FEATURES : 23 February 2019

The Claypool Lennon Delirium

A Lavable "Human-Killer", Sean Lennon - The Meaning Of Keeping Making Music

By Kohei Ueno

FEATURES : 23 February 2019

The Claypool Lennon Delirium

A Lavable "Human-Killer", Sean Lennon - The Meaning Of Keeping Making Music

By Kohei Ueno

愛すべき「人たらし」ショーン・レノンが音楽を作り続けることの意味

 

ショーン・レノンほど「人たらし」なミュージジャンはいない。僕のFacebookのプロフ写真はバルセロナで撮ったショーンとの2ショットなのだが、別れ際に「おっ、いいiPhoneケースだね!」とお世辞でも褒めてくれたのがやたらと印象に残っている。さりげなくてスマートな気遣い屋。これまで様々なアーティストとコラボを重ねてきたショーンだけど、彼とのスタジオ・ワークはきっと刺激的で、ノンストレスで、かつ自尊心を満たしてくれるものに違いない。だからこそ、世代もジャンルも飛び越えてラヴコールが耐えないのだろう。僕もショーンとバンドをやりたい人生だった。

さておき、チボ・マットからプラスティック・オノ・バンドまで含む目まぐるしい彼のディスコグラフィにおいても、本人がいま最も気合を入れている(はずの)プロジェクトがザ・クレイプール・レノン・デリリウム(以下、TCLD)である。相方はレス・クレイプール。泣く子も黙る米音楽界の鬼才ベーシストにして、ロックもメタルもプログレもまるっと飲み込んだモンスター・バンド、プライマスの首謀者だ。ショーンのちょうど一回り上に当たるレスだが、彼もまたスチュワート・コープランド(ポリス)やトレイ・アナスタシオ(フィッシュ)と結成したオイスターヘッドをはじめとする数多くの名義を持ち、トム・ウェイツやデス・グリップスの作品にも引っ張りだこの「人たらし」である。

大きめのフェルトハット、眼鏡、ヒゲ、そしてナポレオンよろしく軍服を纏った2人のプレス・フォトはバンドというよりも新興宗教みたいだが、鳴らす音楽はその風貌以上にディープ。2016年にリリースされた1stアルバム『The Monolith Of Phobos』は、「火星のモノリス」を意味するタイトル通りサイケとプログレを魔改造した強烈なスペース・ロックであり、怪しげなメロトロンの旋律は、1960年代にお蔵入りとなったSF映画のサウンドトラックのようにも聴こえたものだ。当時のショーンはこの変人同士のコラボについて「レスほどの度量がある人といっしょに演奏するのは、名誉でもあり挑戦でもあった。幸運なことにピノ・ノワールの神様が味方になってくれて、猿や、宇宙や、性的倒錯についての悪魔っぽい曲をひとつかみ、にっこりと授けてくださったようだね」とコメント。うん、たぶんキマっていたんでしょう。

ショーンとレスの出会いは、2015年に行われたプライマスとダイナソーJr.のジョイント・ツアーにザ・ゴースト・オブ・ア・セイバー・トゥース・タイガー(THE GOASTT)が帯同したことがきっかけだ。ショーンの恋人でモデルのシャーロット・ケンプ・ミュールは、天に7物くらい与えられた「神様のお気に入り」にしてTHE GOASTTの優れたベーシストでもあるが、さすがにショーンが「オリンピック級のアスリート」と太鼓判を押すレスの人外プレイには敵わない。件のツアー中にショーンとレスはマニアックな音楽談義に花を咲かせていたそうだが、シャーロットがインスタで垢バン寸前の際どい写真を連投したり(警察のお世話にもなった模様)、コートニー・ラヴの元バンド・メンバーにしてNYのカルト・ヒーロー、デヴィッド・ストレンジと共にUNI(ウニ)という新バンドを結成したのは、ショーンに対する当て付けのように思えてならなかった。

ロケット工学の父ジャック・パーソンズについても歌ったTCLDの新作『South Of Reality』は、ショーンいわく「世界の崩壊のサウンドトラック」とのことだが、UNIの楽曲「Destroyer」のコンセプトもなんと「2042年:崩壊後の地球」。先行き不安なアメリカで暮らす彼らにとって、核戦争やら自然災害やらテラフォーマーの侵略やらで「しっちゃかめっちゃか(ヘルター・スケルター)」になってしまった地球=想像を超えた未来に想いを馳せるのは、表現者として避けて通れない道なのか? まるでコインの裏表のような両バンドだが、どうやら4月からスタートするTCLDの北米ツアーはUNIが前座としてサポートするそうなので、お互いの関係性そのものは良好なのだろう。両バンドをブッキングしたヴェニューのオーナーは、今から修繕費を請求しておいたほうがいい。

