FEATURES : 15 September 2017

Thurston Moore

Why Is It Now A Rugged Band Ensemble?

By Tetsuya Sakamoto

FEATURES : 15 September 2017

Thurston Moore

Why Is It Now A Rugged Band Ensemble?

By Tetsuya Sakamoto

なぜ今無骨なバンド・アンサンブルなのか? 音響をロックンロールでダイナミックに構築するサーストン・ムーア・グループ来日ツアーに期待するもの

サーストン・ムーア・グループ来日間近!TURN坂本が来日公演に期待するものとは?

サーストン・ムーアの音楽のとらえ方が少し変わったと思ったのが、彼がエレクトリック・ギターからアコースティック・ギターに持ち変えた『デモリッシュド・ソウツ』(2011年)だった。その奥行きと浮遊感のあるサウンドは、今まで彼がエレクトリック・ギターを主体とするソングライティングや、そのインプロヴィゼーションによって拡張させてきたサウンドの響きを、アコースティック・ギターやヴァイオリン、ハープなどの生楽器を用い、それらのアンサンブルによってどう脱構築するかということを彼が意識したように思えたからだ。すなわち、アンサンブルを大切にしたということでもある。

だが、確かに『デモリッシュド・ソウツ』のように、今まで彼はある種の反動によって音楽を作ってきたようにも思えるが、今の彼はどうもそうには思えない。それは、前作の『ザ・ベスト・デイ』(2014年)に続く新作の『ロックンロール・コンシャスネス』が、徹底してバンド・アンサンブルの構築性に拘っているからだ。それは例えば、『デイドリーム・ネーション』の頃のソニック・ユース、もしくは復活後のスワンズや『マーキー・ムーン』のころのテレヴィジョンのように、本来ポップなものを実験的でヘヴィな音の中に落とし込む姿勢にも似ている。プローデュースがアデルやフローレンス・アンド・ザ・マシーンを手がけたポール・エプワースで、ミックスがSunn O)))やボリスを手がけたランドール・ダンというのも象徴的だ。

ロンドンに拠点を移し、そこでで親交を深めたマイ・ブラッディ・ヴァレンタインのデビー・グッギ、クローム・フーフやノウトといったバンドで活動を続けてきたジェイムス・エドワーズ、そしてソニック・ユース時代からの仲間でもあるドラマー、スティーヴ・シェリーによる、自由に呼吸するように柔軟性のあるロックンロール・アンサンブル。その構造性を探求することこそが、『デモリッシュド・ソウツ』のころから通底している意識であり、今の彼の命題なのではないだろうか。だからこそ『ロックンロール・コンシャスネス』のサウンドは、無骨に、ポジティヴに響く。それを象徴しているのが冒頭の壮大で自由連想のような展開をみせる12分近い長尺の「Exalted」だ。今の彼はもうノイズとエフェクトによるその増幅だけにとらわれていのではないのである。そして、そんな強固なアンサンブルが可能であるのが前述のメンバーなのであり、きっとサーストンは彼らがいなければ、このバンドを結成しようとは思わなかったはずだ。

そんな彼が信頼の置けるメンバーと共に、サーストン・ムーア・グループとしてやってくる。新作はプログレッシヴで予期せぬ展開が続く長尺曲が中心だが、ライヴではどのように表現されるのであろうか。もしかすると前作で白眉だった、新作にも通ずる「Speak to the Wind」もアレンジを変えて演奏するかもしれない。もちろんライヴゆえに彼の得意とするインプロヴィゼーションによる轟音の暴力的なギター・ノイズも響くことになると思うが、それは今の彼の中心にあるものではない。あくまでも無骨なバンド・アンサンブルが核で、だからこそ演奏の自由度が高まるのである。そして、ライヴはそれが最も発揮される場所なのだ。このツアーではきっと、探究心と実験精神とともにロックンローラーとしてのピークを更新した、今のサーストン・ムーアを目撃することができるに違いない。(坂本哲哉)

Text By Tetsuya Sakamoto


Thurston Moore

Rock N Roll Consciousness

LABEL : Ecstatic Peace library / Hostess
CAT.No : HSU-10122
RELEASE DATE : 2017.04.28
PRICE : ¥2,490 + TAX

