FEATURES : 15 December 2017

Future Islands

Disclosing Future Islands' Physical Faction Dance Pop

By Shino Okamura / Yuya Watanabe

FEATURES : 15 December 2017

Future Islands

Disclosing Future Islands' Physical Faction Dance Pop

By Shino Okamura / Yuya Watanabe

来日直前企画! 対談:渡辺裕也×岡村詩野 フューチャー・アイランズの肉体派ダンス・ポップを紐解く

まもなくニュー・アルバム『ザ・ファー・フィールド』をひっさげて来日公演を実現させるザ・フューチャー・アイランズ。80年代ニュー・ウェイヴからの影響や、エレクトロ~シンセ・ポップとのシンクロを指摘されつつも、その源泉にはヒップホップへのシンパシーも見え隠れする。そこで、来日直前企画ということで、最新作の国内盤ライナーノーツを執筆している渡辺裕也と岡村詩野との対談を急遽お届けする。先月にはロンドンのブリクストン・アカデミーで3夜連続ヘッドライナーをつとめるなど世界規模で高い評価を集める彼らの、あまり踏み込まれることのないその音楽的なルーツを紐解いてみた。

岡村「メディアではザ・フューチャー・アイランズの魅力として、サミュエル・T・ヘリングのヴォーカリストとしてのおおらかさやユーモラスなパフォーマンスについて言及されることが多いですが、渡辺さん自身は彼らのどういうところにそのチャーム・ポイントを感じていますか?」

渡辺「やっぱりサミュエルの豪快な歌いっぷりに尽きるのではないでしょうか。あの暑苦しいまでのパフォーマンスを《レイト・ショー・ウィズ・デヴィット・レターマン・ショー》で目の当たりにしたときは、とにかく圧倒されましたね。確かにキャラクターとしてはユーモラスなんですけど、ものすごく真摯なヴォーカリストだと思ってます」

岡村「そのユーモラスで人間味あるパフォーマンスのルーツはどこにあるのでしょうね。誰からの影響を受けているとみますか?」

渡辺「パフォーマンスのルーツは正直まったくわからないんですが、あのステージをめいっぱい使ったアクションとか、伸びやかな美声からデス声を行き来していくエクストリームな歌唱法も含めて、すごくシアトリカルなものは感じます。実際、彼ら3人は大学でアートを専攻していたらしいので、案外そういう影響もあるのかも。何にせよ、サミュエルはただ演奏することだけに意識を集中するタイプのミュージシャンではなさそうですよね。よりオーディエンスに訴えかけるようなパフォーマンスを追求してきた結果が、あの動きと歌唱スタイルには現れているんだろうなと」

岡村「彼の出身地であるボルチモアには特有のパンク~ロウ・ファイ系の土壌があるのと、もともと私がザ・フューチャー・アイランズを知ったきっかけというのがシカゴの《スリル・ジョッキー》から作品を出していたことなんですけれど、あのレーベルには茶目っ気あるボビー・コンやハードでテクニカルな演奏が魅力のトランズ・アムのように、いわゆるポスト・ロックの規範からハミ出るような逸材も多かった。近年、《スリル・ジョッキー》はドゥーム・メタル~ドローン的側面も持つポンティアクやアシーセのようなバンドをリリースしていますが、私はこのザ・フューチャー・アイランズも音楽的背景にはそうした硬派なロックの熱っぽさを感じたりするんですよ。シンセ・ロックとかエレクトロの要素はあっても。サミュエルのあのパフォーマンスからはそんなルーツを想像したりします」

渡辺「たしかに。特に初期の作品はすごくプリミティヴでチープなテクノ・ポップだし、直線的なビートの反復はクラウトロック的でもあるというか。案外それを洗練させていった流れで現在のスタイルに行き着いたのかもしれないですね」

岡村「そもそもサミュエルはソングライターとしてはどういう人の影響を受けているのですか?」

渡辺「バンド結成時の最大のインスピレーションはクラフトワークだったみたいです。ただ、そこはウィリアム・キャッション(ベース)とゲリット・ウェルマーズ(キーボード)の指向性に寄るところが大きいんじゃないかな。サミュエルに関しては、どちらかというとリリシストとしての役割に力を入れているイメージです。そもそも彼自身、このバンド結成前からヘムロック・エルンスト名義でラッパーとして活動してきた人なんですよね。現在の身なりからはとても想像できないけど、元々はB-BOYっていう(笑)」

