FEATURES : 22 March 2019

Lil Pump

The biggest mystery Of 2019!? Why Did Lil Pump Drop Out Of Harvard Even Though He Didn't Enter?

By Daiki Takaku

FEATURES : 22 March 2019

Lil Pump

The biggest mystery Of 2019!? Why Did Lil Pump Drop Out Of Harvard Even Though He Didn't Enter?

By Daiki Takaku

2019年最大の謎!?なぜリル・パンプは入学してもいないハーバードをドロップアウトしたのか

「…Gucci Gang Gucci Gang Gucci Gang Gucci Gang Gucci Gang Gucci Gang」

2000年生まれ、フロリダで育ったリル・パンプことガジー・ガルシアは16歳という若さでSoundCloudから流星の如く現れ、2年ほどの驚くべき短期間でミリオネアへと成り上がった。キャリアの大きな一歩「Gucci Gang」のわずか2分程度に詰め込まれた、このほとんど意味のない言葉の連呼。いやはや、バカバカしくて仕方ない。加えてSNSに仲間と暴れる様子を投稿したり何かと物議を醸す彼の印象は基本的に良くない。ただなぜか聴いてしまう。どうして?そんなモヤモヤを抱えながら過ごしているとき、1本の動画が話題を呼んだ。それはアメリカの高校生、ガブリエル・クレイグが“リル・パンプがいかにしてラップ・ゲームを救ったか(How Lil Pump saved the Rap Game)”についてスピーチする様子を収めたもの。ここにはパンプの存在を読み解くヒントがいくつか散らばっている。少し引用してみよう。“彼の曲は様々なバックグラウンドを持つ人々に届いた。「Gucci Gang」のようなアイコニックで、繰り返しが特徴的なリリックは多くの人に受け入れられた” つまり彼の曲にあるバカバカしいほど意味のない言葉の連呼には、言葉でありながら言語の壁を超える、キャッチーさと、矛盾を恐れずにあえて言うなら無意味さがあった、ということかもしれない。また、この動画の中に嘲笑にも似た笑い声が収められていることも覚えておいて欲しい。

「見て、ボキャブラリーが増えているわ!」

これは2月22日にリリースされた『Harvard Dropout』から先行シングル「Butterfly Doors」のMVのYouTubeコメント欄で最も多く高評価のついたコメント。「Gucci Gang」をはじめとする彼の楽曲のバカバカしさに誰もが気づいていたことがわかる簡単な皮肉である。先の動画に収められた笑い声もそうだが、彼のブレイクの影には常に冷笑が横たわっている。いや、冷笑に支えられていると言ってもいい。宝石まみれの両腕と首、見るたびに色の違うドレッド・ヘア、チープなサウンド、表面的で中身の無いリリック、SNSの投稿まで…無知で傲慢だと思わせる材料がそこには掻き集められ(「Butterfly Doors」はリリックにアジア人差別用語が含まれておりパンプはSNSでレイシズムに対する軽々しい認識が滲む言葉で謝罪したのみで動画自体も削除されておらず、これも彼の無知さの露呈した出来事のひとつだ)、それらはストリーミングという音楽再生環境において猛威を振るうことになる。話題性やコントロバーシャルな発言や行動、そして無知であることに対する批判や罵声、冷笑でさえ再生回数に直結。現状の音楽ビジネスにおいて非常に効果的に収益を生み出しているのだ。リル・パンプ本人が先日「最も無知でリッチなラッパー」を目指していると語ったが、チャート・アクションを見れば、彼は既に目標を達成しているだろうし、音楽業界で話題となったリル・パンプ計画なるものの存在も納得がいく。

リル・パンプの掴んだ“無知の勝利”は我々に何をもたらしたのか。高校生、クレイグの言葉をまた少し引用しよう。“リル・パンプがいなければラップゲームはアメリカ政府のように、数人の億万長者によって所有され支配されていた。ラップゲームが普通の人々によってコントロールされているのはリル・パンプのおかげだ” ラップゲームがアメリカ政府どうこうはさておき、資本主義社会の生んだ大きすぎる貧富の差は若者たちに明確な環境の差を与えている。それと呼応する教育の格差は彼らの将来の明暗を分け、ディスプレイに溢れかえる情報は決して明るくない未来のことを教えてくれるだろう。リル・パンプも幼い頃に両親が離婚。理想的な環境とはいえなかったはず。だが彼の掴んだ勝利は、クレイグの言うようにラップゲームの偏った力関係にバランスをもたらしただけでなく、世に蔓延る、金=知識=力という抗い難い構図を覆してみせた。『Harvard Dropout』という最新作のタイトルはカニエ・ウエスト『The College Dropout』のオマージュであるとともに、知の象徴=ハーバード(権利問題を避けるためかタイトルのスペルはe→aに変えてある)を入学してもいないのにドロップアウトするという、構図を逆転させる彼の存在感を的確に言い当てている。

