FEATURES : 05 September 2018

Rex Orange County

Attitude To Inherit Timeless Pop Star Shown By SUMMER SONIC

By Daichi Yamamoto

FEATURES : 05 September 2018

Rex Orange County

Attitude To Inherit Timeless Pop Star Shown By SUMMER SONIC

By Daichi Yamamoto

サマソニで見せた、タイムレスなポップ・スターを継承する姿勢

東京のサマーソニック、2日目のお昼過ぎのソニック・ステージ。爽やかな青色の背景にアルバム・タイトル通りアプリコット(杏)を描いたバック。そこに登場したのは短パンにタイラー・ザ・クリエイターのブランド<Golf Wang>のTシャツを着た青年。そのタイラーの商業的にも批評的にも成功したアルバム『Flower Boy』に参加、その年期待の新人の登竜門<BBC Sound of 2018>のリストでも第2位に選ばれるなど、期待のかかるロンドンを拠点とする20歳、アレックス・オコーナーによるソロ・ユニット、レックス・オレンジ・カウンティだ。遠くから見ただけなら少年のような出で立ちだったが、そんな見た目とは裏腹に、それはもう「エルトン・ジョンか、彼自身も影響を公言しているスティーヴィ・ワンダーを見ているのだろうか」なんて気にさせる、ロックやソウル・R&Bなどが地続きで大衆的なポップスを形成していた70年代のポップ・ミュージックの姿を継承するようなパワフルなステージだった。

photo by Yusuke Sasamura

ライブはアルバム『Apricot Princess』の序盤を飾るタイトル曲「Apricot Princess」で幕を開けた。寝起きのような歌い方のスロウな出だしだが、1分もすれば、曲はボサ・ノヴァ調の陽気なムードに変わっていく。そう、ジャンル折衷的なサウンドはレックスの特徴であり魅力だ。だがそれ以上に惹かれるのは彼の歌とそれが生み出すムードそのものだろう。ガールフレンド、セオとの愛を誇らしげに歌うこの曲に続き歌われたのは「Television / So Far So Good」。新しい恋への高揚感を歌うこの曲だが、レックスが叩く鍵盤は、歌の世界に浸るように、心なしか先走ろうと忙しなく動いているように聞こえた。この2曲だけで集まったオーディエンスは一気にアレックスに引き込まれるだろう。レックスは既にSpotifyやYouTubeで数千万回以上の再生回数を数える曲をいくつも持っているが、彼がデビューからたった2年ほどの短いキャリアでこれだけの人を惹きつけて来た秘密を味わえた気がしたのだ。素直に、エモーショナルに表現される恋のドキドキや甘い気持ち。その場にいる全ての人たちがコネクトされていくようだ。

中盤には2016年のアルバム『Bcos U Will Never B Free』収録曲も披露された。この時期の曲には、失恋の悲しみや憂鬱がテーマに多く、少しシニカルで悲観的な感じさえするのだが、そんな楽曲たちもアレックスなら他のシンガー達とは一味違う。「Paradise」や「Uno」では鉄琴の音が優しく響くし、アレックス一人で披露された「Untitled」、「Corduroy Dreams」では彼の吹く口笛が私たちを夢心地にさせる。

photo by Yusuke Sasamura

そして終盤は「Sunflower」、「Best Friend」、「Loving Is Easy」と人気曲を出し惜しみなく披露。「彼女のおかげで自分らしくいれる/一人の時も悲しくなる必要ない」と歌う「Sunflower」、「恋人になれると思ったけど彼女は自分を愛してはいくれない」「Best Friend」などここでも歌のテーマは一貫している。ここではオーディエンスに手拍子させたりジャンプさせたりと、しっかり短いライブの中で盛り上がりの緩急も意識されていた。

初来日となる今回のパフォーマンスで気付かされたのはアレックスの音楽なタイムレスなポテンシャルだ。彼が歌う曲には、2018年の「いま」をドキュメントするような政治性は無い。ただただ、愛に溺れ、愛に飢え、愛の美しさを感じるという普遍的なポップ・ソングのテーマが歌われる。サウンドにしてもロック、ヒップホップ、ボサ・ノヴァ、ジャズなど多様なリズムを柔軟に動員することで、EDMやトラップのような同時代の主流な音に頼らずとも、オーガニックな音の感触のままタフなポップ・ソングとして成立している。それこそが冒頭で挙げたエルトンやスティーヴィーが活躍し出した半世紀前から大きく変わらないポップ・ソングの形を感じさせるのだ。

photo by Yusuke Sasamura

そんなポップ・スターたちのことを思い出していたら、一度彼がステージに立てばその場のムードが一変するような不思議なオーラをアレックスからも感じてしまった。観衆の数も終盤にかけてどんどん増え、気づけばそれは前日の同ステージのヘッドライナー、テーム・インパラの時を優に超えていたと思う。レックス・オレンジ・カウンティはどこにも、どんな枠にも収まろうとしない代わりに、過去にも未来にもアクセス出来る真のポップ・スターなのだ。(山本大地)

