FEATURES : 28 June 2017

Slowdive

Slowdive, Philosophy of melody and sound that continues to diffuse

By Nami Igusa

FEATURES : 28 June 2017

Slowdive

Slowdive, Philosophy of melody and sound that continues to diffuse

By Nami Igusa

スロウダイヴ、拡散し続ける、メロディと音響の哲学

再結成モノのジンクスなどどこ吹く風ー新作『スロウダイヴ』

 確かに、初めはシューゲイザーのパイオニアの一つとして手に取った記憶はある。しかし何を隠そう、マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン『ラヴレス』、そしてこのスロウダイヴの『ジャスト・フォー・ア・デイ』と“同い年”の筆者だ、当時彼らがどれほど真新しかったのか、正直実感が伴わないというのも本音だ。耽美で退廃的であること。フィードバック・ノイズ。スロウダイヴはその総本山だ。しかし今やこの“シューゲイザー”という概念は、手法の一つとして、食傷気味なほど数多のアーティストに模倣され尽くしているにも感じる。

 考えてもみてほしい。フィードバック・ノイズを使う部分こそあれ、スロウダイヴには“歪み”の印象は少ないはずだ。であるならば、まさに今、スロウダイヴをこの“シューゲイザー”というこの恣意的なカテゴライズに閉じ込めて聴くのは勿体ない。今、彼らの蒔いた種は、おそらく彼らの思ってもみなかったようなところで花開いている。そう、彼らが今も愛され続け、今年、22年ぶりにリリースされた新作ですら新鮮に聴かれるのは、とにもかくにも、彼らの紡ぎ出すグッド・メロディの普遍性にある。
 たとえば彼らの評価を確固たるものにしたセカンドの『スーヴラク』(1993年)の「Alison」に、抱きしめたくなるほど心惹かれてならないのは、歌メロが王道を貫いているからだ。また歌モノではないサードの『ピグマリオン』(1995年)でさえ各曲のミニマルなフレーズが頭に残るのは、単に繰り返されるからという以上に、一つ一つのメロディ自体に決して小難しさがないからだ。
 そして20年以上前のこれら諸作の、驚くほど立体的な音像。特に『ピグマリオン』では、深い残響と素朴なアコースティック・ギターという異なる質感を共存させるなど、多くのトラックを重ねながらもそれぞれの音が混濁しない処理に、空間の深い奥行きを強く感じる。そして、だからこそだ、メロディがはっきりと浮かび上がってくる。歌メロこそポップであれ、ザラついたギター・サウンドでシャワーのように聴く者を“埋め尽くす”、同世代のマイブラ、ライドらに対し、その名の通り水底からぼうっと光さす水面を見上げるようなスロウダイヴの音像はそれらとは趣旨が異なり、あくまでメロディを引き立てるためにあるようさえ、感じてならない。
 彼らにとって音作りは目的ではない。手段だ。だからどんなにミニマルになろうと独りよがりに陥らない。そして今、その哲学は、轟音と退廃の要素だけをそのままトレースしたようなフォロワーたちの外に拡散し、そこにこそ息づいることに気づく。ジュリア・ホルターから新人のウェイズ・ブラッドといったSSWたちの、空間を強く意識した余白のある音作りで引き立てたメロディアスな歌。さらに言えば、フォークのメロディを根幹に据え、多層的な音処理でサイケデリックに仕立てるグリズリー・ベアなどは、その逆転の発想を体現しているようにも思える。また国内では、レイヤーされたシンセの奥行きとつい口ずさみたくなる美メロにこだわりを見せるD.A.N.に、スロウダイヴの哲学が色濃く継承されている。そして筆者はまた、そんな「メロディのための音響」にこだわりを見せるアーティストに惹かれてやまない。

 スロウダイヴの新作『スロウダイヴ』。“当時新鮮だった手法が陳腐になってしまったがゆえに当時を超えられない”再結成モノのジンクスなどどこ吹く風、今作がこの2017年においてもなお瑞々しく聴こえるのは、昨今活躍する前述のようなアーティストたちが、筆者のようなリスナーにスロウダイヴの普遍性を提示し続けてきたからだろう。だからこそ、その恩恵にあずかった今作は、気負いのない風通しの良さ、無邪気さ、そしてそれゆえの明るさに溢れている。
 過去作で追究された奥行きや深さ以上に今作に特徴的なのは、空間いっぱいにダイナミックに発散していくように感じられる音響処理の、やわらかな開放感だ。でありながら、明瞭にど真ん中を突き抜けて、天高く昇っていくメロディアスな歌。その空間表現の追究とメロディの確たる力こそ、まさに今作が紛れもなくスロウダイヴであることを実感させてくれる。他方、同時代への共鳴が見られるところもまた本作の瑞々しさの一端を担っている。M7「ゴー・ゲット・イット」は、鏡写しのように対をなすこれまた端的な歌のメロディラインで、「I wanna see it / I wanna feel it」と男女ヴォーカルが掛け合うあたり、自身もスロウダイヴの影響を受けたであろうザ・エックス・エックスの『アイ・シー・ユー』(2017年)(ジャケットは鏡だ)にも相通じている。途中に現れるカウベルやタムなどの打楽器の録音の生々しさにドキリとする、明らかにスロウダイヴにとって新境地の音響であるこの曲は、“あなたを見ている”=“あなたを理解する”ことが歌われた『アイ・シー・ユー』を彷彿とさせるからか、彼らが神秘のヴェールを脱ぎ捨てオープンに生身の人間に触れようと試みた新たな一歩のようにも感じられる。

