FEATURES : 25 July 2017

LCD Soundsystem

James Murphy 's Ambition and Passion Revive for Pop Music

By Tetsuya Sakamoto

FEATURES : 25 July 2017

LCD Soundsystem

James Murphy 's Ambition and Passion Revive for Pop Music

By Tetsuya Sakamoto

今、なぜ
ポップ・ミュージックに対して再び沸き起こるジェームズ・マーフィーの野心と情熱

7年振りのフジロック・フェスティバル出演直前! もう一度ポップ・フィールドに殴り込みをかけるLCD Soundsystemを目撃せよ

 LCDサウンドシステムは、今思うと、一つの偶然によって生まれたバンドだったように思える。ジェームズ・マーフィーがティム・ゴールズワージーと共に始め、2000年代半ばのニュー・エレクトロやポスト・パンク・リヴァイヴァルといった流れの震源地となったレーベル《DFA》のいわば看板バンドであったザ・ラプチャーが《DFA》から離脱しなければ、LCDサウンドシステムはバンドとして活動を本格化させることなどなく、細々と12インチのダンス・トラックや7インチのパンク・ソングを作り続けている地味なバンドだったのかもしれないのだ。

 だが、LCDサウンドシステムはたとえそれがハプニングから起こったものであるにしても、3枚の素晴らしいポップ・アルバムを作り上げた。彼らの楽曲からは確かにイギー・ポップのようなパンクやトーキング・ヘッズのようなニュー・ウェーヴへの愛情が感じられるが、決してその文脈だけに回収されない豊穣な音楽的背景があった。アーサー・ラッセルからは弦楽器やパーカッションの響きを、カンやノイ!からは力強いハンマービートを、ダフト・パンクやペーパークリップ・ピープルからはダンス・ミュージックの快楽性を、ブライアン・イーノからはアブストラクトなアンビエントとポップ・ミュージックを往還するユーモアを受け継ぎ、生演奏とエレクトロニクスによる隙のないバンド・サウンドで、見事なポップ・ソングに昇華させたのだ。そしてその作り込まれたサウンド・プロダクションからは、ファレル・ウイリアムスやアウトキャスト、ジャスティン・ティンバーレイクに対抗してやろうとする野心を感じ取ることもできた。そんな彼らの精神は、アーケード・ファイアやザ・ナショナル、スプーンといったバンドにとっても一つの道標になったように思える。

 そんなLCDサウンドシステムが再結成した。しかも、ライヴ・ツアーを始め、新曲を発表し、9月にはニュー・アルバム『アメリカン・ドリーム』のリリースも予定されているーーこんなこと誰が予想しただろう。ビートルズの『アビー・ロード』のような『ディス・イズ・ハプニング』は完璧な幕引きのように思えたし、それゆえもう再結成など望めないだろうし、望むものでもないと思っていた。だが、現実にジェームズ・マーフィーはLCDサウンドシステムを再びバンドとして機能させようとしている。それは我々にとっては予期せぬアクシデントであるのかもしれない。

 しかしながら、バンドにとってはそうではないのではないだろうか。先日唐突に発表された「コール・ザ・ポリス/アメリカン・ドリーム」の、ノイ!のようなリズムに推進力があるクラウト・ロックとデヴィッド・ボウイのベルリン三部作を想起させる、削ぎ落とされたミニマルなホワイト・ファンク・サウンドは、一聴するだけだと彼らの代表曲である「オール・マイ・フレンズ」などを思い起こすかもしれない。だが、繰り返し聴くと、彼らのサウンドの特徴でもあったエレクトロニクスと生楽器による洗練さと生々しさがギリギリのバランスで共存しているプロダクションがより精緻になり、それによるダイナミズムがさらに増していることに気づかされるだろう。それは彼らが、再びレコードというコミュニケーション装置を媒介にして、ポップ・ミュージックに対する論争を起こそうという野心の表れであるように思える。もしかすると、フランク・オーシャンやケンドリック・ラマーが自らの素直な本音を洗練されたサウンド・プロダクションによって伝える優れた作品を作り上げたことも、少なからず影響を受けているのかもしれない。ともあれ、このシングルで彼らは過去にケリをつけ、明確な意思を持って再結成を宣言したのだ。

 そんな彼らが7年振りにフジロックのステージに戻ってくる。2010年のバンドに一度終止符を打つ前の、あまりにも感動的なパフォーマンスは筆者にとっても忘れなれないライヴ体験だったが、そのことは一旦忘れてしまっていい。今週末我々が目撃するのは、もう一度ポップ・フィールドに殴り込みをかける彼らの若くはないが、新しく、逞しい姿なのだから。(坂本哲哉)

Text By Tetsuya Sakamoto


FUJI ROCK FESTIVAL ’17

07.29(Sat) WHITE STAGE

■LCD Soundsystem Official Site
https://lcdsoundsystem.com/

■Sony Music内 アーティスト情報
http://www.sonymusic.co.jp/artist/lcdsoundsystem/


MORE FEATURES

  • FEATURES : 21 October 2017

    Beck

    ベックは音楽の歴史そのものだ! 『メロウ・ゴールド』から新作『カラーズ』まで――ベックのオリジナル・アルバム・ガイドで来日予習! 

