FEATURES : 15 September 2017

Thurston Moore

Why Is It Now A Rugged Band Ensemble?

By Tetsuya Sakamoto

FEATURES : 15 September 2017

Thurston Moore

Why Is It Now A Rugged Band Ensemble?

By Tetsuya Sakamoto

なぜ今無骨なバンド・アンサンブルなのか? 音響をロックンロールでダイナミックに構築するサーストン・ムーア・グループ来日ツアーに期待するもの

サーストン・ムーア・グループ来日間近!TURN坂本が来日公演に期待するものとは?

サーストン・ムーアの音楽のとらえ方が少し変わったと思ったのが、彼がエレクトリック・ギターからアコースティック・ギターに持ち変えた『デモリッシュド・ソウツ』(2011年)だった。その奥行きと浮遊感のあるサウンドは、今まで彼がエレクトリック・ギターを主体とするソングライティングや、そのインプロヴィゼーションによって拡張させてきたサウンドの響きを、アコースティック・ギターやヴァイオリン、ハープなどの生楽器を用い、それらのアンサンブルによってどう脱構築するかということを彼が意識したように思えたからだ。すなわち、アンサンブルを大切にしたということでもある。

だが、確かに『デモリッシュド・ソウツ』のように、今まで彼はある種の反動によって音楽を作ってきたようにも思えるが、今の彼はどうもそうには思えない。それは、前作の『ザ・ベスト・デイ』(2014年)に続く新作の『ロックンロール・コンシャスネス』が、徹底してバンド・アンサンブルの構築性に拘っているからだ。それは例えば、『デイドリーム・ネーション』の頃のソニック・ユース、もしくは復活後のスワンズや『マーキー・ムーン』のころのテレヴィジョンのように、本来ポップなものを実験的でヘヴィな音の中に落とし込む姿勢にも似ている。プローデュースがアデルやフローレンス・アンド・ザ・マシーンを手がけたポール・エプワースで、ミックスがSunn O)))やボリスを手がけたランドール・ダンというのも象徴的だ。

ロンドンに拠点を移し、そこでで親交を深めたマイ・ブラッディ・ヴァレンタインのデビー・グッギ、クローム・フーフやノウトといったバンドで活動を続けてきたジェイムス・エドワーズ、そしてソニック・ユース時代からの仲間でもあるドラマー、スティーヴ・シェリーによる、自由に呼吸するように柔軟性のあるロックンロール・アンサンブル。その構造性を探求することこそが、『デモリッシュド・ソウツ』のころから通底している意識であり、今の彼の命題なのではないだろうか。だからこそ『ロックンロール・コンシャスネス』のサウンドは、無骨に、ポジティヴに響く。それを象徴しているのが冒頭の壮大で自由連想のような展開をみせる12分近い長尺の「Exalted」だ。今の彼はもうノイズとエフェクトによるその増幅だけにとらわれていのではないのである。そして、そんな強固なアンサンブルが可能であるのが前述のメンバーなのであり、きっとサーストンは彼らがいなければ、このバンドを結成しようとは思わなかったはずだ。

そんな彼が信頼の置けるメンバーと共に、サーストン・ムーア・グループとしてやってくる。新作はプログレッシヴで予期せぬ展開が続く長尺曲が中心だが、ライヴではどのように表現されるのであろうか。もしかすると前作で白眉だった、新作にも通ずる「Speak to the Wind」もアレンジを変えて演奏するかもしれない。もちろんライヴゆえに彼の得意とするインプロヴィゼーションによる轟音の暴力的なギター・ノイズも響くことになると思うが、それは今の彼の中心にあるものではない。あくまでも無骨なバンド・アンサンブルが核で、だからこそ演奏の自由度が高まるのである。そして、ライヴはそれが最も発揮される場所なのだ。このツアーではきっと、探究心と実験精神とともにロックンローラーとしてのピークを更新した、今のサーストン・ムーアを目撃することができるに違いない。(坂本哲哉)

Text By Tetsuya Sakamoto


Thurston Moore

Rock N Roll Consciousness

LABEL : Ecstatic Peace library / Hostess
CAT.No : HSU-10122
RELEASE DATE : 2017.04.28
PRICE : ¥2,490 + TAX

