FEATURES : 11 July 2017

Sam Gendel

Inevitable approaching of Black Music and Folklore

By Shino Okamura

FEATURES : 11 July 2017

Sam Gendel

Inevitable approaching of Black Music and Folklore

By Shino Okamura

ブラック・ミュージックとフォークロアとの必然的接近邂逅
インガから名を改め、サム・ゲンデル、本格的にデビュー!

INGA(インガ)と名乗って活動していたアメリカのユニークなシンガー・ソングライター/コンポーザー、ギタリスト/サックス奏者、サム・ゲンデルとは

 ここ数年のジャズやヒップホップを含むブラック・ミュージックと、フォークやカントリー、あるいは中南米やアフリカ、中近東などで鳴らされるフォークロア音楽の、どちらからとも言えない自然な接近邂逅を目の当たりにすればするほど、この男がゆるやかにシーンに浮上してきたのことの必然を感じずにはいられない。サム・ゲンデル。このあいだまで、INGA(インガ)と名乗って活動していたアメリカのユニークなシンガー・ソングライター/コンポーザー、ギタリスト/サックス奏者である。

 今、個人的に最も夢中になっている海外アーティストとして、筆者は《MUSIC MAGAZINE》誌2017年2月号の“2017年はこれを聴け!”特集の中で、まだINGAとして活動していたサムのことを紹介した。ローランド・カークから社会風刺コメディアンのジョージ・カーリンまで幅広いフィールドから影響を受け、実際にグリズリー・ベアのクリス・テイラーにプロデュースされたり、Madvillainの「Strange Ways」をとりあげたり、あるいは西海岸拠点のブラジリアン・グループ、Triorganicoのギタリストでありシンガー・ソングライターのFabiano do Nascimentoと共演したり……と、時代もエリアもジャンルも越境したハイブリッドなシンガー・ソングライターであることは、これまでに静かに積み上げてきた彼の活動が証明しているだろう。しかも、このサム・ゲンデルもそうだし、近年《Nonesuch》から作品を出しているサム・アミドン、あるいはボン・イヴェールと同じレーベルである《Jagjaguwar》と契約したモーゼス・サムニーらがかいま見せるのは、ジャズ、フォーク、ゴスペルへの極めて従順な、でも静かに歴史を上書きしていこうとする極めてニュートラルな姿勢だ。サム・ゲンデルがそのサム・アミドンやモーゼズ・サムニーと交流があるのも興味深い。

Fabiano do Nascimentoとの共演ライヴ(ソプラノ・サックスがサム・ゲンデル)

 例えば、マイルス・デイヴィスが、ジョン・コルトレーンが、あるいはボブ・ディランが、スライ・ストーンが時代の節目を切り取っていた頃に比べると、今は時代の動きをデフォルメさせること自体決して難しくないだろう。しかし、その分、混迷している状況の表面だけをなぞることに終始してしまう可能性も高い。ボン・イヴェールが昨年のアルバム『22、ア・ミリオン』で最終的に伝えていたのは、そうした小手先で社会の傷を舐めてしまうことへの危機感だったようにも思う。まだ、一般的には無名に近いこのサム・ゲンデルというクレバーで学究的でもある音楽家は、こういう時代に、今、何を問い、何を回答として活動していこうとしているのか。少なくとも筆者は、今、さりげなく音と音の隙間にスプーンを入れて、ゆるやかにかき回すようなこのサム・ゲンデルの作品に、今、どうしようもなく惹かれてしまう。

先ごろ、本名で活動を開始していくことを宣言したそのサムは、7月7日にBandcampにおいてCDとデジタル・アルバムで新作『Consentration』を発表した。《Apple Music》や《Spotify》はもとより、《YOU TUBE》にさえ公式アカウントがまだないこの彼の動きを引き続き追いかけていきたい。

