FEATURES : 08 March 2019

Vampire Weekend

The band sound that Vampire Weekend found after 6 years silence in rap era.

By Keigo Sadakane

FEATURES : 08 March 2019

Vampire Weekend

The band sound that Vampire Weekend found after 6 years silence in rap era.

By Keigo Sadakane

ヴァンパイア・ウィークエンドが見つけたラップ時代におけるバンド・サウンドとは?

 

ヴァンパイア・ウィークエンド(以下、VW)は、バロック、アフロ、サイケ、そうした音楽の歴史と積極的につながることで自らを更新することに成功してきたバンドだ。そのことが「インディー・ロック」という10年代後半に急速に求心力を失った枠組みに閉じ込められ、過去の遺物になることからバンドを救ってきた。

それでもラップがポップの中心に陣取り、ギターロック・バンドがその存在意義を問われる時代において、VWは今、2つの問いに向かい合っている。「オーセンティックなソングライティングは未だに有効なのか?」、そして「ラップ時代におけるバンド・サウンドとはいかなるものか?」という問いだ。

新作からの第一弾シングルになった「Harmony Hall」と「2021」は正にこの2つの問いへのアプローチを示していた。流麗なギター・アルペジオとVWらしいメロディを持つがモダンなプロダクションの「Harmony Hall」、細かく刻んだハイハットと曲の極端な短さが明らかにトラップにも顕著な昨今のプロダクションを感じさせる「2021」。こうした構成に彼らなりの解が現れていたように思う。

そして一昨日リリースされた第二弾シングルが「Sunflower / Big Blue」。オーセンティックなソングラインにモダンなプロダクションは今回も見られる。「Sunflower」はサイケ好きらくグレイトフル・デッドの「China Cat Sunflower」をモロに引用しているとはいえ、プロダクションは一見不釣り合いなプラスティックさで不思議なバランスだし、ギターとユニゾンするベースもかなり全面にでたミックスで、それをなぞるようなビートのほうが聴き手を前に運んでくれる作り。ただメロディラインはこれまでのVWと地続きにある安心感もある。そして「Big Blue」はビートルズの「Revolver」期を想起させるような美しいギター・ストロークとメロディにDJダヒのプロダクションという掛け合わせだ。

加えて興味深いのはギタリストの起用法。「Sunflower」ではケンドリックとも仕事をした最新のヒップホップ/R&Bを代表するプレイヤーである若干20歳のスティーヴ・レイシー(ジ・インターネット)を起用し、これは「Harmony Hall」に参加しているカントリーやブルースなどのルーツ・ミュージックの伝統を守るスティール・ギター・プレイヤーである御年70歳のグレッグ・リーズと対比的だ。

この2回のリリースを通してバンドは、楽曲そのものの作りに留まらずコラボレートの大胆な導入というアルバム制作における方法論のメタ的なアプローチにおいても「現在」を取り込みながら、コラボレーターの人選においても過去の歴史と現在を接続し、バンドの在り方の未来を作ろうとしているように映る。それはアリアナ・グランデが新作において、そのリリースの仕方で女性ポップスター・ジンガーの在り方を更新してみせたことともシンクロする。まだ4曲ではあるけれど、アルバム全体の意図を見渡せる地図のピースが少しずつ揃ってきた。

思えば「アメリカ人として生まれ、死ぬこと」という重いテーマと向き合った前作の最終曲「Young Lion」はこんな言葉で締め括られていた —「焦ることはない、若き獅子たちよ」—。彼らが6年の歳月をかけて出した解がもう少しで明らかになる。(定金啓吾)

Photo by Monika Mogi

※6年ぶり4作目となるニュー・アルバム『Father Of The Bride』は5月3日発売

■Vampire Weekend Official Site
https://www.vampireweekend.com/

■ソニー・ミュージック・ジャパン内アーティスト情報
https://www.sonymusic.co.jp/artist/vampireweekend/info/504653

