FEATURES : 14 July 2017

Noname

A Female Poet Of Chicago That Also Attracts Chance the Rapper

By Yuta Sakauchi

FEATURES : 14 July 2017

Noname

A Female Poet Of Chicago That Also Attracts Chance the Rapper

By Yuta Sakauchi

チャンス・ザ・ラッパーをも魅了するシカゴの女性詩人
ノーネーム(NONAME)待望の来日公演に寄せて

10月7日 渋谷WWW Xにて待望の来日公演

 シカゴ出身の女性ラッパー/詩人、ノーネーム(NONAME)の来日公演が、10月7日に渋谷WWW Xにて行われる。はっきり言って待望の来日公演だ。《Twitter》のフィード上でこのニュースを見た時、思わず声を上げて驚いてしまった。

 ノーネームことファティマ・ワーナーは現在25歳(9月生まれなので、来日時には26歳になっている)。生まれはイリノイ州シカゴ。 彼女の名前が、ここ日本のリスナーを含めて広く知られるようになったきっかけが、昨年7月にリリースした初のミックステープ『Telefone』だ。愛らしいタッチと、髑髏を頭に載せた女性というモチーフのギャップが印象的なイラスト。そして、ネオソウルを現代風にアップデートしたようなジャジーで風通しの良いトラックに、ノーネームの独特のトーンのラップが乗るサウンドの新鮮さと、リリックで見せる鋭い洞察力と想像力。2016年の指折りの傑作として、多くのリスナーの記憶に残っただろう。

 彼女への注目に拍車を掛けたのが“チャンス・ザ・ラッパー周辺”というキーワードだった。ノーネームは『Telefone』と同年にリリースされた『カラーリング・ブック』をはじめ、ドニー・トランペット&ソーシャル・エクスペリメント名義の『Surf』(2015年)や、チャンスの出世作である『Acid Rap』(2013年)にも参加。さらに遡れば、チャンスと彼女は、シカゴのハロルド・ワシントン図書館をベースに展開される《YOUMedia》プロジェクトを通して、10代の頃から友情を育んだ、盟友とも呼ぶべき存在だ。ノーネームとコラボする地元のラッパーはチャンスだけではなく、同じくシカゴを中心に活動するミック・ジェンキンスやサバ(Saba)の作品にも彼女は参加。今やノーネームは、活況を呈するシカゴのラップ・シーンでも、最もユニークなアーティストの一人だと言えるだろう。

 そんな彼女のラップ・スタイルは、かなり独特。というか、本質的にはポエトリー・リーディングに近い。ラッパー毎にスタイルは千差万別とは言え、基本的にはトラック/ビートに対して、どのように言葉とフロウを乗せるか、そのセンスやパターンの豊富さ・複雑さが問われるラップの世界にあって、ノーネームは従来的な意味でのスキルを積極的に追求していないように見える。もっと言えば、彼女は現代のいわゆる“ラップ・ゲーム”的世界観からも、かなり遠い位置で活動しているようだ。彼女のそうした志向性は、前述の『Telefone』のアートワークや、そのファッション・スタイルにも反映されているのではないだろうか?(彼女自身は、ローリン・ヒル、ニーナ・シモン、トニ・モリスン、バディ・ガイ等を自身の創作のインスピレーション源に挙げている。)

 しかし、だからと言って、彼女が音楽(技術)的に優れていない、というわけでは断じてない。特に今年4月に公開された《NPR》の人気企画「Tiny Desk Concert」でのライブ映像は圧巻の一言。スムースでメロウなモダン・ファンク・サウンドの上を、スムースにフロウするノーネームのラップはリリカルであると同時に素晴らしく心地良い。「Tiny~」特有の親密な空間設計やオーディエンスの反応も相まって、この人気シリーズの中でも、ひときわ感動的な映像に仕上がっている。

 今回の来日はフル・バンドでのライブになるということで、その「Tiny~」のライブにも参加しているブライアン・サンボーン(ギター)、コナー・ベイカー(ドラムス)が参加。また、詳細は不明ながらキーボード奏者としてマイク・ニールなる人物も参加するそう。このメンバーは、先日行われたばかりの《North Sea Jazz 2017》にも参加した布陣のようで、現在のツアー・バンドということになるのだろう。バンドは今後も9月までライブが決まっており、10月の公演では、ツアーを通してさらに連携を深めた演奏に期待できるだろう。

 ところで、今回のノーネームの公演は、“(まだ)スタジオ・アルバムをリリースしていないアーティストの来日公演”ということになる。ご存知の通り、チャンス・ザ・ラッパーやその周辺のアーティスト達は、WEBやサブスクリプション・サービスを通して無料のミックステープという形で作品を公開し、そのプロモーション効果に期待しつつ、その他の収益で実際の活動費用をまかなう方針だ(ゆえにレコード会社とは契約しない)。

