FEATURES : 13 March 2019

Stella Donnelly

A Cute & Sharp SSW - Stella Donnelly- Who Bites The Society Naturally

By Nami Igusa

FEATURES : 13 March 2019

Stella Donnelly

A Cute & Sharp SSW - Stella Donnelly- Who Bites The Society Naturally

By Nami Igusa

フジロックにも出演決定! 〜自然体のまま社会に噛みつく、キュートで鋭利なシンガー・ソングライター=ステラ・ドネリー

昨今の女性シンガー・ソングライターのロール・モデルとしての、コートニー・バーネットの存在感の大きさは、日に日に増すばかりだと感じている。その実感は、この新進気鋭のシンガー・ソングライターの存在によって確信に変わった。それが、オーストラリア・パースを拠点に活動、今年の《FUJI ROCK FESTIVAL》にも出演が決まっている、ステラ・ドネリーだ。フル・アルバムのリリースは先ごろ発売された『Beware of the Dogs』(2019年)が初。そのジャケット写真を見ればわかるように、まず第一に、めちゃくちゃかわいらしい。だが、そのルックスと、リリー・アレンにもよく似たキュートな歌声に「さぞや愛らしい楽曲が聴けるのだろう」と期待して、彼女のアルバムを聴き始めるのだとしたらーーリリー・アレンもそうだと言えるがーー痛い目を見ることになるから気をつけてほしい。ステラ・ドネリーの標的は、まさにそんな「女の子はかくあるべし」というような決めつけを持った貴方なのだから。

彼女はそのリリックで、旧態依然とした価値観やステレオ・タイプの押し付けに噛み付いて、鋭く“NO”を突きつけてくる。性犯罪で被害者のほうが責められることに怒りをぶつけ注目を集めた「Boys Will Be Boys」(2017年リリースのEPにも収録)や、前出のアルバム中もっともアップ・テンポな「Tricks」では、レイシズムに繋がりかねない盲目的な愛国心を引き合いに出しながら、「女の子にはこうあってほしい」という外野の要求に「ほっといてよ」と連呼するなど、その凄みはなかなかのもの。

ただ、彼女はそれらを単に辛辣に糾弾するわけではない。『Beware of the Dogs』のしょっぱなを飾る「Old Man」では、女性や子どもとの対話を蔑ろにする男性を、家庭で孤立している“オヤジ”に重ねて描き〈あなたは私が怖いの、ご老人?(Are you scared of me, old man?)〉とつつくあたりに、ウィットに富んだ批評性も垣間見せる。また、エモーショナルに歌い上げたかと思えば別の曲ではコミカルな歌い回しを聴かせたりとヴォーカルの表現の幅は広い上、楽曲もリアル・エステートなどを思わせる明るくアップ・リフティングなフォーク・ロック調から、ドラム・マシーンがビートを刻む曲まであり、表情豊かだ。そして何よりどの曲も、メロディが際立って良い。

自然体で“すっぴん”なソング・ライティングと、批評性を携えたリリック…こう見ていくとやはり、同じオーストラリア出身ということもあるが、とりわけコートニー・バーネットの存在こそが、ステラ・ドネリーがこうした強い批評性を持ってデビューするのにあたって、背中を強く押したのだろうと想像してしまう。“猛犬注意 (Beware of the Dogs) ”ーー女の子だって、男性社会の理不尽に噛み付いて、吠え立ててもいいじゃないか。ステラ・ドネリーを、侮るなかれ。(井草七海)

■Stella Donnelly Official Site
https://www.stelladonnelly.com/

■ホステス・エンタテインメント内アーティスト情報
http://hostess.co.jp/artists/stelladonnelly/

■FUJIROCKFESTIVAL ’19出演決定
https://www.fujirockfestival.com/


Stella Donnelly

Beware of the Dogs

■amazon商品ページはこちら


MORE FEATURES

  • INTERVIEWS : 17 September 2019

    川本真琴&山本精一

    対談:川本真琴 × 山本精一
    「いろいろな曲がたくさん聴ける雑誌のようなアルバムにしたかった」

    By Shino Okamura

    悪いけど私はデビューした時から川本真琴のファンだ。だからわかる。彼女は決して衝動だけのアーティストなんかじゃないってことが。 それに気づいたのは、もう今から20年くらい前、彼女の正式なライヴとしてはお

