FEATURES : 13 March 2019

Stella Donnelly

A Cute & Sharp SSW - Stella Donnelly- Who Bites The Society Naturally

By Nami Igusa

FEATURES : 13 March 2019

Stella Donnelly

A Cute & Sharp SSW - Stella Donnelly- Who Bites The Society Naturally

By Nami Igusa

フジロックにも出演決定! 〜自然体のまま社会に噛みつく、キュートで鋭利なシンガー・ソングライター=ステラ・ドネリー

昨今の女性シンガー・ソングライターのロール・モデルとしての、コートニー・バーネットの存在感の大きさは、日に日に増すばかりだと感じている。その実感は、この新進気鋭のシンガー・ソングライターの存在によって確信に変わった。それが、オーストラリア・パースを拠点に活動、今年の《FUJI ROCK FESTIVAL》にも出演が決まっている、ステラ・ドネリーだ。フル・アルバムのリリースは先ごろ発売された『Beware of the Dogs』(2019年)が初。そのジャケット写真を見ればわかるように、まず第一に、めちゃくちゃかわいらしい。だが、そのルックスと、リリー・アレンにもよく似たキュートな歌声に「さぞや愛らしい楽曲が聴けるのだろう」と期待して、彼女のアルバムを聴き始めるのだとしたらーーリリー・アレンもそうだと言えるがーー痛い目を見ることになるから気をつけてほしい。ステラ・ドネリーの標的は、まさにそんな「女の子はかくあるべし」というような決めつけを持った貴方なのだから。

彼女はそのリリックで、旧態依然とした価値観やステレオ・タイプの押し付けに噛み付いて、鋭く“NO”を突きつけてくる。性犯罪で被害者のほうが責められることに怒りをぶつけ注目を集めた「Boys Will Be Boys」(2017年リリースのEPにも収録)や、前出のアルバム中もっともアップ・テンポな「Tricks」では、レイシズムに繋がりかねない盲目的な愛国心を引き合いに出しながら、「女の子にはこうあってほしい」という外野の要求に「ほっといてよ」と連呼するなど、その凄みはなかなかのもの。

ただ、彼女はそれらを単に辛辣に糾弾するわけではない。『Beware of the Dogs』のしょっぱなを飾る「Old Man」では、女性や子どもとの対話を蔑ろにする男性を、家庭で孤立している“オヤジ”に重ねて描き〈あなたは私が怖いの、ご老人?(Are you scared of me, old man?)〉とつつくあたりに、ウィットに富んだ批評性も垣間見せる。また、エモーショナルに歌い上げたかと思えば別の曲ではコミカルな歌い回しを聴かせたりとヴォーカルの表現の幅は広い上、楽曲もリアル・エステートなどを思わせる明るくアップ・リフティングなフォーク・ロック調から、ドラム・マシーンがビートを刻む曲まであり、表情豊かだ。そして何よりどの曲も、メロディが際立って良い。

自然体で“すっぴん”なソング・ライティングと、批評性を携えたリリック…こう見ていくとやはり、同じオーストラリア出身ということもあるが、とりわけコートニー・バーネットの存在こそが、ステラ・ドネリーがこうした強い批評性を持ってデビューするのにあたって、背中を強く押したのだろうと想像してしまう。“猛犬注意 (Beware of the Dogs) ”ーー女の子だって、男性社会の理不尽に噛み付いて、吠え立ててもいいじゃないか。ステラ・ドネリーを、侮るなかれ。(井草七海)

■Stella Donnelly Official Site
https://www.stelladonnelly.com/

■ホステス・エンタテインメント内アーティスト情報
http://hostess.co.jp/artists/stelladonnelly/

■FUJIROCKFESTIVAL ’19出演決定
https://www.fujirockfestival.com/


Stella Donnelly

Beware of the Dogs

■amazon商品ページはこちら


MORE FEATURES

  • FEATURES : 20 July 2019

    スカート

    フジロック出演!
    スカートのライヴにみるポップ開拓者としての強靭な孤独

    By Shino Okamura

    スカートは素晴らしいレコーディング・ユニットだが、素晴らしいライヴ・バンドでもある。ここではそんな話を書いてみたい。 去る7月6日に梅田クラブクアトロでスカートのライヴを観てきた。フル・バンドでのライ

  • FEATURES : 18 July 2019

    Festival

    “アジア発”が目立つ今年の夏フェス・ラインナップ、その背景を追う

    By Daichi Yamamoto

    今年の夏のフジロック・フェスティバル(以下 フジロック)、サマーソニックのラインナップには例年以上に東アジア・東南アジア出身のアーティストの名前が目立っている。K-POP、アジア出自のヒップホップ・R

  • FEATURES : 16 July 2019

    Toro Y Moi

    フジロック出演! 一歩先の未来を描くトロ・イ・モワ、信じるオフラインの可能性

    By Koki Kato

    朗らかな笑顔を浮かべながら演奏するトロ・イ・モワの姿が印象的だった2013年フジロック《ホワイトステージ》。彼自身はボーカルとキーボードを弾き、サポートにベース、ドラム、ギターを擁した音数の少ないバン

  • FEATURES : 12 July 2019

    Tycho

    フジロック出演決定!
    ザ・エックス・エックス『アイ・シー・ユー』に対する、ティコからの回答

    By Tetsuya Sakamoto

    エレクトロニクスとバンド・サウンドの融合、もとい、エレクトロニック・ミュージックのプロデューサーによる有機的なバンド・サウンドの可能性の探求ーーサンフランシスコを拠点にするスコット・ハンセンのソロ・プ

  • FEATURES : 12 July 2019

    New Order

    Joy DivisionからNew Orderへ、New OrderからJoy Divisionへ 

    By Tomoko Takahashi

    『∑(No,12k,Lg,17Mif)』。暗号のようなこの文字列は7月12日に発売されるNew Order(以下NO)のライヴ・アルバムのタイトルだ。察しのよい読者なら、この文字列が何を言わんとするの

  • INTERVIEWS : 10 July 2019

    GUIRO

    「ここでもそっちでもない、そのあいだ。それゆえにすごくいい空間である。『A MEZZANINE (あ・めっざにね)』はそういう作品であってほしい」
    名古屋の秘宝・GUIROの絶景たる“美しさ”

    By Dreamy Deka

    GUIROは1997年からヴォーカル・ギターの髙倉一修を中心に愛知・名古屋を拠点に活動するグループで「名古屋の至宝」と称されることもある存在だ。長い活動休止期間を終えた2015年以降は、彼らへのリスペ

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 09 July 2019

    Various Artists

    BEST TRACKS OF THE MONTH – June, 2019

    By Dreamy Deka / Shino Okamura / Kei Sugiyama / Daichi Yamamoto / Nami Igusa / Koki Kato / Sinpei Kido

    Brittany Howard – 「History Repeats」 ドラムがネイト・スミス。もうそのクレジットだけでこの曲がどういう位置付けにある曲かがわかる。現在44歳のネイトは、最

  • BRINGING THE PAST TO THE FUTURE : 09 July 2019

    Dennis Young

    ポストパンクとニューエイジ、内向と享楽が併せ立つ、異形のベッドルーム・ダンスミュージック

    By Yuji Shibasaki

    アーリー80’sのNYアンダーグラウンド・シーンに漲っていた脱ジャンル的なエナジーについては、近年でこそ様々な証言や研究によって徐々に明らかにされつつあるが、今その重要性が認識されている程度に当時から