FEATURES : 11 July 2017

Sam Gendel

Inevitable approaching of Black Music and Folklore

By Shino Okamura

FEATURES : 11 July 2017

Sam Gendel

Inevitable approaching of Black Music and Folklore

By Shino Okamura

ブラック・ミュージックとフォークロアとの必然的接近邂逅
インガから名を改め、サム・ゲンデル、本格的にデビュー!

INGA(インガ)と名乗って活動していたアメリカのユニークなシンガー・ソングライター/コンポーザー、ギタリスト/サックス奏者、サム・ゲンデルとは

 ここ数年のジャズやヒップホップを含むブラック・ミュージックと、フォークやカントリー、あるいは中南米やアフリカ、中近東などで鳴らされるフォークロア音楽の、どちらからとも言えない自然な接近邂逅を目の当たりにすればするほど、この男がゆるやかにシーンに浮上してきたのことの必然を感じずにはいられない。サム・ゲンデル。このあいだまで、INGA(インガ)と名乗って活動していたアメリカのユニークなシンガー・ソングライター/コンポーザー、ギタリスト/サックス奏者である。

 今、個人的に最も夢中になっている海外アーティストとして、筆者は《MUSIC MAGAZINE》誌2017年2月号の“2017年はこれを聴け!”特集の中で、まだINGAとして活動していたサムのことを紹介した。ローランド・カークから社会風刺コメディアンのジョージ・カーリンまで幅広いフィールドから影響を受け、実際にグリズリー・ベアのクリス・テイラーにプロデュースされたり、Madvillainの「Strange Ways」をとりあげたり、あるいは西海岸拠点のブラジリアン・グループ、Triorganicoのギタリストでありシンガー・ソングライターのFabiano do Nascimentoと共演したり……と、時代もエリアもジャンルも越境したハイブリッドなシンガー・ソングライターであることは、これまでに静かに積み上げてきた彼の活動が証明しているだろう。しかも、このサム・ゲンデルもそうだし、近年《Nonesuch》から作品を出しているサム・アミドン、あるいはボン・イヴェールと同じレーベルである《Jagjaguwar》と契約したモーゼス・サムニーらがかいま見せるのは、ジャズ、フォーク、ゴスペルへの極めて従順な、でも静かに歴史を上書きしていこうとする極めてニュートラルな姿勢だ。サム・ゲンデルがそのサム・アミドンやモーゼズ・サムニーと交流があるのも興味深い。

Fabiano do Nascimentoとの共演ライヴ(ソプラノ・サックスがサム・ゲンデル)

 例えば、マイルス・デイヴィスが、ジョン・コルトレーンが、あるいはボブ・ディランが、スライ・ストーンが時代の節目を切り取っていた頃に比べると、今は時代の動きをデフォルメさせること自体決して難しくないだろう。しかし、その分、混迷している状況の表面だけをなぞることに終始してしまう可能性も高い。ボン・イヴェールが昨年のアルバム『22、ア・ミリオン』で最終的に伝えていたのは、そうした小手先で社会の傷を舐めてしまうことへの危機感だったようにも思う。まだ、一般的には無名に近いこのサム・ゲンデルというクレバーで学究的でもある音楽家は、こういう時代に、今、何を問い、何を回答として活動していこうとしているのか。少なくとも筆者は、今、さりげなく音と音の隙間にスプーンを入れて、ゆるやかにかき回すようなこのサム・ゲンデルの作品に、今、どうしようもなく惹かれてしまう。

先ごろ、本名で活動を開始していくことを宣言したそのサムは、7月7日にBandcampにおいてCDとデジタル・アルバムで新作『Consentration』を発表した。《Apple Music》や《Spotify》はもとより、《YOU TUBE》にさえ公式アカウントがまだないこの彼の動きを引き続き追いかけていきたい。

Text By Shino Okamura


Sam Gendel

Concentration

購入はこちら
https://samgendel.bandcamp.com/album/concentration

■サム・ゲンデル OFFICIAL SITE
http://samgendel.com/
https://soundcloud.com/samgendel


MORE FEATURES

  • FEATURES : 19 March 2019

    Khruangbin

    初来日公演間近&フジロック出演!アメリカ・テキサス発、時代と地域を軽々と飛び越えるバンド=Khruangbin(クルアンビン)の摩訶不思議な面白さと新しさとは?

