FEATURES : 03 April 2019

Sevdaliza

The Existence Of A Human That SEVDALIZA Rrom Iran Sees

By Koki Kato

FEATURES : 03 April 2019

Sevdaliza

The Existence Of A Human That SEVDALIZA Rrom Iran Sees

By Koki Kato

初来日公演直前! イラン出身のセブダリザが見ている人間という存在

イラン出身、幼少期に難民として移住してから現在までオランダを拠点に活動するシンガー・ソング・ライター、セヴダリザが4月8日の《Redbull Music Festival Tokyo 2019》で初来日する。《Redbull Music Academy》の2016年の卒業生でもある彼女は、これまでに最新EP「The Calling」(2018年)を含む4枚のEPと、デビュー・アルバム『Ison』(2017年)をリリースしている。

彼女の魅力はあらゆるものを受け入れていくスタイルにある。音楽、MV、ファッションと様々なものに意識的で、セルフ・プロデュースにも長けている。先日も3月にパリで行われたトム・ブラウンの2019春夏のショーにジャネル・モネイらと共に参加。セブダリザとジャネルの2人が映った一枚の写真を見て、ジャネルが自身のセクシュアリティに向き合い音楽を発表しているように、セブダリザが自己や他者、ひいては人間に向き合っているところに共鳴するものがあると感じた。

不完全ゆえに完璧なものに憧れる、けれど完全なものなどない。なぜなら人間は常に変わっていくものだし、一面的な固定のイメージだけでは語れない複雑さ、多様さを含んでいる以上、何が完璧かなんて誰も分からない。そんなどうしようもない人間らしさ、もどかしさを受け入れながら表現するのがセヴダリザだと思う。例えばアルバム『Ison』の楽曲「Marilyn Monroe」「Hero」「Angel」では象徴的かつ抽象的な存在をタイトルにしながら、歌詞では真実味がない存在を否定し、誰もが完全と思っていた存在に対して繰り返し現実味を与えていく。『Ison』のアートワークも自身とマネキンを一つの個体の中に存在させ、セブダリザという具体的な存在と抽象的な誰か(マネキン)を半ば強引に共存させることで、人間は様々な性質が集合して成り立つことを示唆してみせている。

そんなセブダリザの音楽を聴けば聴くほど、アルカの存在がちらついて仕方がない。2017年リリース『Arca』で聴くことのできる声を主体とした、アンビエント、かつ、トリップホップ的なサウンドはセブダリザの近年の作品『Ison』「The Calling」に影響を、もしかしたら相互に影響を与え合っていたかもと思うほどだ。サウンド・プロダクション然り、アルカという存在、またMVにおける奇抜ともとれる表現において近いものがある。アヴァンギャルドなビジュアル表現はアルカ自身を抽象化させ、一方で彼自身のセクシュアリティに基づくファッションや表現が様々に具体的な情報を伝えてくれる。一人の人間が持つ多様な性質を、特定の価値観に捉われることなく自由に表現しているアルカの姿が、セブダリザとシンクロしていくようだ。 セブダリザはトリップホップ、エレクトロニック、アンビエント、ストリングスによるクラシカルなアレンジなど、様々な要素を取り込みながら音楽を奏でているが、一聴してみるとR&B由来の歌声が特徴的だと分かる。共同制作者であるMuckyはヒップホップやグライムなどのジャンルも手掛けるプロデューサーだし、セブダリザ自身はフェイヴァリットにジャネット・ジャクソン『The Velvet Rope』を挙げている。「The Calling」収録の「Observer」を聴くとブレイクビーツ的なリズム・アプローチ、そして軽快に歌われるメロディがR&Bの影響を感じさせる。また《i-D》のインタビューで『The Velvet Rope』について「矛盾に満ちた人間を代弁したアルバム」と話すように、人間のもどかしさを受け入れていく彼女の哲学は、ジャネット・ジャクソンからの影響もあったようだ。

セブダリザは人間の多様な側面、それは悪い面も良い面も、また二元論で語ることのできない微妙な感情も受け入れ、また音楽も同様に様々なジャンルからのアプローチを受け入れることによって表現をかたち作っている。

今回の初来日公演では、キーボード、ドラム、チェロ、コンテンポラリー・ダンサーを擁し、自らがヴィジュアルやライティングなどの舞台演出も手掛けるという。哲学、音楽、舞台演出、ファッションと、彼女のあらゆる要素が表出する公演で、あなたはまだ知らなかった人間の姿に気付くことになるかもしれない。(加藤孔紀)

