FEATURES : 21 September 2017

Knox Fortune

A Man Who Breaks The Wall Of Chance the Rapper And Indy Rock! Newcomer In Chicago, Who Is Knox Fortune?

By Daichi Yamamoto

FEATURES : 21 September 2017

Knox Fortune

A Man Who Breaks The Wall Of Chance the Rapper And Indy Rock! Newcomer In Chicago, Who Is Knox Fortune?

By Daichi Yamamoto

チャンス・ザ・ラッパーとインディ・ロックの壁を破る男!?シカゴのニュー・カマー、Knox Fortuneって誰?

チャンスを擁するクルー=セイブマネーとのプロデュース仕事で知られる男が自身名義のデビュー・アルバムをリリース!

ここ3年ほど、チャンス・ザ・ラッパーやヴィック・メンサを中心としたクルー=セイブマネーとその周辺のシカゴのヒップホップ、R&Bシーンから多数の才能が産み出されていることはご存知の通り。昨年もチャンスの他にもノーネーム、ジャミラ・ウッズ、BJ・ザ・シカゴ・キッドといった面々がそれぞれ別々の持ち味を打ち出してデビュー・アルバムを発表した。だが、このシーンの特徴はその才能の数だけではなく、ゴスペルやシカゴ・ルーツのジューク、フットワーク、ハウスなどを果敢に取り入れるチャンス・ザ・ラッパーが象徴するように音楽性の幅広さにもある。例えば今年4月にそのチャンスの音楽的パートナーであり、2015年にDonnie Trumpet & The Social Experiment名義で『Surf』を発表したニコ・セガール(ドニー・トランペットから改名)が新たに組んだバンド、ジュジュが発表したアルバムはインストゥルメンタル・ジャズ。今もこのシーンの音楽性の幅は現在進行形で拡張されている。

そして本記事の主役であり今週デビュー・アルバム『Paradise』をリリースするKnox Fortuneもまたヒップホップ、R&Bの場に居ながらもその枠を飛び越えた作品を産み出すシカゴの新しい才能だ。

この春リリースされた彼のデビュー・シングル「Help Myself」は、ご存知アップル・ミュージック内のラジオ局《Beats 1》にてヘヴィ・ローテーションされたことで筆者の耳に入ってきたのだが、そのギターを軸にした音色、ファンキーなベース・ラインを聴いて、最初は新しいインディ・ロック・バンドの曲かと感じたものだが名前を見て驚き。あのチャンス・ザ・ラッパーの昨年のアルバム、『Coloring Book』に収録された、ケイトラナダのプロデュースによる、ハウス、ファンクそしてディスコが巧みにブレンドされたハッピー・チューン、「All Night」で客演していた男だったからだ。

このKnox Fortuneは元々、ヴィック・メンサ、KAMIとJoey Purpから成るLeather Courdoys、Stering Hayesといった<セイブマネー>のラッパーへトラックを提供していたプロデューサー。思い出してみれば例えばKAMIに提供していた「Scene Girl」には、どこかインディ・ロック好きな少年が作ったベッドルーム・ポップっぽさがあり、Joey Purpの「Girls @ feat. Chance The Rapper」の軽快なファンク・ビートはファレル・ウィリアムスがプロデュースしたかのようなキャッチーさがあり、とシカゴのラッパーの楽曲にしては異色なサウンドを聴かせていた。

彼はその後もソロ曲をいくつか公開。そのうち、「Torture」は哀愁漂うバラード調の曲で時折入ってくるトランペットが昨年のUSインディ最大の収穫、ホイットニーの『Light Upon The Lake』を思い出させるし、つい先日公開された「Lil Thing」はチルウェイブを思わせるヘイジーな音色が心地よいダウンテンポな一曲。

どの曲もリズムの刻み方にはヒップホップの色を残しつつも、ロウ・ファイなプロダクションやギター、ベース・ラインの鳴り方、そしてハイトーンなボーカルはむしろインディ・ロック的で、まるでベックが時折見せるヒップホップへのアプローチを、ヒップホップの側から行ったかのよう。Knox自身が自分の音楽を“ビースティ・ボーイズとビーチ・ボーイズのミックス”と表現するのは納得である。