    By Nami Igusa / Koki Kato

    まもなく初来日ツアーが始まるアメリカはテキサスのクルアンビン。近年、世界的に見てもアジア・カルチャーへの注目が散見されるように、ヒューストン出身のLaura Lee ( Bass )、Mark Spe

  • FEATURES : 16 March 2019

    Say Sue Me

    初の単独来日公演間近!コリアン・インディの代表バンド、Say Sue Meを知る!

    By Daichi Yamamoto

    韓国・釜山を拠点とする4人組インディ・バンド、Say Sue Me(セイ・スー・ミー)の初の単独来日公演が、約3週間後に迫っている。世界的にアジア系のアーティストに注目が集まる昨今、彼らのことは、ミツ

  • FEATURES : 13 March 2019

    Stella Donnelly

    フジロックにも出演決定! 〜自然体のまま社会に噛みつく、キュートで鋭利なシンガー・ソングライター=ステラ・ドネリー

    By Nami Igusa

    昨今の女性シンガー・ソングライターのロール・モデルとしての、コートニー・バーネットの存在感の大きさは、日に日に増すばかりだと感じている。その実感は、この新進気鋭のシンガー・ソングライターの存在によって

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 09 March 2019

    Various Artists

    BEST TRACKS OF THE MONTH -February, 2019-

    By Shino Okamura / Kei Sugiyama / Nami Igusa / Koki Kato / Yasuyuki Ono

    Better Oblivion Community Center – 「Dylan Thomas」 先日の来日公演も記憶に新しいフィービー・ブリジャーズ。昨年話題を呼んだプロジェクト「ボー

  • FEATURES : 08 March 2019

    Vampire Weekend

    ヴァンパイア・ウィークエンドが見つけたラップ時代におけるバンド・サウンドとは?

    By Keigo Sadakane

    ヴァンパイア・ウィークエンド(以下、VW)は、バロック、アフロ、サイケ、そうした音楽の歴史と積極的につながることで自らを更新することに成功してきたバンドだ。そのことが「インディー・ロック」という10年

  • INTERVIEWS : 06 March 2019

    Alex Lilly

    ベックのバック・バンドでも活躍する西海岸の奇妙なミューズ
    アレックス・リリーがソロ・デビュー!

    By Shino Okamura

    昨年のサマーソニックでのベックのパフォーマンスを観た人なら覚えているかもしれない。現在の彼のバック・バンドにモデルのようなクール・ビューティーがキーボードやコーラスを担当していたことに(ギターはもちろ

  • BEST EVER TV SERIES : 04 March 2019

    Netflix

    「DARK ダーク」〜ドイツの田舎町に潜む、行き場のない家族間を巡る絶望

    By Hiroko Aizawa

    2017年にシーズン1が公開されたドイツ発のNetfilxオリジナル・ドラマ「DARK ダーク」。面白さの割に注目度の高くない本作だが、ついに今年の6月にシーズン2が公開されるという噂。シーズン1の主

  • FEATURES : 26 February 2019

    Beirut

    Beirut Original Album Guide ~サンタフェから世界へ……チャンス・ザ・ラッパーも魅了するBeirutの音楽旅

    By Shino Okamura / Nami Igusa / Koki Kato / Yasuyuki Ono

    『Gulag Orkestar』(2006年) エミール・クストリッツァ監督の諸作品や、そのクストリッツァもメンバーのノー・スモーキング・オーケストラのアルバムと並べて聴くと確かに気づく。ジプシー・ブ