FEATURES : 25 July 2017

LCD Soundsystem

James Murphy 's Ambition and Passion Revive for Pop Music

By Tetsuya Sakamoto

FEATURES : 25 July 2017

LCD Soundsystem

James Murphy 's Ambition and Passion Revive for Pop Music

By Tetsuya Sakamoto

今、なぜ
ポップ・ミュージックに対して再び沸き起こるジェームズ・マーフィーの野心と情熱

7年振りのフジロック・フェスティバル出演直前! もう一度ポップ・フィールドに殴り込みをかけるLCD Soundsystemを目撃せよ

 LCDサウンドシステムは、今思うと、一つの偶然によって生まれたバンドだったように思える。ジェームズ・マーフィーがティム・ゴールズワージーと共に始め、2000年代半ばのニュー・エレクトロやポスト・パンク・リヴァイヴァルといった流れの震源地となったレーベル《DFA》のいわば看板バンドであったザ・ラプチャーが《DFA》から離脱しなければ、LCDサウンドシステムはバンドとして活動を本格化させることなどなく、細々と12インチのダンス・トラックや7インチのパンク・ソングを作り続けている地味なバンドだったのかもしれないのだ。

 だが、LCDサウンドシステムはたとえそれがハプニングから起こったものであるにしても、3枚の素晴らしいポップ・アルバムを作り上げた。彼らの楽曲からは確かにイギー・ポップのようなパンクやトーキング・ヘッズのようなニュー・ウェーヴへの愛情が感じられるが、決してその文脈だけに回収されない豊穣な音楽的背景があった。アーサー・ラッセルからは弦楽器やパーカッションの響きを、カンやノイ!からは力強いハンマービートを、ダフト・パンクやペーパークリップ・ピープルからはダンス・ミュージックの快楽性を、ブライアン・イーノからはアブストラクトなアンビエントとポップ・ミュージックを往還するユーモアを受け継ぎ、生演奏とエレクトロニクスによる隙のないバンド・サウンドで、見事なポップ・ソングに昇華させたのだ。そしてその作り込まれたサウンド・プロダクションからは、ファレル・ウイリアムスやアウトキャスト、ジャスティン・ティンバーレイクに対抗してやろうとする野心を感じ取ることもできた。そんな彼らの精神は、アーケード・ファイアやザ・ナショナル、スプーンといったバンドにとっても一つの道標になったように思える。

 そんなLCDサウンドシステムが再結成した。しかも、ライヴ・ツアーを始め、新曲を発表し、9月にはニュー・アルバム『アメリカン・ドリーム』のリリースも予定されているーーこんなこと誰が予想しただろう。ビートルズの『アビー・ロード』のような『ディス・イズ・ハプニング』は完璧な幕引きのように思えたし、それゆえもう再結成など望めないだろうし、望むものでもないと思っていた。だが、現実にジェームズ・マーフィーはLCDサウンドシステムを再びバンドとして機能させようとしている。それは我々にとっては予期せぬアクシデントであるのかもしれない。

 しかしながら、バンドにとってはそうではないのではないだろうか。先日唐突に発表された「コール・ザ・ポリス/アメリカン・ドリーム」の、ノイ!のようなリズムに推進力があるクラウト・ロックとデヴィッド・ボウイのベルリン三部作を想起させる、削ぎ落とされたミニマルなホワイト・ファンク・サウンドは、一聴するだけだと彼らの代表曲である「オール・マイ・フレンズ」などを思い起こすかもしれない。だが、繰り返し聴くと、彼らのサウンドの特徴でもあったエレクトロニクスと生楽器による洗練さと生々しさがギリギリのバランスで共存しているプロダクションがより精緻になり、それによるダイナミズムがさらに増していることに気づかされるだろう。それは彼らが、再びレコードというコミュニケーション装置を媒介にして、ポップ・ミュージックに対する論争を起こそうという野心の表れであるように思える。もしかすると、フランク・オーシャンやケンドリック・ラマーが自らの素直な本音を洗練されたサウンド・プロダクションによって伝える優れた作品を作り上げたことも、少なからず影響を受けているのかもしれない。ともあれ、このシングルで彼らは過去にケリをつけ、明確な意思を持って再結成を宣言したのだ。

 そんな彼らが7年振りにフジロックのステージに戻ってくる。2010年のバンドに一度終止符を打つ前の、あまりにも感動的なパフォーマンスは筆者にとっても忘れなれないライヴ体験だったが、そのことは一旦忘れてしまっていい。今週末我々が目撃するのは、もう一度ポップ・フィールドに殴り込みをかける彼らの若くはないが、新しく、逞しい姿なのだから。(坂本哲哉)