それにしても、なぜショーンはここまでオカルトや宇宙にのめり込んでしまったのか。そこで筆者はいつも同じ結論(暴論ですが)に辿り着くのだが、彼はあまりにも偉大な父親を狂信的なファンに殺害されただけでなく、何をやってもその父親と比較されるという我々の想像を絶する未来=現実をいまも生き続けているのである。本サイト掲載のROTH BART BARON三船雅也氏とのインタビューでは、「カルトの必要性について興味がある」と語っていたショーン。もしかすると……彼にとって自分だけの音楽をやること、アートを表現することこそが、フィクションを超えた現実と折り合いをつける唯一の方法だったのかもしれない。(文:上野功平 トップ写真: Zackery Michael)

■Chimera Music Official Site
https://chimeramusic.com/#

■ソニー・ミュージック・ジャパン内アーティスト情報
https://www.sonymusic.co.jp/artist/theclaypoollennondelirium/

■amazon商品ページはこちら

Text By Kohei Ueno


MORE FEATURES

  • FEATURES : 12 July 2019

    Tycho

    フジロック出演決定!
    ザ・エックス・エックス『アイ・シー・ユー』に対する、ティコからの回答

    By Tetsuya Sakamoto

    エレクトロニクスとバンド・サウンドの融合、もとい、エレクトロニック・ミュージックのプロデューサーによる有機的なバンド・サウンドの可能性の探求ーーサンフランシスコを拠点にするスコット・ハンセンのソロ・プ

  • FEATURES : 12 July 2019

    New Order

    Joy DivisionからNew Orderへ、New OrderからJoy Divisionへ 

    By Tomoko Takahashi

    『∑(No,12k,Lg,17Mif)』。暗号のようなこの文字列は7月12日に発売されるNew Order(以下NO)のライヴ・アルバムのタイトルだ。察しのよい読者なら、この文字列が何を言わんとするの

  • INTERVIEWS : 10 July 2019

    GUIRO

    「ここでもそっちでもない、そのあいだ。それゆえにすごくいい空間である。『A MEZZANINE (あ・めっざにね)』はそういう作品であってほしい」
    名古屋の秘宝・GUIROの絶景たる“美しさ”

    By Dreamy Deka

    GUIROは1997年からヴォーカル・ギターの髙倉一修を中心に愛知・名古屋を拠点に活動するグループで「名古屋の至宝」と称されることもある存在だ。長い活動休止期間を終えた2015年以降は、彼らへのリスペ

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 09 July 2019

    Various Artists

    BEST TRACKS OF THE MONTH – June, 2019

    By Dreamy Deka / Shino Okamura / Kei Sugiyama / Daichi Yamamoto / Nami Igusa / Koki Kato / Sinpei Kido

    Brittany Howard – 「History Repeats」 ドラムがネイト・スミス。もうそのクレジットだけでこの曲がどういう位置付けにある曲かがわかる。現在44歳のネイトは、最

  • BRINGING THE PAST TO THE FUTURE : 09 July 2019

    Dennis Young

    ポストパンクとニューエイジ、内向と享楽が併せ立つ、異形のベッドルーム・ダンスミュージック

    By Yuji Shibasaki

    アーリー80’sのNYアンダーグラウンド・シーンに漲っていた脱ジャンル的なエナジーについては、近年でこそ様々な証言や研究によって徐々に明らかにされつつあるが、今その重要性が認識されている程度に当時から

  • FEATURES : 08 July 2019

    Vince Staples

    フジロック出演!
    ヒップホップ・シーンきってのへそ曲がりな男が提示する、ぼんやりと、だが確かに存在する可能性

    By Daiki Takaku

    ヒップホップという音楽ジャンルはたびたび“競争”や“ゲーム”と呼ばれることがある。それは類似した無数の音楽がその優劣を競うこと、アーティストが地元に根を張りその地域を代表せんとプロップスを高め合うこと

  • INTERVIEWS : 04 July 2019

    all about paradise

    “パラレル”がクロスするその先にある楽園(パラダイス)へ——
    垣根を超越していく気鋭バンド“all about paradise” 登場!

    By Nami Igusa

    先日の《新宿MARZ》でのイベント《New Action! Vol.97》での壇上で「活動開始からちょうど丸2年」というMCを聞いて思わず「えっ、まだそれしか経ってなかったっけ?!」と驚いてしまった。

  • INTERVIEWS : 02 July 2019

    Light In The Attic

    “細野晴臣は過去半世紀の日本のポピュラー音楽において
    大きな役割を果たしていることに気づいた”
    Light In The Atticの再発プロデューサーに訊く

    By Shino Okamura

    『Even A Tree Can Shed Tears』、『Kankyō Ongaku』、『Pacific Breeze』という日本のアーカイヴ音源を集めた3種類のコンピレーション・アルバムが半年ほど