■Sevdaliza Official Site
https://www.sevdaliza.com/

Text By Koki Kato


Red Bull Music Festival TOKYO

SEVDALIZA’S THE GREAT HOPE DESIGN

2019.04.08
SPIRAL HALL – SPIRAL 3F
https://www.redbull.com/jp-ja/music/events/sevdaliza-s-the-great-hope-design


MORE FEATURES

  • INTERVIEWS : 19 April 2019

    Gus Dapperton

    「ガス・ダパートンは僕自身であり再創造するためのレーベル」
    ニューヨークの新たなポップ・アイコンがついにアルバム・デビュー!

    By Kei Sugiyama

    ガス・ダパートンをご存じだろうか。もしご存じないのであれば、まずは下のリンクにあるMVを見ていただきたい。クールな佇まいとユニークな踊り、口ずさみたくなるサビのリフレインに惹きつけられ、僕らはこの楽し

  • INTERVIEWS : 19 April 2019

    Fat White Family

    “サウス・ロンドンの狂犬”はいかにして、変化を恐れず真摯に音楽に向き合うバンドになったのか?

    By Eri Mokutani

    2年前、映画『T2トレインスポッティング』の劇中音楽(サントラ)に「Whitest Boy On The Beach」が採用されたことで話題にもなったファット・ホワイト・ファミリー(以下、FWF)。し

  • INTERVIEWS : 15 April 2019

    Galen Ayers

    スペインの風土、日本の文化を愛した故ケヴィン・エアーズへ―― 愛娘ギャレンから届けられた初のアルバムは歌を通じた父へのラブレター

    By Yasuo Murao

    UKプログレの聖地、カンタベリー・シーンのキーパーソンであり、世界中を放浪しながら歌を紡いだシンガー・ソングライター、ケヴィン・エアーズ。そんな吟遊詩人の血を受け継いで、父親と同じようにシンガー・ソン

  • INTERVIEWS : 12 April 2019

    Bibio

    ビビオが語るニュー・アルバム『リボンズ』~時代・国・シーンを越えて喚起する、シネマティックなノスタルジー

    By Nami Igusa

    ニューアルバム『リボンズ』はビビオのキャリアの中でも最も映像的と言っても過言ではない。青々とした木々、きらめく川の流れ、あるいは傾く日の柔らかな光…そんな情景がありありと目に浮かんできそうだ。フィール

  • BEST EVER TV SERIES : 11 April 2019

    Netflix

    フロントマンよりリズム隊派にオススメな過酷な戦いを描くF1ドキュメンタリー

    By Hiroko Aizawa

    Netflixはオリジナルドラマや映画が次々にリリースされるので、正直時々どれから観ればいいのかわからない!とイライラすることもある。また、ドラマの場合は1シーズンに8話以上はあるし、長いシリーズもの

  • FEATURES : 09 April 2019

    PAR STORE

    シャムキャッツ菅原慎一が訪ねる新たな台北の遊び場《PAR STORE》
    ~ex透明雑誌・洪申豪(モンキー)が作った理想のスペースとは?

    By Shinichi Sugawara

    シャムキャッツのギタリスト/ソングライターの菅原慎一が、いつのまにか東アジアのインディー・ポップに夢中になっている。もともとがリスナー気質の強い菅原だが、シャムキャッツとして台湾公演を行い暖かいオーデ

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 06 April 2019

    Various Artists

    BEST TRACKS OF THE MONTH -March, 2019-

    By Shino Okamura / Kei Sugiyama / Nami Igusa / Koki Kato / Yasuyuki Ono / Daiki Takaku / Eri Mokutani

    Faye Webster – 「Room Temperature」 マック・デマルコ「Chmaber of Reflection」がドリーミーに夜を想わせるなら、フェイ・ウェブスター「Ro

  • BRINGING THE PAST TO THE FUTURE : 04 April 2019

    キングコングパラダイス

    既存の音楽地図を引き破る、脱ジャンル的秘宝盤

    By Yuji Shibasaki

    1976年開催の第12回ヤマハポプコンに出場し、「朝が来ないうちに」で優秀曲賞を受賞、翌年東宝レコード傘下の《TAM》よりファースト・アルバム『トーキング・アバウト福生』でメジャー・デビューしたファン