FEATURES : 08 May 2019

OMSB&Hi'Spec

One Night That Those Days I Thought Would Last Forever Come Back

By Daiki Takaku

FEATURES : 08 May 2019

OMSB&Hi'Spec

One Night That Those Days I Thought Would Last Forever Come Back

By Daiki Takaku

永遠に続くと思ったあの日々が蘇る一夜〜映画『きみの鳥はうたえる』Blu-ray&DVD発売記念パーティー × EBISU BATICA 8周年記念興行イベントレポート

4月25日木曜日に恵比寿《BATICA》で行われた、映画『きみの鳥はうたえる』Blu-ray&DVD発売記念パーティー × EBISU BATICA 8周年記念興行。映画のワンシーンを再現するようなアクトもありつつ、イベントそのものが映画を象徴するかのようだった一夜。TURNではその模様を映画の出演者でもあるHi’Spec、OMSBのライブを中心に写真とレポートでお届けしたい。(文/高久大輝 写真/服部健太郎)

永遠に続けばいい。そう願っていた夏の日を覚えている。雨の予報を裏切るように晴れた昼間の気温は僅かにシャツを汗ばませ、夏の背中が見え始めた4月の終わり。今年8周年を迎えるここ恵比寿《BATICA》には徐々に人が集まり始めていた。まずもって映画がBlu-ray&DVDになるからリリース・パーティーをやる、なんてこと自体が珍しい。しかしお互いに繋がりのある多数のアクトが入り乱れたこの夜は、映画の内容とも紐付き、すごく自然だったように思う。

まずはこの映画の監督である三宅唱と音楽を担当しDJ役で出演するHi’SpecとMC役でライブをするOMSBがステージに上がりゆるりとした挨拶を述べる。この段階で会場は既に幸福な空気で満たされ、本作で毎日映画コンクールの音楽賞を受賞したHi’Specのビートライブがスタートする頃には平日の夜ながらフロアは満員に。ライブは劇中で使用される楽曲をメインに展開され、そのビートに合わせて身体を揺らし、首を振っているときの感覚は『きみの鳥はうたえる』を観ているときのそれと似ていて、遊びと仕事、昼間と夜、地方と都会、人と人、様々な境界線が溶けていく。それにアルコールの匂いとタバコの煙が混じり合い、そこに打ちつけられるビートの雨を浴びながら、会場のボルテージはグングンと勢いを増していく。

その熱気はマイクを握るOMSBがステージに現れたときピークに達し、「仕上がってますね!」と嬉しそうに話しながら、コール&レスポンスでさらに観客との一体感を高めてゆく。そして《BATICA》のフロアに次々と叩きつけられるブーンバップ・サウンド。セカンド・アルバム『Think Good』から約4年が経過していても、決してその研ぎ澄まされたラップ・スキルが錆びついていないことを証明するように(それ故に新作を期待してしまうが。というか出すでしょ!と言いたい)見事に観客をロックしていく。ラストは苛立ちや怒り、嫉妬にさえ、“今より良くなりたい”という想いが根本にあるのだと伝える「Think Good」を引き続きDJを務めているHi’Specがスピン。この曲が劇中で歌われることの必然を感じつつも、「動画でも生でも関係ねえ!」と叫んでみせるOMSBに会場全体が笑顔で応えた瞬間はこの夜のハイライトだった。余談だが、ライブ後に知人から“「Think Good」を演っているとき後ろで全部歌っていた人がいて、振り向くと三宅監督だった”という話を聞き、このチームの素晴らしさに改めてグッときてしまった。

誰にでも、忘れられない夏があるのだと思うし、まだそれを知らないあなたにもいつかそんな夏がくるのだと思う。それは永遠に続かないけれど、確かにそれがあったことを思い出す夜があって、これからもそんな夜がある。会場を出て昼の暑さを冷ますように降る霧雨を浴びながらこのイベントを振り返り、そんなことを考えていた。ちなみに、今回発売されるBlu-ray特別版には映画に収まり切らなかったクラブシーン中心の未公開映像が特典として収録される。映画館で鑑賞済みの方も、もちろんそうでない方も必見であるのと同時に、この日のアクトが描いたムードがギュッと凝縮された内容となっているので、マストでチェックして欲しい。

