FEATURES : 05 September 2018

Rex Orange County

Attitude To Inherit Timeless Pop Star Shown By SUMMER SONIC

By Daichi Yamamoto

FEATURES : 05 September 2018

Rex Orange County

Attitude To Inherit Timeless Pop Star Shown By SUMMER SONIC

By Daichi Yamamoto

サマソニで見せた、タイムレスなポップ・スターを継承する姿勢

東京のサマーソニック、2日目のお昼過ぎのソニック・ステージ。爽やかな青色の背景にアルバム・タイトル通りアプリコット(杏)を描いたバック。そこに登場したのは短パンにタイラー・ザ・クリエイターのブランド<Golf Wang>のTシャツを着た青年。そのタイラーの商業的にも批評的にも成功したアルバム『Flower Boy』に参加、その年期待の新人の登竜門<BBC Sound of 2018>のリストでも第2位に選ばれるなど、期待のかかるロンドンを拠点とする20歳、アレックス・オコーナーによるソロ・ユニット、レックス・オレンジ・カウンティだ。遠くから見ただけなら少年のような出で立ちだったが、そんな見た目とは裏腹に、それはもう「エルトン・ジョンか、彼自身も影響を公言しているスティーヴィ・ワンダーを見ているのだろうか」なんて気にさせる、ロックやソウル・R&Bなどが地続きで大衆的なポップスを形成していた70年代のポップ・ミュージックの姿を継承するようなパワフルなステージだった。

photo by Yusuke Sasamura

ライブはアルバム『Apricot Princess』の序盤を飾るタイトル曲「Apricot Princess」で幕を開けた。寝起きのような歌い方のスロウな出だしだが、1分もすれば、曲はボサ・ノヴァ調の陽気なムードに変わっていく。そう、ジャンル折衷的なサウンドはレックスの特徴であり魅力だ。だがそれ以上に惹かれるのは彼の歌とそれが生み出すムードそのものだろう。ガールフレンド、セオとの愛を誇らしげに歌うこの曲に続き歌われたのは「Television / So Far So Good」。新しい恋への高揚感を歌うこの曲だが、レックスが叩く鍵盤は、歌の世界に浸るように、心なしか先走ろうと忙しなく動いているように聞こえた。この2曲だけで集まったオーディエンスは一気にアレックスに引き込まれるだろう。レックスは既にSpotifyやYouTubeで数千万回以上の再生回数を数える曲をいくつも持っているが、彼がデビューからたった2年ほどの短いキャリアでこれだけの人を惹きつけて来た秘密を味わえた気がしたのだ。素直に、エモーショナルに表現される恋のドキドキや甘い気持ち。その場にいる全ての人たちがコネクトされていくようだ。

中盤には2016年のアルバム『Bcos U Will Never B Free』収録曲も披露された。この時期の曲には、失恋の悲しみや憂鬱がテーマに多く、少しシニカルで悲観的な感じさえするのだが、そんな楽曲たちもアレックスなら他のシンガー達とは一味違う。「Paradise」や「Uno」では鉄琴の音が優しく響くし、アレックス一人で披露された「Untitled」、「Corduroy Dreams」では彼の吹く口笛が私たちを夢心地にさせる。

photo by Yusuke Sasamura

そして終盤は「Sunflower」、「Best Friend」、「Loving Is Easy」と人気曲を出し惜しみなく披露。「彼女のおかげで自分らしくいれる/一人の時も悲しくなる必要ない」と歌う「Sunflower」、「恋人になれると思ったけど彼女は自分を愛してはいくれない」「Best Friend」などここでも歌のテーマは一貫している。ここではオーディエンスに手拍子させたりジャンプさせたりと、しっかり短いライブの中で盛り上がりの緩急も意識されていた。

初来日となる今回のパフォーマンスで気付かされたのはアレックスの音楽なタイムレスなポテンシャルだ。彼が歌う曲には、2018年の「いま」をドキュメントするような政治性は無い。ただただ、愛に溺れ、愛に飢え、愛の美しさを感じるという普遍的なポップ・ソングのテーマが歌われる。サウンドにしてもロック、ヒップホップ、ボサ・ノヴァ、ジャズなど多様なリズムを柔軟に動員することで、EDMやトラップのような同時代の主流な音に頼らずとも、オーガニックな音の感触のままタフなポップ・ソングとして成立している。それこそが冒頭で挙げたエルトンやスティーヴィーが活躍し出した半世紀前から大きく変わらないポップ・ソングの形を感じさせるのだ。

photo by Yusuke Sasamura

そんなポップ・スターたちのことを思い出していたら、一度彼がステージに立てばその場のムードが一変するような不思議なオーラをアレックスからも感じてしまった。観衆の数も終盤にかけてどんどん増え、気づけばそれは前日の同ステージのヘッドライナー、テーム・インパラの時を優に超えていたと思う。レックス・オレンジ・カウンティはどこにも、どんな枠にも収まろうとしない代わりに、過去にも未来にもアクセス出来る真のポップ・スターなのだ。(山本大地)

