FEATURES : 22 August 2017

Festival

FUJI ROCK FESTIVAL '17 Live Report vol.2

By Tetsuya Sakamoto / Daichi Yamamoto

FEATURES : 22 August 2017

Festival

FUJI ROCK FESTIVAL '17 Live Report vol.2

By Tetsuya Sakamoto / Daichi Yamamoto

フジロック・フェスティバル ’17 ライヴ・レポート第2弾

TURNライター陣が注目のアクトをピックアップしてレポート!

レコードでのサウンド・プロダクションをライヴでも形にすることの意味

-The xx- Photo by Masanori Naruse

ライヴにおいて派手な曲と静謐な曲をバランス良く配置しながら、徐々に昂揚感をもたらしていくことは確かに効果的なことだと思うが、ときにはそれが散漫な印象を与えうる。そういった印象が残るのは、曲順のバランス云々よりも、それらの曲のサウンド・プロダクションの強度/精度に均衡性がないからではないだろうか。そんなことをぼんやりと考えながら今年の《フジロック》で数多のアーティストのライヴを観ていたが、そんな中でとりわけ印象に残ったのがジ・エックス・エックスとボノボのパフォーマンスだ。

ジ・エックス・エックスは、新作『アイ・シー・ユー』の開放的でポップな曲を、今までの極端に音数の少ない、徹底的にミニマリズムを志向した曲にどう組み合わせていくのかやや不安な部分はあった。だが、派手な曲の後に静かな曲をやるにしてもその逆をやるにしても、互いをきちんと共存させていたのだ。これはともにバンド・サウンドとしてのプロダクションを意識して曲を作っていることの表れであり、また、それが優れているからこそであるように思う。それが一際際立ったのが、ファースト・アルバム『エックス・エックス』に収められた「Shelter」から、ジェイミー・エックス・エックスのソロ・アルバム『イン・カラー』の「Loud Places」へと繋ぎ、新作を象徴する「On Hold」を演奏するという終盤の流れ。そこから感じられたのは、彼らが外へ飛び出そうとする意思であり、それが自分たちには可能だという自信だ。そして、その流れにジ・エックス・エックスというバンドの歴史を垣間見たのは筆者だけだっただろうか。

-Bonobo- Photo by Masanori Naruse

かたやボノボは待望のバンド・セットでの登場。レコードの音源だけを聴いていると、彼のサウンドはメランコリックなメロディや壮大なサウンドスケープばかりに耳がいきがちになるが、こうして改めてバンド・セットで観ると、彼のシネマティックなサウンドを裏打ちしているのは、素朴なメロディや、ハウスや2ステップの躍動感あるリズムではなく、実はエレクトロニクスと生楽器によって作り込まれたサウンド・プロダクションなのだということを痛感させられる。音数を絞って穏やかなアンビエント・スペースを生み出す曲にしても、ハウス/UKガラージの推進力あるビートでダンスを誘う曲にしても、バンド・アンサンブルに隙がみつからない。だからこそ、入場規制のかかったホワイト・ステージの聴衆の耳と目を釘付けにし、ゆったりと踊らせ続けたのだ。

奇しくも両者は今年の1月に新作をリリースしている。だから、セット・リストには新旧の曲が並ぶことは容易に予想がついたし、実際そういうセットだったのだけれど、ジ・エックス・エックスにしろ、ボノボにしろ、これだけ新旧の曲が混ざったセットでも、そのパフォーマンスに淀みがなく、徐々に熱を帯びながら、彼らのサウンドを我々の身体に染み込ませていった。そして、そこから浮き彫りになったのは、彼らがサウンド・プロダクションに対して極めて意識的であり、拘り抜いているということだったのだ。(坂本哲哉)

ロックの王座に圧倒され、一人のポップ・シンガーの成長を目の当たりに

-Queens Of The Stone Age- Photo by Yasuyuki Kasagi

例年以上に昨今の欧米のフェスティバルを沸かせるトップ・アクトが集結した今年の《フジロック》。ロックとポップ、それぞれから期待以上のものを見せてくれたのはこの2組であった。

欧米のシーンでロック・バンドというフォーマットがメインストリームで苦労しているのは今年の《フジロック》でヘッドライナー級のスロットを任されているロック・バンドが彼ら、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジくらいであることからも明らかだ。フロントマンのジョシュ・オムは歌いながら櫛で髪を溶かし、こちらを挑発するようにクネクネと体を動かす。そんな余裕の風貌から鳴らされるのは連続ミサイルのように図太く重い音。強い音のアタックにつられて前方では終始モッシュピットが止まない。ロックの本来的な魅力をもってして、あっけらかんとこの日の《WHITE STAGE》の最後を掌握した彼らはひたすら現行シーンにおけるロック・バンドの王座の地位を謳歌しているかのようであった。

-Lorde-Photo by Yasuyuki Kasagi

対して最終日に登場したロードは3日間で最大の感動を演出した。特に印象的だったのは一曲一曲のストーリーを説明する曲間のMCでの彼女の姿だ。その話し方はまさに日常の会話のようで、数万人の観衆一人一人を相手にしているかのよう。ライヴ中の彼女はとてもエモーショナルで、最新作『メロドラマ』で歌われたストーリー(自身の失恋経験やそこでの感情の起伏)を思い出しては涙しそうになったり、気持ちが爆発しそうになっているようであったが、それは決してステージ上の彼女一人で消化されるわけではなく、MCでの会話を通して確実に観衆一人一人に受け止められていた。

