FEATURES : 25 July 2017

LCD Soundsystem

James Murphy 's Ambition and Passion Revive for Pop Music

By Tetsuya Sakamoto

FEATURES : 25 July 2017

LCD Soundsystem

James Murphy 's Ambition and Passion Revive for Pop Music

By Tetsuya Sakamoto

今、なぜ
ポップ・ミュージックに対して再び沸き起こるジェームズ・マーフィーの野心と情熱

7年振りのフジロック・フェスティバル出演直前! もう一度ポップ・フィールドに殴り込みをかけるLCD Soundsystemを目撃せよ

 LCDサウンドシステムは、今思うと、一つの偶然によって生まれたバンドだったように思える。ジェームズ・マーフィーがティム・ゴールズワージーと共に始め、2000年代半ばのニュー・エレクトロやポスト・パンク・リヴァイヴァルといった流れの震源地となったレーベル《DFA》のいわば看板バンドであったザ・ラプチャーが《DFA》から離脱しなければ、LCDサウンドシステムはバンドとして活動を本格化させることなどなく、細々と12インチのダンス・トラックや7インチのパンク・ソングを作り続けている地味なバンドだったのかもしれないのだ。

 だが、LCDサウンドシステムはたとえそれがハプニングから起こったものであるにしても、3枚の素晴らしいポップ・アルバムを作り上げた。彼らの楽曲からは確かにイギー・ポップのようなパンクやトーキング・ヘッズのようなニュー・ウェーヴへの愛情が感じられるが、決してその文脈だけに回収されない豊穣な音楽的背景があった。アーサー・ラッセルからは弦楽器やパーカッションの響きを、カンやノイ!からは力強いハンマービートを、ダフト・パンクやペーパークリップ・ピープルからはダンス・ミュージックの快楽性を、ブライアン・イーノからはアブストラクトなアンビエントとポップ・ミュージックを往還するユーモアを受け継ぎ、生演奏とエレクトロニクスによる隙のないバンド・サウンドで、見事なポップ・ソングに昇華させたのだ。そしてその作り込まれたサウンド・プロダクションからは、ファレル・ウイリアムスやアウトキャスト、ジャスティン・ティンバーレイクに対抗してやろうとする野心を感じ取ることもできた。そんな彼らの精神は、アーケード・ファイアやザ・ナショナル、スプーンといったバンドにとっても一つの道標になったように思える。

 そんなLCDサウンドシステムが再結成した。しかも、ライヴ・ツアーを始め、新曲を発表し、9月にはニュー・アルバム『アメリカン・ドリーム』のリリースも予定されているーーこんなこと誰が予想しただろう。ビートルズの『アビー・ロード』のような『ディス・イズ・ハプニング』は完璧な幕引きのように思えたし、それゆえもう再結成など望めないだろうし、望むものでもないと思っていた。だが、現実にジェームズ・マーフィーはLCDサウンドシステムを再びバンドとして機能させようとしている。それは我々にとっては予期せぬアクシデントであるのかもしれない。

 しかしながら、バンドにとってはそうではないのではないだろうか。先日唐突に発表された「コール・ザ・ポリス/アメリカン・ドリーム」の、ノイ!のようなリズムに推進力があるクラウト・ロックとデヴィッド・ボウイのベルリン三部作を想起させる、削ぎ落とされたミニマルなホワイト・ファンク・サウンドは、一聴するだけだと彼らの代表曲である「オール・マイ・フレンズ」などを思い起こすかもしれない。だが、繰り返し聴くと、彼らのサウンドの特徴でもあったエレクトロニクスと生楽器による洗練さと生々しさがギリギリのバランスで共存しているプロダクションがより精緻になり、それによるダイナミズムがさらに増していることに気づかされるだろう。それは彼らが、再びレコードというコミュニケーション装置を媒介にして、ポップ・ミュージックに対する論争を起こそうという野心の表れであるように思える。もしかすると、フランク・オーシャンやケンドリック・ラマーが自らの素直な本音を洗練されたサウンド・プロダクションによって伝える優れた作品を作り上げたことも、少なからず影響を受けているのかもしれない。ともあれ、このシングルで彼らは過去にケリをつけ、明確な意思を持って再結成を宣言したのだ。

 そんな彼らが7年振りにフジロックのステージに戻ってくる。2010年のバンドに一度終止符を打つ前の、あまりにも感動的なパフォーマンスは筆者にとっても忘れなれないライヴ体験だったが、そのことは一旦忘れてしまっていい。今週末我々が目撃するのは、もう一度ポップ・フィールドに殴り込みをかける彼らの若くはないが、新しく、逞しい姿なのだから。(坂本哲哉)

