FEATURES : 14 July 2017

Noname

A Female Poet Of Chicago That Also Attracts Chance the Rapper

By Yuta Sakauchi

FEATURES : 14 July 2017

Noname

A Female Poet Of Chicago That Also Attracts Chance the Rapper

By Yuta Sakauchi

チャンス・ザ・ラッパーをも魅了するシカゴの女性詩人
ノーネーム(NONAME)待望の来日公演に寄せて

10月7日 渋谷WWW Xにて待望の来日公演

 シカゴ出身の女性ラッパー/詩人、ノーネーム(NONAME)の来日公演が、10月7日に渋谷WWW Xにて行われる。はっきり言って待望の来日公演だ。《Twitter》のフィード上でこのニュースを見た時、思わず声を上げて驚いてしまった。

 ノーネームことファティマ・ワーナーは現在25歳(9月生まれなので、来日時には26歳になっている)。生まれはイリノイ州シカゴ。 彼女の名前が、ここ日本のリスナーを含めて広く知られるようになったきっかけが、昨年7月にリリースした初のミックステープ『Telefone』だ。愛らしいタッチと、髑髏を頭に載せた女性というモチーフのギャップが印象的なイラスト。そして、ネオソウルを現代風にアップデートしたようなジャジーで風通しの良いトラックに、ノーネームの独特のトーンのラップが乗るサウンドの新鮮さと、リリックで見せる鋭い洞察力と想像力。2016年の指折りの傑作として、多くのリスナーの記憶に残っただろう。

 彼女への注目に拍車を掛けたのが“チャンス・ザ・ラッパー周辺”というキーワードだった。ノーネームは『Telefone』と同年にリリースされた『カラーリング・ブック』をはじめ、ドニー・トランペット&ソーシャル・エクスペリメント名義の『Surf』(2015年)や、チャンスの出世作である『Acid Rap』(2013年)にも参加。さらに遡れば、チャンスと彼女は、シカゴのハロルド・ワシントン図書館をベースに展開される《YOUMedia》プロジェクトを通して、10代の頃から友情を育んだ、盟友とも呼ぶべき存在だ。ノーネームとコラボする地元のラッパーはチャンスだけではなく、同じくシカゴを中心に活動するミック・ジェンキンスやサバ(Saba)の作品にも彼女は参加。今やノーネームは、活況を呈するシカゴのラップ・シーンでも、最もユニークなアーティストの一人だと言えるだろう。

 そんな彼女のラップ・スタイルは、かなり独特。というか、本質的にはポエトリー・リーディングに近い。ラッパー毎にスタイルは千差万別とは言え、基本的にはトラック/ビートに対して、どのように言葉とフロウを乗せるか、そのセンスやパターンの豊富さ・複雑さが問われるラップの世界にあって、ノーネームは従来的な意味でのスキルを積極的に追求していないように見える。もっと言えば、彼女は現代のいわゆる“ラップ・ゲーム”的世界観からも、かなり遠い位置で活動しているようだ。彼女のそうした志向性は、前述の『Telefone』のアートワークや、そのファッション・スタイルにも反映されているのではないだろうか?(彼女自身は、ローリン・ヒル、ニーナ・シモン、トニ・モリスン、バディ・ガイ等を自身の創作のインスピレーション源に挙げている。)

 しかし、だからと言って、彼女が音楽(技術)的に優れていない、というわけでは断じてない。特に今年4月に公開された《NPR》の人気企画「Tiny Desk Concert」でのライブ映像は圧巻の一言。スムースでメロウなモダン・ファンク・サウンドの上を、スムースにフロウするノーネームのラップはリリカルであると同時に素晴らしく心地良い。「Tiny~」特有の親密な空間設計やオーディエンスの反応も相まって、この人気シリーズの中でも、ひときわ感動的な映像に仕上がっている。

 今回の来日はフル・バンドでのライブになるということで、その「Tiny~」のライブにも参加しているブライアン・サンボーン(ギター)、コナー・ベイカー(ドラムス)が参加。また、詳細は不明ながらキーボード奏者としてマイク・ニールなる人物も参加するそう。このメンバーは、先日行われたばかりの《North Sea Jazz 2017》にも参加した布陣のようで、現在のツアー・バンドということになるのだろう。バンドは今後も9月までライブが決まっており、10月の公演では、ツアーを通してさらに連携を深めた演奏に期待できるだろう。

 ところで、今回のノーネームの公演は、“(まだ)スタジオ・アルバムをリリースしていないアーティストの来日公演”ということになる。ご存知の通り、チャンス・ザ・ラッパーやその周辺のアーティスト達は、WEBやサブスクリプション・サービスを通して無料のミックステープという形で作品を公開し、そのプロモーション効果に期待しつつ、その他の収益で実際の活動費用をまかなう方針だ(ゆえにレコード会社とは契約しない)。

