FEATURES : 03 August 2017

Arcade Fire

The 5th Album That Severely Criticized Consumer Society And The Internet Era

By Shino Okamura

FEATURES : 03 August 2017

Arcade Fire

The 5th Album That Severely Criticized Consumer Society And The Internet Era

By Shino Okamura

Arcade Fire 『Everything Now』
ポップ・ミュージックのカルマを背負った自分たちをも嘲笑する、 消費社会とインターネット時代を痛烈に批判した5作目

 もう既に多くのリスナーが知っていることだろうが、もし、まだの方がいれば、まずはぜひこちらのページにアクセスしてみてほしいと思う。

アーケイド・ファイア自らが制作した架空の音楽サイト《Stereoyum》のページ
http://www.stereoyum.com/072217/arcade-fire-premature-evaluation-everything-now/review/#

 これは、アーケイド・ファイア自らが今回のリリースのために制作した架空の音楽サイト《Stereoyum》。そう、米の音楽サイト《Stereogum》のパロディで、ご丁寧にバナー広告などもちゃんと並べつつ、どこよりも早く5作目にあたるこの新作のレビューを掲載しているのである。昨今何かと物議を醸しているフェイク・ニュースへのアイロニーと言ってもいいだろうし、実際にその内容も、自虐的な揶揄を多分に含んだブラック・ジョークに溢れるもの。加えて、本作のパッケージの中に封入された歌詞カードもまるでスーパーのチラシか製品カタログのようなキッチュなデザインで、まるで消費社会に向けた痛烈な批判と受け止めることもできる。

 そう、これを彼ら特有のユーモアと現代社会批判と解釈しないと、このアルバムの重要な主題は伝わらないし、彼らがポップ・ミュージックのとしての醍醐味は味わえなくなってしまうだろう。一部では落胆される向きのある新作だが、少なくとも私はグラミー賞を獲得し、最も大きな影響力を持つロック・バンドである彼らから、今、こうしたアルバムが届くことに意味があると感じてしまう。彼らは消費されていくカルマを背負った大衆音楽のど真ん中で活動していることを事実として受け止め、その上でどこまでそんな自分たちを嗤えるのか、どこまでそんな自分たちがいつのまにか巻き込まれている消費社会を揶揄できるのか、そしてどこまでその中でサヴァイヴしていけるのか…に徹底的に向き合っている。それも、とことんライトでアップリフティングされたダンス・ポップに落とし込みながら。その人工的なまでにエレクトリックなアレンジ、意識的に安っぽく加工したサウンド・プロダクションからは、アリエル・ピンクの新曲「Time To Live」ではダイレクトにフレーズが引用されていたが、これまたバグルスの「ラジオ・スターの悲劇」さながらの暴走する文明への警鐘をもここに感じてしまうのである。

 00年代のフレンチ・エレクトロはもとより、コーラスありきのディスコ・ポップ・グループのアバやシザー・シスターズなどを思い出したりもする作風は、4年前の前作『リフレクター』の流れをある程度踏襲したものだということがわかるが、LCDサウンドシステムのジェームス・マーフィーがプロデュースで関わっていた前作と異なり、今作にはダフト・パンクのトーマ・バンガルテル、ポーティスヘッドのジェフ・バーロウらが協力。レコーディングはニュー・オリンズで録音されたものが圧倒的に多いそうだが、よりカラフルにポップな質感がデフォルメされた曲が並び、曲によってはメインストリームで大ヒットしたデヴィッド・ボウイの『レッツ・ダンス』(1983年)のようなエレクトロ・ファンクを思い出したりもする。彼らが本質的に持つブラック・ミュージック指向と80年代的なエレクトロ・ポップの接合点を目指した時……その制作のスタートがいみじくも昨年頭のデヴィッド・ボウイの死のタイミングだったのだとしたら……!

