BEST EVER TV SERIES : 11 April 2019

Netflix

BEST EVER TV SERIES Netflix Original "FORMULA 1 : DRIVE TO SURVIVE"

By Hiroko Aizawa

BEST EVER TV SERIES : 11 April 2019

Netflix

BEST EVER TV SERIES Netflix Original "FORMULA 1 : DRIVE TO SURVIVE"

By Hiroko Aizawa

フロントマンよりリズム隊派にオススメな過酷な戦いを描くF1ドキュメンタリー

#2 Netflix 「Formula 1: 栄光のグランプリ」

Netflixはオリジナルドラマや映画が次々にリリースされるので、正直時々どれから観ればいいのかわからない!とイライラすることもある。また、ドラマの場合は1シーズンに8話以上はあるし、長いシリーズものだと8シーズンぐらいある上に、全てのシーズンが面白いとは限らないので、テンションを維持するのに疲れることもある。そんな時にオススメなのが、ドキュメンタリーとバラエティ。ながら見するつもりで見始めたのに、ついつい夢中になってしまった3番組を紹介したい。

まず今回は「Formula 1: 栄光のグランプリ」。2018年のF1グランプリをシーズン通して追った内容である。全10話。

F1?おんなじコース何十周もバカみたいな速さで走るあの危ないスポーツ?興味ないわ~、でスルーしたらめちゃくちゃ勿体無い。むしろ興味ない人にこそ見て欲しい。ライブに行くと、ついついドラムとベースを目で追ってしまう、みたいな人向け。多分気づいたら、月2回週末のレースを楽しみにする自分がいるはず。

最初に言っておくと、現状トップ2であるフェラーリとメルセデスはこの番組への参加を拒否したため、その2チームのエピソードはない。え、中堅チームの話?地味じゃん、華やかなストーリーを見たーい、とか思ったらこれまた勿体無い。そもそも、F1は華やかな世界なんかじゃない。毎レース生死を賭けた最高の技術を持つドライバーと研究に研究を重ねてマシンを作り上げ、一切の判断ミスも許されないレースをコントロールするチームスタッフの過酷な戦いである。

その過酷な戦いを十二分に見せつけてくれるこの番組に登場する主なチームは、上位2チームの脅威になっていきたいレッドブル、レッドブルと複雑な関係にあるルノー、F1に参戦しはじめて間もないハース、の3チーム。それぞれのチームに所属するドライバーは、10年同じチームに所属し去就に悩むイケメン、めちゃくちゃ鼻っ柱強いビッグマウス、若い頃から注目され続けているにも関わらず優勝経験なしのドイツ人、思うような成績が出ずメンタル崩壊寸前のベテランなど、さすが時速300キロで走るだけあって、個性派ぞろい。そんな彼らを支え、コントロールし、時にめちゃくちゃ怒るチームスタッフたち。はっきり言って、後者がこの番組の主役である。ドライバーの技術はもちろん超重要なのだが、まず車がその技術を生かしきれていないと結果に繋がらない、というのがよく分かる。そして、車の性能だけじゃなく、タイヤ交換のタイミングなど、あらゆる場面での判断がいちいち命取りになるため、そういった指示を逐一ドライバーとスタッフ間で無線でやりとりするわけだが、まあ言う事聞かない我が強いドライバーが結構おりまして。お前、1レースにどんだけ金と労力費やしてるか分かってる?自信あるのは分かるけどさあ~と観てるこっちが言いたくなることもしばしば。どうしても観ていると、ドライバーよりもチームスタッフに肩入れしたくなる場面が多い。やはり、あからさまに表に立つ者よりも、影に立つ者に自然と惹かれていくのは人間の性だろうか。私だけか?

一番オススメしたい登場人物は、ハースの代表ギュンター・シュタイナー。おそらく、番組を観た人の中でも彼の支持率は高いだろう。歴史が浅く未熟な部分が多いチームスタッフ、キャラが対極と言える2人のドライバーにストレートに苛立ちを見せつつも、全ての責任は自分にある、と腹を括ってるその姿勢。冷静なのかと思いきや、喜怒哀楽は惜しみなく表現するタイプで、可愛げもある。最高。

何度でも観たくなる個人的ハイライトシーンは、あるドライバーの移籍やチーム同士の関係の拗れを巡り、記者会見の直前にとあるチームの代表が、もう一方のチームの専務に超絶イヤミを言う場面。え?このタイミングでそれ言う?という感じで、観てるこっちがワナワナしてしまった。ドラマ的シーンである。

