FEATURES : 03 April 2019

Sevdaliza

The Existence Of A Human That SEVDALIZA Rrom Iran Sees

By Koki Kato

FEATURES : 03 April 2019

Sevdaliza

The Existence Of A Human That SEVDALIZA Rrom Iran Sees

By Koki Kato

初来日公演直前! イラン出身のセブダリザが見ている人間という存在

イラン出身、幼少期に難民として移住してから現在までオランダを拠点に活動するシンガー・ソング・ライター、セヴダリザが4月8日の《Redbull Music Festival Tokyo 2019》で初来日する。《Redbull Music Academy》の2016年の卒業生でもある彼女は、これまでに最新EP「The Calling」(2018年)を含む4枚のEPと、デビュー・アルバム『Ison』(2017年)をリリースしている。

彼女の魅力はあらゆるものを受け入れていくスタイルにある。音楽、MV、ファッションと様々なものに意識的で、セルフ・プロデュースにも長けている。先日も3月にパリで行われたトム・ブラウンの2019春夏のショーにジャネル・モネイらと共に参加。セブダリザとジャネルの2人が映った一枚の写真を見て、ジャネルが自身のセクシュアリティに向き合い音楽を発表しているように、セブダリザが自己や他者、ひいては人間に向き合っているところに共鳴するものがあると感じた。

不完全ゆえに完璧なものに憧れる、けれど完全なものなどない。なぜなら人間は常に変わっていくものだし、一面的な固定のイメージだけでは語れない複雑さ、多様さを含んでいる以上、何が完璧かなんて誰も分からない。そんなどうしようもない人間らしさ、もどかしさを受け入れながら表現するのがセヴダリザだと思う。例えばアルバム『Ison』の楽曲「Marilyn Monroe」「Hero」「Angel」では象徴的かつ抽象的な存在をタイトルにしながら、歌詞では真実味がない存在を否定し、誰もが完全と思っていた存在に対して繰り返し現実味を与えていく。『Ison』のアートワークも自身とマネキンを一つの個体の中に存在させ、セブダリザという具体的な存在と抽象的な誰か(マネキン)を半ば強引に共存させることで、人間は様々な性質が集合して成り立つことを示唆してみせている。

そんなセブダリザの音楽を聴けば聴くほど、アルカの存在がちらついて仕方がない。2017年リリース『Arca』で聴くことのできる声を主体とした、アンビエント、かつ、トリップホップ的なサウンドはセブダリザの近年の作品『Ison』「The Calling」に影響を、もしかしたら相互に影響を与え合っていたかもと思うほどだ。サウンド・プロダクション然り、アルカという存在、またMVにおける奇抜ともとれる表現において近いものがある。アヴァンギャルドなビジュアル表現はアルカ自身を抽象化させ、一方で彼自身のセクシュアリティに基づくファッションや表現が様々に具体的な情報を伝えてくれる。一人の人間が持つ多様な性質を、特定の価値観に捉われることなく自由に表現しているアルカの姿が、セブダリザとシンクロしていくようだ。 セブダリザはトリップホップ、エレクトロニック、アンビエント、ストリングスによるクラシカルなアレンジなど、様々な要素を取り込みながら音楽を奏でているが、一聴してみるとR&B由来の歌声が特徴的だと分かる。共同制作者であるMuckyはヒップホップやグライムなどのジャンルも手掛けるプロデューサーだし、セブダリザ自身はフェイヴァリットにジャネット・ジャクソン『The Velvet Rope』を挙げている。「The Calling」収録の「Observer」を聴くとブレイクビーツ的なリズム・アプローチ、そして軽快に歌われるメロディがR&Bの影響を感じさせる。また《i-D》のインタビューで『The Velvet Rope』について「矛盾に満ちた人間を代弁したアルバム」と話すように、人間のもどかしさを受け入れていく彼女の哲学は、ジャネット・ジャクソンからの影響もあったようだ。

セブダリザは人間の多様な側面、それは悪い面も良い面も、また二元論で語ることのできない微妙な感情も受け入れ、また音楽も同様に様々なジャンルからのアプローチを受け入れることによって表現をかたち作っている。

今回の初来日公演では、キーボード、ドラム、チェロ、コンテンポラリー・ダンサーを擁し、自らがヴィジュアルやライティングなどの舞台演出も手掛けるという。哲学、音楽、舞台演出、ファッションと、彼女のあらゆる要素が表出する公演で、あなたはまだ知らなかった人間の姿に気付くことになるかもしれない。(加藤孔紀)