 ノーネームもまた、そうした活動スタイルに部分的に依拠しているわけだが、一方で、そうした活動サイクルに“日本でのライブ活動”というものが、どのように組み込まれて来るのか? が、今後の日本の洋楽文化における焦点の一つになりつつある。なにせ日本は、金額比でいまだに8割を(映像商品を含む)音楽ソフトが占める、世界随一のパッケージ大国。日本盤はおろか、CDさえリリースしていないノーネームの公演は、そうした状況における一つの試金石にもなるだろう。願わくば、一人でも多くの人と一緒に、先の「Tiny~」のコンサートのような、インティメイトな雰囲気に溢れたショウを見届けたい。(坂内優太)

Text By Yuta Sakauchi


WWW & WWW X Anniversaries 

NONAME

日程:2017年10月7日(土)
会場:渋谷 WWW X
出演:Noname
時間:open18:00 / start19:00  
料金:前売¥5,800(税込 / ドリンク代別 / オールスタンディング) 
問合:WWW X 03-5458-7688 
チケット:
 ●先行予約:7/1(土)10:00-7/9(日)23:59 ※先着
  受付URL:http://eplus.jp/noname17/
 ●一般発売:7/15(土)
  e+ / ローソンチケット / チケットぴあ / WWW店頭
公演詳細:http://www-shibuya.jp/schedule/007942.php 


MORE FEATURES

  • FEATURES : 20 April 2018

    Courtney Barnett

    そしてコートニー・バーネットは、時代に色目を使わず時代に袖を振りながらも、時代の寵児としてのポップ・ソングライターになった

    By Shino Okamura / Kohei Ueno

    活動開始したタイミングこそ異なるが、セイント・ヴィンセントとコートニー・バーネットが現れなければ……いや、世界的に大成功を収めなければ、女性アーティストの在り方がこんなに捉え直されることもなかったので

  • FEATURES : 14 April 2018

    Courtney Barnett

    オーセンティックなグッド・ソングでぶっとばせ!
    ブリーダーズのディール姉妹も参加したコートニー・バーネット3年ぶりの新作を超早聴き激報

    By Shino Okamura

    確かに時代の主流からはまるきり離れた音楽だろう。オルタナ女子なんてコピーはレトロの産物でしかないかもしれない。そして実際、そこには、どうしようもなくロック、どうしようもなくグッド・ソング、というあまり

  • FEATURES : 11 April 2018

    Superorganism / BROCKHAMPTON

    Superorganismと
    BROCKHAMPTONが体現する
    ポップ・ミュージックにおける「二項対立」の無効化。
    その4つの理由とは?

    By Daichi Yamamoto

    2010年代のポップ・ミュージックを総括するとしたら? 「いま」、つまり2010年代の音楽は最高にエキサイティングだと感じてきたが、その理由は一体何……? これまでTURNで何度も取り上げてきたロンド

  • INTERVIEWS : 07 April 2018

    Charlotte Gainsbourg

    来日ツアー目前!
    シャルロット・ゲンズブールが語るセルジュとジェーン、音楽家としての苦悩と挑戦

    By Shino Okamura

    ブラッド・オレンジのデヴ・ハインズが出演するPV「Deadly Valentine」 シャルロット・ゲンズブールと音楽との関係を探っていく中で思い出すのは、ボブ・ディランの恋人役を演じていた映画『I&

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 03 April 2018

    Various Artists

    BEST TRACKS OF THE MONTH -March, 2018-

    By Shino Okamura / Yuta Sakauchi / Yasuyuki Ono / Nami Igusa / Daichi Yamamoto / Daiki Takaku

    Anderson .Paak – 「’Til It’s Over」 一言でいえば、フューチャー・ベース×ネオソウル。前者は、今やPerfumeも取り入れるEDM以降

  • FEATURES : 22 March 2018

    Mount Eerie

    来日ツアー直前! 海外メディアが軒並み最高評価を与える最新作『ナウ・オンリー』にみるフィル・エルヴラム a.k.a マウント・イアリの歌うこと、生き続けることの真理

    By Shino Okamura / Tsuyoshi Kizu

    「歌とは業なのか――最愛の人の死を前に歌の無力を呟いていたフィル・エルブラムは、しかし歌を作り続け、新しいアルバムを「僕はきみに歌う」という言葉で始める。もうこの世にいない人のために。 いまにも壊れそ

  • FEATURES : 21 March 2018

    Black Panther

    『Black Panther: The Album』〜繰り返される歴史に浮かび上がる足跡〜

    By Daiki Takaku

    3月1日、映画『ブラックパンサー』の公開日。渋谷にある映画館の夜9時半スタートの回は満席の劇場のほぼ半数を外国人(そのほとんどが黒人)が占めていた。上映中、彼らは素晴らしいシーンに躊躇なく歓声を上げ、

  • FEATURES : 10 March 2018

    Hookworms

    時代は動く。さらなる変化を始めたUKシーンの中で、Hookwormsの傑作『Microshift』はユニバーサルな視点を伝える。

    By Yuta Sakauchi

    時代がひと回り(正確には4分の3周りくらい?)したような感覚がある。イリギスのロックが元気になってきたと言われていて、新たなスターの登場を待ち望んでいる空気感がある。ちょうど良いタイミングでフランツ・