FISHING THE BESTS : 29 March 2019

自由ヶ丘 / SUMMAWHERE / bstertheproducer / Sid the Lynch / CE$

Fishing The Bests #1 〜Departure〜

By Daiki Takaku

FISHING THE BESTS : 29 March 2019

自由ヶ丘 / SUMMAWHERE / bstertheproducer / Sid the Lynch / CE$

Fishing The Bests #1 〜Departure〜

By Daiki Takaku

Fishing The Bests #1 〜Departure〜

これは主に《SoundCloud(以下、サンクラ)》をディグって直感でいいと思ったビートやら何やらをゆるっと紹介しようという連載企画です。なので、筆者の私含め名前も聞いたことのない人や、どこの国の人かもわからないの人の曲だったりも唐突に紹介していきたい所存です。一応、《サンクラ》について書いておくとアカウントを作れば誰でも曲をアップできて、ストリーミングで聴けるよってサイトです。ということもあって、いわゆるプロ以外の方の曲もたくさんあるんです(どこからプロっていうのは曖昧ですが…)。そりゃもう、わんさかあるんです!ワクワクしますね。そう、そんなワクワクを少しでも共有できたら!と思います。ちなみに一時は経営破綻も危ぶまれたっぽいですが近年台頭する若手ラッパーたちの活躍もあってか持ち直したようで、最近話題のビリー・アイリッシュなんかもサンクラ発だったりします。では前置きはこの辺にして第1回、始めます〜。

自由ヶ丘「お前を殺す」

1発目なのでパンチがあるのがいいなーなんて思っていたら見つけました。歌ありです。「社会的に○した後に、物理的に○す」と。いきなり怖…歌詞もそうですが、ブレイクで入るギンギンに歪んだギターソロもその狂気に一役買っています。しかし構成はしっかりとポップス的というのも“根はいい奴”みたいな感じがしていいです。1年前の曲なので現在自由ヶ丘さんが活動しているか勝手ながら心配になったのですが、Twitterで検索したらいらっしゃいまして、サンクラでもシェアしている≪Local Visions≫(レーベル)のUtsuro Sparkの作曲もされている方でした!失礼しました。(原稿を書き上げた矢先、音楽活動終了と言う旨のツイートが…悲しいです)

SUMMAWHERE「arston.」

次はこちら。福岡在住のビートメイカー、SUMMAWHEREさんによるトラックです。こちらは4ヶ月前の曲ですが、サンクラのアーカイブを見ていただければわかるように曲数も多く、おそらく界隈では有名な方です。ビートはバウンシーですが、上物のホーンや声ネタがチルな感じを演出しています。散歩のBGMなんかにしたいですね。アウトロでビート・スイッチするのもおもしろポイント。

bstertheproducer「kawaii.」

これは本当に彷徨っていたら出会いました。「ミンナ!サイコウ!アリガト!カ!カ!カ!カワイイ!」ありがとうございます。ここまで褒められるとお礼が言いたくなりますね。Avril Lavigne「Hollo Kitty」のイントロを大胆にループさせたサンプリングがメインのトラックで、この方はおそらく海外の方?チームか個人かはわかりませんが、フォロワーも多いです。関係性のありそうなリンクを踏んでいったら16歳の女性のインスタグラム・アカウントに辿り着きました。が、詳細は闇の中。誰か教えてください。さておき、褒められるのはサイコウです。

Sid the Lynch「Hype’s Feat.Sleet Mage」

これ、20代半ばくらい=私と同年代の方は結構好きなんじゃないでしょうか。というのも、子供の頃観てたアニメの主題歌っぽいんですよ。だけどギター・サウンドと内省的なリリック、メロディックなフロウはエモ・ラップ的でもあります。つまり、私たち世代のノスタルジーと現代の流行には共通点があるということかもしれません。日本のアニメを観ていてSNSのアイコンにしていたりする海外の若手ラッパーが多いのも無関係ではないはず。インドネシアの方もコメントで「peeepp vibeee bruhhh」とリル・ピープとの類似性を絶叫してますもんね。この辺はこちらの連載とは別で掘り下げていきたいところです。またゲストのSleet Mageのフロウも個人的にはかなり好みです。既にご存知の方も多いと思うのですが、この曲で興味を持った方は是非ご自身で掘ってみてください。おすすめです。

CE$「NIGHT AFTER NIGHT #2」

最後はこちら。MIXです。すいません。C.O.S.A.「1AM in Asahikawa」の「このCESのMIXが終わる頃、あいつの着信に折り返そうと思う」というラインに出てくるCESとは彼のこと(表記はCE$が正確かも)。今回紹介するものはタグにgrimeやdubstepがついている通りBPMは速めです(≪サンクラ≫もタグ付けができます!)。夜に聴いたりするとクラブに行きたくなりますね。MIXということで長めですのでお時間あるときに是非。我ながら選出の基準がゆるゆるですが今回はこの辺で。次回は少しコンセプトを絞ってみようかと思います。では皆さんも、エンジョイ!サウンドクラウド・ライフ! (高久大輝)