9月22日にリリースされるデビュー・アルバム、『Paradise』にはJoey Purp 、ニコ・セガールといったセイブマネーの面々に加え、同郷のインディ・シーンからホイットニーのブラス奏者であるウィル・ミラー、ツイン・ピークスからキャデイン・レイク・ジェームス、コリン・クルーム・プレイヤーの2人が集結。このアルバムがチャンス・ザ・ラッパー周辺のヒップホップ、R&Bシーンと現行アメリカのインディ・シーンを繋げる新たな作品となること間違いなしだ。(山本大地)

■Knox Fortune Official Soundcloud
https://soundcloud.com/knoxfortune

■Knox Fortune Twitter
https://twitter.com/knoxfortune

Text By Daichi Yamamoto


Knox Fortune

Paradise

RELEASE DATE : 2017.09.22


MORE FEATURES

  • FEATURES : 17 February 2018

    Migos

    「Culture II」で進化させたミーゴスというエンターテインメント

    By Daichi Yamamoto

    今思えば「この世代のビートルズ」とはよく言ったものだ。昨年のゴールデン・グローブ賞でラッパー、チャイルディッシュ・ギャンビーノとしてもお馴染みドナルド・グローヴァーが自身のドラマ「アトランタ」の受賞ス

  • FEATURES : 14 February 2018

    Various Artists

    2018年はここにフォーカスせよ!
    今年注目のアーティスト、シーン、エリアを紹介 Vol.3

    By Shino Okamura / Yasuyuki Ono

    《TURN》筆者による今年2018年の注目を紹介する企画、最後となる第三弾は尾野泰幸と岡村詩野の“フォーカス”。ロックが聴こえる場所としてのUSとUKの今年のカギを握るのは誰か? そこで、多様性あるサ

  • INTERVIEWS : 13 February 2018

    Father John Misty

    目下来日ツアー中!
    ファーザー・ジョン・ミスティことジョシュア・ティルマンのアート現実論

    By Shino Okamura

    ファーザー・ジョン・ミスティ(FJM)の昨年リリースの最新作『ピュア・コメディ』は全米初登場10位を獲得している。そして、そのFJMことジョシュア・ティルマンがドラマーとして在籍していたこともあるフリ

  • FEATURES : 08 February 2018

    Various Artists

    2018年はここにフォーカスせよ!
    今年注目のアーティスト、シーン、エリアを紹介 Vol.2

    By Kohei Ueno / Daiki Takaku

    《TURN》筆者による今年2018年の注目を紹介する企画、第二弾は上野功平、高久大輝の“フォーカス”をお届けする。今回紹介するのはいわゆるメイン・ストリームとは異なるアナザー・アプローチ。今改めて着目

  • FEATURES : 01 February 2018

    Various Artists

    2018年はここにフォーカスせよ!
    今年注目のアーティスト、シーン、エリアを紹介 Vol.1

    By Yuta Sakauchi / Daichi Yamamoto

    前年度を総括する意味もあるグラミー賞の発表が今年も終了した。ブルーノ・マーズがノミネートされた年間最優秀レコード、年間最優秀アルバム、年間最優秀楽曲含む6部門全てで受賞するという快挙をなしとげた一方、

  • INTERVIEWS : 31 January 2018

    Superorganism

    Superorganism初来日公演直前!~日本を離れて暮らすオロノが語る、バンドのユニークさを形作るポップへの愛と野心

    By Daichi Yamamoto

    BBC、Rolling Stoneを始め多数のメディアから“今年/いま注目のアーティスト”として紹介され、フランク・オーシャンやヴァンパイア・ウィークエンドのエズラ・クーニグからも愛を受けるなど昨今の

  • FEATURES : 24 January 2018

    Grammy Awards

    第60回グラミー賞主要部門を大胆予想!
    ~ブラック・ミュージック主導の象徴となるか

    By Yuya Watanabe / Yuta Sakauchi / Daichi Yamamoto

    今年も世界中の音楽ファンの注目が集まるグラミー賞の授賞式が間近に迫ってきた。今回のノミネーションの何よりの話題は、主要部門のほとんどをブラック・ミュージック系のアーティストや作品が独占していることだろ

  • FEATURES : 25 December 2017

    Superorganism

    初来日公演決定! アルバム到着前に紐解くSuperorganismのあまりにも無邪気な真性ポップの断面

    By Daichi Yamamoto

    “ポップ”とは最も言葉で表現するのが難しいジャンルである。今の全米チャートを見てみたってラップを使ったものもあれば、ロックっぽいフォーマットのもの、昨今流行りのラテン系のものもあるし、今でこそ上位には