BEST EVER TV SERIES : 11 April 2019

Netflix

BEST EVER TV SERIES Netflix Original "FORMULA 1 : DRIVE TO SURVIVE"

By Hiroko Aizawa

BEST EVER TV SERIES : 11 April 2019

Netflix

BEST EVER TV SERIES Netflix Original "FORMULA 1 : DRIVE TO SURVIVE"

By Hiroko Aizawa

フロントマンよりリズム隊派にオススメな過酷な戦いを描くF1ドキュメンタリー

#2 Netflix 「Formula 1: 栄光のグランプリ」

Netflixはオリジナルドラマや映画が次々にリリースされるので、正直時々どれから観ればいいのかわからない!とイライラすることもある。また、ドラマの場合は1シーズンに8話以上はあるし、長いシリーズものだと8シーズンぐらいある上に、全てのシーズンが面白いとは限らないので、テンションを維持するのに疲れることもある。そんな時にオススメなのが、ドキュメンタリーとバラエティ。ながら見するつもりで見始めたのに、ついつい夢中になってしまった3番組を紹介したい。

まず今回は「Formula 1: 栄光のグランプリ」。2018年のF1グランプリをシーズン通して追った内容である。全10話。

F1?おんなじコース何十周もバカみたいな速さで走るあの危ないスポーツ?興味ないわ~、でスルーしたらめちゃくちゃ勿体無い。むしろ興味ない人にこそ見て欲しい。ライブに行くと、ついついドラムとベースを目で追ってしまう、みたいな人向け。多分気づいたら、月2回週末のレースを楽しみにする自分がいるはず。

最初に言っておくと、現状トップ2であるフェラーリとメルセデスはこの番組への参加を拒否したため、その2チームのエピソードはない。え、中堅チームの話?地味じゃん、華やかなストーリーを見たーい、とか思ったらこれまた勿体無い。そもそも、F1は華やかな世界なんかじゃない。毎レース生死を賭けた最高の技術を持つドライバーと研究に研究を重ねてマシンを作り上げ、一切の判断ミスも許されないレースをコントロールするチームスタッフの過酷な戦いである。

その過酷な戦いを十二分に見せつけてくれるこの番組に登場する主なチームは、上位2チームの脅威になっていきたいレッドブル、レッドブルと複雑な関係にあるルノー、F1に参戦しはじめて間もないハース、の3チーム。それぞれのチームに所属するドライバーは、10年同じチームに所属し去就に悩むイケメン、めちゃくちゃ鼻っ柱強いビッグマウス、若い頃から注目され続けているにも関わらず優勝経験なしのドイツ人、思うような成績が出ずメンタル崩壊寸前のベテランなど、さすが時速300キロで走るだけあって、個性派ぞろい。そんな彼らを支え、コントロールし、時にめちゃくちゃ怒るチームスタッフたち。はっきり言って、後者がこの番組の主役である。ドライバーの技術はもちろん超重要なのだが、まず車がその技術を生かしきれていないと結果に繋がらない、というのがよく分かる。そして、車の性能だけじゃなく、タイヤ交換のタイミングなど、あらゆる場面での判断がいちいち命取りになるため、そういった指示を逐一ドライバーとスタッフ間で無線でやりとりするわけだが、まあ言う事聞かない我が強いドライバーが結構おりまして。お前、1レースにどんだけ金と労力費やしてるか分かってる?自信あるのは分かるけどさあ~と観てるこっちが言いたくなることもしばしば。どうしても観ていると、ドライバーよりもチームスタッフに肩入れしたくなる場面が多い。やはり、あからさまに表に立つ者よりも、影に立つ者に自然と惹かれていくのは人間の性だろうか。私だけか?

