FEATURES : 26 March 2019

Nilüfer Yanya

"Freedom, Ever-Changing" A Solution To Modern Guitar Music Called Nilüfer Yanya, A Supernova In The UK Soul

By Nami Igusa

FEATURES : 26 March 2019

Nilüfer Yanya

"Freedom, Ever-Changing" A Solution To Modern Guitar Music Called Nilüfer Yanya, A Supernova In The UK Soul

By Nami Igusa

自由奔放、変幻自在。UKソウルの超新星、ニルファー・ヤンヤという現代のギター・ミュージックの解

ニルファー・ヤンヤには、文字通り、“新世代”という冠がふさわしい。もちろん、あらゆるジャンル、あらゆるシーンにおいて、そうした新世代と呼ばれるアーティストは常に出てくるもの。だが、ニルファー・ヤンヤをジャンルという概念で捉えるのは、そもそも難しい。彼女には、はじめからジャンルの壁などない。そして、この度リリースとなったデビュー・アルバム『Miss Universe』で、いよいよその真の姿が明らかとなった。

イギリス・ロンドン在住の23歳のニルファー・ヤンヤ。アーティスト・ネームだと思う人も多いだろうが、本名なのだという。トルコ系の父、バルバドス系の母を持つ彼女は、2016年にファースト・シングルをリリースし、2018年には英《BBC Sound Of 2018》の注目新人にも選ばれ、確実に知名度を高めてきた。そんな彼女に付けられたキャッチ・フレーズは、“UKソウルの新星”。なるほど、確かにこれまでのシングルやEPを聴く限りならば、そうだろう。アンビエンスを効かせた音像に、およそ年齢に似つかわしくないという意味でエイミー・ワインハウスやアデルをも思い浮かべる深みのあるヴォーカル、また米《ピッチフォーク》でベスト・ニュー・トラックを獲得した「Golden Cage」(2017年)のようなレイド・バック感のある楽曲が目立つことからも、その評価には頷ける。あえて喩えるならシャーデーが良いかもしれない。

だが、もう1つ、彼女には見逃せない側面がある。それは、これらの楽曲の骨格はすべてエレキ・ギターの弾き語りであることだ。彼女は、ギターという楽器に強いこだわりと愛着を抱いているアーティストでもあり、実際、自身の影響源として、ザ・ストロークスやザ・リバティーンズといったロック・バンドを挙げてもいるのだ。そして、このデビュー・アルバムの幕開けこそ、まさにそのことを象徴するものになっていると言っていいだろう。これまでの楽曲を知っているリスナーには意外かもしれないが、イントロ・トラックを経てまず耳に飛び込んでくるのは、それこそ2000年代前半のガレージ・ロック・リバイバル期のUKロックを思わせるノイジーなギターをかき鳴らしたロック・サウンドと、奔放に駆け回るヴォーカルを聴かせる「In Your Head」だ。そしてそこから続けざまに、分厚いギターをフィーチャーした楽曲がさらに2曲畳み掛けられる。

ただ、今作でのニルファー・ヤンヤの末恐ろしさというのは、あくまでこうしたインディー・ロック的なスタイルだけに留まることのない、その楽曲バラエティのあまりの自由自在さである。なおかつ、面白いのがそれらの楽曲の並べ方だ。よく聴くと、インタールードによって区切られたパートの中に近しいアレンジの楽曲を集め、かつそれぞれのインタールードが、次に続くパートをイメージさせる内容や曲調となっていることに気づかされる。上述の3曲の後は、ゴスペル風のコーラス(「Experience?」)が華やかでダンサブルでファンキーな楽曲を呼び込み、〈身体が溶けるほど気温が上がるでしょう〉(「Warning」)とのアナウンスが、ブリージングなドリーム・ポップ調の曲へと繋ぐ。さらに、レトロ・ゲーム風の8ビットのSE(「“Sparkle” GOD HELP ME」)に続いてエレクトロ・チューンが流れ、そして最後に、シングルやEPで聴かせてきたようなソウルフルなナンバーへと辿り着く。電話から聞こえてくるような、もしくはラジオのようなインタールードのサウンド(いずれも”WWAY HEALTH ™”という架空のセルフケア・プログラムからのメッセージという設定だ)も相まって、まるでアルバムが1つの番組のようでもあるし、あるいは扉絵のついたオムニバス小説のようにも思えてくる。

全17曲の中で、カメレオンのようにその姿を目まぐるしく変えていく、彼女の変幻自在すぎる楽曲の多様性は一見、アルバムというフォーマットとは相性が悪そうでもある。その課題に尽力したのはおそらく、今作のプロデュースを手掛けた、ジョン・コングルトンだろう。つい先頃までニルファーがツアーの前座を務めていたシャロン・ヴァン・エッテンしかり、インディー・ロックの女性ミュージシャンを洗練されたアーティストへと“エスコート”する手腕に定評のあるジョン・コングルトン。ニルファーに関しては、その魅力である奔放さを120%引き出したうえで、あえて逆手に取ることで、非常にコンセプチュアルな作品にまとめあげることに成功したのではないだろうか。

あたかも既存のカテゴライズなど意識したことがないかのようにごく自然に、ジャンルを横断し、今作ではエレクトロニックな曲で新境地も見せるニルファー・ヤンヤ。しかし、繰り返すようだが、彼女のソング・ライティングの中心にはギターがあるのだ。このギター・ミュージック不況の時代に、である。改めて聴いてみると、シンセや打ち込みのビートをふんだんに使った楽曲も多いが、それぞれの楽曲ごとにギターの音色を細やかに変え、ギター・パートをフィーチャーした部分もしっかりと盛り込んでいる。ギターという楽器はもう落ち目だと囁かれることが多い中、彼女の手にかかるとまるで魔法の筆のように、こんな風にカラフルに、様々な筆致で楽曲を描き出すのか、と嘆息させられるのだ。

