FEATURES : 08 May 2019

OMSB&Hi'Spec

One Night That Those Days I Thought Would Last Forever Come Back

By Daiki Takaku

FEATURES : 08 May 2019

OMSB&Hi'Spec

One Night That Those Days I Thought Would Last Forever Come Back

By Daiki Takaku

永遠に続くと思ったあの日々が蘇る一夜〜映画『きみの鳥はうたえる』Blu-ray&DVD発売記念パーティー × EBISU BATICA 8周年記念興行イベントレポート

4月25日木曜日に恵比寿《BATICA》で行われた、映画『きみの鳥はうたえる』Blu-ray&DVD発売記念パーティー × EBISU BATICA 8周年記念興行。映画のワンシーンを再現するようなアクトもありつつ、イベントそのものが映画を象徴するかのようだった一夜。TURNではその模様を映画の出演者でもあるHi’Spec、OMSBのライブを中心に写真とレポートでお届けしたい。(文/高久大輝 写真/服部健太郎)

永遠に続けばいい。そう願っていた夏の日を覚えている。雨の予報を裏切るように晴れた昼間の気温は僅かにシャツを汗ばませ、夏の背中が見え始めた4月の終わり。今年8周年を迎えるここ恵比寿《BATICA》には徐々に人が集まり始めていた。まずもって映画がBlu-ray&DVDになるからリリース・パーティーをやる、なんてこと自体が珍しい。しかしお互いに繋がりのある多数のアクトが入り乱れたこの夜は、映画の内容とも紐付き、すごく自然だったように思う。

まずはこの映画の監督である三宅唱と音楽を担当しDJ役で出演するHi’SpecとMC役でライブをするOMSBがステージに上がりゆるりとした挨拶を述べる。この段階で会場は既に幸福な空気で満たされ、本作で毎日映画コンクールの音楽賞を受賞したHi’Specのビートライブがスタートする頃には平日の夜ながらフロアは満員に。ライブは劇中で使用される楽曲をメインに展開され、そのビートに合わせて身体を揺らし、首を振っているときの感覚は『きみの鳥はうたえる』を観ているときのそれと似ていて、遊びと仕事、昼間と夜、地方と都会、人と人、様々な境界線が溶けていく。それにアルコールの匂いとタバコの煙が混じり合い、そこに打ちつけられるビートの雨を浴びながら、会場のボルテージはグングンと勢いを増していく。

その熱気はマイクを握るOMSBがステージに現れたときピークに達し、「仕上がってますね!」と嬉しそうに話しながら、コール&レスポンスでさらに観客との一体感を高めてゆく。そして《BATICA》のフロアに次々と叩きつけられるブーンバップ・サウンド。セカンド・アルバム『Think Good』から約4年が経過していても、決してその研ぎ澄まされたラップ・スキルが錆びついていないことを証明するように(それ故に新作を期待してしまうが。というか出すでしょ!と言いたい)見事に観客をロックしていく。ラストは苛立ちや怒り、嫉妬にさえ、“今より良くなりたい”という想いが根本にあるのだと伝える「Think Good」を引き続きDJを務めているHi’Specがスピン。この曲が劇中で歌われることの必然を感じつつも、「動画でも生でも関係ねえ!」と叫んでみせるOMSBに会場全体が笑顔で応えた瞬間はこの夜のハイライトだった。余談だが、ライブ後に知人から“「Think Good」を演っているとき後ろで全部歌っていた人がいて、振り向くと三宅監督だった”という話を聞き、このチームの素晴らしさに改めてグッときてしまった。

誰にでも、忘れられない夏があるのだと思うし、まだそれを知らないあなたにもいつかそんな夏がくるのだと思う。それは永遠に続かないけれど、確かにそれがあったことを思い出す夜があって、これからもそんな夜がある。会場を出て昼の暑さを冷ますように降る霧雨を浴びながらこのイベントを振り返り、そんなことを考えていた。ちなみに、今回発売されるBlu-ray特別版には映画に収まり切らなかったクラブシーン中心の未公開映像が特典として収録される。映画館で鑑賞済みの方も、もちろんそうでない方も必見であるのと同時に、この日のアクトが描いたムードがギュッと凝縮された内容となっているので、マストでチェックして欲しい。

