FEATURES : 26 March 2019

Nilüfer Yanya

"Freedom, Ever-Changing" A Solution To Modern Guitar Music Called Nilüfer Yanya, A Supernova In The UK Soul

By Nami Igusa

FEATURES : 26 March 2019

Nilüfer Yanya

"Freedom, Ever-Changing" A Solution To Modern Guitar Music Called Nilüfer Yanya, A Supernova In The UK Soul

By Nami Igusa

自由奔放、変幻自在。UKソウルの超新星、ニルファー・ヤンヤという現代のギター・ミュージックの解

ニルファー・ヤンヤには、文字通り、“新世代”という冠がふさわしい。もちろん、あらゆるジャンル、あらゆるシーンにおいて、そうした新世代と呼ばれるアーティストは常に出てくるもの。だが、ニルファー・ヤンヤをジャンルという概念で捉えるのは、そもそも難しい。彼女には、はじめからジャンルの壁などない。そして、この度リリースとなったデビュー・アルバム『Miss Universe』で、いよいよその真の姿が明らかとなった。

イギリス・ロンドン在住の23歳のニルファー・ヤンヤ。アーティスト・ネームだと思う人も多いだろうが、本名なのだという。トルコ系の父、バルバドス系の母を持つ彼女は、2016年にファースト・シングルをリリースし、2018年には英《BBC Sound Of 2018》の注目新人にも選ばれ、確実に知名度を高めてきた。そんな彼女に付けられたキャッチ・フレーズは、“UKソウルの新星”。なるほど、確かにこれまでのシングルやEPを聴く限りならば、そうだろう。アンビエンスを効かせた音像に、およそ年齢に似つかわしくないという意味でエイミー・ワインハウスやアデルをも思い浮かべる深みのあるヴォーカル、また米《ピッチフォーク》でベスト・ニュー・トラックを獲得した「Golden Cage」(2017年)のようなレイド・バック感のある楽曲が目立つことからも、その評価には頷ける。あえて喩えるならシャーデーが良いかもしれない。

だが、もう1つ、彼女には見逃せない側面がある。それは、これらの楽曲の骨格はすべてエレキ・ギターの弾き語りであることだ。彼女は、ギターという楽器に強いこだわりと愛着を抱いているアーティストでもあり、実際、自身の影響源として、ザ・ストロークスやザ・リバティーンズといったロック・バンドを挙げてもいるのだ。そして、このデビュー・アルバムの幕開けこそ、まさにそのことを象徴するものになっていると言っていいだろう。これまでの楽曲を知っているリスナーには意外かもしれないが、イントロ・トラックを経てまず耳に飛び込んでくるのは、それこそ2000年代前半のガレージ・ロック・リバイバル期のUKロックを思わせるノイジーなギターをかき鳴らしたロック・サウンドと、奔放に駆け回るヴォーカルを聴かせる「In Your Head」だ。そしてそこから続けざまに、分厚いギターをフィーチャーした楽曲がさらに2曲畳み掛けられる。

ただ、今作でのニルファー・ヤンヤの末恐ろしさというのは、あくまでこうしたインディー・ロック的なスタイルだけに留まることのない、その楽曲バラエティのあまりの自由自在さである。なおかつ、面白いのがそれらの楽曲の並べ方だ。よく聴くと、インタールードによって区切られたパートの中に近しいアレンジの楽曲を集め、かつそれぞれのインタールードが、次に続くパートをイメージさせる内容や曲調となっていることに気づかされる。上述の3曲の後は、ゴスペル風のコーラス(「Experience?」)が華やかでダンサブルでファンキーな楽曲を呼び込み、〈身体が溶けるほど気温が上がるでしょう〉(「Warning」)とのアナウンスが、ブリージングなドリーム・ポップ調の曲へと繋ぐ。さらに、レトロ・ゲーム風の8ビットのSE(「“Sparkle” GOD HELP ME」)に続いてエレクトロ・チューンが流れ、そして最後に、シングルやEPで聴かせてきたようなソウルフルなナンバーへと辿り着く。電話から聞こえてくるような、もしくはラジオのようなインタールードのサウンド(いずれも”WWAY HEALTH ™”という架空のセルフケア・プログラムからのメッセージという設定だ)も相まって、まるでアルバムが1つの番組のようでもあるし、あるいは扉絵のついたオムニバス小説のようにも思えてくる。

全17曲の中で、カメレオンのようにその姿を目まぐるしく変えていく、彼女の変幻自在すぎる楽曲の多様性は一見、アルバムというフォーマットとは相性が悪そうでもある。その課題に尽力したのはおそらく、今作のプロデュースを手掛けた、ジョン・コングルトンだろう。つい先頃までニルファーがツアーの前座を務めていたシャロン・ヴァン・エッテンしかり、インディー・ロックの女性ミュージシャンを洗練されたアーティストへと“エスコート”する手腕に定評のあるジョン・コングルトン。ニルファーに関しては、その魅力である奔放さを120%引き出したうえで、あえて逆手に取ることで、非常にコンセプチュアルな作品にまとめあげることに成功したのではないだろうか。

あたかも既存のカテゴライズなど意識したことがないかのようにごく自然に、ジャンルを横断し、今作ではエレクトロニックな曲で新境地も見せるニルファー・ヤンヤ。しかし、繰り返すようだが、彼女のソング・ライティングの中心にはギターがあるのだ。このギター・ミュージック不況の時代に、である。改めて聴いてみると、シンセや打ち込みのビートをふんだんに使った楽曲も多いが、それぞれの楽曲ごとにギターの音色を細やかに変え、ギター・パートをフィーチャーした部分もしっかりと盛り込んでいる。ギターという楽器はもう落ち目だと囁かれることが多い中、彼女の手にかかるとまるで魔法の筆のように、こんな風にカラフルに、様々な筆致で楽曲を描き出すのか、と嘆息させられるのだ。

