FEATURES : 01 April 2019

Conner Youngblood

Who Is Big-Hearted Conner Youngblood As If he Goes Through Music History?

By Sinpei Kido

FEATURES : 01 April 2019

Conner Youngblood

Who Is Big-Hearted Conner Youngblood As If he Goes Through Music History?

By Sinpei Kido

初来日ツアーの前に再注目! フォーク、ジャズ、ソウルからデジタル・クワイアまで音楽史を俯瞰するかのように大らかな米ダラス出身のコナー・ヤングブラッドとは何者か?

昨年8月にデビュー・アルバム『Cheyenne』を発売したばかりの米ダラス出身のシンガー・ソングライター、コナー・ヤングブラッドがまもなく日本にやってくる。今回が初の来日公演となる。

『Cheyenne』はデビュー・アルバムと位置づけられてはいるが、デジタル配信では過去に数枚のEPとアルバムを発表しており、それらはオーストラリアやネイティヴ・アメリカンを題材にした素描ともいえる作品。既にテロワールとも言うべきその土地を思わせる豊かな音楽世界を構築していた。

それらの集大成でもあり、今回、旅と鳥をテーマにしたコンセプト・アルバムでもあるというのが『Cheyenne』である。その内容がとにかく素晴らしい。まず、フォーキーでサイケデリックな音のレイヤーは、オーガニックな自作自演アーティスト……ボン・イヴェールやデヴェンドラ・バンハートあたりを思い起こさせる。特に、国・地域・家族をテーマに据えるコンセプチュアルな創作スタイル、そしてギター、ハープ、クラリネットなど複数の楽器を自らこなすマルチプレイヤーぶりは、とりわけスフィアンからの影響が強く感じられると言っていい。

ただ、彼の音楽がオリジナリティを持っている最大の特徴は、そうしたフォーキーな側面だけではなく、主に50年代から70年代の様々なルーツ・ミュージックに深い敬意を抱きながらも、2010年代を生きる若者として、確実に未来に向かって開かれた音楽を奏でているところだ。

彼の音楽的な歴史の糸を手繰ろうとすると、スフィアンやデヴェンドラなど同時代に生きるコンテンポラリーな“同志”だけではなく、実に様々なジャンルやアーティストが湧き出るように浮かんでくる。例えば、ミニマルなアコースティック・ギターのリフはジョン・フェイヒィのようでもあるし、ドラミングのタイム感や音の丸みは、ザ・バンドのレヴォン・ヘルムを思い起こさせる(実際、コナーはザ・バンドの論文も執筆したそうだ)。音の空間づくりや歌声は、ジャズ・ギタリストのブランドン・ロスのようでもあるし、『Cheyenne』収録の「12 lbs」で弾かれるピアノはクラシカルで、まるでエリック・サティを思わせる。あるいは、後期ガスター・デル・ソルのようなポスト・ロック的な部分も散りばめられているかと思えば(実際収録の「Red 23」などは、『ユリイカ』の頃のジム・オルークのようだ)、ボン・イヴェールがそうだったようにデジタル・クワイアをとりいれる柔軟性もある。ジャンル、時代を鮮やかに横断しながら様々なアングルから様々な音楽成分を吸収し、それを決して確信犯的ではなくあくまでプリミティヴな音楽空間において確立させているのが面白い。デジタル配信もアナログ・レコードもサブスクリプション・サービスもカセットもCDも……様々な音楽ツールでその作品ごとに自由にチョイスする時代を象徴するかのような、ある意味でとても現代的な存在だ。

そんな彼がいよいよ日本にやってくる。今回、ベーシストのベンジャミン・ウィリアムズと2人体制でのライブとのことだが、アルバムで表現されたオーガニックな空間が、ライブでは、どんな風に立体的な音像に仕上げていくかが、最大の聴きどころだ。そして、彼の放浪した土地土地の、土・風・街・人の香りに思いを馳せながら、時にゆっくりと瞑目して身を委ねてみてほしい。

この来日が、これからも続く彼の音楽の旅としてスケッチされ、きっとまた知らない土地へと、私たちを導いてくれるだろう。 (文:キドウシンペイ 写真:Trevor Paulhus)

■amazon商品ページはこちら

■Conner Youngblood来日公演情報
http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/70078/2

