FEATURES : 15 September 2017

Thurston Moore

Why Is It Now A Rugged Band Ensemble?

By Tetsuya Sakamoto

FEATURES : 15 September 2017

Thurston Moore

Why Is It Now A Rugged Band Ensemble?

By Tetsuya Sakamoto

なぜ今無骨なバンド・アンサンブルなのか? 音響をロックンロールでダイナミックに構築するサーストン・ムーア・グループ来日ツアーに期待するもの

サーストン・ムーア・グループ来日間近!TURN坂本が来日公演に期待するものとは?

サーストン・ムーアの音楽のとらえ方が少し変わったと思ったのが、彼がエレクトリック・ギターからアコースティック・ギターに持ち変えた『デモリッシュド・ソウツ』(2011年)だった。その奥行きと浮遊感のあるサウンドは、今まで彼がエレクトリック・ギターを主体とするソングライティングや、そのインプロヴィゼーションによって拡張させてきたサウンドの響きを、アコースティック・ギターやヴァイオリン、ハープなどの生楽器を用い、それらのアンサンブルによってどう脱構築するかということを彼が意識したように思えたからだ。すなわち、アンサンブルを大切にしたということでもある。

だが、確かに『デモリッシュド・ソウツ』のように、今まで彼はある種の反動によって音楽を作ってきたようにも思えるが、今の彼はどうもそうには思えない。それは、前作の『ザ・ベスト・デイ』(2014年)に続く新作の『ロックンロール・コンシャスネス』が、徹底してバンド・アンサンブルの構築性に拘っているからだ。それは例えば、『デイドリーム・ネーション』の頃のソニック・ユース、もしくは復活後のスワンズや『マーキー・ムーン』のころのテレヴィジョンのように、本来ポップなものを実験的でヘヴィな音の中に落とし込む姿勢にも似ている。プローデュースがアデルやフローレンス・アンド・ザ・マシーンを手がけたポール・エプワースで、ミックスがSunn O)))やボリスを手がけたランドール・ダンというのも象徴的だ。

ロンドンに拠点を移し、そこでで親交を深めたマイ・ブラッディ・ヴァレンタインのデビー・グッギ、クローム・フーフやノウトといったバンドで活動を続けてきたジェイムス・エドワーズ、そしてソニック・ユース時代からの仲間でもあるドラマー、スティーヴ・シェリーによる、自由に呼吸するように柔軟性のあるロックンロール・アンサンブル。その構造性を探求することこそが、『デモリッシュド・ソウツ』のころから通底している意識であり、今の彼の命題なのではないだろうか。だからこそ『ロックンロール・コンシャスネス』のサウンドは、無骨に、ポジティヴに響く。それを象徴しているのが冒頭の壮大で自由連想のような展開をみせる12分近い長尺の「Exalted」だ。今の彼はもうノイズとエフェクトによるその増幅だけにとらわれていのではないのである。そして、そんな強固なアンサンブルが可能であるのが前述のメンバーなのであり、きっとサーストンは彼らがいなければ、このバンドを結成しようとは思わなかったはずだ。

そんな彼が信頼の置けるメンバーと共に、サーストン・ムーア・グループとしてやってくる。新作はプログレッシヴで予期せぬ展開が続く長尺曲が中心だが、ライヴではどのように表現されるのであろうか。もしかすると前作で白眉だった、新作にも通ずる「Speak to the Wind」もアレンジを変えて演奏するかもしれない。もちろんライヴゆえに彼の得意とするインプロヴィゼーションによる轟音の暴力的なギター・ノイズも響くことになると思うが、それは今の彼の中心にあるものではない。あくまでも無骨なバンド・アンサンブルが核で、だからこそ演奏の自由度が高まるのである。そして、ライヴはそれが最も発揮される場所なのだ。このツアーではきっと、探究心と実験精神とともにロックンローラーとしてのピークを更新した、今のサーストン・ムーアを目撃することができるに違いない。(坂本哲哉)

Text By Tetsuya Sakamoto


Thurston Moore

Rock N Roll Consciousness

LABEL : Ecstatic Peace library / Hostess
CAT.No : HSU-10122
RELEASE DATE : 2017.04.28
PRICE : ¥2,490 + TAX

■amazon商品ページはこちら

Hostess Club Presents… Thurston Moore Group

日程・会場:
2017/9/19(火)大阪・梅田Club Quattro
2017/9/20(水)愛知・名古屋Club Quattro
2017/9/21(木)東京・恵比寿Liquidroom

