FEATURES : 15 September 2017

Thurston Moore

Why Is It Now A Rugged Band Ensemble?

By Tetsuya Sakamoto

FEATURES : 15 September 2017

Thurston Moore

Why Is It Now A Rugged Band Ensemble?

By Tetsuya Sakamoto

なぜ今無骨なバンド・アンサンブルなのか? 音響をロックンロールでダイナミックに構築するサーストン・ムーア・グループ来日ツアーに期待するもの

サーストン・ムーア・グループ来日間近!TURN坂本が来日公演に期待するものとは?

サーストン・ムーアの音楽のとらえ方が少し変わったと思ったのが、彼がエレクトリック・ギターからアコースティック・ギターに持ち変えた『デモリッシュド・ソウツ』(2011年)だった。その奥行きと浮遊感のあるサウンドは、今まで彼がエレクトリック・ギターを主体とするソングライティングや、そのインプロヴィゼーションによって拡張させてきたサウンドの響きを、アコースティック・ギターやヴァイオリン、ハープなどの生楽器を用い、それらのアンサンブルによってどう脱構築するかということを彼が意識したように思えたからだ。すなわち、アンサンブルを大切にしたということでもある。

だが、確かに『デモリッシュド・ソウツ』のように、今まで彼はある種の反動によって音楽を作ってきたようにも思えるが、今の彼はどうもそうには思えない。それは、前作の『ザ・ベスト・デイ』(2014年)に続く新作の『ロックンロール・コンシャスネス』が、徹底してバンド・アンサンブルの構築性に拘っているからだ。それは例えば、『デイドリーム・ネーション』の頃のソニック・ユース、もしくは復活後のスワンズや『マーキー・ムーン』のころのテレヴィジョンのように、本来ポップなものを実験的でヘヴィな音の中に落とし込む姿勢にも似ている。プローデュースがアデルやフローレンス・アンド・ザ・マシーンを手がけたポール・エプワースで、ミックスがSunn O)))やボリスを手がけたランドール・ダンというのも象徴的だ。

ロンドンに拠点を移し、そこでで親交を深めたマイ・ブラッディ・ヴァレンタインのデビー・グッギ、クローム・フーフやノウトといったバンドで活動を続けてきたジェイムス・エドワーズ、そしてソニック・ユース時代からの仲間でもあるドラマー、スティーヴ・シェリーによる、自由に呼吸するように柔軟性のあるロックンロール・アンサンブル。その構造性を探求することこそが、『デモリッシュド・ソウツ』のころから通底している意識であり、今の彼の命題なのではないだろうか。だからこそ『ロックンロール・コンシャスネス』のサウンドは、無骨に、ポジティヴに響く。それを象徴しているのが冒頭の壮大で自由連想のような展開をみせる12分近い長尺の「Exalted」だ。今の彼はもうノイズとエフェクトによるその増幅だけにとらわれていのではないのである。そして、そんな強固なアンサンブルが可能であるのが前述のメンバーなのであり、きっとサーストンは彼らがいなければ、このバンドを結成しようとは思わなかったはずだ。

そんな彼が信頼の置けるメンバーと共に、サーストン・ムーア・グループとしてやってくる。新作はプログレッシヴで予期せぬ展開が続く長尺曲が中心だが、ライヴではどのように表現されるのであろうか。もしかすると前作で白眉だった、新作にも通ずる「Speak to the Wind」もアレンジを変えて演奏するかもしれない。もちろんライヴゆえに彼の得意とするインプロヴィゼーションによる轟音の暴力的なギター・ノイズも響くことになると思うが、それは今の彼の中心にあるものではない。あくまでも無骨なバンド・アンサンブルが核で、だからこそ演奏の自由度が高まるのである。そして、ライヴはそれが最も発揮される場所なのだ。このツアーではきっと、探究心と実験精神とともにロックンローラーとしてのピークを更新した、今のサーストン・ムーアを目撃することができるに違いない。(坂本哲哉)

Text By Tetsuya Sakamoto


Thurston Moore

Rock N Roll Consciousness

LABEL : Ecstatic Peace library / Hostess
CAT.No : HSU-10122
RELEASE DATE : 2017.04.28
PRICE : ¥2,490 + TAX

■amazon商品ページはこちら

Hostess Club Presents… Thurston Moore Group

日程・会場:
2017/9/19(火)大阪・梅田Club Quattro
2017/9/20(水)愛知・名古屋Club Quattro
2017/9/21(木)東京・恵比寿Liquidroom