そういえば、彼女の弾き語りの楽曲での、ルーム・リバーヴの少しかかったクリーン・トーンのギターは、フランク・オーシャンの「Self Control」にも少し似ている。またギターを生かしたR&B~ソウルという意味ではH.E.R.の「Carried Away」や、同じくロンドンの同世代であるキング・クルールにも共鳴しているようにも思える。そしてニルファー・ヤンヤは、ギター・ミュージックという範疇においては、そうした新世代の筆頭格にさえなり得る器ではないだろうか。彼女は、ソウルからのインディー・ロックへの呼びかけであり、かつインディー・ロックからソウルへの呼びかけである。なぜなら、今作を聴けばわかるように、そのいずれかを出自としてもう片方を取り入れたのではなくて、彼女の中ではそれらは初めから一緒に存在していたはずだからだ。つまりは、ニルファー・ヤンヤという存在と彼女の音楽こそ、このギター・ミュージックの暗黒期に私たちが長らく待ちわびていた、ひとつの解なのである。(井草七海)

■Nilüfer Yanya Official Site
http://www.niluferyanya.com/

■ホステス・エンターテイメント内アーティスト情報
http://hostess.co.jp/artists/niluferyanya/

Text By Nami Igusa


Nilüfer Yanya

Miss Universe

LABEL : ATO Records/ Hostess Entertainment
■amazon商品ページはこちら


MORE FEATURES

  • INTERVIEWS : 19 April 2019

    Gus Dapperton

    「ガス・ダパートンは僕自身であり再創造するためのレーベル」
    ニューヨークの新たなポップ・アイコンがついにアルバム・デビュー!

    By Kei Sugiyama

    ガス・ダパートンをご存じだろうか。もしご存じないのであれば、まずは下のリンクにあるMVを見ていただきたい。クールな佇まいとユニークな踊り、口ずさみたくなるサビのリフレインに惹きつけられ、僕らはこの楽し

  • INTERVIEWS : 19 April 2019

    Fat White Family

    “サウス・ロンドンの狂犬”はいかにして、変化を恐れず真摯に音楽に向き合うバンドになったのか?

    By Eri Mokutani

    2年前、映画『T2トレインスポッティング』の劇中音楽(サントラ)に「Whitest Boy On The Beach」が採用されたことで話題にもなったファット・ホワイト・ファミリー(以下、FWF)。し

  • INTERVIEWS : 15 April 2019

    Galen Ayers

    スペインの風土、日本の文化を愛した故ケヴィン・エアーズへ―― 愛娘ギャレンから届けられた初のアルバムは歌を通じた父へのラブレター

    By Yasuo Murao

    UKプログレの聖地、カンタベリー・シーンのキーパーソンであり、世界中を放浪しながら歌を紡いだシンガー・ソングライター、ケヴィン・エアーズ。そんな吟遊詩人の血を受け継いで、父親と同じようにシンガー・ソン

  • INTERVIEWS : 12 April 2019

    Bibio

    ビビオが語るニュー・アルバム『リボンズ』~時代・国・シーンを越えて喚起する、シネマティックなノスタルジー

    By Nami Igusa

    ニューアルバム『リボンズ』はビビオのキャリアの中でも最も映像的と言っても過言ではない。青々とした木々、きらめく川の流れ、あるいは傾く日の柔らかな光…そんな情景がありありと目に浮かんできそうだ。フィール

  • BEST EVER TV SERIES : 11 April 2019

    Netflix

    フロントマンよりリズム隊派にオススメな過酷な戦いを描くF1ドキュメンタリー

    By Hiroko Aizawa

    Netflixはオリジナルドラマや映画が次々にリリースされるので、正直時々どれから観ればいいのかわからない!とイライラすることもある。また、ドラマの場合は1シーズンに8話以上はあるし、長いシリーズもの

  • FEATURES : 09 April 2019

    PAR STORE

    シャムキャッツ菅原慎一が訪ねる新たな台北の遊び場《PAR STORE》
    ~ex透明雑誌・洪申豪(モンキー)が作った理想のスペースとは?

    By Shinichi Sugawara

    シャムキャッツのギタリスト/ソングライターの菅原慎一が、いつのまにか東アジアのインディー・ポップに夢中になっている。もともとがリスナー気質の強い菅原だが、シャムキャッツとして台湾公演を行い暖かいオーデ

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 06 April 2019

    Various Artists

    BEST TRACKS OF THE MONTH -March, 2019-

    By Shino Okamura / Kei Sugiyama / Nami Igusa / Koki Kato / Yasuyuki Ono / Daiki Takaku / Eri Mokutani

    Faye Webster – 「Room Temperature」 マック・デマルコ「Chmaber of Reflection」がドリーミーに夜を想わせるなら、フェイ・ウェブスター「Ro

  • BRINGING THE PAST TO THE FUTURE : 04 April 2019

    キングコングパラダイス

    既存の音楽地図を引き破る、脱ジャンル的秘宝盤

    By Yuji Shibasaki

    1976年開催の第12回ヤマハポプコンに出場し、「朝が来ないうちに」で優秀曲賞を受賞、翌年東宝レコード傘下の《TAM》よりファースト・アルバム『トーキング・アバウト福生』でメジャー・デビューしたファン