FEATURES : 03 April 2019

Sevdaliza

The Existence Of A Human That SEVDALIZA Rrom Iran Sees

By Koki Kato

FEATURES : 03 April 2019

Sevdaliza

The Existence Of A Human That SEVDALIZA Rrom Iran Sees

By Koki Kato

初来日公演直前! イラン出身のセブダリザが見ている人間という存在

イラン出身、幼少期に難民として移住してから現在までオランダを拠点に活動するシンガー・ソング・ライター、セヴダリザが4月8日の《Redbull Music Festival Tokyo 2019》で初来日する。《Redbull Music Academy》の2016年の卒業生でもある彼女は、これまでに最新EP「The Calling」(2018年)を含む4枚のEPと、デビュー・アルバム『Ison』(2017年)をリリースしている。

彼女の魅力はあらゆるものを受け入れていくスタイルにある。音楽、MV、ファッションと様々なものに意識的で、セルフ・プロデュースにも長けている。先日も3月にパリで行われたトム・ブラウンの2019春夏のショーにジャネル・モネイらと共に参加。セブダリザとジャネルの2人が映った一枚の写真を見て、ジャネルが自身のセクシュアリティに向き合い音楽を発表しているように、セブダリザが自己や他者、ひいては人間に向き合っているところに共鳴するものがあると感じた。

不完全ゆえに完璧なものに憧れる、けれど完全なものなどない。なぜなら人間は常に変わっていくものだし、一面的な固定のイメージだけでは語れない複雑さ、多様さを含んでいる以上、何が完璧かなんて誰も分からない。そんなどうしようもない人間らしさ、もどかしさを受け入れながら表現するのがセヴダリザだと思う。例えばアルバム『Ison』の楽曲「Marilyn Monroe」「Hero」「Angel」では象徴的かつ抽象的な存在をタイトルにしながら、歌詞では真実味がない存在を否定し、誰もが完全と思っていた存在に対して繰り返し現実味を与えていく。『Ison』のアートワークも自身とマネキンを一つの個体の中に存在させ、セブダリザという具体的な存在と抽象的な誰か(マネキン)を半ば強引に共存させることで、人間は様々な性質が集合して成り立つことを示唆してみせている。

そんなセブダリザの音楽を聴けば聴くほど、アルカの存在がちらついて仕方がない。2017年リリース『Arca』で聴くことのできる声を主体とした、アンビエント、かつ、トリップホップ的なサウンドはセブダリザの近年の作品『Ison』「The Calling」に影響を、もしかしたら相互に影響を与え合っていたかもと思うほどだ。サウンド・プロダクション然り、アルカという存在、またMVにおける奇抜ともとれる表現において近いものがある。アヴァンギャルドなビジュアル表現はアルカ自身を抽象化させ、一方で彼自身のセクシュアリティに基づくファッションや表現が様々に具体的な情報を伝えてくれる。一人の人間が持つ多様な性質を、特定の価値観に捉われることなく自由に表現しているアルカの姿が、セブダリザとシンクロしていくようだ。 セブダリザはトリップホップ、エレクトロニック、アンビエント、ストリングスによるクラシカルなアレンジなど、様々な要素を取り込みながら音楽を奏でているが、一聴してみるとR&B由来の歌声が特徴的だと分かる。共同制作者であるMuckyはヒップホップやグライムなどのジャンルも手掛けるプロデューサーだし、セブダリザ自身はフェイヴァリットにジャネット・ジャクソン『The Velvet Rope』を挙げている。「The Calling」収録の「Observer」を聴くとブレイクビーツ的なリズム・アプローチ、そして軽快に歌われるメロディがR&Bの影響を感じさせる。また《i-D》のインタビューで『The Velvet Rope』について「矛盾に満ちた人間を代弁したアルバム」と話すように、人間のもどかしさを受け入れていく彼女の哲学は、ジャネット・ジャクソンからの影響もあったようだ。

セブダリザは人間の多様な側面、それは悪い面も良い面も、また二元論で語ることのできない微妙な感情も受け入れ、また音楽も同様に様々なジャンルからのアプローチを受け入れることによって表現をかたち作っている。

今回の初来日公演では、キーボード、ドラム、チェロ、コンテンポラリー・ダンサーを擁し、自らがヴィジュアルやライティングなどの舞台演出も手掛けるという。哲学、音楽、舞台演出、ファッションと、彼女のあらゆる要素が表出する公演で、あなたはまだ知らなかった人間の姿に気付くことになるかもしれない。(加藤孔紀)