■Conner Youngblood Official Site
https://www.conneryoungblood.com/

■ビートインクHP内アーティスト情報
https://www.beatink.com/artists/detail.php?artist_id=469


MORE FEATURES

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 14 October 2019

    Rex Orange County / 思い出野郎Aチーム / パソコン音楽クラブ / Cashmere Cat / Sinead O’Brien / Post Malone & DaBaby / Cate Le Bon & Bradford Cox / Gang Starr

    BEST TRACKS OF THE MONTH – September, 2019

    By Si_Aerts / Daiki Mine / Dreamy Deka / Shino Okamura / Kei Sugiyama / Daiki Takaku

    Cashmere Cat – 「WITHOUT YOU」 アリアナ・グランデ、カニエ・ウエストなどなど数多くの大物と楽曲を制作するノルウェー出身のミュージシャンであるカシミア・キャットのセカンド・アル

  • INTERVIEWS : 12 October 2019

    The Misties

    ビートルズの遺伝子を考える#1
    元トランポリンズのヨハン・ステントープが新たなユニット=ザ・ミスティーズから直球で伝えるビートルズ愛

    By Masashi Yuno

    ビートルズが1969年に発表したアルバム『Abbey Road』の50周年アニバーサリー・エディションが、1970年1月31日に17週目の1位を獲得して以来約50年ぶりに全英チャートの1位を獲得したこ

  • INTERVIEWS : 11 October 2019

    Battles

    「バトルスは完全に新しいバンドになった」
    デュオになったバトルスがニューヨークから送る『Juice B Crypts』は、瑞々しくカオティックなエナジーに満ちた一作

    By imdkm

    バトルスが、通算で4作目となるニューアルバム、『Juice B Crypts』を10月11日に日本先行リリースする(日本国外では10月18日のリリースとなる)。絡み合うリフと複雑なリズムが織りなすエク

  • BRINGING THE PAST TO THE FUTURE : 10 October 2019

    4AM

    今再び「DIY」をさりげなく励ましてくれる、90年UK産オブスキュア・エレクトロニック・ポップ

    By Yuji Shibasaki

    この間の内外リイシュー・シーンは、レア・グルーヴ視点での70年代アイテム発掘の円熟期を既に過ぎ、80年代のオブスキュアなシンセ・ウェーブや異形のポスト・パンク作のディグを経由し、ついには90年代の知ら

  • FEATURES : 04 October 2019

    Wilco

    アメリカの良心、その苦悩と歓喜のプロセス
    ウィルコ全アルバム・ディスク・ガイド

    By Shuta Nishida / Ryutaro Amano / Yoshihito Tominaga / Yasuo Murao / Masaya Mifune / Takuro Okada / Tsuyoshi Kizu / Shino Okamura / Nami Igusa / Koki Kato / Sinpei Kido

    ウィルコのニュー・アルバム『Ode To Joy』がリリースされた。前作『Schmilco』から約3年ぶりのオリジナル・アルバム…というのは大した問題ではないが、『Schmilco』とその前の『Sta

  • FEATURES : 30 September 2019

    LFO / DJ Mujava / Nozinja

    《Warp》30周年〜LFOからDJ Mujavaまで…オルタナティヴ・ダンス・レーベルとしてのエッジーで凛とした軌跡

    By Tetsuya Sakamoto

    はじまりはダンス・ミュージックだった。1989年にイギリスの工業都市シェフィールドでスティーヴ・ベケット、ロブ・ミッチェル、ロバート・ゴードンによって設立された《Warp》は、ダンスを根本原理としない

  • FEATURES : 29 September 2019

    Eighth Grade

    映画『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』
    心と体の成長がチグハグな時期の少女の心の揺れと大人への出発

    By Yasuo Murao

    アルフォンソ・キュアロンやジャド・アバトーといった人気監督たちが「泣いた!」と絶賛。オバマ元大統領も年間ベストの一本に挙げるなど、昨年、アメリカで公開されて話題を呼んだ『エイス・グレード 世界でいちば

  • FEATURES : 27 September 2019

    The Black Skirts

    遂に初来日公演が実現!
    長いキャリアで音楽性と共に進化させてきたチョ・ヒュイル=ブラック・スカーツのグッド・メロディ

    By Daichi Yamamoto

    未だに鮮明に覚えている。2016年、ブラック・スカーツ(韓国語名:검정치마 / コムジョンチマ)のスロウ・バラード「Everything」と出会ったときの印象を。シューゲイザーやチルウェイブを通過した