岡村「本国ではヘムロック・エルンストという名前での活動の方が知られているフシもありますね。マッドリブと組んだユニット=Trouble Knows Meとして作品を出していたり。個人的には、そのヘムロック・エルンストの名前が、マックス・エルンストからとられているという事実に惹かれたりするのですが、ともあれ、そういうラッパーとしての活動がサミュエルの表現者としての幅の広さに繋がっているとは確かに感じます。そうしたサミュエルの資質、魅力と、サウンド部分との関連について、このバンドが何かお手本にしている先達はどういう存在だと感じますか?」

 

渡辺「よく言われるニュー・オーダーとの類似性については、ウィリアムのベースに寄るところが大きいのではないでしょうか。特にこのバンドはギターがいないぶん、彼の弾くベースラインがすごく歌っているんですよね。それがピーター・フックを彷彿させるというか、ダイレクトに影響を受けているんだろうなーと」

岡村「サミュエルはヒップホップの影響をあくまで表層的な部分において中途半端にバンドに持ち込んではいないですよね。ただ、ビートにおいては00年代以降の、ヒップホップを通過した耳によって形成されたファットなダンス・ミュージックとの連携を感じることはできます」

渡辺「フューチャー・アイランズといえば、高速で16を刻んでいくハイハットのリズムが特徴的なんですが、恐らくこれは《DFA》が生み出したダンス・パンクがヒントだったんじゃないかな、と個人的には思ってます。というか、サミュエルのちょっと哀感のある低い声の歌い方にもLCDサウンドシステムのジェームス・マーフィと若干重なるところはあるかも。どちらにしても、サミュエルはバンドの時とラップをやるソロの時ではアウトプットの仕方をはっきり分けているみたいですね」

岡村「フューチャー・アイランズの、サウンドではなく、あくまでライヴ動画を観て思い出したのも実はニュー・オーダーなんです。ただ、それは近年のニュー・オーダー。ステージで結構マッチョにさえ動くようになった今のバーナード・サムナーのパフォーマンス……あれにはもちろん賛否もあって古くからのファンの中には抵抗を感じる人も少なくないと思うのですが、サミュエルの動きはあの現在のちょっとダサいくらいのバーニーに似ている感じがする。つまり、ニュー・オーダーにフィジカルな要素をうんと持ち込んだら……というのがフューチャー・アイランズの根っこの一つかなと感じますね。尤も、そのニュー・オーダーは初期からヒップホップの影響を受けてアプローチもしていたし、クラフトワークとアフリカ・バンバータの関係性とかを考えても、フューチャー・アイランズはむしろ極めてポップ・ミュージックの歴史に忠実な、体系的な存在であるような気もします。80年代のニュー・ウェイブって本来すごくブラック・ミュージックの影響を受けているものというのが大前提としてあったと思うんですけど、その点では正しい後継者と言っていいかもしれない」

渡辺「デペッシュ・モードみたいな80年代のニューウェイヴをルーツとしつつ、プロダクション的にはヒップホップも通過しているという点では、案外チャーチズあたりとも比べていいのかもしれないですね。どちらも現代的で訴求力の高いエレクトロ・ポップを鳴らしているという点では共通していると思います。まあ、サミュエルを可憐なルックスのローレン・メイベリーと並べるのはちょっと無理がありますけどね(笑)」


Future Islands 来日公演

12/19(火) 渋谷 WWW X

前売6,300(スタンディング・税込・1 ドリンク別)
OPEN 18:30/ START 19:30 ☎03-3444-6751(SMASH)

TICKET
下記にてチケット好評発売中!
ぴあ (P:344-921)、eプラス、ローソン (L:76483)、iFLYER

協力: BEATINK
総合問合せ: SMASH 03-3444-6751 http://smash-jpn.com http://smash-mobile.com

Future Islands

The Far Field

LABEL : 4AD / BEAT RECORDS
CAT.No : 4AD0001CDJ
RELEASE DATE : 2017.04.07 FRI ON SALE
PRICE : ¥2,200 + TAX
TRACK LIST :
01. Aladdin
02. Time On Her Side
03. Ran
04. Beauty Of The Road
05. Cave
06. Through The Roses
07. North Star
08. Ancient Water
09. Candles
10. Day Glow Fire
11. Shadows
12. Black Rose
13. Six Week *Bonus Track for Japan

