FISHING THE BESTS : 29 March 2019

自由ヶ丘 / SUMMAWHERE / bstertheproducer / Sid the Lynch / CE$

Fishing The Bests #1 〜Departure〜

By Daiki Takaku

FISHING THE BESTS : 29 March 2019

自由ヶ丘 / SUMMAWHERE / bstertheproducer / Sid the Lynch / CE$

Fishing The Bests #1 〜Departure〜

By Daiki Takaku

Fishing The Bests #1 〜Departure〜

これは主に《SoundCloud(以下、サンクラ)》をディグって直感でいいと思ったビートやら何やらをゆるっと紹介しようという連載企画です。なので、筆者の私含め名前も聞いたことのない人や、どこの国の人かもわからないの人の曲だったりも唐突に紹介していきたい所存です。一応、《サンクラ》について書いておくとアカウントを作れば誰でも曲をアップできて、ストリーミングで聴けるよってサイトです。ということもあって、いわゆるプロ以外の方の曲もたくさんあるんです(どこからプロっていうのは曖昧ですが…)。そりゃもう、わんさかあるんです!ワクワクしますね。そう、そんなワクワクを少しでも共有できたら!と思います。ちなみに一時は経営破綻も危ぶまれたっぽいですが近年台頭する若手ラッパーたちの活躍もあってか持ち直したようで、最近話題のビリー・アイリッシュなんかもサンクラ発だったりします。では前置きはこの辺にして第1回、始めます〜。

自由ヶ丘「お前を殺す」

1発目なのでパンチがあるのがいいなーなんて思っていたら見つけました。歌ありです。「社会的に○した後に、物理的に○す」と。いきなり怖…歌詞もそうですが、ブレイクで入るギンギンに歪んだギターソロもその狂気に一役買っています。しかし構成はしっかりとポップス的というのも“根はいい奴”みたいな感じがしていいです。1年前の曲なので現在自由ヶ丘さんが活動しているか勝手ながら心配になったのですが、Twitterで検索したらいらっしゃいまして、サンクラでもシェアしている≪Local Visions≫(レーベル)のUtsuro Sparkの作曲もされている方でした!失礼しました。(原稿を書き上げた矢先、音楽活動終了と言う旨のツイートが…悲しいです)

SUMMAWHERE「arston.」

次はこちら。福岡在住のビートメイカー、SUMMAWHEREさんによるトラックです。こちらは4ヶ月前の曲ですが、サンクラのアーカイブを見ていただければわかるように曲数も多く、おそらく界隈では有名な方です。ビートはバウンシーですが、上物のホーンや声ネタがチルな感じを演出しています。散歩のBGMなんかにしたいですね。アウトロでビート・スイッチするのもおもしろポイント。

bstertheproducer「kawaii.」

これは本当に彷徨っていたら出会いました。「ミンナ!サイコウ!アリガト!カ!カ!カ!カワイイ!」ありがとうございます。ここまで褒められるとお礼が言いたくなりますね。Avril Lavigne「Hollo Kitty」のイントロを大胆にループさせたサンプリングがメインのトラックで、この方はおそらく海外の方?チームか個人かはわかりませんが、フォロワーも多いです。関係性のありそうなリンクを踏んでいったら16歳の女性のインスタグラム・アカウントに辿り着きました。が、詳細は闇の中。誰か教えてください。さておき、褒められるのはサイコウです。

Sid the Lynch「Hype’s Feat.Sleet Mage」

これ、20代半ばくらい=私と同年代の方は結構好きなんじゃないでしょうか。というのも、子供の頃観てたアニメの主題歌っぽいんですよ。だけどギター・サウンドと内省的なリリック、メロディックなフロウはエモ・ラップ的でもあります。つまり、私たち世代のノスタルジーと現代の流行には共通点があるということかもしれません。日本のアニメを観ていてSNSのアイコンにしていたりする海外の若手ラッパーが多いのも無関係ではないはず。インドネシアの方もコメントで「peeepp vibeee bruhhh」とリル・ピープとの類似性を絶叫してますもんね。この辺はこちらの連載とは別で掘り下げていきたいところです。またゲストのSleet Mageのフロウも個人的にはかなり好みです。既にご存知の方も多いと思うのですが、この曲で興味を持った方は是非ご自身で掘ってみてください。おすすめです。