Open 18:00 / Start 19:00

チケット:
¥7,500(税込・1 Drink別途)

■来日公演詳細はこちら
http://hostess.co.jp/news/2017/06/014274.html


MORE FEATURES

  • FEATURES : 14 January 2019

    KID FRESINO

    KID FRESINOによる傑作『ài qíng』をそのキャリアから紐解く~諦めから生へと手を伸ばす葛藤の日々~

    By Daiki Takaku

    よく晴れた日の池袋で全てを諦めた少年は笑っていた。どうにでもなればいい。諦めていたからこそ世の中にしっぽを振る必要がない。彼の気持ちとは裏腹にその姿は蔓延る忖度を食い破り、痛快で、希望にも見えたーーK

  • INTERVIEWS : 07 January 2019

    ICECREAM MUSIC

    日野浩志郎、IKU SAKAN、西川文章がスタジオ《ICECREAM MUSIC》を大阪に設立! 3人に訊く設立の経緯とこれからの指針

    By Shinpei Horita

    goatの中心人物で、YPY名義でも活動する日野浩志郎、ヨーロッパを拠点に活動していた電子音楽家、IKU SAKAN、テニスコーツやゑでぃまぁこんなど数多くの音楽家の作品、ライヴに参加する音響エンジニ

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 26 December 2018

    Various Artists

    BEST TRACKS OF THE 2nd HALF, 2018

    By Daichi Yamamoto / Nami Igusa / Yasuyuki Ono / Daiki Takaku

    Adrianne Lenker – 「Symbol」 昨年、傑作『キャパシティー』を届けたビッグ・シーフのボーカル&ギター、エイドリアン・レンカーによるソロ・ワーク。 丹念に爪弾

  • FEATURES : 24 December 2018

    Various Artists

    THE 25 BEST ALBUMS OF 2018

    By Shino Okamura / Masashi Yuno / Kei Sugiyama / Daichi Yamamoto / Yuta Sakauchi / Nami Igusa / Koki Kato / Yasuyuki Ono / Shinpei Horita / Hiroko Aizawa / Daiki Takaku

    25 Father John Misty God’s Favorite Customer Sub Pop / Bella Union 今年初頭の来日公演。奇妙な風貌で観客に説法するかのごとく歌う姿はス

  • INTERVIEWS : 22 December 2018

    Roth Bart Baron

    ROTH BART BARONニュー・アルバム『HEX』大好評! 人間も機械も。オフラインもオンラインも。目に見えないモノをも信じ、ゆるやかにつながる“僕たちの音楽”とは

    By Nami Igusa

    ROTH BART BARONは“Folk”=民草のための“僕たちの歌”を歌うバンドだーーそれは、これまでの彼らの活動や作品にもずっと抱き続けてきた確信だ。『化け物山と合唱団』(2012年)や『ロット

  • FEATURES : 05 September 2018

    Rex Orange County

    サマソニで見せた、タイムレスなポップ・スターを継承する姿勢

    By Daichi Yamamoto

    東京のサマーソニック、2日目のお昼過ぎのソニック・ステージ。爽やかな青色の背景にアルバム・タイトル通りアプリコット(杏)を描いたバック。そこに登場したのは短パンにタイラー・ザ・クリエイターのブランド<

  • FEATURES : 22 August 2018

    Festival

    《フジロック・フェスティバル2018》を振り返って~
    ヒップホップもソウルもロックもカントリーも……出演アーティストたちが互いに反響し合い補完し合う現在のシーンの理想的な縮図

    By Daichi Yamamoto / Yasuyuki Ono / Daiki Takaku

    台風12号の影響を受けて2日目は荒天に見舞われた《フジロック・フェスティバル2018》。初めてYouTubeでの無料ストリーミング中継も実現させるなど、苗場スキー場での開催も20年という歴史を誇りつつ

  • FEATURES : 27 July 2018

    Kacey Musgraves

    “Follow Your Arrow”~あなた自身の矢を追いかけるだけ 軽やかにクロスオーバーする新時代のカントリー・スターについて

    By Daichi Yamamoto

    ケイシー・マスグレイヴスというアーティストの特性を最も表す曲を挙げるなら、デビュー・アルバムの『Same Trailer Different Park』に収められ、2013年のBillboard誌の「