FEATURES : 03 April 2019

Sevdaliza

The Existence Of A Human That SEVDALIZA Rrom Iran Sees

By Koki Kato

FEATURES : 03 April 2019

Sevdaliza

The Existence Of A Human That SEVDALIZA Rrom Iran Sees

By Koki Kato

初来日公演直前! イラン出身のセブダリザが見ている人間という存在

イラン出身、幼少期に難民として移住してから現在までオランダを拠点に活動するシンガー・ソング・ライター、セヴダリザが4月8日の《Redbull Music Festival Tokyo 2019》で初来日する。《Redbull Music Academy》の2016年の卒業生でもある彼女は、これまでに最新EP「The Calling」(2018年)を含む4枚のEPと、デビュー・アルバム『Ison』(2017年)をリリースしている。

彼女の魅力はあらゆるものを受け入れていくスタイルにある。音楽、MV、ファッションと様々なものに意識的で、セルフ・プロデュースにも長けている。先日も3月にパリで行われたトム・ブラウンの2019春夏のショーにジャネル・モネイらと共に参加。セブダリザとジャネルの2人が映った一枚の写真を見て、ジャネルが自身のセクシュアリティに向き合い音楽を発表しているように、セブダリザが自己や他者、ひいては人間に向き合っているところに共鳴するものがあると感じた。

不完全ゆえに完璧なものに憧れる、けれど完全なものなどない。なぜなら人間は常に変わっていくものだし、一面的な固定のイメージだけでは語れない複雑さ、多様さを含んでいる以上、何が完璧かなんて誰も分からない。そんなどうしようもない人間らしさ、もどかしさを受け入れながら表現するのがセヴダリザだと思う。例えばアルバム『Ison』の楽曲「Marilyn Monroe」「Hero」「Angel」では象徴的かつ抽象的な存在をタイトルにしながら、歌詞では真実味がない存在を否定し、誰もが完全と思っていた存在に対して繰り返し現実味を与えていく。『Ison』のアートワークも自身とマネキンを一つの個体の中に存在させ、セブダリザという具体的な存在と抽象的な誰か(マネキン)を半ば強引に共存させることで、人間は様々な性質が集合して成り立つことを示唆してみせている。

そんなセブダリザの音楽を聴けば聴くほど、アルカの存在がちらついて仕方がない。2017年リリース『Arca』で聴くことのできる声を主体とした、アンビエント、かつ、トリップホップ的なサウンドはセブダリザの近年の作品『Ison』「The Calling」に影響を、もしかしたら相互に影響を与え合っていたかもと思うほどだ。サウンド・プロダクション然り、アルカという存在、またMVにおける奇抜ともとれる表現において近いものがある。アヴァンギャルドなビジュアル表現はアルカ自身を抽象化させ、一方で彼自身のセクシュアリティに基づくファッションや表現が様々に具体的な情報を伝えてくれる。一人の人間が持つ多様な性質を、特定の価値観に捉われることなく自由に表現しているアルカの姿が、セブダリザとシンクロしていくようだ。 セブダリザはトリップホップ、エレクトロニック、アンビエント、ストリングスによるクラシカルなアレンジなど、様々な要素を取り込みながら音楽を奏でているが、一聴してみるとR&B由来の歌声が特徴的だと分かる。共同制作者であるMuckyはヒップホップやグライムなどのジャンルも手掛けるプロデューサーだし、セブダリザ自身はフェイヴァリットにジャネット・ジャクソン『The Velvet Rope』を挙げている。「The Calling」収録の「Observer」を聴くとブレイクビーツ的なリズム・アプローチ、そして軽快に歌われるメロディがR&Bの影響を感じさせる。また《i-D》のインタビューで『The Velvet Rope』について「矛盾に満ちた人間を代弁したアルバム」と話すように、人間のもどかしさを受け入れていく彼女の哲学は、ジャネット・ジャクソンからの影響もあったようだ。

セブダリザは人間の多様な側面、それは悪い面も良い面も、また二元論で語ることのできない微妙な感情も受け入れ、また音楽も同様に様々なジャンルからのアプローチを受け入れることによって表現をかたち作っている。