Text By Daiki Takaku


『きみの鳥はうたえる』

2019年5月10日発売

Blu-ray特別版5,200円+税
■Blu-ray特別版商品リンク

DVD3,800円+税
■DVD商品リンク

©HAKODATE CINEMA IRIS


MORE FEATURES

  • FEATURES : 16 July 2019

    Toro Y Moi

    フジロック出演! 一歩先の未来を描くトロ・イ・モワ、信じるオフラインの可能性

    By Koki Kato

    朗らかな笑顔を浮かべながら演奏するトロ・イ・モアの姿が印象的だった2013年フジロック《ホワイトステージ》。彼自身はボーカルとキーボードを弾き、サポートにベース、ドラム、ギターを擁した音数の少ないバン

  • FEATURES : 12 July 2019

    Tycho

    フジロック出演決定!
    ザ・エックス・エックス『アイ・シー・ユー』に対する、ティコからの回答

    By Tetsuya Sakamoto

    エレクトロニクスとバンド・サウンドの融合、もとい、エレクトロニック・ミュージックのプロデューサーによる有機的なバンド・サウンドの可能性の探求ーーサンフランシスコを拠点にするスコット・ハンセンのソロ・プ

  • FEATURES : 12 July 2019

    New Order

    Joy DivisionからNew Orderへ、New OrderからJoy Divisionへ 

    By Tomoko Takahashi

    『∑(No,12k,Lg,17Mif)』。暗号のようなこの文字列は7月12日に発売されるNew Order(以下NO)のライヴ・アルバムのタイトルだ。察しのよい読者なら、この文字列が何を言わんとするの

  • INTERVIEWS : 10 July 2019

    GUIRO

    「ここでもそっちでもない、そのあいだ。それゆえにすごくいい空間である。『A MEZZANINE (あ・めっざにね)』はそういう作品であってほしい」
    名古屋の秘宝・GUIROの絶景たる“美しさ”

    By Dreamy Deka

    GUIROは1997年からヴォーカル・ギターの髙倉一修を中心に愛知・名古屋を拠点に活動するグループで「名古屋の至宝」と称されることもある存在だ。長い活動休止期間を終えた2015年以降は、彼らへのリスペ

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 09 July 2019

    Various Artists

    BEST TRACKS OF THE MONTH – June, 2019

    By Dreamy Deka / Shino Okamura / Kei Sugiyama / Daichi Yamamoto / Nami Igusa / Koki Kato / Sinpei Kido

    Brittany Howard – 「History Repeats」 ドラムがネイト・スミス。もうそのクレジットだけでこの曲がどういう位置付けにある曲かがわかる。現在44歳のネイトは、最

  • BRINGING THE PAST TO THE FUTURE : 09 July 2019

    Dennis Young

    ポストパンクとニューエイジ、内向と享楽が併せ立つ、異形のベッドルーム・ダンスミュージック

    By Yuji Shibasaki

    アーリー80’sのNYアンダーグラウンド・シーンに漲っていた脱ジャンル的なエナジーについては、近年でこそ様々な証言や研究によって徐々に明らかにされつつあるが、今その重要性が認識されている程度に当時から

  • FEATURES : 08 July 2019

    Vince Staples

    フジロック出演!
    ヒップホップ・シーンきってのへそ曲がりな男が提示する、ぼんやりと、だが確かに存在する可能性

    By Daiki Takaku

    ヒップホップという音楽ジャンルはたびたび“競争”や“ゲーム”と呼ばれることがある。それは類似した無数の音楽がその優劣を競うこと、アーティストが地元に根を張りその地域を代表せんとプロップスを高め合うこと

  • INTERVIEWS : 04 July 2019

    all about paradise

    “パラレル”がクロスするその先にある楽園(パラダイス)へ——
    垣根を超越していく気鋭バンド“all about paradise” 登場!

    By Nami Igusa

    先日の《新宿MARZ》でのイベント《New Action! Vol.97》での壇上で「活動開始からちょうど丸2年」というMCを聞いて思わず「えっ、まだそれしか経ってなかったっけ?!」と驚いてしまった。