FEATURES : 21 September 2017

Knox Fortune

A Man Who Breaks The Wall Of Chance the Rapper And Indy Rock! Newcomer In Chicago, Who Is Knox Fortune?

By Daichi Yamamoto

FEATURES : 21 September 2017

Knox Fortune

A Man Who Breaks The Wall Of Chance the Rapper And Indy Rock! Newcomer In Chicago, Who Is Knox Fortune?

By Daichi Yamamoto

チャンス・ザ・ラッパーとインディ・ロックの壁を破る男!?シカゴのニュー・カマー、Knox Fortuneって誰?

チャンスを擁するクルー=セイブマネーとのプロデュース仕事で知られる男が自身名義のデビュー・アルバムをリリース!

ここ3年ほど、チャンス・ザ・ラッパーやヴィック・メンサを中心としたクルー=セイブマネーとその周辺のシカゴのヒップホップ、R&Bシーンから多数の才能が産み出されていることはご存知の通り。昨年もチャンスの他にもノーネーム、ジャミラ・ウッズ、BJ・ザ・シカゴ・キッドといった面々がそれぞれ別々の持ち味を打ち出してデビュー・アルバムを発表した。だが、このシーンの特徴はその才能の数だけではなく、ゴスペルやシカゴ・ルーツのジューク、フットワーク、ハウスなどを果敢に取り入れるチャンス・ザ・ラッパーが象徴するように音楽性の幅広さにもある。例えば今年4月にそのチャンスの音楽的パートナーであり、2015年にDonnie Trumpet & The Social Experiment名義で『Surf』を発表したニコ・セガール(ドニー・トランペットから改名)が新たに組んだバンド、ジュジュが発表したアルバムはインストゥルメンタル・ジャズ。今もこのシーンの音楽性の幅は現在進行形で拡張されている。

そして本記事の主役であり今週デビュー・アルバム『Paradise』をリリースするKnox Fortuneもまたヒップホップ、R&Bの場に居ながらもその枠を飛び越えた作品を産み出すシカゴの新しい才能だ。

この春リリースされた彼のデビュー・シングル「Help Myself」は、ご存知アップル・ミュージック内のラジオ局《Beats 1》にてヘヴィ・ローテーションされたことで筆者の耳に入ってきたのだが、そのギターを軸にした音色、ファンキーなベース・ラインを聴いて、最初は新しいインディ・ロック・バンドの曲かと感じたものだが名前を見て驚き。あのチャンス・ザ・ラッパーの昨年のアルバム、『Coloring Book』に収録された、ケイトラナダのプロデュースによる、ハウス、ファンクそしてディスコが巧みにブレンドされたハッピー・チューン、「All Night」で客演していた男だったからだ。

このKnox Fortuneは元々、ヴィック・メンサ、KAMIとJoey Purpから成るLeather Courdoys、Stering Hayesといった<セイブマネー>のラッパーへトラックを提供していたプロデューサー。思い出してみれば例えばKAMIに提供していた「Scene Girl」には、どこかインディ・ロック好きな少年が作ったベッドルーム・ポップっぽさがあり、Joey Purpの「Girls @ feat. Chance The Rapper」の軽快なファンク・ビートはファレル・ウィリアムスがプロデュースしたかのようなキャッチーさがあり、とシカゴのラッパーの楽曲にしては異色なサウンドを聴かせていた。

彼はその後もソロ曲をいくつか公開。そのうち、「Torture」は哀愁漂うバラード調の曲で時折入ってくるトランペットが昨年のUSインディ最大の収穫、ホイットニーの『Light Upon The Lake』を思い出させるし、つい先日公開された「Lil Thing」はチルウェイブを思わせるヘイジーな音色が心地よいダウンテンポな一曲。

どの曲もリズムの刻み方にはヒップホップの色を残しつつも、ロウ・ファイなプロダクションやギター、ベース・ラインの鳴り方、そしてハイトーンなボーカルはむしろインディ・ロック的で、まるでベックが時折見せるヒップホップへのアプローチを、ヒップホップの側から行ったかのよう。Knox自身が自分の音楽を“ビースティ・ボーイズとビーチ・ボーイズのミックス”と表現するのは納得である。

9月22日にリリースされるデビュー・アルバム、『Paradise』にはJoey Purp 、ニコ・セガールといったセイブマネーの面々に加え、同郷のインディ・シーンからホイットニーのブラス奏者であるウィル・ミラー、ツイン・ピークスからキャデイン・レイク・ジェームス、コリン・クルーム・プレイヤーの2人が集結。このアルバムがチャンス・ザ・ラッパー周辺のヒップホップ、R&Bシーンと現行アメリカのインディ・シーンを繋げる新たな作品となること間違いなしだ。(山本大地)