■amazon商品ページはこちら

■BEATINK内アーティスト情報
https://www.beatink.com/artists/detail.php?artist_id=2396

■Rex Orange County オフィシャル・サイト
https://rexorangecounty.com/store


MORE FEATURES

  • FEATURES : 24 May 2019

    Connan Mockasin

    初来日公演に見たエキセントリックでカルトなだけではないコナン・モカシン

    By Takuro Okada

    4月15日に新代田《Fever》で行われたコナン・モカシンのライブを観に行った皆さん。音源で聴ける線の細い歌声の印象から、ともすればヘタウマな世界が繰り広げられると思いきや、その繊細なヴォーカルに圧倒

  • FEATURES : 21 May 2019

    Flying Lotus

    Flamagra、それはフライング・ロータスが歴史を把捉しながら描く新たな音楽の設計図

    By Tetsuya Sakamoto

    これまでフライング・ロータスことスティーヴン・エリソンは、ビート・ミュージック、エレクトロニック・ミュージック、ジャズ、ヒップホップ、ファンクを自由に撹拌し、自在に往来しながら、エクレクティックでフレ

  • INTERVIEWS : 17 May 2019

    The National

    人はまっさらで生まれ、喜びや挫折を浴びて育ち、強く気高く終える
    ザ・ナショナル最高傑作『I Am Easy To Find』ここに誕生!

    By Shino Okamura

    モノクロのポートレートとしてアルバム・カヴァーに写る女性は女優のアリシア・ヴィキャンデル。と知って、とっさに『光をくれた人』(2016年公開)の熱演を思い出した人は、筆者以外にもいるだろうか。昨年公開

  • INTERVIEWS : 16 May 2019

    The National

    世界に誇る最強バンドであるために
    アーロン・デスナーが語るザ・ナショナルが無敵の理由

    By Shino Okamura

    このインタビューは2年前、2017年9月に発表された通算7枚目のスタジオ・アルバム『Sleep Well Beast』のリリースに際して筆者が行ったものだ。相手はアーロン・デスナー。このバンドの音楽面

  • MAP OF THE K-POP : 15 May 2019

    Jannabi

    BTSやBLACKPINKとも肩を並べる人気バンドが聴かせる、現代に寄り添うレトロ・ポップ

    By Daichi Yamamoto

    「K-POP」という言葉は私たちに何をイメージさせるだろう。北米や北欧のソングライターとタッグを組んだ激しいダンス・ミュージック?歌や踊りを何年も鍛え上げる厳しい訓練生活やオーディションといったアイド

  • INTERVIEWS : 13 May 2019

    空間現代

    遠回りをした方が得られる感動もある~ アメリカ・ツアーも大好評だった空間現代、初の海外リリース作であり7年ぶりのオリジナル・アルバム『Palm』を語る

    By Shinpei Horita

    ニュー・アルバム『Palm』は、空間現代にとって実に7年ぶりとなる単独名義でのスタジオ録音作品であり、初の海外リリース作品である。しかし彼らはその間、沈黙を貫いていた訳ではない。言うまでもなく、201

  • INTERVIEWS : 12 May 2019

    三宅唱 x Hi’Spec x OMSB

    三宅唱 x Hi’Spec x OMSBが語る、共に過ごす日々が紡ぐ、尊敬と信頼のクリエイティブ~映画『きみの鳥はうたえる』Blu-ray&DVD発売記念インタビュー

    By Daiki Takaku

    ヒップホップの曲作りの過程を収めたドキュメンタリー『COCKPIT(2014年)』でも既にその音楽への熱を迸らせていた映画監督・三宅唱。そしてその出演者でもあり今や神奈川県は相模原を代表するヒップホッ

  • INTERVIEWS : 11 May 2019

    Jamila Woods

    レガシー、それは私そのもの ~ジャミーラ・ウッズが語る新作『レガシー!レガシー!』と、誇りの在り処、アイデンティティのゆくえ

    By Nami Igusa

    レガシー、それは自分自身だ。ジャミーラはインタビューでこう語ってくれた。「『この人は誰だろう? 私と同じ所から出てきて、世界を変えるような素晴らしい業績を残したこの人は?』と。それが私の自信になり、自