CE$「NIGHT AFTER NIGHT #2」

最後はこちら。MIXです。すいません。C.O.S.A.「1AM in Asahikawa」の「このCESのMIXが終わる頃、あいつの着信に折り返そうと思う」というラインに出てくるCESとは彼のこと(表記はCE$が正確かも)。今回紹介するものはタグにgrimeやdubstepがついている通りBPMは速めです(≪サンクラ≫もタグ付けができます!)。夜に聴いたりするとクラブに行きたくなりますね。MIXということで長めですのでお時間あるときに是非。我ながら選出の基準がゆるゆるですが今回はこの辺で。次回は少しコンセプトを絞ってみようかと思います。では皆さんも、エンジョイ!サウンドクラウド・ライフ! (高久大輝)


MORE FEATURES

  • INTERVIEWS : 22 August 2019

    Joey Dosik

    1つの扉やチャンスが閉じられてしまっても他の扉が開かれる
    ジョーイ・ドーシックが語るLAシーンの無限の可能性

    By Koki Kato

    ジョーイ・ドーシックという人といると誰もがわくわくする。取材の前々日に《ブルックリンパーラー新宿》で行われたソロ・ライブ、取材後に観た《ブルーノート東京》でのバンドセットも、2016年に代官山《晴れた

  • INTERVIEWS : 21 August 2019

    Young-G

    日本でヒップホップをやることはタイからみたら一種のルークトゥン
    Young-Gが魅了された一過性のブームでは掬いきれないタイの音楽の魅力とは?

    By Daiki Takaku

    「今アジアの音楽が熱い」最近そんな言葉をよく耳にするが、山梨県旧一宮町を拠点として活動するヒップホップ・ユニット、stillichimiyaのMC、ビートメイカーとして知られるYoung-Gは、One

  • INTERVIEWS : 16 August 2019

    Juu & G. Jee

    アジア・レペゼンの現在を伝えるタイと日本の刺激的な連帯
    Juuが語る自身の生い立ち、そしてタイの今

    By Shino Okamura

    もしかすると、今ほど新旧さまざまなアジアの音楽が注目され、その多様な作品、アーティストが広く聴かれている時代も過去になかったのではないかと思う。いや、過去にもちょっとしたアジア・ブームがあっただろう。

  • INTERVIEWS : 13 August 2019

    The Bird And The Bee

    ザ・バード・アンド・ザ・ビー流ヴァン・ヘイレンのススメ
    イナラ・ジョージが語るポップ・ミュージック進化論

    By Shino Okamura

    はっきり言おう。イナラ・ジョージとグレッグ・カースティンの二人は、目立って評価される機会こそ少ないが、アメリカの現在の音楽の現場で人間交差点的な役割を果たしている重要人物だ。90年代から裏方として活動

  • FEATURES : 13 August 2019

    Foals

    サマーソニック出演目前!享楽とシリアスの融合の軌跡
    フォールズ全アルバム・ディスク・ガイド

    By Masashi Yuno / Kei Sugiyama / Daichi Yamamoto / Hiroko Aizawa / Eri Mokutani

    《サマーソニック ’19》出演までいよいよカウントダウン! そこで、フォールズを紐解くAtoZ、最新ライヴ・レポートに続き、今回は彼らのこれまでの作品を1枚ずつ振り返ってみよう。 ダンサブ

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 08 August 2019

    Haim / Wilco / SAGO SAID / 蓮沼執太 / Dabeull / Rude Jude / Rayland Baxter / Angel Olsen / Lulileela

    BEST TRACKS OF THE MONTH – July, 2019

    By Sayuki Yoshida / Dreamy Deka / Shino Okamura / Kei Sugiyama / Daichi Yamamoto / Nami Igusa / Koki Kato / Sinpei Kido

    Angel Olsen – 「All Mirrors」 比類なきその声に対峙できるのはオーケストラだったということか。前作『My Woman』(2016年)からほとんど新曲らしい新曲もない

  • BRINGING THE PAST TO THE FUTURE : 08 August 2019

    『Digital Kabar"Electronic Maloya From La Reunion Since 1980"』

    文化混交と多様性の称揚
    レユニオン島の「エレクトロニック・マロヤ」を聴く

    By Yuji Shibasaki

    マダガスカルから約800km東のインド洋上に浮かぶ島、フランス海外県レユニオン。サトウキビ生産を主要産業とするこの小さな島の名は、海外文学に明るい方ならあのミシェル・ウエルベックの出身地としても知って

  • FEATURES : 08 August 2019

    Fuji Rock Festival

    《フジロック・フェスティバル ’19》ライヴ&フォト・レポート

    By Makoto Watanabe / Daichi Yamamoto / Hiroko Aizawa / Eri Mokutani

    23回目を迎えた《フジロック・フェスティバル’19》。7月27日は台風6号の影響で一部プログラムに変更が生じたものの、26日の前夜祭から延べ4日間で130,000人(主催者発表)が来場して