■amazon商品ページはこちら

Hostess Club Presents… Thurston Moore Group

日程・会場:
2017/9/19(火)大阪・梅田Club Quattro
2017/9/20(水)愛知・名古屋Club Quattro
2017/9/21(木)東京・恵比寿Liquidroom

Open 18:00 / Start 19:00

チケット:
¥7,500(税込・1 Drink別途)

■来日公演詳細はこちら
http://hostess.co.jp/news/2017/06/014274.html


MORE FEATURES

  • FEATURES : 16 July 2019

    Toro Y Moi

    フジロック出演! 一歩先の未来を描くトロ・イ・モワ、信じるオフラインの可能性

    By Koki Kato

    朗らかな笑顔を浮かべながら演奏するトロ・イ・モアの姿が印象的だった2013年フジロック《ホワイトステージ》。彼自身はボーカルとキーボードを弾き、サポートにベース、ドラム、ギターを擁した音数の少ないバン

  • FEATURES : 12 July 2019

    Tycho

    フジロック出演決定!
    ザ・エックス・エックス『アイ・シー・ユー』に対する、ティコからの回答

    By Tetsuya Sakamoto

    エレクトロニクスとバンド・サウンドの融合、もとい、エレクトロニック・ミュージックのプロデューサーによる有機的なバンド・サウンドの可能性の探求ーーサンフランシスコを拠点にするスコット・ハンセンのソロ・プ

  • FEATURES : 12 July 2019

    New Order

    Joy DivisionからNew Orderへ、New OrderからJoy Divisionへ 

    By Tomoko Takahashi

    『∑(No,12k,Lg,17Mif)』。暗号のようなこの文字列は7月12日に発売されるNew Order(以下NO)のライヴ・アルバムのタイトルだ。察しのよい読者なら、この文字列が何を言わんとするの

  • INTERVIEWS : 10 July 2019

    GUIRO

    「ここでもそっちでもない、そのあいだ。それゆえにすごくいい空間である。『A MEZZANINE (あ・めっざにね)』はそういう作品であってほしい」
    名古屋の秘宝・GUIROの絶景たる“美しさ”

    By Dreamy Deka

    GUIROは1997年からヴォーカル・ギターの髙倉一修を中心に愛知・名古屋を拠点に活動するグループで「名古屋の至宝」と称されることもある存在だ。長い活動休止期間を終えた2015年以降は、彼らへのリスペ

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 09 July 2019

    Various Artists

    BEST TRACKS OF THE MONTH – June, 2019

    By Dreamy Deka / Shino Okamura / Kei Sugiyama / Daichi Yamamoto / Nami Igusa / Koki Kato / Sinpei Kido

    Brittany Howard – 「History Repeats」 ドラムがネイト・スミス。もうそのクレジットだけでこの曲がどういう位置付けにある曲かがわかる。現在44歳のネイトは、最

  • BRINGING THE PAST TO THE FUTURE : 09 July 2019

    Dennis Young

    ポストパンクとニューエイジ、内向と享楽が併せ立つ、異形のベッドルーム・ダンスミュージック

    By Yuji Shibasaki

    アーリー80’sのNYアンダーグラウンド・シーンに漲っていた脱ジャンル的なエナジーについては、近年でこそ様々な証言や研究によって徐々に明らかにされつつあるが、今その重要性が認識されている程度に当時から

  • FEATURES : 08 July 2019

    Vince Staples

    フジロック出演!
    ヒップホップ・シーンきってのへそ曲がりな男が提示する、ぼんやりと、だが確かに存在する可能性

    By Daiki Takaku

    ヒップホップという音楽ジャンルはたびたび“競争”や“ゲーム”と呼ばれることがある。それは類似した無数の音楽がその優劣を競うこと、アーティストが地元に根を張りその地域を代表せんとプロップスを高め合うこと

  • INTERVIEWS : 04 July 2019

    all about paradise

    “パラレル”がクロスするその先にある楽園(パラダイス)へ——
    垣根を超越していく気鋭バンド“all about paradise” 登場!

    By Nami Igusa

    先日の《新宿MARZ》でのイベント《New Action! Vol.97》での壇上で「活動開始からちょうど丸2年」というMCを聞いて思わず「えっ、まだそれしか経ってなかったっけ?!」と驚いてしまった。