    By Shino Okamura / Tetsuya Sakamoto / Yuta Sakauchi / Yasuyuki Ono / Nami Igusa / Keigo Sadakane / Kohei Ueno

    グレッグ・カースティンがプロデュースを手掛けたニュー・アルバム『カラーズ』は、ベックがアメリカの音楽の歴史の中で最も重要な……いや、世界規模であらゆる国の新旧大衆音楽の位置付けを見直し、それをアップデ

  • INTERVIEWS : 20 October 2017

    kitty, Daisy & Lewis

    アメリカにアラバマ・シェイクス、ロバート・グラスパーがいるならイギリスにはこの兄姉妹がいる! キティ・デイジー&ルイスが1月来日決定

    By Shino Okamura

    キティ・デイジー&ルイスのことを、いまだに1950年代前後のルーツ・ミュージックに傾倒するロンドンのレトロ・キッズたちだと思っていたら、それはもうとんでもない損失だ、ということをまず断言しておきたい。

  • INTERVIEWS : 22 September 2017

    Moses Sumney

    モーゼス・サムニーの清くダークな歌世界、それは誰の胸にも宿る天国と地獄~ サンダーキャット、ジェイムス・ブレイク、スフィアン・スティーヴンスまでもを魅了したシンガー・ソングライター、ついにファースト・アルバムをドロップ!

    By Shino Okamura

    本人と思しき男性が体の後ろで手を組み、飛び込むかのように前方にジャンプしている後ろ姿。前かがみになっているため頭は見えない。その様子は、例えがよくないかもしれないが、まるで捕らわれの身となった囚人のよ

  • INTERVIEWS : 21 September 2017

    The Horrors

    ザ・ホラーズ~ダーク・サイドへの帰還と、そこから始まる新たな旅路

    By Hiroko Aizawa

    ザ・ホラーズが久々にダークな側面を打ち出して3年ぶりに戻ってきた。デビュー・アルバムである『ストレンジ・ハウス』は、ダークでオカルト的な雰囲気も持つガレージ・ロック。その時期、多くのガレージ・ロック・

  • FEATURES : 21 September 2017

    Knox Fortune

    チャンス・ザ・ラッパーとインディ・ロックの壁を破る男!?シカゴのニュー・カマー、Knox Fortuneって誰?

    By Daichi Yamamoto

    ここ3年ほど、チャンス・ザ・ラッパーやヴィック・メンサを中心としたクルー=セイブマネーとその周辺のシカゴのヒップホップ、R&Bシーンから多数の才能が産み出されていることはご存知の通り。昨年も

  • FEATURES : 15 September 2017

    Thurston Moore

    なぜ今無骨なバンド・アンサンブルなのか? 音響をロックンロールでダイナミックに構築するサーストン・ムーア・グループ来日ツアーに期待するもの

    By Tetsuya Sakamoto

    サーストン・ムーアの音楽のとらえ方が少し変わったと思ったのが、彼がエレクトリック・ギターからアコースティック・ギターに持ち変えた『デモリッシュド・ソウツ』(2011年)だった。その奥行きと浮遊感のある

  • INTERVIEWS : 08 September 2017

    Queens Of The Stone Age

    ジョシュとトロイが語る、ただただロックンロール・バンドでいるために必要だった引き算の美学~新作が初の全英1位を獲得したクイーンズ・オブ・ザ・ストーンエイジの未来

    By Tetsuya Sakamoto

    クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジは確かにデンジャラスなロックンロール・バンドだ。全米チャート1位となった前作『ライク・クロックワーク』に続いて、初めて全英チャート1位を獲得したニュー・アルバム『

  • INTERVIEWS : 06 September 2017

    Mew

    ミュー~一瞬の閃きがもたらす勢いと細部への拘りとの両立

    By Tetsuya Sakamoto

    ミューというバンドは「勢い」とか「閃き」という言葉には無縁だと思っていた。アルバム制作に長い年月をかけ、じっくりと自分たちが納得するまで突き詰めて、それをリリースするーーある意味で今まではどんなに時間