TRACKS

REVIEWS: 03 July 2017

TRACKS

REVIEWS: 03 July 2017

Arcade Fire

Signs Of Life

2017 / Columbia / Sony Music Japan

By Yasuyuki Ono

アーケイド・ファイア、7月28日、全世界アルバム同時発売!
新曲が伝えるそのSF/近未来的想像力が示すものーー

 鳴り響くサイレン、クラップ・ハンズとストリングスに続く、ファンクなベース・ラインと徐々に表出するシンセサイザー。ダンサブルにたたみかけ、中盤でラップのように曜日をただただ連呼するウィン・バトラーのヴォーカル。MVで繰り広げられる、男女二人組のエージェントが組織の秘密を追い、地球外生命体と遭遇するなんともチープなストーリー。前作より続く、ディスコ、ダンス性はここでも健在だ。 しかし、この曲は安易なダンス・ポップなどでは決してない。ファンク、ラップ、そして宇宙。その組み合わせが彷彿とさせるのは、アフロ=フューチャリズムのようにも思える。7月28日に全世界同時リリースとなる新作『Everything Now』から既に発表されたタイトル曲と「Creature Comfort」のMVでの宇宙船、火星のような赤茶色の大地、そして宇宙服を思わせる表現をみても、この曲はSF/近未来的想像力へと私たちを再び向かわせる。そして、その、アフロ=フューチャリズムというSF/近未来的想像力がかつて表現していたのは、人種をめぐる支配/被支配構造の転覆であり、過去の書き換えであったはずだ。

 アーケイド・ファイアが、本年1月のドナルド・トランプ就任時に発表した、メイヴィス・ステイプルズ参加の「I Give You Power」(新作には未収録)が示していたように、人種を越えた“コミュニティ”や“団結”という問題をめぐる表現のバトンは、確かにこの曲へと手渡されているようだ。(尾野泰幸)

■『Everything Now』Amazon予約
http://amzn.asia/iulRld6

■アーケイド・ファイア OFFICIAL SITE
http://arcadefire.com/site/

■ソニー・ミュージック・ジャパンHP内 アーケイド・ファイア情報
http://www.sonymusic.co.jp/artist/arcadefire/


MORE REVIEWS

ALL REVIEWS