■Knox Fortune Official Soundcloud
https://soundcloud.com/knoxfortune

■Knox Fortune Twitter
https://twitter.com/knoxfortune

Text By Daichi Yamamoto


Knox Fortune

Paradise

RELEASE DATE : 2017.09.22


MORE FEATURES

  • FEATURES : 05 September 2018

    Rex Orange County

    サマソニで見せた、タイムレスなポップ・スターを継承する姿勢

    By Daichi Yamamoto

    東京のサマーソニック、2日目のお昼過ぎのソニック・ステージ。爽やかな青色の背景にアルバム・タイトル通りアプリコット(杏)を描いたバック。そこに登場したのは短パンにタイラー・ザ・クリエイターのブランド<

  • FEATURES : 22 August 2018

    Festival

    《フジロック・フェスティバル2018》を振り返って~
    ヒップホップもソウルもロックもカントリーも……出演アーティストたちが互いに反響し合い補完し合う現在のシーンの理想的な縮図

    By Yasuyuki Ono / Daichi Yamamoto / Daiki Takaku

    台風12号の影響を受けて2日目は荒天に見舞われた《フジロック・フェスティバル2018》。初めてYouTubeでの無料ストリーミング中継も実現させるなど、苗場スキー場での開催も20年という歴史を誇りつつ

  • FEATURES : 27 July 2018

    Kacey Musgraves

    “Follow Your Arrow”~あなた自身の矢を追いかけるだけ 軽やかにクロスオーバーする新時代のカントリー・スターについて

    By Daichi Yamamoto

    ケイシー・マスグレイヴスというアーティストの特性を最も表す曲を挙げるなら、デビュー・アルバムの『Same Trailer Different Park』に収められ、2013年のBillboard誌の「

  • INTERVIEWS : 26 July 2018

    Serpentwithfeet

    今年の最重要アルバム『Soil』を発表したサーペントウィズフィート クィアーかつ純然たるR&Bシンガーの妥協なき葛藤のうた

    By Shino Okamura

    今振り返ると、この人物が2016年にデビューしたのは象徴的だった。2016年、それは、ソランジュ『A Seat At The Table』、フランク・オーシャン『Blonde』、ビヨンセ『Lemona

  • FEATURES : 25 July 2018

    Kendrick Lamar

    念願のヘッドライナー公演まであとわずか!遂にライブを体験するライターが綴った それぞれにとってのケンドリック・ラマー

    By Yuta Sakauchi / Daiki Takaku

    遂にケンドリック・ラマーが日本のフェスにヘッドライナーとしてやってくる!確かに2013年にも今回と同じ《フジロック》に、ホワイト・ステージの夜の時間帯に出演していた。しかし、5年前と今とでは、「ケンド

  • FEATURES : 24 July 2018

    Vampire Weekend

    フジロックで5年ぶりの来日!”北米のインディ”・バンドから”ポップ”シーンの誰もが注目する存在へと進化するまでー 2018年の視点で読み解くオリジナル・アルバム・ガイド

    By Yuta Sakauchi / Yasuyuki Ono / Nami Igusa / Daichi Yamamoto

    ヴァンパイア・ウィークエンドは現在の音楽シーンの中で最も重要なロック・バンドの一組だ。現在でもインディ・ロックのアンセムとして愛されている「A-Punk」を携えたアルバム『Vampire Weeken

  • INTERVIEWS : 24 July 2018

    Superorganism

    フジロックで再来日目前!ソングライティングの柱、エミリーとハリーが語るビートルズやケンドリック・ラマーから、理想の”アルバム”の条件、ポップ音楽観まで

    By Daichi Yamamoto

    スーパーオーガニズムは”限界”を超えてきたバンドだ。筆者がこれまで書いてきた論考でも述べた通り、彼らはDIYな方法でメインストリーム・ポップに挑んだり、どんなジャンルのタグ付け

  • FEATURES : 23 July 2018

    Bob Dylan

    The Young Person’s Guide To Bob Dylan
    ディランこそ時代の革命家で歴史の継承者だ

    By Shino Okamura / Nami Igusa

    15年ほど前のことだが、あるイギリスの若手バンドに取材をした時、そのメンバーはこんなことを話していた。「アメリカにはボブ・ディランがいる。それが何より羨ましいんだ。アメリカ人は……音楽をやっている人じ