MORE FEATURES

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 14 October 2019

    Rex Orange County / 思い出野郎Aチーム / パソコン音楽クラブ / Cashmere Cat / Sinead O’Brien / Post Malone & DaBaby / Cate Le Bon & Bradford Cox / Gang Starr

    BEST TRACKS OF THE MONTH – September, 2019

    By Si_Aerts / Daiki Mine / Dreamy Deka / Shino Okamura / Kei Sugiyama / Daiki Takaku

    Cashmere Cat – 「WITHOUT YOU」 アリアナ・グランデ、カニエ・ウエストなどなど数多くの大物と楽曲を制作するノルウェー出身のミュージシャンであるカシミア・キャットのセカンド・アル

  • INTERVIEWS : 12 October 2019

    The Misties

    ビートルズの遺伝子を考える#1
    元トランポリンズのヨハン・ステントープが新たなユニット=ザ・ミスティーズから直球で伝えるビートルズ愛

    By Masashi Yuno

    ビートルズが1969年に発表したアルバム『Abbey Road』の50周年アニバーサリー・エディションが、1970年1月31日に17週目の1位を獲得して以来約50年ぶりに全英チャートの1位を獲得したこ

  • INTERVIEWS : 11 October 2019

    Battles

    「バトルスは完全に新しいバンドになった」
    デュオになったバトルスがニューヨークから送る『Juice B Crypts』は、瑞々しくカオティックなエナジーに満ちた一作

    By imdkm

    バトルスが、通算で4作目となるニューアルバム、『Juice B Crypts』を10月11日に日本先行リリースする(日本国外では10月18日のリリースとなる)。絡み合うリフと複雑なリズムが織りなすエク

  • BRINGING THE PAST TO THE FUTURE : 10 October 2019

    4AM

    今再び「DIY」をさりげなく励ましてくれる、90年UK産オブスキュア・エレクトロニック・ポップ

    By Yuji Shibasaki

    この間の内外リイシュー・シーンは、レア・グルーヴ視点での70年代アイテム発掘の円熟期を既に過ぎ、80年代のオブスキュアなシンセ・ウェーブや異形のポスト・パンク作のディグを経由し、ついには90年代の知ら

  • FEATURES : 04 October 2019

    Wilco

    アメリカの良心、その苦悩と歓喜のプロセス
    ウィルコ全アルバム・ディスク・ガイド

    By Shuta Nishida / Ryutaro Amano / Yoshihito Tominaga / Yasuo Murao / Masaya Mifune / Takuro Okada / Tsuyoshi Kizu / Shino Okamura / Nami Igusa / Koki Kato / Sinpei Kido

    ウィルコのニュー・アルバム『Ode To Joy』がリリースされた。前作『Schmilco』から約3年ぶりのオリジナル・アルバム…というのは大した問題ではないが、『Schmilco』とその前の『Sta

  • FEATURES : 30 September 2019

    LFO / DJ Mujava / Nozinja

    《Warp》30周年〜LFOからDJ Mujavaまで…オルタナティヴ・ダンス・レーベルとしてのエッジーで凛とした軌跡

    By Tetsuya Sakamoto

    はじまりはダンス・ミュージックだった。1989年にイギリスの工業都市シェフィールドでスティーヴ・ベケット、ロブ・ミッチェル、ロバート・ゴードンによって設立された《Warp》は、ダンスを根本原理としない

  • FEATURES : 29 September 2019

    Eighth Grade

    映画『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』
    心と体の成長がチグハグな時期の少女の心の揺れと大人への出発

    By Yasuo Murao

    アルフォンソ・キュアロンやジャド・アバトーといった人気監督たちが「泣いた!」と絶賛。オバマ元大統領も年間ベストの一本に挙げるなど、昨年、アメリカで公開されて話題を呼んだ『エイス・グレード 世界でいちば

  • FEATURES : 27 September 2019

    The Black Skirts

    遂に初来日公演が実現!
    長いキャリアで音楽性と共に進化させてきたチョ・ヒュイル=ブラック・スカーツのグッド・メロディ

    By Daichi Yamamoto

    未だに鮮明に覚えている。2016年、ブラック・スカーツ(韓国語名:검정치마 / コムジョンチマ)のスロウ・バラード「Everything」と出会ったときの印象を。シューゲイザーやチルウェイブを通過した