  • INTERVIEWS : 16 September 2019

    Give me little more / MARKING RECORDS

    感度の高いショップが密集する城下町・松本のインディー文化
    カギを握る2軒の人気ショップ店主に訊く

    By Dreamy Deka

    サブスクリプション・サービスの普及と巨大フェスの定着によって、ぱっと見では隆盛を極めているようにも見える音楽シーン。洋楽・邦楽のメインストリームが盛り上がるのはもちろん素晴らしいことだけど、クラウドサ

  • FEATURES : 13 September 2019

    Belle And Sebastian

    映画と漫画と音楽から届いた手紙、私たちが過去を物語る理由

    By Koki Kato

    2020年公開予定の映画『Days Of The Bagnold Summer』のサウンドトラックがベル・アンド・セバスチャンの新作だという。誰かの過去について描くことで完成した新作、というべきだろう

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 08 September 2019

    Foals / Thom Yorke / Flea / Tohji / Alessia Cara / DIIV / The 1975 / South Penguin / Spinning Coin / First Aid Kit / Konradsen / 折坂悠太 / Oliver Tree

    BEST TRACKS OF THE MONTH – August, 2019

    By Hitoshi Abe / Si_Aerts / Sayuki Yoshida / Dreamy Deka / Shino Okamura / Kei Sugiyama / Daiki Takaku / Koki Kato / Hiroko Aizawa / Eri Mokutani

    The 1975 – 「People」 スタイリッシュでポップ、現代社会をクールに、かつ痛烈に切り裂くメッセージ性の強い歌詞、どこをとっても今最強で最高のロック・バントの一つであるThe

  • BRINGING THE PAST TO THE FUTURE : 06 September 2019

    Music From Temple

    〈プログレッシヴ〉の捨象したものが蘇る
    83年福岡産自主制作プログレを聴く

    By Yuji Shibasaki

    これまで一般にというと、テクニカルな演奏、複雑な楽曲構成、壮大で主情的なメロディーといった要素ばかりが取り沙汰されてきたきらいがある。それを抽出することをもってとして(一部カンタベリー系やジャーマン・

  • FEATURES : 04 September 2019

    Bon Iver

    バラバラになった何かをつなぐ最後の希望
    ROTH BART BARON三船雅也が綴る『i, i』に向けられたどうしようもなく美しい物語

    By Masaya Mifune

    ボン・イヴェール『i, i』に寄せて—— “これは1人のアメリカ人の男が絶望と孤独の淵から回復し、戻ってくる物語だった” 美しい自然と、黒く清んだ川がある。ウィスコンシン、オークレア。ジョン・プライン

  • FEATURES : 03 September 2019

    Jay Som

    Jay Som『Anak Ko』から考える、アジアン・アメリカン女性による”私たちの音楽”としてのギター・ミュージック

    By Nami Igusa

    90年代のオルタナ・ロックというのはある種、サウンドの荒っぽさゆえ、雄々しいイメージとは不可分であることは否定できない。いや、もちろん、ピクシーズのキム・ディールやソニック・ユースのキム・ゴードンとい

  • FEATURES : 01 September 2019

    Blindspotting

    映画『ブラインドスポッティング』が教えてくれる、“盲点をなくすことはできない”というスタート地点

    By Daiki Takaku

    “信念バイアス”、“行為者・観察者バイアス”a.k.a.”責任転嫁ゲーム”、そして“ルビンの壺”。主人公コリンと、そのドレッドを編む元彼女ヴァルとの会話(心理学用語の暗記中)で登場するこれらの言葉は本