FEATURES : 03 August 2017

Arcade Fire

The 5th Album That Severely Criticized Consumer Society And The Internet Era

By Shino Okamura

FEATURES : 03 August 2017

Arcade Fire

The 5th Album That Severely Criticized Consumer Society And The Internet Era

By Shino Okamura

Arcade Fire 『Everything Now』
ポップ・ミュージックのカルマを背負った自分たちをも嘲笑する、 消費社会とインターネット時代を痛烈に批判した5作目

 もう既に多くのリスナーが知っていることだろうが、もし、まだの方がいれば、まずはぜひこちらのページにアクセスしてみてほしいと思う。

アーケイド・ファイア自らが制作した架空の音楽サイト《Stereoyum》のページ
http://www.stereoyum.com/072217/arcade-fire-premature-evaluation-everything-now/review/#

 これは、アーケイド・ファイア自らが今回のリリースのために制作した架空の音楽サイト《Stereoyum》。そう、米の音楽サイト《Stereogum》のパロディで、ご丁寧にバナー広告などもちゃんと並べつつ、どこよりも早く5作目にあたるこの新作のレビューを掲載しているのである。昨今何かと物議を醸しているフェイク・ニュースへのアイロニーと言ってもいいだろうし、実際にその内容も、自虐的な揶揄を多分に含んだブラック・ジョークに溢れるもの。加えて、本作のパッケージの中に封入された歌詞カードもまるでスーパーのチラシか製品カタログのようなキッチュなデザインで、まるで消費社会に向けた痛烈な批判と受け止めることもできる。

 そう、これを彼ら特有のユーモアと現代社会批判と解釈しないと、このアルバムの重要な主題は伝わらないし、彼らがポップ・ミュージックのとしての醍醐味は味わえなくなってしまうだろう。一部では落胆される向きのある新作だが、少なくとも私はグラミー賞を獲得し、最も大きな影響力を持つロック・バンドである彼らから、今、こうしたアルバムが届くことに意味があると感じてしまう。彼らは消費されていくカルマを背負った大衆音楽のど真ん中で活動していることを事実として受け止め、その上でどこまでそんな自分たちを嗤えるのか、どこまでそんな自分たちがいつのまにか巻き込まれている消費社会を揶揄できるのか、そしてどこまでその中でサヴァイヴしていけるのか…に徹底的に向き合っている。それも、とことんライトでアップリフティングされたダンス・ポップに落とし込みながら。その人工的なまでにエレクトリックなアレンジ、意識的に安っぽく加工したサウンド・プロダクションからは、アリエル・ピンクの新曲「Time To Live」ではダイレクトにフレーズが引用されていたが、これまたバグルスの「ラジオ・スターの悲劇」さながらの暴走する文明への警鐘をもここに感じてしまうのである。

 00年代のフレンチ・エレクトロはもとより、コーラスありきのディスコ・ポップ・グループのアバやシザー・シスターズなどを思い出したりもする作風は、4年前の前作『リフレクター』の流れをある程度踏襲したものだということがわかるが、LCDサウンドシステムのジェームス・マーフィーがプロデュースで関わっていた前作と異なり、今作にはダフト・パンクのトーマ・バンガルテル、ポーティスヘッドのジェフ・バーロウらが協力。レコーディングはニュー・オリンズで録音されたものが圧倒的に多いそうだが、よりカラフルにポップな質感がデフォルメされた曲が並び、曲によってはメインストリームで大ヒットしたデヴィッド・ボウイの『レッツ・ダンス』(1983年)のようなエレクトロ・ファンクを思い出したりもする。彼らが本質的に持つブラック・ミュージック指向と80年代的なエレクトロ・ポップの接合点を目指した時……その制作のスタートがいみじくも昨年頭のデヴィッド・ボウイの死のタイミングだったのだとしたら……!