Text By Tetsuya Sakamoto


FUJI ROCK FESTIVAL ’17

07.29(Sat) WHITE STAGE

■LCD Soundsystem Official Site
https://lcdsoundsystem.com/

■Sony Music内 アーティスト情報
http://www.sonymusic.co.jp/artist/lcdsoundsystem/


MORE FEATURES

  • INTERVIEWS : 17 September 2019

    川本真琴&山本精一

    対談:川本真琴 × 山本精一
    「いろいろな曲がたくさん聴ける雑誌のようなアルバムにしたかった」

    By Shino Okamura

    悪いけど私はデビューした時から川本真琴のファンだ。だからわかる。彼女は決して衝動だけのアーティストなんかじゃないってことが。 それに気づいたのは、もう今から20年くらい前、彼女の正式なライヴとしてはお

  • INTERVIEWS : 16 September 2019

    Give me little more / MARKING RECORDS

    感度の高いショップが密集する城下町・松本のインディー文化
    カギを握る2軒の人気ショップ店主に訊く

    By Dreamy Deka

    サブスクリプション・サービスの普及と巨大フェスの定着によって、ぱっと見では隆盛を極めているようにも見える音楽シーン。洋楽・邦楽のメインストリームが盛り上がるのはもちろん素晴らしいことだけど、クラウドサ

  • FEATURES : 13 September 2019

    Belle And Sebastian

    映画と漫画と音楽から届いた手紙、私たちが過去を物語る理由

    By Koki Kato

    2020年公開予定の映画『Days Of The Bagnold Summer』のサウンドトラックがベル・アンド・セバスチャンの新作だという。誰かの過去について描くことで完成した新作、というべきだろう

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 08 September 2019

    Foals / Thom Yorke / Flea / Tohji / Alessia Cara / DIIV / The 1975 / South Penguin / Spinning Coin / First Aid Kit / Konradsen / 折坂悠太 / Oliver Tree

    BEST TRACKS OF THE MONTH – August, 2019

    By Hitoshi Abe / Si_Aerts / Sayuki Yoshida / Dreamy Deka / Shino Okamura / Kei Sugiyama / Daiki Takaku / Koki Kato / Hiroko Aizawa / Eri Mokutani

    The 1975 – 「People」 スタイリッシュでポップ、現代社会をクールに、かつ痛烈に切り裂くメッセージ性の強い歌詞、どこをとっても今最強で最高のロック・バントの一つであるThe

  • BRINGING THE PAST TO THE FUTURE : 06 September 2019

    Music From Temple

    〈プログレッシヴ〉の捨象したものが蘇る
    83年福岡産自主制作プログレを聴く

    By Yuji Shibasaki

    これまで一般にというと、テクニカルな演奏、複雑な楽曲構成、壮大で主情的なメロディーといった要素ばかりが取り沙汰されてきたきらいがある。それを抽出することをもってとして(一部カンタベリー系やジャーマン・

  • FEATURES : 04 September 2019

    Bon Iver

    バラバラになった何かをつなぐ最後の希望
    ROTH BART BARON三船雅也が綴る『i, i』に向けられたどうしようもなく美しい物語

    By Masaya Mifune

    ボン・イヴェール『i, i』に寄せて—— “これは1人のアメリカ人の男が絶望と孤独の淵から回復し、戻ってくる物語だった” 美しい自然と、黒く清んだ川がある。ウィスコンシン、オークレア。ジョン・プライン

  • FEATURES : 03 September 2019

    Jay Som

    Jay Som『Anak Ko』から考える、アジアン・アメリカン女性による”私たちの音楽”としてのギター・ミュージック

    By Nami Igusa

    90年代のオルタナ・ロックというのはある種、サウンドの荒っぽさゆえ、雄々しいイメージとは不可分であることは否定できない。いや、もちろん、ピクシーズのキム・ディールやソニック・ユースのキム・ゴードンとい

  • FEATURES : 01 September 2019

    Blindspotting

    映画『ブラインドスポッティング』が教えてくれる、“盲点をなくすことはできない”というスタート地点

    By Daiki Takaku

    “信念バイアス”、“行為者・観察者バイアス”a.k.a.”責任転嫁ゲーム”、そして“ルビンの壺”。主人公コリンと、そのドレッドを編む元彼女ヴァルとの会話(心理学用語の暗記中)で登場するこれらの言葉は本