FEATURES : 21 September 2017

Knox Fortune

A Man Who Breaks The Wall Of Chance the Rapper And Indy Rock! Newcomer In Chicago, Who Is Knox Fortune?

By Daichi Yamamoto

FEATURES : 21 September 2017

Knox Fortune

A Man Who Breaks The Wall Of Chance the Rapper And Indy Rock! Newcomer In Chicago, Who Is Knox Fortune?

By Daichi Yamamoto

チャンス・ザ・ラッパーとインディ・ロックの壁を破る男!?シカゴのニュー・カマー、Knox Fortuneって誰?

チャンスを擁するクルー=セイブマネーとのプロデュース仕事で知られる男が自身名義のデビュー・アルバムをリリース!

ここ3年ほど、チャンス・ザ・ラッパーやヴィック・メンサを中心としたクルー=セイブマネーとその周辺のシカゴのヒップホップ、R&Bシーンから多数の才能が産み出されていることはご存知の通り。昨年もチャンスの他にもノーネーム、ジャミラ・ウッズ、BJ・ザ・シカゴ・キッドといった面々がそれぞれ別々の持ち味を打ち出してデビュー・アルバムを発表した。だが、このシーンの特徴はその才能の数だけではなく、ゴスペルやシカゴ・ルーツのジューク、フットワーク、ハウスなどを果敢に取り入れるチャンス・ザ・ラッパーが象徴するように音楽性の幅広さにもある。例えば今年4月にそのチャンスの音楽的パートナーであり、2015年にDonnie Trumpet & The Social Experiment名義で『Surf』を発表したニコ・セガール(ドニー・トランペットから改名)が新たに組んだバンド、ジュジュが発表したアルバムはインストゥルメンタル・ジャズ。今もこのシーンの音楽性の幅は現在進行形で拡張されている。

そして本記事の主役であり今週デビュー・アルバム『Paradise』をリリースするKnox Fortuneもまたヒップホップ、R&Bの場に居ながらもその枠を飛び越えた作品を産み出すシカゴの新しい才能だ。

この春リリースされた彼のデビュー・シングル「Help Myself」は、ご存知アップル・ミュージック内のラジオ局《Beats 1》にてヘヴィ・ローテーションされたことで筆者の耳に入ってきたのだが、そのギターを軸にした音色、ファンキーなベース・ラインを聴いて、最初は新しいインディ・ロック・バンドの曲かと感じたものだが名前を見て驚き。あのチャンス・ザ・ラッパーの昨年のアルバム、『Coloring Book』に収録された、ケイトラナダのプロデュースによる、ハウス、ファンクそしてディスコが巧みにブレンドされたハッピー・チューン、「All Night」で客演していた男だったからだ。

このKnox Fortuneは元々、ヴィック・メンサ、KAMIとJoey Purpから成るLeather Courdoys、Stering Hayesといった<セイブマネー>のラッパーへトラックを提供していたプロデューサー。思い出してみれば例えばKAMIに提供していた「Scene Girl」には、どこかインディ・ロック好きな少年が作ったベッドルーム・ポップっぽさがあり、Joey Purpの「Girls @ feat. Chance The Rapper」の軽快なファンク・ビートはファレル・ウィリアムスがプロデュースしたかのようなキャッチーさがあり、とシカゴのラッパーの楽曲にしては異色なサウンドを聴かせていた。

彼はその後もソロ曲をいくつか公開。そのうち、「Torture」は哀愁漂うバラード調の曲で時折入ってくるトランペットが昨年のUSインディ最大の収穫、ホイットニーの『Light Upon The Lake』を思い出させるし、つい先日公開された「Lil Thing」はチルウェイブを思わせるヘイジーな音色が心地よいダウンテンポな一曲。

どの曲もリズムの刻み方にはヒップホップの色を残しつつも、ロウ・ファイなプロダクションやギター、ベース・ラインの鳴り方、そしてハイトーンなボーカルはむしろインディ・ロック的で、まるでベックが時折見せるヒップホップへのアプローチを、ヒップホップの側から行ったかのよう。Knox自身が自分の音楽を“ビースティ・ボーイズとビーチ・ボーイズのミックス”と表現するのは納得である。

9月22日にリリースされるデビュー・アルバム、『Paradise』にはJoey Purp 、ニコ・セガールといったセイブマネーの面々に加え、同郷のインディ・シーンからホイットニーのブラス奏者であるウィル・ミラー、ツイン・ピークスからキャデイン・レイク・ジェームス、コリン・クルーム・プレイヤーの2人が集結。このアルバムがチャンス・ザ・ラッパー周辺のヒップホップ、R&Bシーンと現行アメリカのインディ・シーンを繋げる新たな作品となること間違いなしだ。(山本大地)

