FISHING THE BESTS : 29 March 2019

SoundCloud

Fishing The Bests #1 〜Departure〜

By Daiki Takaku

FISHING THE BESTS : 29 March 2019

SoundCloud

Fishing The Bests #1 〜Departure〜

By Daiki Takaku

Fishing The Bests #1 〜Departure〜

これは主に《SoundCloud(以下、サンクラ)》をディグって直感でいいと思ったビートやら何やらをゆるっと紹介しようという連載企画です。なので、筆者の私含め名前も聞いたことのない人や、どこの国の人かもわからないの人の曲だったりも唐突に紹介していきたい所存です。一応、《サンクラ》について書いておくとアカウントを作れば誰でも曲をアップできて、ストリーミングで聴けるよってサイトです。ということもあって、いわゆるプロ以外の方の曲もたくさんあるんです(どこからプロっていうのは曖昧ですが…)。そりゃもう、わんさかあるんです!ワクワクしますね。そう、そんなワクワクを少しでも共有できたら!と思います。ちなみに一時は経営破綻も危ぶまれたっぽいですが近年台頭する若手ラッパーたちの活躍もあってか持ち直したようで、最近話題のビリー・アイリッシュなんかもサンクラ発だったりします。では前置きはこの辺にして第1回、始めます〜。

自由ヶ丘「お前を殺す」

1発目なのでパンチがあるのがいいなーなんて思っていたら見つけました。歌ありです。「社会的に○した後に、物理的に○す」と。いきなり怖…歌詞もそうですが、ブレイクで入るギンギンに歪んだギターソロもその狂気に一役買っています。しかし構成はしっかりとポップス的というのも“根はいい奴”みたいな感じがしていいです。1年前の曲なので現在自由ヶ丘さんが活動しているか勝手ながら心配になったのですが、Twitterで検索したらいらっしゃいまして、サンクラでもシェアしている≪Local Visions≫(レーベル)のUtsuro Sparkの作曲もされている方でした!失礼しました。(原稿を書き上げた矢先、音楽活動終了と言う旨のツイートが…悲しいです)

SUMMAWHERE「arston.」

次はこちら。福岡在住のビートメイカー、SUMMAWHEREさんによるトラックです。こちらは4ヶ月前の曲ですが、サンクラのアーカイブを見ていただければわかるように曲数も多く、おそらく界隈では有名な方です。ビートはバウンシーですが、上物のホーンや声ネタがチルな感じを演出しています。散歩のBGMなんかにしたいですね。アウトロでビート・スイッチするのもおもしろポイント。

bstertheproducer「kawaii.」

これは本当に彷徨っていたら出会いました。「ミンナ!サイコウ!アリガト!カ!カ!カ!カワイイ!」ありがとうございます。ここまで褒められるとお礼が言いたくなりますね。Avril Lavigne「Hollo Kitty」のイントロを大胆にループさせたサンプリングがメインのトラックで、この方はおそらく海外の方?チームか個人かはわかりませんが、フォロワーも多いです。関係性のありそうなリンクを踏んでいったら16歳の女性のインスタグラム・アカウントに辿り着きました。が、詳細は闇の中。誰か教えてください。さておき、褒められるのはサイコウです。

Sid the Lynch「Hype’s Feat.Sleet Mage」

これ、20代半ばくらい=私と同年代の方は結構好きなんじゃないでしょうか。というのも、子供の頃観てたアニメの主題歌っぽいんですよ。だけどギター・サウンドと内省的なリリック、メロディックなフロウはエモ・ラップ的でもあります。つまり、私たち世代のノスタルジーと現代の流行には共通点があるということかもしれません。日本のアニメを観ていてSNSのアイコンにしていたりする海外の若手ラッパーが多いのも無関係ではないはず。インドネシアの方もコメントで「peeepp vibeee bruhhh」とリル・ピープとの類似性を絶叫してますもんね。この辺はこちらの連載とは別で掘り下げていきたいところです。またゲストのSleet Mageのフロウも個人的にはかなり好みです。既にご存知の方も多いと思うのですが、この曲で興味を持った方は是非ご自身で掘ってみてください。おすすめです。