一番オススメしたい登場人物は、ハースの代表ギュンター・シュタイナー。おそらく、番組を観た人の中でも彼の支持率は高いだろう。歴史が浅く未熟な部分が多いチームスタッフ、キャラが対極と言える2人のドライバーにストレートに苛立ちを見せつつも、全ての責任は自分にある、と腹を括ってるその姿勢。冷静なのかと思いきや、喜怒哀楽は惜しみなく表現するタイプで、可愛げもある。最高。

何度でも観たくなる個人的ハイライトシーンは、あるドライバーの移籍やチーム同士の関係の拗れを巡り、記者会見の直前にとあるチームの代表が、もう一方のチームの専務に超絶イヤミを言う場面。え?このタイミングでそれ言う?という感じで、観てるこっちがワナワナしてしまった。ドラマ的シーンである。

最後に余談だが、部屋の壁が薄くなければ大音量で観ることをオススメする。映像がキレイなので臨場感がハンパない。ちなみにF1は、DAZNで!(相澤宏子)


MORE FEATURES

  • INTERVIEWS : 19 April 2019

    Gus Dapperton

    「ガス・ダパートンは僕自身であり再創造するためのレーベル」
    ニューヨークの新たなポップ・アイコンがついにアルバム・デビュー!

    By Kei Sugiyama

    ガス・ダパートンをご存じだろうか。もしご存じないのであれば、まずは下のリンクにあるMVを見ていただきたい。クールな佇まいとユニークな踊り、口ずさみたくなるサビのリフレインに惹きつけられ、僕らはこの楽し

  • INTERVIEWS : 19 April 2019

    Fat White Family

    “サウス・ロンドンの狂犬”はいかにして、変化を恐れず真摯に音楽に向き合うバンドになったのか?

    By Eri Mokutani

    2年前、映画『T2トレインスポッティング』の劇中音楽(サントラ)に「Whitest Boy On The Beach」が採用されたことで話題にもなったファット・ホワイト・ファミリー(以下、FWF)。し

  • INTERVIEWS : 15 April 2019

    Galen Ayers

    スペインの風土、日本の文化を愛した故ケヴィン・エアーズへ―― 愛娘ギャレンから届けられた初のアルバムは歌を通じた父へのラブレター

    By Yasuo Murao

    UKプログレの聖地、カンタベリー・シーンのキーパーソンであり、世界中を放浪しながら歌を紡いだシンガー・ソングライター、ケヴィン・エアーズ。そんな吟遊詩人の血を受け継いで、父親と同じようにシンガー・ソン

  • INTERVIEWS : 12 April 2019

    Bibio

    ビビオが語るニュー・アルバム『リボンズ』~時代・国・シーンを越えて喚起する、シネマティックなノスタルジー

    By Nami Igusa

    ニューアルバム『リボンズ』はビビオのキャリアの中でも最も映像的と言っても過言ではない。青々とした木々、きらめく川の流れ、あるいは傾く日の柔らかな光…そんな情景がありありと目に浮かんできそうだ。フィール

  • FEATURES : 09 April 2019

    PAR STORE

    シャムキャッツ菅原慎一が訪ねる新たな台北の遊び場《PAR STORE》
    ~ex透明雑誌・洪申豪(モンキー)が作った理想のスペースとは?

    By Shinichi Sugawara

    シャムキャッツのギタリスト/ソングライターの菅原慎一が、いつのまにか東アジアのインディー・ポップに夢中になっている。もともとがリスナー気質の強い菅原だが、シャムキャッツとして台湾公演を行い暖かいオーデ

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 06 April 2019

    Various Artists

    BEST TRACKS OF THE MONTH -March, 2019-

    By Shino Okamura / Kei Sugiyama / Nami Igusa / Koki Kato / Yasuyuki Ono / Daiki Takaku / Eri Mokutani

    Faye Webster – 「Room Temperature」 マック・デマルコ「Chmaber of Reflection」がドリーミーに夜を想わせるなら、フェイ・ウェブスター「Ro

  • BRINGING THE PAST TO THE FUTURE : 04 April 2019

    キングコングパラダイス

    既存の音楽地図を引き破る、脱ジャンル的秘宝盤

    By Yuji Shibasaki

    1976年開催の第12回ヤマハポプコンに出場し、「朝が来ないうちに」で優秀曲賞を受賞、翌年東宝レコード傘下の《TAM》よりファースト・アルバム『トーキング・アバウト福生』でメジャー・デビューしたファン

  • FEATURES : 03 April 2019

    Sevdaliza

    初来日公演直前! イラン出身のセブダリザが見ている人間という存在

    By Koki Kato

    イラン出身、幼少期に難民として移住してから現在までオランダを拠点に活動するシンガー・ソング・ライター、セヴダリザが4月8日の《Redbull Music Festival Tokyo 2019》で初来