■amazon商品ページはこちら

■BEATINK内アーティスト情報
https://www.beatink.com/artists/detail.php?artist_id=2396

■Rex Orange County オフィシャル・サイト
https://rexorangecounty.com/store


MORE FEATURES

  • FISHING THE BESTS : 18 September 2019

    youheyhey

    Fishing the Bests #3 〜Another Perspective〜

    By Daiki Takaku

    「音楽の聴き方を変えているのは間違いなくインターネット」先日TURNで行ったインタビューでYoung-Gもこう語っていたように、実際インターネット上で音楽を聴く、あるいはクラウドで音楽を管理することは

  • INTERVIEWS : 17 September 2019

    川本真琴&山本精一

    対談:川本真琴 × 山本精一
    「いろいろな曲がたくさん聴ける雑誌のようなアルバムにしたかった」

    By Shino Okamura

    悪いけど私はデビューした時から川本真琴のファンだ。だからわかる。彼女は決して衝動だけのアーティストなんかじゃないってことが。 それに気づいたのは、もう今から20年くらい前、彼女の正式なライヴとしてはお

  • INTERVIEWS : 16 September 2019

    Give me little more / MARKING RECORDS

    感度の高いショップが密集する城下町・松本のインディー文化
    カギを握る2軒の人気ショップ店主に訊く

    By Dreamy Deka

    サブスクリプション・サービスの普及と巨大フェスの定着によって、ぱっと見では隆盛を極めているようにも見える音楽シーン。洋楽・邦楽のメインストリームが盛り上がるのはもちろん素晴らしいことだけど、クラウドサ

  • FEATURES : 13 September 2019

    Belle And Sebastian

    映画と漫画と音楽から届いた手紙、私たちが過去を物語る理由

    By Koki Kato

    2020年公開予定の映画『Days Of The Bagnold Summer』のサウンドトラックがベル・アンド・セバスチャンの新作だという。誰かの過去について描くことで完成した新作、というべきだろう

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 08 September 2019

    Foals / Thom Yorke / Flea / Tohji / Alessia Cara / DIIV / The 1975 / South Penguin / Spinning Coin / First Aid Kit / Konradsen / 折坂悠太 / Oliver Tree

    BEST TRACKS OF THE MONTH – August, 2019

    By Hitoshi Abe / Si_Aerts / Sayuki Yoshida / Dreamy Deka / Shino Okamura / Kei Sugiyama / Daiki Takaku / Koki Kato / Hiroko Aizawa / Eri Mokutani

    The 1975 – 「People」 スタイリッシュでポップ、現代社会をクールに、かつ痛烈に切り裂くメッセージ性の強い歌詞、どこをとっても今最強で最高のロック・バントの一つであるThe

  • BRINGING THE PAST TO THE FUTURE : 06 September 2019

    Music From Temple

    〈プログレッシヴ〉の捨象したものが蘇る
    83年福岡産自主制作プログレを聴く

    By Yuji Shibasaki

    これまで一般にというと、テクニカルな演奏、複雑な楽曲構成、壮大で主情的なメロディーといった要素ばかりが取り沙汰されてきたきらいがある。それを抽出することをもってとして(一部カンタベリー系やジャーマン・

  • FEATURES : 04 September 2019

    Bon Iver

    バラバラになった何かをつなぐ最後の希望
    ROTH BART BARON三船雅也が綴る『i, i』に向けられたどうしようもなく美しい物語

    By Masaya Mifune

    ボン・イヴェール『i, i』に寄せて—— “これは1人のアメリカ人の男が絶望と孤独の淵から回復し、戻ってくる物語だった” 美しい自然と、黒く清んだ川がある。ウィスコンシン、オークレア。ジョン・プライン

  • FEATURES : 03 September 2019

    Jay Som

    Jay Som『Anak Ko』から考える、アジアン・アメリカン女性による”私たちの音楽”としてのギター・ミュージック

    By Nami Igusa

    90年代のオルタナ・ロックというのはある種、サウンドの荒っぽさゆえ、雄々しいイメージとは不可分であることは否定できない。いや、もちろん、ピクシーズのキム・ディールやソニック・ユースのキム・ゴードンとい