ビヨンセのように女性のエンパワーメントを体現するわけでもない。レディ・ガガのようにマイノリティを肯定する力強さを持っているわけではない。前作「ピュア・ヒロイン」の時のように大人びていたりもしない。ステージ上の彼女はむしろそれらとは真逆の、繊細で、ごく普通の一人の女性だった。だがそれでも、誰にでも起こる普遍的なストーリーを正直に優しく語りかけた彼女が誰よりも強く映った。このツアーは「メロドラマ」という作品とそれを書き上げたロードという一人の女性を何倍も強くさせているに違いない。(山本大地)

※レポVol.1はこちら!

トップ写真:Tsuyoshi Ikegami


FUJI ROCK FESTIVAL ’17

2017年7月28日(金)29日(土)30日(日) 新潟県 湯沢町 苗場スキー場

7/27(木)前夜祭  15,000人
7/28(金) 32,000人 
7/29(土) 40,000人
7/30(日) 38,000人

延べ 125,000人


MORE FEATURES

  • FEATURES : 20 April 2018

    Courtney Barnett

    そしてコートニー・バーネットは、時代に色目を使わず時代に袖を振りながらも、時代の寵児としてのポップ・ソングライターになった

    By Shino Okamura / Kohei Ueno

    活動開始したタイミングこそ異なるが、セイント・ヴィンセントとコートニー・バーネットが現れなければ……いや、世界的に大成功を収めなければ、女性アーティストの在り方がこんなに捉え直されることもなかったので

  • FEATURES : 14 April 2018

    Courtney Barnett

    オーセンティックなグッド・ソングでぶっとばせ!
    ブリーダーズのディール姉妹も参加したコートニー・バーネット3年ぶりの新作を超早聴き激報

    By Shino Okamura

    確かに時代の主流からはまるきり離れた音楽だろう。オルタナ女子なんてコピーはレトロの産物でしかないかもしれない。そして実際、そこには、どうしようもなくロック、どうしようもなくグッド・ソング、というあまり

  • FEATURES : 11 April 2018

    Superorganism / BROCKHAMPTON

    Superorganismと
    BROCKHAMPTONが体現する
    ポップ・ミュージックにおける「二項対立」の無効化。
    その4つの理由とは?

    By Daichi Yamamoto

    2010年代のポップ・ミュージックを総括するとしたら? 「いま」、つまり2010年代の音楽は最高にエキサイティングだと感じてきたが、その理由は一体何……? これまでTURNで何度も取り上げてきたロンド

  • INTERVIEWS : 07 April 2018

    Charlotte Gainsbourg

    来日ツアー目前!
    シャルロット・ゲンズブールが語るセルジュとジェーン、音楽家としての苦悩と挑戦

    By Shino Okamura

    ブラッド・オレンジのデヴ・ハインズが出演するPV「Deadly Valentine」 シャルロット・ゲンズブールと音楽との関係を探っていく中で思い出すのは、ボブ・ディランの恋人役を演じていた映画『I&

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 03 April 2018

    Various Artists

    BEST TRACKS OF THE MONTH -March, 2018-

    By Shino Okamura / Yuta Sakauchi / Yasuyuki Ono / Nami Igusa / Daichi Yamamoto / Daiki Takaku

    Anderson .Paak – 「’Til It’s Over」 一言でいえば、フューチャー・ベース×ネオソウル。前者は、今やPerfumeも取り入れるEDM以降

  • FEATURES : 22 March 2018

    Mount Eerie

    来日ツアー直前! 海外メディアが軒並み最高評価を与える最新作『ナウ・オンリー』にみるフィル・エルヴラム a.k.a マウント・イアリの歌うこと、生き続けることの真理

    By Shino Okamura / Tsuyoshi Kizu

    「歌とは業なのか――最愛の人の死を前に歌の無力を呟いていたフィル・エルブラムは、しかし歌を作り続け、新しいアルバムを「僕はきみに歌う」という言葉で始める。もうこの世にいない人のために。 いまにも壊れそ

  • FEATURES : 21 March 2018

    Black Panther

    『Black Panther: The Album』〜繰り返される歴史に浮かび上がる足跡〜

    By Daiki Takaku

    3月1日、映画『ブラックパンサー』の公開日。渋谷にある映画館の夜9時半スタートの回は満席の劇場のほぼ半数を外国人(そのほとんどが黒人)が占めていた。上映中、彼らは素晴らしいシーンに躊躇なく歓声を上げ、

  • FEATURES : 10 March 2018

    Hookworms

    時代は動く。さらなる変化を始めたUKシーンの中で、Hookwormsの傑作『Microshift』はユニバーサルな視点を伝える。

    By Yuta Sakauchi

    時代がひと回り(正確には4分の3周りくらい?)したような感覚がある。イリギスのロックが元気になってきたと言われていて、新たなスターの登場を待ち望んでいる空気感がある。ちょうど良いタイミングでフランツ・