいつの着信に折り返そうと思う」というラインに出てくるCESとは彼のこと(表記はCE$が正確かも)。今回紹介するものはタグにgrimeやdubstepがついている通りBPMは速めです(≪サンクラ≫もタグ付けができます!)。夜に聴いたりするとクラブに行きたくなりますね。MIXということで長めですのでお時間あるときに是非。我ながら選出の基準がゆるゆるですが今回はこの辺で。次回は少しコンセプトを絞ってみようかと思います。では皆さんも、エンジョイ!サウンドクラウド・ライフ! (高久大輝)


MORE FEATURES

  • FEATURES : 10 June 2019

    春野

    ポップスは夜に濡れている
    春野の作品にみる「夜の描かれ方」の考察

    By Kei Sugiyama

    【春野とは?】 まずはここから話を進めよう。 春野(haruno)とは、ボカロPとして話題となり、現在はLo-Fiヒップ・ホップを通過したインスト楽曲や、70年代や80年代のポップスの要素を取り込んだ

  • FEATURES : 07 June 2019

    Bon Iver

    ボン・イヴェールはどこを目指すのか?
    新曲2曲にみるコミュニティ・ミュージックという理想主義

    By Tsuyoshi Kizu / Shino Okamura

    今月頭にボン・イヴェールの新曲が2曲発表された。「Hey, Ma」と「U(Man Like)」。現地時間6月2日にロンドンのヴィクトリア・パークで開催された《All Points East Londo

  • BRINGING THE PAST TO THE FUTURE : 06 June 2019

    Azimuth

    神話時代のブラジリアン・フュージョン、そして〈プログレッシブ〉

    By Yuji Shibasaki

    ブラジリアン・フュージョン界の絶対王者であり、旧くはNHK-FM『クロスオーバーイレブン』のテーマ曲「Fly over the horizon」(79年作)で、90年代以降はUKを発信源としたレア・グ

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 06 June 2019

    Various Artists

    BEST TRACKS OF THE MONTH – May, 2019

    By Dreamy Deka / Kei Sugiyama / Nami Igusa / Koki Kato / Sinpei Kido / Eri Mokutani

    black midi - 「Talking Heads」 9月に来日も決まっているロンドン出身の注目の4人組バンド、ブラック・ミディ。この曲は6月にリリースされるデビュー・アルバムからの先行シングルだ

  • INTERVIEWS : 05 June 2019

    玉名ラーメン

    忘れてしまうことと思い出すことの境目で
    18歳女子・玉名ラーメン、登場!

    By Shino Okamura

    2001年6月東京生まれの今年18歳。現役女子高生。ラッパー。トラックメイカー。詩人。それが玉名ラーメン。とにかくそれが玉名ラーメン。呟くように、囁くように、独り言のように……いや、独り言などではない

  • FEATURES : 30 May 2019

    Sufjan Stevens

    スフィアン・スティーヴンスが《Pride Month》を前に新曲を突如発表!
    マントラのように繰り返される愛と苦悩の行方

    By Shino Okamura

    来月(6月)の《Pride Month》を前にスフィアン・スティーヴンスから突如新曲「Love Yourself / With My Whole Heart」が届いた(6/28日に7インチ・シングルで

  • INTERVIEWS : 29 May 2019

    東郷清丸

    東郷清丸はディストピアの中で何を発見するのか
    真っ赤なTシャツから覗く、野趣あふれる腕。 黒縁メガネの奥に光る、全てを見透かすような眼差し。

    By Dreamy Deka

    好きとか嫌いとかのレベルを超えた、まさに不敵オブザイヤーの称号がふさわしいジャケットに包まれた東郷清丸のデビュー作、その名も『2兆円』。一度見たら夢に出てきそうなこのアルバムを、ご記憶の方も多いだろう

  • FISHING THE BESTS : 27 May 2019

    tofubeats / ootuka / ¥ABAI GOON / 909state / STUTS / Sush Yakamash

    Fishing the Bests #2 〜Trip to Mercury〜

    By Daiki Takaku

    お久しぶりです。vol.1から時間が経ってしまいましたが、いかがお過ごしでしょうか。前回の最後に「次回はもっとコンセプトを絞って」と予告していた通り、かなりフォーカスしたラインナップを紹介できればと思