そういえば、彼女の弾き語りの楽曲での、ルーム・リバーヴの少しかかったクリーン・トーンのギターは、フランク・オーシャンの「Self Control」にも少し似ている。またギターを生かしたR&B~ソウルという意味ではH.E.R.の「Carried Away」や、同じくロンドンの同世代であるキング・クルールにも共鳴しているようにも思える。そしてニルファー・ヤンヤは、ギター・ミュージックという範疇においては、そうした新世代の筆頭格にさえなり得る器ではないだろうか。彼女は、ソウルからのインディー・ロックへの呼びかけであり、かつインディー・ロックからソウルへの呼びかけである。なぜなら、今作を聴けばわかるように、そのいずれかを出自としてもう片方を取り入れたのではなくて、彼女の中ではそれらは初めから一緒に存在していたはずだからだ。つまりは、ニルファー・ヤンヤという存在と彼女の音楽こそ、このギター・ミュージックの暗黒期に私たちが長らく待ちわびていた、ひとつの解なのである。(井草七海)

■Nilüfer Yanya Official Site
http://www.niluferyanya.com/

■ホステス・エンターテイメント内アーティスト情報
http://hostess.co.jp/artists/niluferyanya/

Text By Nami Igusa


Nilüfer Yanya

Miss Universe

LABEL : ATO Records/ Hostess Entertainment
■amazon商品ページはこちら


MORE FEATURES

  • INTERVIEWS : 22 August 2019

    Joey Dosik

    1つの扉やチャンスが閉じられてしまっても他の扉が開かれる
    ジョーイ・ドーシックが語るLAシーンの無限の可能性

    By Koki Kato

    ジョーイ・ドーシックという人といると誰もがわくわくする。取材の前々日に《ブルックリンパーラー新宿》で行われたソロ・ライブ、取材後に観た《ブルーノート東京》でのバンドセットも、2016年に代官山《晴れた

  • INTERVIEWS : 21 August 2019

    Young-G

    日本でヒップホップをやることはタイからみたら一種のルークトゥン
    Young-Gが魅了された一過性のブームでは掬いきれないタイの音楽の魅力とは?

    By Daiki Takaku

    「今アジアの音楽が熱い」最近そんな言葉をよく耳にするが、山梨県旧一宮町を拠点として活動するヒップホップ・ユニット、stillichimiyaのMC、ビートメイカーとして知られるYoung-Gは、One

  • INTERVIEWS : 16 August 2019

    Juu & G. Jee

    アジア・レペゼンの現在を伝えるタイと日本の刺激的な連帯
    Juuが語る自身の生い立ち、そしてタイの今

    By Shino Okamura

    もしかすると、今ほど新旧さまざまなアジアの音楽が注目され、その多様な作品、アーティストが広く聴かれている時代も過去になかったのではないかと思う。いや、過去にもちょっとしたアジア・ブームがあっただろう。

  • INTERVIEWS : 13 August 2019

    The Bird And The Bee

    ザ・バード・アンド・ザ・ビー流ヴァン・ヘイレンのススメ
    イナラ・ジョージが語るポップ・ミュージック進化論

    By Shino Okamura

    はっきり言おう。イナラ・ジョージとグレッグ・カースティンの二人は、目立って評価される機会こそ少ないが、アメリカの現在の音楽の現場で人間交差点的な役割を果たしている重要人物だ。90年代から裏方として活動

  • FEATURES : 13 August 2019

    Foals

    サマーソニック出演目前!享楽とシリアスの融合の軌跡
    フォールズ全アルバム・ディスク・ガイド

    By Masashi Yuno / Kei Sugiyama / Daichi Yamamoto / Hiroko Aizawa / Eri Mokutani

    《サマーソニック ’19》出演までいよいよカウントダウン! そこで、フォールズを紐解くAtoZ、最新ライヴ・レポートに続き、今回は彼らのこれまでの作品を1枚ずつ振り返ってみよう。 ダンサブ

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 08 August 2019

    Haim / Wilco / SAGO SAID / 蓮沼執太 / Dabeull / Rude Jude / Rayland Baxter / Angel Olsen / Lulileela

    BEST TRACKS OF THE MONTH – July, 2019

    By Sayuki Yoshida / Dreamy Deka / Shino Okamura / Kei Sugiyama / Daichi Yamamoto / Nami Igusa / Koki Kato / Sinpei Kido

    Angel Olsen – 「All Mirrors」 比類なきその声に対峙できるのはオーケストラだったということか。前作『My Woman』(2016年)からほとんど新曲らしい新曲もない

  • BRINGING THE PAST TO THE FUTURE : 08 August 2019

    『Digital Kabar"Electronic Maloya From La Reunion Since 1980"』

    文化混交と多様性の称揚
    レユニオン島の「エレクトロニック・マロヤ」を聴く

    By Yuji Shibasaki

    マダガスカルから約800km東のインド洋上に浮かぶ島、フランス海外県レユニオン。サトウキビ生産を主要産業とするこの小さな島の名は、海外文学に明るい方ならあのミシェル・ウエルベックの出身地としても知って

  • FEATURES : 08 August 2019

    Fuji Rock Festival

    《フジロック・フェスティバル ’19》ライヴ&フォト・レポート

    By Makoto Watanabe / Daichi Yamamoto / Hiroko Aizawa / Eri Mokutani

    23回目を迎えた《フジロック・フェスティバル’19》。7月27日は台風6号の影響で一部プログラムに変更が生じたものの、26日の前夜祭から延べ4日間で130,000人(主催者発表)が来場して