Text By Keigo Sadakane


MORE FEATURES

  • INTERVIEWS : 17 September 2019

    川本真琴&山本精一

    対談:川本真琴 × 山本精一
    「いろいろな曲がたくさん聴ける雑誌のようなアルバムにしたかった」

    By Shino Okamura

    悪いけど私はデビューした時から川本真琴のファンだ。だからわかる。彼女は決して衝動だけのアーティストなんかじゃないってことが。 それに気づいたのは、もう今から20年くらい前、彼女の正式なライヴとしてはお

  • INTERVIEWS : 16 September 2019

    Give me little more / MARKING RECORDS

    感度の高いショップが密集する城下町・松本のインディー文化
    カギを握る2軒の人気ショップ店主に訊く

    By Dreamy Deka

    サブスクリプション・サービスの普及と巨大フェスの定着によって、ぱっと見では隆盛を極めているようにも見える音楽シーン。洋楽・邦楽のメインストリームが盛り上がるのはもちろん素晴らしいことだけど、クラウドサ

  • FEATURES : 13 September 2019

    Belle And Sebastian

    映画と漫画と音楽から届いた手紙、私たちが過去を物語る理由

    By Koki Kato

    2020年公開予定の映画『Days Of The Bagnold Summer』のサウンドトラックがベル・アンド・セバスチャンの新作だという。誰かの過去について描くことで完成した新作、というべきだろう

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 08 September 2019

    Foals / Thom Yorke / Flea / Tohji / Alessia Cara / DIIV / The 1975 / South Penguin / Spinning Coin / First Aid Kit / Konradsen / 折坂悠太 / Oliver Tree

    BEST TRACKS OF THE MONTH – August, 2019

    By Hitoshi Abe / Si_Aerts / Sayuki Yoshida / Dreamy Deka / Shino Okamura / Kei Sugiyama / Daiki Takaku / Koki Kato / Hiroko Aizawa / Eri Mokutani

    The 1975 – 「People」 スタイリッシュでポップ、現代社会をクールに、かつ痛烈に切り裂くメッセージ性の強い歌詞、どこをとっても今最強で最高のロック・バントの一つであるThe

  • BRINGING THE PAST TO THE FUTURE : 06 September 2019

    Music From Temple

    〈プログレッシヴ〉の捨象したものが蘇る
    83年福岡産自主制作プログレを聴く

    By Yuji Shibasaki

    これまで一般にというと、テクニカルな演奏、複雑な楽曲構成、壮大で主情的なメロディーといった要素ばかりが取り沙汰されてきたきらいがある。それを抽出することをもってとして(一部カンタベリー系やジャーマン・

  • FEATURES : 04 September 2019

    Bon Iver

    バラバラになった何かをつなぐ最後の希望
    ROTH BART BARON三船雅也が綴る『i, i』に向けられたどうしようもなく美しい物語

    By Masaya Mifune

    ボン・イヴェール『i, i』に寄せて—— “これは1人のアメリカ人の男が絶望と孤独の淵から回復し、戻ってくる物語だった” 美しい自然と、黒く清んだ川がある。ウィスコンシン、オークレア。ジョン・プライン

  • FEATURES : 03 September 2019

    Jay Som

    Jay Som『Anak Ko』から考える、アジアン・アメリカン女性による”私たちの音楽”としてのギター・ミュージック

    By Nami Igusa

    90年代のオルタナ・ロックというのはある種、サウンドの荒っぽさゆえ、雄々しいイメージとは不可分であることは否定できない。いや、もちろん、ピクシーズのキム・ディールやソニック・ユースのキム・ゴードンとい

  • FEATURES : 01 September 2019

    Blindspotting

    映画『ブラインドスポッティング』が教えてくれる、“盲点をなくすことはできない”というスタート地点

    By Daiki Takaku

    “信念バイアス”、“行為者・観察者バイアス”a.k.a.”責任転嫁ゲーム”、そして“ルビンの壺”。主人公コリンと、そのドレッドを編む元彼女ヴァルとの会話(心理学用語の暗記中)で登場するこれらの言葉は本