■Knox Fortune Official Soundcloud
https://soundcloud.com/knoxfortune

■Knox Fortune Twitter
https://twitter.com/knoxfortune

Text By Daichi Yamamoto


Knox Fortune

Paradise

RELEASE DATE : 2017.09.22


MORE FEATURES

  • INTERVIEWS : 20 October 2017

    kitty, Daisy & Lewis

    アメリカにアラバマ・シェイクス、ロバート・グラスパーがいるならイギリスにはこの兄姉妹がいる! キティ・デイジー&ルイスが1月来日決定

    By Shino Okamura

    キティ・デイジー&ルイスのことを、いまだに1950年代前後のルーツ・ミュージックに傾倒するロンドンのレトロ・キッズたちだと思っていたら、それはもうとんでもない損失だ、ということをまず断言しておきたい。

  • INTERVIEWS : 22 September 2017

    Moses Sumney

    モーゼス・サムニーの清くダークな歌世界、それは誰の胸にも宿る天国と地獄~ サンダーキャット、ジェイムス・ブレイク、スフィアン・スティーヴンスまでもを魅了したシンガー・ソングライター、ついにファースト・アルバムをドロップ!

    By Shino Okamura

    本人と思しき男性が体の後ろで手を組み、飛び込むかのように前方にジャンプしている後ろ姿。前かがみになっているため頭は見えない。その様子は、例えがよくないかもしれないが、まるで捕らわれの身となった囚人のよ

  • INTERVIEWS : 21 September 2017

    The Horrors

    ザ・ホラーズ~ダーク・サイドへの帰還と、そこから始まる新たな旅路

    By Hiroko Aizawa

    ザ・ホラーズが久々にダークな側面を打ち出して3年ぶりに戻ってきた。デビュー・アルバムである『ストレンジ・ハウス』は、ダークでオカルト的な雰囲気も持つガレージ・ロック。その時期、多くのガレージ・ロック・

  • FEATURES : 15 September 2017

    Thurston Moore

    なぜ今無骨なバンド・アンサンブルなのか? 音響をロックンロールでダイナミックに構築するサーストン・ムーア・グループ来日ツアーに期待するもの

    By Tetsuya Sakamoto

    サーストン・ムーアの音楽のとらえ方が少し変わったと思ったのが、彼がエレクトリック・ギターからアコースティック・ギターに持ち変えた『デモリッシュド・ソウツ』(2011年)だった。その奥行きと浮遊感のある

  • INTERVIEWS : 08 September 2017

    Queens Of The Stone Age

    ジョシュとトロイが語る、ただただロックンロール・バンドでいるために必要だった引き算の美学~新作が初の全英1位を獲得したクイーンズ・オブ・ザ・ストーンエイジの未来

    By Tetsuya Sakamoto

    クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジは確かにデンジャラスなロックンロール・バンドだ。全米チャート1位となった前作『ライク・クロックワーク』に続いて、初めて全英チャート1位を獲得したニュー・アルバム『

  • INTERVIEWS : 06 September 2017

    Mew

    ミュー~一瞬の閃きがもたらす勢いと細部への拘りとの両立

    By Tetsuya Sakamoto

    ミューというバンドは「勢い」とか「閃き」という言葉には無縁だと思っていた。アルバム制作に長い年月をかけ、じっくりと自分たちが納得するまで突き詰めて、それをリリースするーーある意味で今まではどんなに時間

  • FEATURES : 22 August 2017

    Festival

    フジロック・フェスティバル ’17 ライヴ・レポート第2弾

    By Tetsuya Sakamoto / Daichi Yamamoto

    レコードでのサウンド・プロダクションをライヴでも形にすることの意味 -The xx- Photo by Masanori Naruse ライヴにおいて派手な曲と静謐な曲をバランス良く配置しながら、徐々

  • FEATURES : 15 August 2017

    Festival

    ビッグ・フェスへと成長中!
    米カリフォルニア州・ロサンゼルスで開催された《FYF Fest》をレポート!

    By Kohei Ueno

    《フジロック・フェスティバル》のちょうど1週間前にあたる7月21日(金)~23(日)の3日間、念願の《FYF Fest(以下、FYF)》に行ってきた。正式名称を《Fuck Yeah Festival》