BEST EVER TV SERIES : 04 March 2019

Netflix

BEST EVER TV SERIES Netflix Original "DARK"

By Hiroko Aizawa

BEST EVER TV SERIES : 04 March 2019

Netflix

BEST EVER TV SERIES Netflix Original "DARK"

By Hiroko Aizawa

「DARK ダーク」〜ドイツの田舎町に潜む、行き場のない家族間を巡る絶望

#1 Netflix 「DARK ダーク」

2017年にシーズン1が公開されたドイツ発のNetfilxオリジナル・ドラマ「DARK ダーク」。面白さの割に注目度の高くない本作だが、ついに今年の6月にシーズン2が公開されるという噂。シーズン1の主な舞台は2019年なので、タイミングとしては丁度良い。が、2年は待たせすぎじゃないだろうか。

「ドイツ版ストレンジャー・シングス」という触れ込みに期待してこの作品を見始めると、結構火傷する。共通の要素は確かに多い。小さな町の複数家族、森で失踪する少年、政府関係の怪しい研究所(ダークの場合は原発)、自転車に乗る子供達、などの要素。だが、はっきり言って似ているのはこれらの要素だけなので、ストレンジャー・シングスのことは今すぐ忘れて観て欲しい。

大きく分ければSFスリラーと言えるが、SFのワクワクする要素、スリラーのいい意味でドキドキする要素はほとんどない。というのも、とにかく暗い。話の内容も、映像自体も、登場人物の表情も、全てが暗い。ワクワクドキドキ要素を期待すると、3話ぐらいで離脱しそうだが、そんな序盤で離脱すると本当に勿体無い。なぜなら、5話がめちゃくちゃ大事な転換期だから。そこまでの展開は確かにめちゃめちゃ遅い。伏線張りまくってるんだろうなあ、というのは容易にわかるのだが、それにしてもこの期間長くない?と思うことはぶっちゃけあった。しかし5話以降、今までどんだけスローペースだったのよ?というぐらいサクサク伏線を回収していくので、黙って5話まではとにかく観ろ、と言いたい。このあたりからは、急な展開の早さと登場人物の多さに、相関図なしだと厳しくなってくる。が、安易に相関図を見ると、壮大なネタバレに遭遇するので注意。暇な人は自分で相関図(時間軸込み)を作りながら観るのがオススメ。

終始青みがかった暗い風景、ドイツらしい無機質な建築、常に眉間にシワが寄っている、もしくは無表情の登場人物たちの正面アップなど、映像そのものにも見応えがある。陰惨とした美しさが溢れるOP映像は、このドラマのためにApparatが書き下ろした「Goodbye」との相性抜群で、アメリカのドラマにはない繊細で暗い美しさに魅了される。観る側の不安をとことん煽ってくる、話中の要所で流れるシンセやドラムの不穏な低音は、ジャーマン・テクノ/エレクトロ好きにも響くだろう。

個人的にポイントなのは、小さな町の閉鎖的な人間関係に不可欠なビッチキャラがちゃんと登場するところである。おそらく最初はみんな騙される。ドラマの中の人物は、そのビッチにもう何十年も騙されているわけだが、バレてもなお、ビッチはビッチであり続ける選択を無自覚にする。なお且つ、ある人物への執着が行き過ぎて恨みに変わるというありきたりな感情の転換もある。このビッチ、根底にある感情はルサンチマンである、というところもグッとくる。所詮、最初から最後まで負けていて、それに気づいているのに、「なぜ私が?」という感情が強すぎる。他のどの女よりカワイイのに、ルックスと狡賢さだけでは本命になれない悲しい性。

「過去現在未来の区別は幻想に過ぎない」というアインシュタインの言葉で始まるこのドラマ。3つの時間軸のつながり、接点に気付いた時はもう絶望しかないのだが、今後どういう展開に持っていくのか楽しみである。何しろシーズン1最後のクリフハンガーっぷりだけは、ハリウッド的なお決まりの終わり方で、そりゃないでしょ〜感が拭えなかったもので。(相澤宏子)