 タイトル曲では“すべては今なければ!”と繰り返される。なんでも簡単に手に入るがゆえに、モノがすぐさま手元に届かないと不安にさいなまれる奇妙な現代人の感覚を皮肉たっぷりに綴る。これを読んでくれているあなたは、さて、このアーケイド・ファイアの新作をどのようにして手に入れただろうか? 店頭で? アマゾンで? それともApple Music、Spotifyで? 一瞬で音楽が手に入ることの意味を、そうした時代に自分たちも生きて、その恩恵を受けていることの意味を繰り返し聴きながら考えてみることが本作を楽しむ大義なのかもしれない。(岡村詩野)

■amazon商品ページはこちら

■ソニー・ミュージックHP内アーティスト情報
http://www.sonymusic.co.jp/artist/arcadefire/

■Arcade Fire Everything Now Special Site
https://www.everythingnow.com/

Text By Shino Okamura


MORE FEATURES

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 10 May 2018

    Various Artists

    BEST TRACKS OF THE MONTH -April, 2018-

    By Shino Okamura / Yuta Sakauchi / Yasuyuki Ono / Nami Igusa / Daichi Yamamoto / Shinpei Horita / Hiroko Aizawa / Daiki Takaku

    Ben Vince – 「What I Can See (feat. Micachu)」 揺らぐように浮遊するサクソフォンの音色とサイケデリックなエフェクトが施されたヴォーカルが絡み合いな

  • FEATURES : 27 April 2018

    Loyle Carner

    初来日決定! アイデンティティの漂泊のもたらす包容力~エリアもシーンも背負わない、ロイル・カーナーの温かな新しい感性

    By Nami Igusa

    ロイル・カーナーを初めて聴いて、イギリスの新進気鋭のラッパーだと即座にイメージするのは至難の業かもしれない。なにせ彼の楽曲は、現行のラップ・ミュージック・シーンのそれとは別の次元に存在しているのだ。サ

  • FEATURES : 20 April 2018

    Courtney Barnett

    そしてコートニー・バーネットは、時代に色目を使わず時代に袖を振りながらも、時代の寵児としてのポップ・ソングライターになった

    By Shino Okamura / Kohei Ueno

    活動開始したタイミングこそ異なるが、セイント・ヴィンセントとコートニー・バーネットが現れなければ……いや、世界的に大成功を収めなければ、女性アーティストの在り方がこんなに捉え直されることもなかったので

  • FEATURES : 14 April 2018

    Courtney Barnett

    オーセンティックなグッド・ソングでぶっとばせ!
    ブリーダーズのディール姉妹も参加したコートニー・バーネット3年ぶりの新作を超早聴き激報

    By Shino Okamura

    確かに時代の主流からはまるきり離れた音楽だろう。オルタナ女子なんてコピーはレトロの産物でしかないかもしれない。そして実際、そこには、どうしようもなくロック、どうしようもなくグッド・ソング、というあまり

  • FEATURES : 11 April 2018

    Superorganism / BROCKHAMPTON

    Superorganismと
    BROCKHAMPTONが体現する
    ポップ・ミュージックにおける「二項対立」の無効化。
    その4つの理由とは?

    By Daichi Yamamoto

    2010年代のポップ・ミュージックを総括するとしたら? 「いま」、つまり2010年代の音楽は最高にエキサイティングだと感じてきたが、その理由は一体何……? これまでTURNで何度も取り上げてきたロンド

  • INTERVIEWS : 07 April 2018

    Charlotte Gainsbourg

    来日ツアー目前!
    シャルロット・ゲンズブールが語るセルジュとジェーン、音楽家としての苦悩と挑戦

    By Shino Okamura

    ブラッド・オレンジのデヴ・ハインズが出演するPV「Deadly Valentine」 シャルロット・ゲンズブールと音楽との関係を探っていく中で思い出すのは、ボブ・ディランの恋人役を演じていた映画『I&

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 03 April 2018

    Various Artists

    BEST TRACKS OF THE MONTH -March, 2018-

    By Shino Okamura / Yuta Sakauchi / Yasuyuki Ono / Nami Igusa / Daichi Yamamoto / Daiki Takaku

    Anderson .Paak – 「’Til It’s Over」 一言でいえば、フューチャー・ベース×ネオソウル。前者は、今やPerfumeも取り入れるEDM以降

  • FEATURES : 22 March 2018

    Mount Eerie

    来日ツアー直前! 海外メディアが軒並み最高評価を与える最新作『ナウ・オンリー』にみるフィル・エルヴラム a.k.a マウント・イアリの歌うこと、生き続けることの真理

    By Shino Okamura / Tsuyoshi Kizu

    「歌とは業なのか――最愛の人の死を前に歌の無力を呟いていたフィル・エルブラムは、しかし歌を作り続け、新しいアルバムを「僕はきみに歌う」という言葉で始める。もうこの世にいない人のために。 いまにも壊れそ