国内盤特典:ボーナストラック追加収録 / 解説・歌詞対訳付


MORE FEATURES

  • FEATURES : 20 April 2018

    Courtney Barnett

    そしてコートニー・バーネットは、時代に色目を使わず時代に袖を振りながらも、時代の寵児としてのポップ・ソングライターになった

    By Shino Okamura / Kohei Ueno

    活動開始したタイミングこそ異なるが、セイント・ヴィンセントとコートニー・バーネットが現れなければ……いや、世界的に大成功を収めなければ、女性アーティストの在り方がこんなに捉え直されることもなかったので

  • FEATURES : 14 April 2018

    Courtney Barnett

    オーセンティックなグッド・ソングでぶっとばせ!
    ブリーダーズのディール姉妹も参加したコートニー・バーネット3年ぶりの新作を超早聴き激報

    By Shino Okamura

    確かに時代の主流からはまるきり離れた音楽だろう。オルタナ女子なんてコピーはレトロの産物でしかないかもしれない。そして実際、そこには、どうしようもなくロック、どうしようもなくグッド・ソング、というあまり

  • FEATURES : 11 April 2018

    Superorganism / BROCKHAMPTON

    Superorganismと
    BROCKHAMPTONが体現する
    ポップ・ミュージックにおける「二項対立」の無効化。
    その4つの理由とは?

    By Daichi Yamamoto

    2010年代のポップ・ミュージックを総括するとしたら? 「いま」、つまり2010年代の音楽は最高にエキサイティングだと感じてきたが、その理由は一体何……? これまでTURNで何度も取り上げてきたロンド

  • INTERVIEWS : 07 April 2018

    Charlotte Gainsbourg

    来日ツアー目前!
    シャルロット・ゲンズブールが語るセルジュとジェーン、音楽家としての苦悩と挑戦

    By Shino Okamura

    ブラッド・オレンジのデヴ・ハインズが出演するPV「Deadly Valentine」 シャルロット・ゲンズブールと音楽との関係を探っていく中で思い出すのは、ボブ・ディランの恋人役を演じていた映画『I&

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 03 April 2018

    Various Artists

    BEST TRACKS OF THE MONTH -March, 2018-

    By Shino Okamura / Yuta Sakauchi / Yasuyuki Ono / Nami Igusa / Daichi Yamamoto / Daiki Takaku

    Anderson .Paak – 「’Til It’s Over」 一言でいえば、フューチャー・ベース×ネオソウル。前者は、今やPerfumeも取り入れるEDM以降

  • FEATURES : 22 March 2018

    Mount Eerie

    来日ツアー直前! 海外メディアが軒並み最高評価を与える最新作『ナウ・オンリー』にみるフィル・エルヴラム a.k.a マウント・イアリの歌うこと、生き続けることの真理

    By Shino Okamura / Tsuyoshi Kizu

    「歌とは業なのか――最愛の人の死を前に歌の無力を呟いていたフィル・エルブラムは、しかし歌を作り続け、新しいアルバムを「僕はきみに歌う」という言葉で始める。もうこの世にいない人のために。 いまにも壊れそ

  • FEATURES : 21 March 2018

    Black Panther

    『Black Panther: The Album』〜繰り返される歴史に浮かび上がる足跡〜

    By Daiki Takaku

    3月1日、映画『ブラックパンサー』の公開日。渋谷にある映画館の夜9時半スタートの回は満席の劇場のほぼ半数を外国人(そのほとんどが黒人)が占めていた。上映中、彼らは素晴らしいシーンに躊躇なく歓声を上げ、

  • FEATURES : 10 March 2018

    Hookworms

    時代は動く。さらなる変化を始めたUKシーンの中で、Hookwormsの傑作『Microshift』はユニバーサルな視点を伝える。

    By Yuta Sakauchi

    時代がひと回り(正確には4分の3周りくらい?)したような感覚がある。イリギスのロックが元気になってきたと言われていて、新たなスターの登場を待ち望んでいる空気感がある。ちょうど良いタイミングでフランツ・