Open 18:00 / Start 19:00

チケット:
¥7,500(税込・1 Drink別途)

■来日公演詳細はこちら
http://hostess.co.jp/news/2017/06/014274.html


MORE FEATURES

  • FEATURES : 05 September 2018

    Rex Orange County

    サマソニで見せた、タイムレスなポップ・スターを継承する姿勢

    By Daichi Yamamoto

    東京のサマーソニック、2日目のお昼過ぎのソニック・ステージ。爽やかな青色の背景にアルバム・タイトル通りアプリコット(杏)を描いたバック。そこに登場したのは短パンにタイラー・ザ・クリエイターのブランド<

  • FEATURES : 22 August 2018

    Festival

    《フジロック・フェスティバル2018》を振り返って~
    ヒップホップもソウルもロックもカントリーも……出演アーティストたちが互いに反響し合い補完し合う現在のシーンの理想的な縮図

    By Yasuyuki Ono / Daichi Yamamoto / Daiki Takaku

    台風12号の影響を受けて2日目は荒天に見舞われた《フジロック・フェスティバル2018》。初めてYouTubeでの無料ストリーミング中継も実現させるなど、苗場スキー場での開催も20年という歴史を誇りつつ

  • FEATURES : 27 July 2018

    Kacey Musgraves

    “Follow Your Arrow”~あなた自身の矢を追いかけるだけ 軽やかにクロスオーバーする新時代のカントリー・スターについて

    By Daichi Yamamoto

    ケイシー・マスグレイヴスというアーティストの特性を最も表す曲を挙げるなら、デビュー・アルバムの『Same Trailer Different Park』に収められ、2013年のBillboard誌の「

  • INTERVIEWS : 26 July 2018

    Serpentwithfeet

    今年の最重要アルバム『Soil』を発表したサーペントウィズフィート クィアーかつ純然たるR&Bシンガーの妥協なき葛藤のうた

    By Shino Okamura

    今振り返ると、この人物が2016年にデビューしたのは象徴的だった。2016年、それは、ソランジュ『A Seat At The Table』、フランク・オーシャン『Blonde』、ビヨンセ『Lemona

  • FEATURES : 25 July 2018

    Kendrick Lamar

    念願のヘッドライナー公演まであとわずか!遂にライブを体験するライターが綴った それぞれにとってのケンドリック・ラマー

    By Yuta Sakauchi / Daiki Takaku

    遂にケンドリック・ラマーが日本のフェスにヘッドライナーとしてやってくる!確かに2013年にも今回と同じ《フジロック》に、ホワイト・ステージの夜の時間帯に出演していた。しかし、5年前と今とでは、「ケンド

  • FEATURES : 24 July 2018

    Vampire Weekend

    フジロックで5年ぶりの来日!”北米のインディ”・バンドから”ポップ”シーンの誰もが注目する存在へと進化するまでー 2018年の視点で読み解くオリジナル・アルバム・ガイド

    By Yuta Sakauchi / Yasuyuki Ono / Nami Igusa / Daichi Yamamoto

    ヴァンパイア・ウィークエンドは現在の音楽シーンの中で最も重要なロック・バンドの一組だ。現在でもインディ・ロックのアンセムとして愛されている「A-Punk」を携えたアルバム『Vampire Weeken

  • INTERVIEWS : 24 July 2018

    Superorganism

    フジロックで再来日目前!ソングライティングの柱、エミリーとハリーが語るビートルズやケンドリック・ラマーから、理想の”アルバム”の条件、ポップ音楽観まで

    By Daichi Yamamoto

    スーパーオーガニズムは”限界”を超えてきたバンドだ。筆者がこれまで書いてきた論考でも述べた通り、彼らはDIYな方法でメインストリーム・ポップに挑んだり、どんなジャンルのタグ付け

  • FEATURES : 23 July 2018

    Bob Dylan

    The Young Person’s Guide To Bob Dylan
    ディランこそ時代の革命家で歴史の継承者だ

    By Shino Okamura / Nami Igusa

    15年ほど前のことだが、あるイギリスの若手バンドに取材をした時、そのメンバーはこんなことを話していた。「アメリカにはボブ・ディランがいる。それが何より羨ましいんだ。アメリカ人は……音楽をやっている人じ