CE$「NIGHT AFTER NIGHT #2」

最後はこちら。MIXです。すいません。C.O.S.A.「1AM in Asahikawa」の「このCESのMIXが終わる頃、あいつの着信に折り返そうと思う」というラインに出てくるCESとは彼のこと(表記はCE$が正確かも)。今回紹介するものはタグにgrimeやdubstepがついている通りBPMは速めです(≪サンクラ≫もタグ付けができます!)。夜に聴いたりするとクラブに行きたくなりますね。MIXということで長めですのでお時間あるときに是非。我ながら選出の基準がゆるゆるですが今回はこの辺で。次回は少しコンセプトを絞ってみようかと思います。では皆さんも、エンジョイ!サウンドクラウド・ライフ! (高久大輝)


MORE FEATURES

  • INTERVIEWS : 19 April 2019

    Gus Dapperton

    「ガス・ダパートンは僕自身であり再創造するためのレーベル」
    ニューヨークの新たなポップ・アイコンがついにアルバム・デビュー!

    By Kei Sugiyama

    ガス・ダパートンをご存じだろうか。もしご存じないのであれば、まずは下のリンクにあるMVを見ていただきたい。クールな佇まいとユニークな踊り、口ずさみたくなるサビのリフレインに惹きつけられ、僕らはこの楽し

  • INTERVIEWS : 19 April 2019

    Fat White Family

    “サウス・ロンドンの狂犬”はいかにして、変化を恐れず真摯に音楽に向き合うバンドになったのか?

    By Eri Mokutani

    2年前、映画『T2トレインスポッティング』の劇中音楽(サントラ)に「Whitest Boy On The Beach」が採用されたことで話題にもなったファット・ホワイト・ファミリー(以下、FWF)。し

  • INTERVIEWS : 15 April 2019

    Galen Ayers

    スペインの風土、日本の文化を愛した故ケヴィン・エアーズへ―― 愛娘ギャレンから届けられた初のアルバムは歌を通じた父へのラブレター

    By Yasuo Murao

    UKプログレの聖地、カンタベリー・シーンのキーパーソンであり、世界中を放浪しながら歌を紡いだシンガー・ソングライター、ケヴィン・エアーズ。そんな吟遊詩人の血を受け継いで、父親と同じようにシンガー・ソン

  • INTERVIEWS : 12 April 2019

    Bibio

    ビビオが語るニュー・アルバム『リボンズ』~時代・国・シーンを越えて喚起する、シネマティックなノスタルジー

    By Nami Igusa

    ニューアルバム『リボンズ』はビビオのキャリアの中でも最も映像的と言っても過言ではない。青々とした木々、きらめく川の流れ、あるいは傾く日の柔らかな光…そんな情景がありありと目に浮かんできそうだ。フィール

  • BEST EVER TV SERIES : 11 April 2019

    Netflix

    フロントマンよりリズム隊派にオススメな過酷な戦いを描くF1ドキュメンタリー

    By Hiroko Aizawa

    Netflixはオリジナルドラマや映画が次々にリリースされるので、正直時々どれから観ればいいのかわからない!とイライラすることもある。また、ドラマの場合は1シーズンに8話以上はあるし、長いシリーズもの

  • FEATURES : 09 April 2019

    PAR STORE

    シャムキャッツ菅原慎一が訪ねる新たな台北の遊び場《PAR STORE》
    ~ex透明雑誌・洪申豪(モンキー)が作った理想のスペースとは?

    By Shinichi Sugawara

    シャムキャッツのギタリスト/ソングライターの菅原慎一が、いつのまにか東アジアのインディー・ポップに夢中になっている。もともとがリスナー気質の強い菅原だが、シャムキャッツとして台湾公演を行い暖かいオーデ

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 06 April 2019

    Various Artists

    BEST TRACKS OF THE MONTH -March, 2019-

    By Shino Okamura / Kei Sugiyama / Nami Igusa / Koki Kato / Yasuyuki Ono / Daiki Takaku / Eri Mokutani

    Faye Webster – 「Room Temperature」 マック・デマルコ「Chmaber of Reflection」がドリーミーに夜を想わせるなら、フェイ・ウェブスター「Ro

  • BRINGING THE PAST TO THE FUTURE : 04 April 2019

    キングコングパラダイス

    既存の音楽地図を引き破る、脱ジャンル的秘宝盤

    By Yuji Shibasaki

    1976年開催の第12回ヤマハポプコンに出場し、「朝が来ないうちに」で優秀曲賞を受賞、翌年東宝レコード傘下の《TAM》よりファースト・アルバム『トーキング・アバウト福生』でメジャー・デビューしたファン