Text By Tetsuya Sakamoto


FUJI ROCK FESTIVAL ’17

07.29(Sat) WHITE STAGE

■LCD Soundsystem Official Site
https://lcdsoundsystem.com/

■Sony Music内 アーティスト情報
http://www.sonymusic.co.jp/artist/lcdsoundsystem/


MORE FEATURES

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 10 May 2018

    Various Artists

    BEST TRACKS OF THE MONTH -April, 2018-

    By Shino Okamura / Yuta Sakauchi / Yasuyuki Ono / Nami Igusa / Daichi Yamamoto / Shinpei Horita / Hiroko Aizawa / Daiki Takaku

    Ben Vince – 「What I Can See (feat. Micachu)」 揺らぐように浮遊するサクソフォンの音色とサイケデリックなエフェクトが施されたヴォーカルが絡み合いな

  • FEATURES : 27 April 2018

    Loyle Carner

    初来日決定! アイデンティティの漂泊のもたらす包容力~エリアもシーンも背負わない、ロイル・カーナーの温かな新しい感性

    By Nami Igusa

    ロイル・カーナーを初めて聴いて、イギリスの新進気鋭のラッパーだと即座にイメージするのは至難の業かもしれない。なにせ彼の楽曲は、現行のラップ・ミュージック・シーンのそれとは別の次元に存在しているのだ。サ

  • FEATURES : 20 April 2018

    Courtney Barnett

    そしてコートニー・バーネットは、時代に色目を使わず時代に袖を振りながらも、時代の寵児としてのポップ・ソングライターになった

    By Shino Okamura / Kohei Ueno

    活動開始したタイミングこそ異なるが、セイント・ヴィンセントとコートニー・バーネットが現れなければ……いや、世界的に大成功を収めなければ、女性アーティストの在り方がこんなに捉え直されることもなかったので

  • FEATURES : 14 April 2018

    Courtney Barnett

    オーセンティックなグッド・ソングでぶっとばせ!
    ブリーダーズのディール姉妹も参加したコートニー・バーネット3年ぶりの新作を超早聴き激報

    By Shino Okamura

    確かに時代の主流からはまるきり離れた音楽だろう。オルタナ女子なんてコピーはレトロの産物でしかないかもしれない。そして実際、そこには、どうしようもなくロック、どうしようもなくグッド・ソング、というあまり

  • FEATURES : 11 April 2018

    Superorganism / BROCKHAMPTON

    Superorganismと
    BROCKHAMPTONが体現する
    ポップ・ミュージックにおける「二項対立」の無効化。
    その4つの理由とは?

    By Daichi Yamamoto

    2010年代のポップ・ミュージックを総括するとしたら? 「いま」、つまり2010年代の音楽は最高にエキサイティングだと感じてきたが、その理由は一体何……? これまでTURNで何度も取り上げてきたロンド

  • INTERVIEWS : 07 April 2018

    Charlotte Gainsbourg

    来日ツアー目前!
    シャルロット・ゲンズブールが語るセルジュとジェーン、音楽家としての苦悩と挑戦

    By Shino Okamura

    ブラッド・オレンジのデヴ・ハインズが出演するPV「Deadly Valentine」 シャルロット・ゲンズブールと音楽との関係を探っていく中で思い出すのは、ボブ・ディランの恋人役を演じていた映画『I&

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 03 April 2018

    Various Artists

    BEST TRACKS OF THE MONTH -March, 2018-

    By Shino Okamura / Yuta Sakauchi / Yasuyuki Ono / Nami Igusa / Daichi Yamamoto / Daiki Takaku

    Anderson .Paak – 「’Til It’s Over」 一言でいえば、フューチャー・ベース×ネオソウル。前者は、今やPerfumeも取り入れるEDM以降

  • FEATURES : 22 March 2018

    Mount Eerie

    来日ツアー直前! 海外メディアが軒並み最高評価を与える最新作『ナウ・オンリー』にみるフィル・エルヴラム a.k.a マウント・イアリの歌うこと、生き続けることの真理

    By Shino Okamura / Tsuyoshi Kizu

    「歌とは業なのか――最愛の人の死を前に歌の無力を呟いていたフィル・エルブラムは、しかし歌を作り続け、新しいアルバムを「僕はきみに歌う」という言葉で始める。もうこの世にいない人のために。 いまにも壊れそ