 ノーネームもまた、そうした活動スタイルに部分的に依拠しているわけだが、一方で、そうした活動サイクルに“日本でのライブ活動”というものが、どのように組み込まれて来るのか? が、今後の日本の洋楽文化における焦点の一つになりつつある。なにせ日本は、金額比でいまだに8割を(映像商品を含む)音楽ソフトが占める、世界随一のパッケージ大国。日本盤はおろか、CDさえリリースしていないノーネームの公演は、そうした状況における一つの試金石にもなるだろう。願わくば、一人でも多くの人と一緒に、先の「Tiny~」のコンサートのような、インティメイトな雰囲気に溢れたショウを見届けたい。(坂内優太)

Text By Yuta Sakauchi


WWW & WWW X Anniversaries 

NONAME

日程:2017年10月7日(土)
会場:渋谷 WWW X
出演:Noname
時間:open18:00 / start19:00  
料金:前売¥5,800(税込 / ドリンク代別 / オールスタンディング) 
問合:WWW X 03-5458-7688 
チケット:
 ●先行予約:7/1(土)10:00-7/9(日)23:59 ※先着
  受付URL:http://eplus.jp/noname17/
 ●一般発売:7/15(土)
  e+ / ローソンチケット / チケットぴあ / WWW店頭
公演詳細:http://www-shibuya.jp/schedule/007942.php 


MORE FEATURES

  • FEATURES : 17 February 2018

    Migos

    「Culture II」で進化させたミーゴスというエンターテインメント

    By Daichi Yamamoto

    今思えば「この世代のビートルズ」とはよく言ったものだ。昨年のゴールデン・グローブ賞でラッパー、チャイルディッシュ・ギャンビーノとしてもお馴染みドナルド・グローヴァーが自身のドラマ「アトランタ」の受賞ス

  • FEATURES : 14 February 2018

    Various Artists

    2018年はここにフォーカスせよ!
    今年注目のアーティスト、シーン、エリアを紹介 Vol.3

    By Shino Okamura / Yasuyuki Ono

    《TURN》筆者による今年2018年の注目を紹介する企画、最後となる第三弾は尾野泰幸と岡村詩野の“フォーカス”。ロックが聴こえる場所としてのUSとUKの今年のカギを握るのは誰か? そこで、多様性あるサ

  • INTERVIEWS : 13 February 2018

    Father John Misty

    目下来日ツアー中!
    ファーザー・ジョン・ミスティことジョシュア・ティルマンのアート現実論

    By Shino Okamura

    ファーザー・ジョン・ミスティ(FJM)の昨年リリースの最新作『ピュア・コメディ』は全米初登場10位を獲得している。そして、そのFJMことジョシュア・ティルマンがドラマーとして在籍していたこともあるフリ

  • FEATURES : 08 February 2018

    Various Artists

    2018年はここにフォーカスせよ!
    今年注目のアーティスト、シーン、エリアを紹介 Vol.2

    By Kohei Ueno / Daiki Takaku

    《TURN》筆者による今年2018年の注目を紹介する企画、第二弾は上野功平、高久大輝の“フォーカス”をお届けする。今回紹介するのはいわゆるメイン・ストリームとは異なるアナザー・アプローチ。今改めて着目

  • FEATURES : 01 February 2018

    Various Artists

    2018年はここにフォーカスせよ!
    今年注目のアーティスト、シーン、エリアを紹介 Vol.1

    By Yuta Sakauchi / Daichi Yamamoto

    前年度を総括する意味もあるグラミー賞の発表が今年も終了した。ブルーノ・マーズがノミネートされた年間最優秀レコード、年間最優秀アルバム、年間最優秀楽曲含む6部門全てで受賞するという快挙をなしとげた一方、

  • INTERVIEWS : 31 January 2018

    Superorganism

    Superorganism初来日公演直前!~日本を離れて暮らすオロノが語る、バンドのユニークさを形作るポップへの愛と野心

    By Daichi Yamamoto

    BBC、Rolling Stoneを始め多数のメディアから“今年/いま注目のアーティスト”として紹介され、フランク・オーシャンやヴァンパイア・ウィークエンドのエズラ・クーニグからも愛を受けるなど昨今の

  • FEATURES : 24 January 2018

    Grammy Awards

    第60回グラミー賞主要部門を大胆予想!
    ~ブラック・ミュージック主導の象徴となるか

    By Yuya Watanabe / Yuta Sakauchi / Daichi Yamamoto

    今年も世界中の音楽ファンの注目が集まるグラミー賞の授賞式が間近に迫ってきた。今回のノミネーションの何よりの話題は、主要部門のほとんどをブラック・ミュージック系のアーティストや作品が独占していることだろ

  • FEATURES : 25 December 2017

    Superorganism

    初来日公演決定! アルバム到着前に紐解くSuperorganismのあまりにも無邪気な真性ポップの断面

    By Daichi Yamamoto

    “ポップ”とは最も言葉で表現するのが難しいジャンルである。今の全米チャートを見てみたってラップを使ったものもあれば、ロックっぽいフォーマットのもの、昨今流行りのラテン系のものもあるし、今でこそ上位には