Text By Shino Okamura


Sam Gendel

Concentration

購入はこちら
https://samgendel.bandcamp.com/album/concentration

■サム・ゲンデル OFFICIAL SITE
http://samgendel.com/
https://soundcloud.com/samgendel


MORE FEATURES

  • INTERVIEWS : 20 October 2017

    kitty, Daisy & Lewis

    アメリカにアラバマ・シェイクス、ロバート・グラスパーがいるならイギリスにはこの兄姉妹がいる! キティ・デイジー&ルイスが1月来日決定

    By Shino Okamura

    キティ・デイジー&ルイスのことを、いまだに1950年代前後のルーツ・ミュージックに傾倒するロンドンのレトロ・キッズたちだと思っていたら、それはもうとんでもない損失だ、ということをまず断言しておきたい。

  • INTERVIEWS : 22 September 2017

    Moses Sumney

    モーゼス・サムニーの清くダークな歌世界、それは誰の胸にも宿る天国と地獄~ サンダーキャット、ジェイムス・ブレイク、スフィアン・スティーヴンスまでもを魅了したシンガー・ソングライター、ついにファースト・アルバムをドロップ!

    By Shino Okamura

    本人と思しき男性が体の後ろで手を組み、飛び込むかのように前方にジャンプしている後ろ姿。前かがみになっているため頭は見えない。その様子は、例えがよくないかもしれないが、まるで捕らわれの身となった囚人のよ

  • INTERVIEWS : 21 September 2017

    The Horrors

    ザ・ホラーズ~ダーク・サイドへの帰還と、そこから始まる新たな旅路

    By Hiroko Aizawa

    ザ・ホラーズが久々にダークな側面を打ち出して3年ぶりに戻ってきた。デビュー・アルバムである『ストレンジ・ハウス』は、ダークでオカルト的な雰囲気も持つガレージ・ロック。その時期、多くのガレージ・ロック・

  • FEATURES : 21 September 2017

    Knox Fortune

    チャンス・ザ・ラッパーとインディ・ロックの壁を破る男!?シカゴのニュー・カマー、Knox Fortuneって誰?

    By Daichi Yamamoto

    ここ3年ほど、チャンス・ザ・ラッパーやヴィック・メンサを中心としたクルー=セイブマネーとその周辺のシカゴのヒップホップ、R&Bシーンから多数の才能が産み出されていることはご存知の通り。昨年も

  • FEATURES : 15 September 2017

    Thurston Moore

    なぜ今無骨なバンド・アンサンブルなのか? 音響をロックンロールでダイナミックに構築するサーストン・ムーア・グループ来日ツアーに期待するもの

    By Tetsuya Sakamoto

    サーストン・ムーアの音楽のとらえ方が少し変わったと思ったのが、彼がエレクトリック・ギターからアコースティック・ギターに持ち変えた『デモリッシュド・ソウツ』(2011年)だった。その奥行きと浮遊感のある

  • INTERVIEWS : 08 September 2017

    Queens Of The Stone Age

    ジョシュとトロイが語る、ただただロックンロール・バンドでいるために必要だった引き算の美学~新作が初の全英1位を獲得したクイーンズ・オブ・ザ・ストーンエイジの未来

    By Tetsuya Sakamoto

    クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジは確かにデンジャラスなロックンロール・バンドだ。全米チャート1位となった前作『ライク・クロックワーク』に続いて、初めて全英チャート1位を獲得したニュー・アルバム『

  • INTERVIEWS : 06 September 2017

    Mew

    ミュー~一瞬の閃きがもたらす勢いと細部への拘りとの両立

    By Tetsuya Sakamoto

    ミューというバンドは「勢い」とか「閃き」という言葉には無縁だと思っていた。アルバム制作に長い年月をかけ、じっくりと自分たちが納得するまで突き詰めて、それをリリースするーーある意味で今まではどんなに時間

  • FEATURES : 22 August 2017

    Festival

    フジロック・フェスティバル ’17 ライヴ・レポート第2弾

    By Tetsuya Sakamoto / Daichi Yamamoto

    レコードでのサウンド・プロダクションをライヴでも形にすることの意味 -The xx- Photo by Masanori Naruse ライヴにおいて派手な曲と静謐な曲をバランス良く配置しながら、徐々