最後に余談だが、部屋の壁が薄くなければ大音量で観ることをオススメする。映像がキレイなので臨場感がハンパない。ちなみにF1は、DAZNで!(相澤宏子)


MORE FEATURES

  • INTERVIEWS : 22 August 2019

    Joey Dosik

    1つの扉やチャンスが閉じられてしまっても他の扉が開かれる
    ジョーイ・ドーシックが語るLAシーンの無限の可能性

    By Koki Kato

    ジョーイ・ドーシックという人といると誰もがわくわくする。取材の前々日に《ブルックリンパーラー新宿》で行われたソロ・ライブ、取材後に観た《ブルーノート東京》でのバンドセットも、2016年に代官山《晴れた

  • INTERVIEWS : 21 August 2019

    Young-G

    日本でヒップホップをやることはタイからみたら一種のルークトゥン
    Young-Gが魅了された一過性のブームでは掬いきれないタイの音楽の魅力とは?

    By Daiki Takaku

    「今アジアの音楽が熱い」最近そんな言葉をよく耳にするが、山梨県旧一宮町を拠点として活動するヒップホップ・ユニット、stillichimiyaのMC、ビートメイカーとして知られるYoung-Gは、One

  • INTERVIEWS : 16 August 2019

    Juu & G. Jee

    アジア・レペゼンの現在を伝えるタイと日本の刺激的な連帯
    Juuが語る自身の生い立ち、そしてタイの今

    By Shino Okamura

    もしかすると、今ほど新旧さまざまなアジアの音楽が注目され、その多様な作品、アーティストが広く聴かれている時代も過去になかったのではないかと思う。いや、過去にもちょっとしたアジア・ブームがあっただろう。

  • INTERVIEWS : 13 August 2019

    The Bird And The Bee

    ザ・バード・アンド・ザ・ビー流ヴァン・ヘイレンのススメ
    イナラ・ジョージが語るポップ・ミュージック進化論

    By Shino Okamura

    はっきり言おう。イナラ・ジョージとグレッグ・カースティンの二人は、目立って評価される機会こそ少ないが、アメリカの現在の音楽の現場で人間交差点的な役割を果たしている重要人物だ。90年代から裏方として活動

  • FEATURES : 13 August 2019

    Foals

    サマーソニック出演目前!享楽とシリアスの融合の軌跡
    フォールズ全アルバム・ディスク・ガイド

    By Masashi Yuno / Kei Sugiyama / Daichi Yamamoto / Hiroko Aizawa / Eri Mokutani

    《サマーソニック ’19》出演までいよいよカウントダウン! そこで、フォールズを紐解くAtoZ、最新ライヴ・レポートに続き、今回は彼らのこれまでの作品を1枚ずつ振り返ってみよう。 ダンサブ

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 08 August 2019

    Haim / Wilco / SAGO SAID / 蓮沼執太 / Dabeull / Rude Jude / Rayland Baxter / Angel Olsen / Lulileela

    BEST TRACKS OF THE MONTH – July, 2019

    By Sayuki Yoshida / Dreamy Deka / Shino Okamura / Kei Sugiyama / Daichi Yamamoto / Nami Igusa / Koki Kato / Sinpei Kido

    Angel Olsen – 「All Mirrors」 比類なきその声に対峙できるのはオーケストラだったということか。前作『My Woman』(2016年)からほとんど新曲らしい新曲もない

  • BRINGING THE PAST TO THE FUTURE : 08 August 2019

    『Digital Kabar"Electronic Maloya From La Reunion Since 1980"』

    文化混交と多様性の称揚
    レユニオン島の「エレクトロニック・マロヤ」を聴く

    By Yuji Shibasaki

    マダガスカルから約800km東のインド洋上に浮かぶ島、フランス海外県レユニオン。サトウキビ生産を主要産業とするこの小さな島の名は、海外文学に明るい方ならあのミシェル・ウエルベックの出身地としても知って

  • FEATURES : 08 August 2019

    Fuji Rock Festival

    《フジロック・フェスティバル ’19》ライヴ&フォト・レポート

    By Makoto Watanabe / Daichi Yamamoto / Hiroko Aizawa / Eri Mokutani

    23回目を迎えた《フジロック・フェスティバル’19》。7月27日は台風6号の影響で一部プログラムに変更が生じたものの、26日の前夜祭から延べ4日間で130,000人(主催者発表)が来場して