今回の初来日公演では、キーボード、ドラム、チェロ、コンテンポラリー・ダンサーを擁し、自らがヴィジュアルやライティングなどの舞台演出も手掛けるという。哲学、音楽、舞台演出、ファッションと、彼女のあらゆる要素が表出する公演で、あなたはまだ知らなかった人間の姿に気付くことになるかもしれない。(加藤孔紀)

■Sevdaliza Official Site
https://www.sevdaliza.com/

Text By Koki Kato


Red Bull Music Festival TOKYO

SEVDALIZA’S THE GREAT HOPE DESIGN

2019.04.08
SPIRAL HALL – SPIRAL 3F
https://www.redbull.com/jp-ja/music/events/sevdaliza-s-the-great-hope-design


MORE FEATURES

  • FEATURES : 18 June 2019

    Jordan Rakei

    《Ninja Tune》のソウル・シンガー / マルチ・プレイヤー、ジョーダン・ラカイはロンドンのルイス・コールか? 〜新作『Origin』とこれまでのキャリアからその魅力を探る

    By Nami Igusa

    とかくトム・ミッシュやロイル・カーナーの影に隠れがちではあるが、ジョーダン・ラカイはロンドンのジャズ〜ソウルのフィーリングを備えたフレッシュなソング・ライターの”第三の男”と言

  • MAP OF THE K-POP : 18 June 2019

    Yerin Baek

    ノスタルジーの先に生まれた、ミステリアスで未来的なR&B。
    上半期のK-POP最重要作を紐解く!

    By Daichi Yamamoto

    ナマ音を強調したオーガニックなR&Bサウンド。その心地よいグルーヴは日本のシティ・ポップにも近くてどこか懐かしいのに、例えるならフランク・オーシャン『blonde』を聴いた時のような「今まで

  • FEATURES : 10 June 2019

    春野

    ポップスは夜に濡れている
    春野の作品にみる「夜の描かれ方」の考察

    By Kei Sugiyama

    【春野とは?】 まずはここから話を進めよう。 春野(haruno)とは、ボカロPとして話題となり、現在はLo-Fiヒップ・ホップを通過したインスト楽曲や、70年代や80年代のポップスの要素を取り込んだ

  • FEATURES : 07 June 2019

    Bon Iver

    ボン・イヴェールはどこを目指すのか?
    新曲2曲にみるコミュニティ・ミュージックという理想主義

    By Tsuyoshi Kizu / Shino Okamura

    今月頭にボン・イヴェールの新曲が2曲発表された。「Hey, Ma」と「U(Man Like)」。現地時間6月2日にロンドンのヴィクトリア・パークで開催された《All Points East Londo

  • BRINGING THE PAST TO THE FUTURE : 06 June 2019

    Azimuth

    神話時代のブラジリアン・フュージョン、そして〈プログレッシブ〉

    By Yuji Shibasaki

    ブラジリアン・フュージョン界の絶対王者であり、旧くはNHK-FM『クロスオーバーイレブン』のテーマ曲「Fly over the horizon」(79年作)で、90年代以降はUKを発信源としたレア・グ

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 06 June 2019

    Various Artists

    BEST TRACKS OF THE MONTH – May, 2019

    By Dreamy Deka / Kei Sugiyama / Nami Igusa / Koki Kato / Sinpei Kido / Eri Mokutani

    black midi - 「Talking Heads」 9月に来日も決まっているロンドン出身の注目の4人組バンド、ブラック・ミディ。この曲は6月にリリースされるデビュー・アルバムからの先行シングルだ

  • INTERVIEWS : 05 June 2019

    玉名ラーメン

    忘れてしまうことと思い出すことの境目で
    18歳女子・玉名ラーメン、登場!

    By Shino Okamura

    2001年6月東京生まれの今年18歳。現役女子高生。ラッパー。トラックメイカー。詩人。それが玉名ラーメン。とにかくそれが玉名ラーメン。呟くように、囁くように、独り言のように……いや、独り言などではない

  • FEATURES : 30 May 2019

    Sufjan Stevens

    スフィアン・スティーヴンスが《Pride Month》を前に新曲を突如発表!
    マントラのように繰り返される愛と苦悩の行方

    By Shino Okamura

    来月(6月)の《Pride Month》を前にスフィアン・スティーヴンスから突如新曲「Love Yourself / With My Whole Heart」が届いた(6/28日に7インチ・シングルで