リル・パンプの音楽は不適切な表現を多分に含み、下品で、刹那的で快楽的、内容はとことん薄い。ちなみに『Harvard Dropout』は ≪Pitchfork≫で3.8点(かなり低い)をつけた。だが相変わらず世界的に若者の死因の上位には自殺があり、かつ若者の貧困が深刻な今、これをひとつの希望と呼ぶのは乱暴だろうか。たしかにリル・パンプは見習うべき存在ではない。ただ少なくとも私は、彼を無知で価値のないラッパーだと簡単に切り捨てることはできない。むしろ知識や努力を強いる世の中にちょっとだけ疲れてしまったとき、口ずさみたくなるのだ。「Yes, I’m hella ignorant, I don’t give a fuck(ああ、俺は死ぬほど無知なんだ、でもどうだっていいよ) 」(「Be LIke Me」)こんな風にうそぶいてみる瞬間が、あったっていいじゃないか。(高久大輝)

■Lil Pump ツアー情報
https://unhappy.com/pages/tour-2

■ワーナーミュージック・ジャパンHP内アーティスト情報
https://wmg.jp/lil-pump/


MORE FEATURES

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 14 October 2019

    Rex Orange County / 思い出野郎Aチーム / パソコン音楽クラブ / Cashmere Cat / Sinead O’Brien / Post Malone & DaBaby / Cate Le Bon & Bradford Cox / Gang Starr

    BEST TRACKS OF THE MONTH – September, 2019

    By Si_Aerts / Daiki Mine / Dreamy Deka / Shino Okamura / Kei Sugiyama / Daiki Takaku

    Cashmere Cat – 「WITHOUT YOU」 アリアナ・グランデ、カニエ・ウエストなどなど数多くの大物と楽曲を制作するノルウェー出身のミュージシャンであるカシミア・キャットのセカンド・アル

  • INTERVIEWS : 12 October 2019

    The Misties

    ビートルズの遺伝子を考える#1
    元トランポリンズのヨハン・ステントープが新たなユニット=ザ・ミスティーズから直球で伝えるビートルズ愛

    By Masashi Yuno

    ビートルズが1969年に発表したアルバム『Abbey Road』の50周年アニバーサリー・エディションが、1970年1月31日に17週目の1位を獲得して以来約50年ぶりに全英チャートの1位を獲得したこ

  • INTERVIEWS : 11 October 2019

    Battles

    「バトルスは完全に新しいバンドになった」
    デュオになったバトルスがニューヨークから送る『Juice B Crypts』は、瑞々しくカオティックなエナジーに満ちた一作

    By imdkm

    バトルスが、通算で4作目となるニューアルバム、『Juice B Crypts』を10月11日に日本先行リリースする(日本国外では10月18日のリリースとなる)。絡み合うリフと複雑なリズムが織りなすエク

  • BRINGING THE PAST TO THE FUTURE : 10 October 2019

    4AM

    今再び「DIY」をさりげなく励ましてくれる、90年UK産オブスキュア・エレクトロニック・ポップ

    By Yuji Shibasaki

    この間の内外リイシュー・シーンは、レア・グルーヴ視点での70年代アイテム発掘の円熟期を既に過ぎ、80年代のオブスキュアなシンセ・ウェーブや異形のポスト・パンク作のディグを経由し、ついには90年代の知ら

  • FEATURES : 04 October 2019

    Wilco

    アメリカの良心、その苦悩と歓喜のプロセス
    ウィルコ全アルバム・ディスク・ガイド

    By Shuta Nishida / Ryutaro Amano / Yoshihito Tominaga / Yasuo Murao / Masaya Mifune / Takuro Okada / Tsuyoshi Kizu / Shino Okamura / Nami Igusa / Koki Kato / Sinpei Kido

    ウィルコのニュー・アルバム『Ode To Joy』がリリースされた。前作『Schmilco』から約3年ぶりのオリジナル・アルバム…というのは大した問題ではないが、『Schmilco』とその前の『Sta

  • FEATURES : 30 September 2019

    LFO / DJ Mujava / Nozinja

    《Warp》30周年〜LFOからDJ Mujavaまで…オルタナティヴ・ダンス・レーベルとしてのエッジーで凛とした軌跡

    By Tetsuya Sakamoto

    はじまりはダンス・ミュージックだった。1989年にイギリスの工業都市シェフィールドでスティーヴ・ベケット、ロブ・ミッチェル、ロバート・ゴードンによって設立された《Warp》は、ダンスを根本原理としない

  • FEATURES : 29 September 2019

    Eighth Grade

    映画『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』
    心と体の成長がチグハグな時期の少女の心の揺れと大人への出発

    By Yasuo Murao

    アルフォンソ・キュアロンやジャド・アバトーといった人気監督たちが「泣いた!」と絶賛。オバマ元大統領も年間ベストの一本に挙げるなど、昨年、アメリカで公開されて話題を呼んだ『エイス・グレード 世界でいちば

  • FEATURES : 27 September 2019

    The Black Skirts

    遂に初来日公演が実現!
    長いキャリアで音楽性と共に進化させてきたチョ・ヒュイル=ブラック・スカーツのグッド・メロディ

    By Daichi Yamamoto

    未だに鮮明に覚えている。2016年、ブラック・スカーツ(韓国語名:검정치마 / コムジョンチマ)のスロウ・バラード「Everything」と出会ったときの印象を。シューゲイザーやチルウェイブを通過した