■amazon商品ページはこちら

Hostess Club Presents… Thurston Moore Group

日程・会場:
2017/9/19(火)大阪・梅田Club Quattro
2017/9/20(水)愛知・名古屋Club Quattro
2017/9/21(木)東京・恵比寿Liquidroom

Open 18:00 / Start 19:00

チケット:
¥7,500(税込・1 Drink別途)

■来日公演詳細はこちら
http://hostess.co.jp/news/2017/06/014274.html


MORE FEATURES

  • FEATURES : 17 February 2018

    Migos

    「Culture II」で進化させたミーゴスというエンターテインメント

    By Daichi Yamamoto

    今思えば「この世代のビートルズ」とはよく言ったものだ。昨年のゴールデン・グローブ賞でラッパー、チャイルディッシュ・ギャンビーノとしてもお馴染みドナルド・グローヴァーが自身のドラマ「アトランタ」の受賞ス

  • FEATURES : 14 February 2018

    Various Artists

    2018年はここにフォーカスせよ!
    今年注目のアーティスト、シーン、エリアを紹介 Vol.3

    By Shino Okamura / Yasuyuki Ono

    《TURN》筆者による今年2018年の注目を紹介する企画、最後となる第三弾は尾野泰幸と岡村詩野の“フォーカス”。ロックが聴こえる場所としてのUSとUKの今年のカギを握るのは誰か? そこで、多様性あるサ

  • INTERVIEWS : 13 February 2018

    Father John Misty

    目下来日ツアー中!
    ファーザー・ジョン・ミスティことジョシュア・ティルマンのアート現実論

    By Shino Okamura

    ファーザー・ジョン・ミスティ(FJM)の昨年リリースの最新作『ピュア・コメディ』は全米初登場10位を獲得している。そして、そのFJMことジョシュア・ティルマンがドラマーとして在籍していたこともあるフリ

  • FEATURES : 08 February 2018

    Various Artists

    2018年はここにフォーカスせよ!
    今年注目のアーティスト、シーン、エリアを紹介 Vol.2

    By Kohei Ueno / Daiki Takaku

    《TURN》筆者による今年2018年の注目を紹介する企画、第二弾は上野功平、高久大輝の“フォーカス”をお届けする。今回紹介するのはいわゆるメイン・ストリームとは異なるアナザー・アプローチ。今改めて着目

  • FEATURES : 01 February 2018

    Various Artists

    2018年はここにフォーカスせよ!
    今年注目のアーティスト、シーン、エリアを紹介 Vol.1

    By Yuta Sakauchi / Daichi Yamamoto

    前年度を総括する意味もあるグラミー賞の発表が今年も終了した。ブルーノ・マーズがノミネートされた年間最優秀レコード、年間最優秀アルバム、年間最優秀楽曲含む6部門全てで受賞するという快挙をなしとげた一方、

  • INTERVIEWS : 31 January 2018

    Superorganism

    Superorganism初来日公演直前!~日本を離れて暮らすオロノが語る、バンドのユニークさを形作るポップへの愛と野心

    By Daichi Yamamoto

    BBC、Rolling Stoneを始め多数のメディアから“今年/いま注目のアーティスト”として紹介され、フランク・オーシャンやヴァンパイア・ウィークエンドのエズラ・クーニグからも愛を受けるなど昨今の

  • FEATURES : 24 January 2018

    Grammy Awards

    第60回グラミー賞主要部門を大胆予想!
    ~ブラック・ミュージック主導の象徴となるか

    By Yuya Watanabe / Yuta Sakauchi / Daichi Yamamoto

    今年も世界中の音楽ファンの注目が集まるグラミー賞の授賞式が間近に迫ってきた。今回のノミネーションの何よりの話題は、主要部門のほとんどをブラック・ミュージック系のアーティストや作品が独占していることだろ

  • FEATURES : 25 December 2017

    Superorganism

    初来日公演決定! アルバム到着前に紐解くSuperorganismのあまりにも無邪気な真性ポップの断面

    By Daichi Yamamoto

    “ポップ”とは最も言葉で表現するのが難しいジャンルである。今の全米チャートを見てみたってラップを使ったものもあれば、ロックっぽいフォーマットのもの、昨今流行りのラテン系のものもあるし、今でこそ上位には