■Sevdaliza Official Site
https://www.sevdaliza.com/

Text By Koki Kato


Red Bull Music Festival TOKYO

SEVDALIZA’S THE GREAT HOPE DESIGN

2019.04.08
SPIRAL HALL – SPIRAL 3F
https://www.redbull.com/jp-ja/music/events/sevdaliza-s-the-great-hope-design


MORE FEATURES

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 14 October 2019

    Rex Orange County / 思い出野郎Aチーム / パソコン音楽クラブ / Cashmere Cat / Sinead O’Brien / Post Malone & DaBaby / Cate Le Bon & Bradford Cox / Gang Starr

    BEST TRACKS OF THE MONTH – September, 2019

    By Si_Aerts / Daiki Mine / Dreamy Deka / Shino Okamura / Kei Sugiyama / Daiki Takaku

    Cashmere Cat – 「WITHOUT YOU」 アリアナ・グランデ、カニエ・ウエストなどなど数多くの大物と楽曲を制作するノルウェー出身のミュージシャンであるカシミア・キャットのセカンド・アル

  • INTERVIEWS : 12 October 2019

    The Misties

    ビートルズの遺伝子を考える#1
    元トランポリンズのヨハン・ステントープが新たなユニット=ザ・ミスティーズから直球で伝えるビートルズ愛

    By Masashi Yuno

    ビートルズが1969年に発表したアルバム『Abbey Road』の50周年アニバーサリー・エディションが、1970年1月31日に17週目の1位を獲得して以来約50年ぶりに全英チャートの1位を獲得したこ

  • INTERVIEWS : 11 October 2019

    Battles

    「バトルスは完全に新しいバンドになった」
    デュオになったバトルスがニューヨークから送る『Juice B Crypts』は、瑞々しくカオティックなエナジーに満ちた一作

    By imdkm

    バトルスが、通算で4作目となるニューアルバム、『Juice B Crypts』を10月11日に日本先行リリースする(日本国外では10月18日のリリースとなる)。絡み合うリフと複雑なリズムが織りなすエク

  • BRINGING THE PAST TO THE FUTURE : 10 October 2019

    4AM

    今再び「DIY」をさりげなく励ましてくれる、90年UK産オブスキュア・エレクトロニック・ポップ

    By Yuji Shibasaki

    この間の内外リイシュー・シーンは、レア・グルーヴ視点での70年代アイテム発掘の円熟期を既に過ぎ、80年代のオブスキュアなシンセ・ウェーブや異形のポスト・パンク作のディグを経由し、ついには90年代の知ら

  • FEATURES : 04 October 2019

    Wilco

    アメリカの良心、その苦悩と歓喜のプロセス
    ウィルコ全アルバム・ディスク・ガイド

    By Shuta Nishida / Ryutaro Amano / Yoshihito Tominaga / Yasuo Murao / Masaya Mifune / Takuro Okada / Tsuyoshi Kizu / Shino Okamura / Nami Igusa / Koki Kato / Sinpei Kido

    ウィルコのニュー・アルバム『Ode To Joy』がリリースされた。前作『Schmilco』から約3年ぶりのオリジナル・アルバム…というのは大した問題ではないが、『Schmilco』とその前の『Sta

  • FEATURES : 30 September 2019

    LFO / DJ Mujava / Nozinja

    《Warp》30周年〜LFOからDJ Mujavaまで…オルタナティヴ・ダンス・レーベルとしてのエッジーで凛とした軌跡

    By Tetsuya Sakamoto

    はじまりはダンス・ミュージックだった。1989年にイギリスの工業都市シェフィールドでスティーヴ・ベケット、ロブ・ミッチェル、ロバート・ゴードンによって設立された《Warp》は、ダンスを根本原理としない

  • FEATURES : 29 September 2019

    Eighth Grade

    映画『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』
    心と体の成長がチグハグな時期の少女の心の揺れと大人への出発

    By Yasuo Murao

    アルフォンソ・キュアロンやジャド・アバトーといった人気監督たちが「泣いた!」と絶賛。オバマ元大統領も年間ベストの一本に挙げるなど、昨年、アメリカで公開されて話題を呼んだ『エイス・グレード 世界でいちば

  • FEATURES : 27 September 2019

    The Black Skirts

    遂に初来日公演が実現!
    長いキャリアで音楽性と共に進化させてきたチョ・ヒュイル=ブラック・スカーツのグッド・メロディ

    By Daichi Yamamoto

    未だに鮮明に覚えている。2016年、ブラック・スカーツ(韓国語名:검정치마 / コムジョンチマ)のスロウ・バラード「Everything」と出会ったときの印象を。シューゲイザーやチルウェイブを通過した