Text By Daiki Takaku


『きみの鳥はうたえる』

2019年5月10日発売

Blu-ray特別版5,200円+税
■Blu-ray特別版商品リンク

DVD3,800円+税
■DVD商品リンク

©HAKODATE CINEMA IRIS


MORE FEATURES

  • FEATURES : 21 May 2019

    Flying Lotus

    Flamagra、それはフライング・ロータスが歴史を把捉しながら描く新たな音楽の設計図

    By Tetsuya Sakamoto

    これまでフライング・ロータスことスティーヴン・エリソンは、ビート・ミュージック、エレクトロニック・ミュージック、ジャズ、ヒップホップ、ファンクを自由に撹拌し、自在に往来しながら、エクレクティックでフレ

  • INTERVIEWS : 17 May 2019

    The National

    人はまっさらで生まれ、喜びや挫折を浴びて育ち、強く気高く終える
    ザ・ナショナル最高傑作『I Am Easy To Find』ここに誕生!

    By Shino Okamura

    モノクロのポートレートとしてアルバム・カヴァーに写る女性は女優のアリシア・ヴィキャンデル。と知って、とっさに『光をくれた人』(2016年公開)の熱演を思い出した人は、筆者以外にもいるだろうか。昨年公開

  • INTERVIEWS : 16 May 2019

    The National

    世界に誇る最強バンドであるために
    アーロン・デスナーが語るザ・ナショナルが無敵の理由

    By Shino Okamura

    このインタビューは2年前、2017年9月に発表された通算7枚目のスタジオ・アルバム『Sleep Well Beast』のリリースに際して筆者が行ったものだ。相手はアーロン・デスナー。このバンドの音楽面

  • MAP OF THE K-POP : 15 May 2019

    Jannabi

    BTSやBLACKPINKとも肩を並べる人気バンドが聴かせる、現代に寄り添うレトロ・ポップ

    By Daichi Yamamoto

    「K-POP」という言葉は私たちに何をイメージさせるだろう。北米や北欧のソングライターとタッグを組んだ激しいダンス・ミュージック?歌や踊りを何年も鍛え上げる厳しい訓練生活やオーディションといったアイド

  • INTERVIEWS : 13 May 2019

    空間現代

    遠回りをした方が得られる感動もある~ アメリカ・ツアーも大好評だった空間現代、初の海外リリース作であり7年ぶりのオリジナル・アルバム『Palm』を語る

    By Shinpei Horita

    ニュー・アルバム『Palm』は、空間現代にとって実に7年ぶりとなる単独名義でのスタジオ録音作品であり、初の海外リリース作品である。しかし彼らはその間、沈黙を貫いていた訳ではない。言うまでもなく、201

  • INTERVIEWS : 12 May 2019

    三宅唱 x Hi’Spec x OMSB

    三宅唱 x Hi’Spec x OMSBが語る、共に過ごす日々が紡ぐ、尊敬と信頼のクリエイティブ~映画『きみの鳥はうたえる』Blu-ray&DVD発売記念インタビュー

    By Daiki Takaku

    ヒップホップの曲作りの過程を収めたドキュメンタリー『COCKPIT(2014年)』でも既にその音楽への熱を迸らせていた映画監督・三宅唱。そしてその出演者でもあり今や神奈川県は相模原を代表するヒップホッ

  • INTERVIEWS : 11 May 2019

    Jamila Woods

    レガシー、それは私そのもの ~ジャミーラ・ウッズが語る新作『レガシー!レガシー!』と、誇りの在り処、アイデンティティのゆくえ

    By Nami Igusa

    レガシー、それは自分自身だ。ジャミーラはインタビューでこう語ってくれた。「『この人は誰だろう? 私と同じ所から出てきて、世界を変えるような素晴らしい業績を残したこの人は?』と。それが私の自信になり、自

  • BRINGING THE PAST TO THE FUTURE : 08 May 2019

    Joe Tossini and Friends

    純粋経験としてのポップス~「アウトサイダー・ミュージック」のその先へ

    By Yuji Shibasaki

    これは、著名なミュージシャンによる記念碑的作品でもなく、歴史に名を残す堂々たる名盤でもない。日常の中で音楽を奏でてきたオーディナリー・パーソンによる音の記録だ。一人の若者がミュージシャンとしてヒロイッ