Text By Hiroko Aizawa


MORE FEATURES

  • FEATURES : 12 July 2019

    Tycho

    フジロック出演決定!
    ザ・エックス・エックス『アイ・シー・ユー』に対する、ティコからの回答

    By Tetsuya Sakamoto

    エレクトロニクスとバンド・サウンドの融合、もとい、エレクトロニック・ミュージックのプロデューサーによる有機的なバンド・サウンドの可能性の探求ーーサンフランシスコを拠点にするスコット・ハンセンのソロ・プ

  • FEATURES : 12 July 2019

    New Order

    Joy DivisionからNew Orderへ、New OrderからJoy Divisionへ 

    By Tomoko Takahashi

    『∑(No,12k,Lg,17Mif)』。暗号のようなこの文字列は7月12日に発売されるNew Order(以下NO)のライヴ・アルバムのタイトルだ。察しのよい読者なら、この文字列が何を言わんとするの

  • INTERVIEWS : 10 July 2019

    GUIRO

    「ここでもそっちでもない、そのあいだ。それゆえにすごくいい空間である。『A MEZZANINE (あ・めっざにね)』はそういう作品であってほしい」
    名古屋の秘宝・GUIROの絶景たる“美しさ”

    By Dreamy Deka

    GUIROは1997年からヴォーカル・ギターの髙倉一修を中心に愛知・名古屋を拠点に活動するグループで「名古屋の至宝」と称されることもある存在だ。長い活動休止期間を終えた2015年以降は、彼らへのリスペ

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 09 July 2019

    Various Artists

    BEST TRACKS OF THE MONTH – June, 2019

    By Dreamy Deka / Shino Okamura / Kei Sugiyama / Daichi Yamamoto / Nami Igusa / Koki Kato / Sinpei Kido

    Brittany Howard – 「History Repeats」 ドラムがネイト・スミス。もうそのクレジットだけでこの曲がどういう位置付けにある曲かがわかる。現在44歳のネイトは、最

  • BRINGING THE PAST TO THE FUTURE : 09 July 2019

    Dennis Young

    ポストパンクとニューエイジ、内向と享楽が併せ立つ、異形のベッドルーム・ダンスミュージック

    By Yuji Shibasaki

    アーリー80’sのNYアンダーグラウンド・シーンに漲っていた脱ジャンル的なエナジーについては、近年でこそ様々な証言や研究によって徐々に明らかにされつつあるが、今その重要性が認識されている程度に当時から

  • FEATURES : 08 July 2019

    Vince Staples

    フジロック出演!
    ヒップホップ・シーンきってのへそ曲がりな男が提示する、ぼんやりと、だが確かに存在する可能性

    By Daiki Takaku

    ヒップホップという音楽ジャンルはたびたび“競争”や“ゲーム”と呼ばれることがある。それは類似した無数の音楽がその優劣を競うこと、アーティストが地元に根を張りその地域を代表せんとプロップスを高め合うこと

  • INTERVIEWS : 04 July 2019

    all about paradise

    “パラレル”がクロスするその先にある楽園(パラダイス)へ——
    垣根を超越していく気鋭バンド“all about paradise” 登場!

    By Nami Igusa

    先日の《新宿MARZ》でのイベント《New Action! Vol.97》での壇上で「活動開始からちょうど丸2年」というMCを聞いて思わず「えっ、まだそれしか経ってなかったっけ?!」と驚いてしまった。

  • INTERVIEWS : 02 July 2019

    Light In The Attic

    “細野晴臣は過去半世紀の日本のポピュラー音楽において
    大きな役割を果たしていることに気づいた”
    Light In The Atticの再発プロデューサーに訊く

    By Shino Okamura

    『Even A Tree Can Shed Tears』、『Kankyō Ongaku』、『Pacific Breeze』という日本のアーカイヴ音源を集めた3種類のコンピレーション・アルバムが半年ほど