 耽美かもしれない。が、決して退廃的ではない。彼らのメロディとサウンドは光に向かっている。だからスロウダイヴは、本当は誰しもにオープンで、キャッチーなのだ。彼らには、“シューゲイザー”という手法の枠組みも、“レジェンド”などという生ける化石の別名のような冠も、全く必要ない。(文:井草七海)

■amazon商品ページはこちら

Text By Nami Igusa


SLOWDIVE

SLOWDIVE

LABEL : Dead Oceans / Hostess
CAT.No : HSE-6410
RELEASE DATE : 2017.05.05

■Hostess Entertainment HP内 作品情報
http://hostess.co.jp/releases/2017/05/HSE-6410.html

■Hostess Entertainment HP内 アーティスト情報
http://hostess.co.jp/artists/slowdive/

FUJIROCK FESTIVAL ’17

07.30 Sun RED MARQUEE

http://www.fujirockfestival.com/


MORE FEATURES

  • FISHING THE BESTS : 18 September 2019

    youheyhey

    Fishing the Bests #3 〜Another Perspective〜

    By Daiki Takaku

    「音楽の聴き方を変えているのは間違いなくインターネット」先日TURNで行ったインタビューでYoung-Gもこう語っていたように、実際インターネット上で音楽を聴く、あるいはクラウドで音楽を管理することは

  • INTERVIEWS : 17 September 2019

    川本真琴&山本精一

    対談:川本真琴 × 山本精一
    「いろいろな曲がたくさん聴ける雑誌のようなアルバムにしたかった」

    By Shino Okamura

    悪いけど私はデビューした時から川本真琴のファンだ。だからわかる。彼女は決して衝動だけのアーティストなんかじゃないってことが。 それに気づいたのは、もう今から20年くらい前、彼女の正式なライヴとしてはお

  • INTERVIEWS : 16 September 2019

    Give me little more / MARKING RECORDS

    感度の高いショップが密集する城下町・松本のインディー文化
    カギを握る2軒の人気ショップ店主に訊く

    By Dreamy Deka

    サブスクリプション・サービスの普及と巨大フェスの定着によって、ぱっと見では隆盛を極めているようにも見える音楽シーン。洋楽・邦楽のメインストリームが盛り上がるのはもちろん素晴らしいことだけど、クラウドサ

  • FEATURES : 13 September 2019

    Belle And Sebastian

    映画と漫画と音楽から届いた手紙、私たちが過去を物語る理由

    By Koki Kato

    2020年公開予定の映画『Days Of The Bagnold Summer』のサウンドトラックがベル・アンド・セバスチャンの新作だという。誰かの過去について描くことで完成した新作、というべきだろう

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 08 September 2019

    Foals / Thom Yorke / Flea / Tohji / Alessia Cara / DIIV / The 1975 / South Penguin / Spinning Coin / First Aid Kit / Konradsen / 折坂悠太 / Oliver Tree

    BEST TRACKS OF THE MONTH – August, 2019

    By Hitoshi Abe / Si_Aerts / Sayuki Yoshida / Dreamy Deka / Shino Okamura / Kei Sugiyama / Daiki Takaku / Koki Kato / Hiroko Aizawa / Eri Mokutani

    The 1975 – 「People」 スタイリッシュでポップ、現代社会をクールに、かつ痛烈に切り裂くメッセージ性の強い歌詞、どこをとっても今最強で最高のロック・バントの一つであるThe

  • BRINGING THE PAST TO THE FUTURE : 06 September 2019

    Music From Temple

    〈プログレッシヴ〉の捨象したものが蘇る
    83年福岡産自主制作プログレを聴く

    By Yuji Shibasaki

    これまで一般にというと、テクニカルな演奏、複雑な楽曲構成、壮大で主情的なメロディーといった要素ばかりが取り沙汰されてきたきらいがある。それを抽出することをもってとして(一部カンタベリー系やジャーマン・

  • FEATURES : 04 September 2019

    Bon Iver

    バラバラになった何かをつなぐ最後の希望
    ROTH BART BARON三船雅也が綴る『i, i』に向けられたどうしようもなく美しい物語

    By Masaya Mifune

    ボン・イヴェール『i, i』に寄せて—— “これは1人のアメリカ人の男が絶望と孤独の淵から回復し、戻ってくる物語だった” 美しい自然と、黒く清んだ川がある。ウィスコンシン、オークレア。ジョン・プライン

  • FEATURES : 03 September 2019

    Jay Som

    Jay Som『Anak Ko』から考える、アジアン・アメリカン女性による”私たちの音楽”としてのギター・ミュージック

    By Nami Igusa

    90年代のオルタナ・ロックというのはある種、サウンドの荒っぽさゆえ、雄々しいイメージとは不可分であることは否定できない。いや、もちろん、ピクシーズのキム・ディールやソニック・ユースのキム・ゴードンとい