■Sevdaliza Official Site
https://www.sevdaliza.com/

Text By Koki Kato


Red Bull Music Festival TOKYO

SEVDALIZA’S THE GREAT HOPE DESIGN

2019.04.08
SPIRAL HALL – SPIRAL 3F
https://www.redbull.com/jp-ja/music/events/sevdaliza-s-the-great-hope-design


MORE FEATURES

  • INTERVIEWS : 22 August 2019

    Joey Dosik

    1つの扉やチャンスが閉じられてしまっても他の扉が開かれる
    ジョーイ・ドーシックが語るLAシーンの無限の可能性

    By Koki Kato

    ジョーイ・ドーシックという人といると誰もがわくわくする。取材の前々日に《ブルックリンパーラー新宿》で行われたソロ・ライブ、取材後に観た《ブルーノート東京》でのバンドセットも、2016年に代官山《晴れた

  • INTERVIEWS : 21 August 2019

    Young-G

    日本でヒップホップをやることはタイからみたら一種のルークトゥン
    Young-Gが魅了された一過性のブームでは掬いきれないタイの音楽の魅力とは?

    By Daiki Takaku

    「今アジアの音楽が熱い」最近そんな言葉をよく耳にするが、山梨県旧一宮町を拠点として活動するヒップホップ・ユニット、stillichimiyaのMC、ビートメイカーとして知られるYoung-Gは、One

  • INTERVIEWS : 16 August 2019

    Juu & G. Jee

    アジア・レペゼンの現在を伝えるタイと日本の刺激的な連帯
    Juuが語る自身の生い立ち、そしてタイの今

    By Shino Okamura

    もしかすると、今ほど新旧さまざまなアジアの音楽が注目され、その多様な作品、アーティストが広く聴かれている時代も過去になかったのではないかと思う。いや、過去にもちょっとしたアジア・ブームがあっただろう。

  • INTERVIEWS : 13 August 2019

    The Bird And The Bee

    ザ・バード・アンド・ザ・ビー流ヴァン・ヘイレンのススメ
    イナラ・ジョージが語るポップ・ミュージック進化論

    By Shino Okamura

    はっきり言おう。イナラ・ジョージとグレッグ・カースティンの二人は、目立って評価される機会こそ少ないが、アメリカの現在の音楽の現場で人間交差点的な役割を果たしている重要人物だ。90年代から裏方として活動

  • FEATURES : 13 August 2019

    Foals

    サマーソニック出演目前!享楽とシリアスの融合の軌跡
    フォールズ全アルバム・ディスク・ガイド

    By Masashi Yuno / Kei Sugiyama / Daichi Yamamoto / Hiroko Aizawa / Eri Mokutani

    《サマーソニック ’19》出演までいよいよカウントダウン! そこで、フォールズを紐解くAtoZ、最新ライヴ・レポートに続き、今回は彼らのこれまでの作品を1枚ずつ振り返ってみよう。 ダンサブ

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 08 August 2019

    Haim / Wilco / SAGO SAID / 蓮沼執太 / Dabeull / Rude Jude / Rayland Baxter / Angel Olsen / Lulileela

    BEST TRACKS OF THE MONTH – July, 2019

    By Sayuki Yoshida / Dreamy Deka / Shino Okamura / Kei Sugiyama / Daichi Yamamoto / Nami Igusa / Koki Kato / Sinpei Kido

    Angel Olsen – 「All Mirrors」 比類なきその声に対峙できるのはオーケストラだったということか。前作『My Woman』(2016年)からほとんど新曲らしい新曲もない

  • BRINGING THE PAST TO THE FUTURE : 08 August 2019

    『Digital Kabar"Electronic Maloya From La Reunion Since 1980"』

    文化混交と多様性の称揚
    レユニオン島の「エレクトロニック・マロヤ」を聴く

    By Yuji Shibasaki

    マダガスカルから約800km東のインド洋上に浮かぶ島、フランス海外県レユニオン。サトウキビ生産を主要産業とするこの小さな島の名は、海外文学に明るい方ならあのミシェル・ウエルベックの出身地としても知って

  • FEATURES : 08 August 2019

    Fuji Rock Festival

    《フジロック・フェスティバル ’19》ライヴ&フォト・レポート

    By Makoto Watanabe / Daichi Yamamoto / Hiroko Aizawa / Eri Mokutani

    23回目を迎えた《フジロック・フェスティバル’19》。7月27日は台風6号の影響で一部プログラムに変更が生じたものの、26日の前夜祭から延べ4日間で130,000人(主催者発表)が来場して