FEATURES : 08 March 2019

Vampire Weekend

The band sound that Vampire Weekend found after 6 years silence in rap era.

By Keigo Sadakane

FEATURES : 08 March 2019

Vampire Weekend

The band sound that Vampire Weekend found after 6 years silence in rap era.

By Keigo Sadakane

ヴァンパイア・ウィークエンドが見つけたラップ時代におけるバンド・サウンドとは?

 

ヴァンパイア・ウィークエンド(以下、VW)は、バロック、アフロ、サイケ、そうした音楽の歴史と積極的につながることで自らを更新することに成功してきたバンドだ。そのことが「インディー・ロック」という10年代後半に急速に求心力を失った枠組みに閉じ込められ、過去の遺物になることからバンドを救ってきた。

それでもラップがポップの中心に陣取り、ギターロック・バンドがその存在意義を問われる時代において、VWは今、2つの問いに向かい合っている。「オーセンティックなソングライティングは未だに有効なのか?」、そして「ラップ時代におけるバンド・サウンドとはいかなるものか?」という問いだ。

新作からの第一弾シングルになった「Harmony Hall」と「2021」は正にこの2つの問いへのアプローチを示していた。流麗なギター・アルペジオとVWらしいメロディを持つがモダンなプロダクションの「Harmony Hall」、細かく刻んだハイハットと曲の極端な短さが明らかにトラップにも顕著な昨今のプロダクションを感じさせる「2021」。こうした構成に彼らなりの解が現れていたように思う。

そして一昨日リリースされた第二弾シングルが「Sunflower / Big Blue」。オーセンティックなソングラインにモダンなプロダクションは今回も見られる。「Sunflower」はサイケ好きらくグレイトフル・デッドの「China Cat Sunflower」をモロに引用しているとはいえ、プロダクションは一見不釣り合いなプラスティックさで不思議なバランスだし、ギターとユニゾンするベースもかなり全面にでたミックスで、それをなぞるようなビートのほうが聴き手を前に運んでくれる作り。ただメロディラインはこれまでのVWと地続きにある安心感もある。そして「Big Blue」はビートルズの「Revolver」期を想起させるような美しいギター・ストロークとメロディにDJダヒのプロダクションという掛け合わせだ。

加えて興味深いのはギタリストの起用法。「Sunflower」ではケンドリックとも仕事をした最新のヒップホップ/R&Bを代表するプレイヤーである若干20歳のスティーヴ・レイシー(ジ・インターネット)を起用し、これは「Harmony Hall」に参加しているカントリーやブルースなどのルーツ・ミュージックの伝統を守るスティール・ギター・プレイヤーである御年70歳のグレッグ・リーズと対比的だ。

この2回のリリースを通してバンドは、楽曲そのものの作りに留まらずコラボレートの大胆な導入というアルバム制作における方法論のメタ的なアプローチにおいても「現在」を取り込みながら、コラボレーターの人選においても過去の歴史と現在を接続し、バンドの在り方の未来を作ろうとしているように映る。それはアリアナ・グランデが新作において、そのリリースの仕方で女性ポップスター・ジンガーの在り方を更新してみせたことともシンクロする。まだ4曲ではあるけれど、アルバム全体の意図を見渡せる地図のピースが少しずつ揃ってきた。

思えば「アメリカ人として生まれ、死ぬこと」という重いテーマと向き合った前作の最終曲「Young Lion」はこんな言葉で締め括られていた —「焦ることはない、若き獅子たちよ」—。彼らが6年の歳月をかけて出した解がもう少しで明らかになる。(定金啓吾)

Photo by Monika Mogi

※6年ぶり4作目となるニュー・アルバム『Father Of The Bride』は5月3日発売

■Vampire Weekend Official Site
https://www.vampireweekend.com/

■ソニー・ミュージック・ジャパン内アーティスト情報
https://www.sonymusic.co.jp/artist/vampireweekend/info/504653

Text By Keigo Sadakane


MORE FEATURES

  • FEATURES : 20 July 2019

    スカート

    フジロック出演!
    スカートのライヴにみるポップ開拓者としての強靭な孤独

    By Shino Okamura

    スカートは素晴らしいレコーディング・ユニットだが、素晴らしいライヴ・バンドでもある。ここではそんな話を書いてみたい。 去る7月6日に梅田クラブクアトロでスカートのライヴを観てきた。フル・バンドでのライ

  • FEATURES : 18 July 2019

    Festival

    “アジア発”が目立つ今年の夏フェス・ラインナップ、その背景を追う

    By Daichi Yamamoto

    今年の夏のフジロック・フェスティバル(以下 フジロック)、サマーソニックのラインナップには例年以上に東アジア・東南アジア出身のアーティストの名前が目立っている。K-POP、アジア出自のヒップホップ・R

  • FEATURES : 16 July 2019

    Toro Y Moi

    フジロック出演! 一歩先の未来を描くトロ・イ・モワ、信じるオフラインの可能性

    By Koki Kato

    朗らかな笑顔を浮かべながら演奏するトロ・イ・モワの姿が印象的だった2013年フジロック《ホワイトステージ》。彼自身はボーカルとキーボードを弾き、サポートにベース、ドラム、ギターを擁した音数の少ないバン

  • FEATURES : 12 July 2019

    Tycho

    フジロック出演決定!
    ザ・エックス・エックス『アイ・シー・ユー』に対する、ティコからの回答

    By Tetsuya Sakamoto

    エレクトロニクスとバンド・サウンドの融合、もとい、エレクトロニック・ミュージックのプロデューサーによる有機的なバンド・サウンドの可能性の探求ーーサンフランシスコを拠点にするスコット・ハンセンのソロ・プ

  • FEATURES : 12 July 2019

    New Order

    Joy DivisionからNew Orderへ、New OrderからJoy Divisionへ 

    By Tomoko Takahashi

    『∑(No,12k,Lg,17Mif)』。暗号のようなこの文字列は7月12日に発売されるNew Order(以下NO)のライヴ・アルバムのタイトルだ。察しのよい読者なら、この文字列が何を言わんとするの

  • INTERVIEWS : 10 July 2019

    GUIRO

    「ここでもそっちでもない、そのあいだ。それゆえにすごくいい空間である。『A MEZZANINE (あ・めっざにね)』はそういう作品であってほしい」
    名古屋の秘宝・GUIROの絶景たる“美しさ”

    By Dreamy Deka

    GUIROは1997年からヴォーカル・ギターの髙倉一修を中心に愛知・名古屋を拠点に活動するグループで「名古屋の至宝」と称されることもある存在だ。長い活動休止期間を終えた2015年以降は、彼らへのリスペ

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 09 July 2019

    Various Artists

    BEST TRACKS OF THE MONTH – June, 2019

    By Dreamy Deka / Shino Okamura / Kei Sugiyama / Daichi Yamamoto / Nami Igusa / Koki Kato / Sinpei Kido

    Brittany Howard – 「History Repeats」 ドラムがネイト・スミス。もうそのクレジットだけでこの曲がどういう位置付けにある曲かがわかる。現在44歳のネイトは、最

  • BRINGING THE PAST TO THE FUTURE : 09 July 2019

    Dennis Young

    ポストパンクとニューエイジ、内向と享楽が併せ立つ、異形のベッドルーム・ダンスミュージック

    By Yuji Shibasaki

    アーリー80’sのNYアンダーグラウンド・シーンに漲っていた脱ジャンル的なエナジーについては、近年でこそ様々な証言や研究によって徐々に明らかにされつつあるが、今その重要性が認識されている程度に当時から