 タイトル曲では“すべては今なければ!”と繰り返される。なんでも簡単に手に入るがゆえに、モノがすぐさま手元に届かないと不安にさいなまれる奇妙な現代人の感覚を皮肉たっぷりに綴る。これを読んでくれているあなたは、さて、このアーケイド・ファイアの新作をどのようにして手に入れただろうか? 店頭で? アマゾンで? それともApple Music、Spotifyで? 一瞬で音楽が手に入ることの意味を、そうした時代に自分たちも生きて、その恩恵を受けていることの意味を繰り返し聴きながら考えてみることが本作を楽しむ大義なのかもしれない。(岡村詩野)

■amazon商品ページはこちら

■ソニー・ミュージックHP内アーティスト情報
http://www.sonymusic.co.jp/artist/arcadefire/

■Arcade Fire Everything Now Special Site
https://www.everythingnow.com/

Text By Shino Okamura


MORE FEATURES

  • FEATURES : 19 March 2019

    Khruangbin

    初来日公演間近&フジロック出演!アメリカ・テキサス発、時代と地域を軽々と飛び越えるバンド=Khruangbin(クルアンビン)の摩訶不思議な面白さと新しさとは?

    By Nami Igusa / Koki Kato

    まもなく初来日ツアーが始まるアメリカはテキサスのクルアンビン。近年、世界的に見てもアジア・カルチャーへの注目が散見されるように、ヒューストン出身のLaura Lee ( Bass )、Mark Spe

  • FEATURES : 16 March 2019

    Say Sue Me

    初の単独来日公演間近!コリアン・インディの代表バンド、Say Sue Meを知る!

    By Daichi Yamamoto

    韓国・釜山を拠点とする4人組インディ・バンド、Say Sue Me(セイ・スー・ミー)の初の単独来日公演が、約3週間後に迫っている。世界的にアジア系のアーティストに注目が集まる昨今、彼らのことは、ミツ

  • FEATURES : 13 March 2019

    Stella Donnelly

    フジロックにも出演決定! 〜自然体のまま社会に噛みつく、キュートで鋭利なシンガー・ソングライター=ステラ・ドネリー

    By Nami Igusa

    昨今の女性シンガー・ソングライターのロール・モデルとしての、コートニー・バーネットの存在感の大きさは、日に日に増すばかりだと感じている。その実感は、この新進気鋭のシンガー・ソングライターの存在によって

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 09 March 2019

    Various Artists

    BEST TRACKS OF THE MONTH -February, 2019-

    By Shino Okamura / Kei Sugiyama / Nami Igusa / Koki Kato / Yasuyuki Ono

    Better Oblivion Community Center – 「Dylan Thomas」 先日の来日公演も記憶に新しいフィービー・ブリジャーズ。昨年話題を呼んだプロジェクト「ボー

  • FEATURES : 08 March 2019

    Vampire Weekend

    ヴァンパイア・ウィークエンドが見つけたラップ時代におけるバンド・サウンドとは?

    By Keigo Sadakane

    ヴァンパイア・ウィークエンド(以下、VW)は、バロック、アフロ、サイケ、そうした音楽の歴史と積極的につながることで自らを更新することに成功してきたバンドだ。そのことが「インディー・ロック」という10年

  • INTERVIEWS : 06 March 2019

    Alex Lilly

    ベックのバック・バンドでも活躍する西海岸の奇妙なミューズ
    アレックス・リリーがソロ・デビュー!

    By Shino Okamura

    昨年のサマーソニックでのベックのパフォーマンスを観た人なら覚えているかもしれない。現在の彼のバック・バンドにモデルのようなクール・ビューティーがキーボードやコーラスを担当していたことに(ギターはもちろ

  • BEST EVER TV SERIES : 04 March 2019

    Netflix

    「DARK ダーク」〜ドイツの田舎町に潜む、行き場のない家族間を巡る絶望

    By Hiroko Aizawa

    2017年にシーズン1が公開されたドイツ発のNetfilxオリジナル・ドラマ「DARK ダーク」。面白さの割に注目度の高くない本作だが、ついに今年の6月にシーズン2が公開されるという噂。シーズン1の主

  • FEATURES : 26 February 2019

    Beirut

    Beirut Original Album Guide ~サンタフェから世界へ……チャンス・ザ・ラッパーも魅了するBeirutの音楽旅

    By Shino Okamura / Nami Igusa / Koki Kato / Yasuyuki Ono

    『Gulag Orkestar』(2006年) エミール・クストリッツァ監督の諸作品や、そのクストリッツァもメンバーのノー・スモーキング・オーケストラのアルバムと並べて聴くと確かに気づく。ジプシー・ブ