FEATURES : 13 March 2019

Stella Donnelly

A Cute & Sharp SSW - Stella Donnelly- Who Bites The Society Naturally

By Nami Igusa

FEATURES : 13 March 2019

Stella Donnelly

A Cute & Sharp SSW - Stella Donnelly- Who Bites The Society Naturally

By Nami Igusa

フジロックにも出演決定! 〜自然体のまま社会に噛みつく、キュートで鋭利なシンガー・ソングライター=ステラ・ドネリー

昨今の女性シンガー・ソングライターのロール・モデルとしての、コートニー・バーネットの存在感の大きさは、日に日に増すばかりだと感じている。その実感は、この新進気鋭のシンガー・ソングライターの存在によって確信に変わった。それが、オーストラリア・パースを拠点に活動、今年の《FUJI ROCK FESTIVAL》にも出演が決まっている、ステラ・ドネリーだ。フル・アルバムのリリースは先ごろ発売された『Beware of the Dogs』(2019年)が初。そのジャケット写真を見ればわかるように、まず第一に、めちゃくちゃかわいらしい。だが、そのルックスと、リリー・アレンにもよく似たキュートな歌声に「さぞや愛らしい楽曲が聴けるのだろう」と期待して、彼女のアルバムを聴き始めるのだとしたらーーリリー・アレンもそうだと言えるがーー痛い目を見ることになるから気をつけてほしい。ステラ・ドネリーの標的は、まさにそんな「女の子はかくあるべし」というような決めつけを持った貴方なのだから。

彼女はそのリリックで、旧態依然とした価値観やステレオ・タイプの押し付けに噛み付いて、鋭く“NO”を突きつけてくる。性犯罪で被害者のほうが責められることに怒りをぶつけ注目を集めた「Boys Will Be Boys」(2017年リリースのEPにも収録)や、前出のアルバム中もっともアップ・テンポな「Tricks」では、レイシズムに繋がりかねない盲目的な愛国心を引き合いに出しながら、「女の子にはこうあってほしい」という外野の要求に「ほっといてよ」と連呼するなど、その凄みはなかなかのもの。

ただ、彼女はそれらを単に辛辣に糾弾するわけではない。『Beware of the Dogs』のしょっぱなを飾る「Old Man」では、女性や子どもとの対話を蔑ろにする男性を、家庭で孤立している“オヤジ”に重ねて描き〈あなたは私が怖いの、ご老人?(Are you scared of me, old man?)〉とつつくあたりに、ウィットに富んだ批評性も垣間見せる。また、エモーショナルに歌い上げたかと思えば別の曲ではコミカルな歌い回しを聴かせたりとヴォーカルの表現の幅は広い上、楽曲もリアル・エステートなどを思わせる明るくアップ・リフティングなフォーク・ロック調から、ドラム・マシーンがビートを刻む曲まであり、表情豊かだ。そして何よりどの曲も、メロディが際立って良い。

自然体で“すっぴん”なソング・ライティングと、批評性を携えたリリック…こう見ていくとやはり、同じオーストラリア出身ということもあるが、とりわけコートニー・バーネットの存在こそが、ステラ・ドネリーがこうした強い批評性を持ってデビューするのにあたって、背中を強く押したのだろうと想像してしまう。“猛犬注意 (Beware of the Dogs) ”ーー女の子だって、男性社会の理不尽に噛み付いて、吠え立ててもいいじゃないか。ステラ・ドネリーを、侮るなかれ。(井草七海)

■Stella Donnelly Official Site
https://www.stelladonnelly.com/

■ホステス・エンタテインメント内アーティスト情報
http://hostess.co.jp/artists/stelladonnelly/

■FUJIROCKFESTIVAL ’19出演決定
https://www.fujirockfestival.com/


Stella Donnelly

Beware of the Dogs

■amazon商品ページはこちら


MORE FEATURES

  • FEATURES : 24 May 2019

    Connan Mockasin

    初来日公演に見たエキセントリックでカルトなだけではないコナン・モカシン

    By Takuro Okada

    4月15日に新代田《Fever》で行われたコナン・モカシンのライブを観に行った皆さん。音源で聴ける線の細い歌声の印象から、ともすればヘタウマな世界が繰り広げられると思いきや、その繊細なヴォーカルに圧倒

  • FEATURES : 21 May 2019

    Flying Lotus

    Flamagra、それはフライング・ロータスが歴史を把捉しながら描く新たな音楽の設計図

    By Tetsuya Sakamoto

    これまでフライング・ロータスことスティーヴン・エリソンは、ビート・ミュージック、エレクトロニック・ミュージック、ジャズ、ヒップホップ、ファンクを自由に撹拌し、自在に往来しながら、エクレクティックでフレ

  • INTERVIEWS : 17 May 2019

    The National

    人はまっさらで生まれ、喜びや挫折を浴びて育ち、強く気高く終える
    ザ・ナショナル最高傑作『I Am Easy To Find』ここに誕生!

    By Shino Okamura

    モノクロのポートレートとしてアルバム・カヴァーに写る女性は女優のアリシア・ヴィキャンデル。と知って、とっさに『光をくれた人』(2016年公開)の熱演を思い出した人は、筆者以外にもいるだろうか。昨年公開

  • INTERVIEWS : 16 May 2019

    The National

    世界に誇る最強バンドであるために
    アーロン・デスナーが語るザ・ナショナルが無敵の理由

    By Shino Okamura

    このインタビューは2年前、2017年9月に発表された通算7枚目のスタジオ・アルバム『Sleep Well Beast』のリリースに際して筆者が行ったものだ。相手はアーロン・デスナー。このバンドの音楽面

  • MAP OF THE K-POP : 15 May 2019

    Jannabi

    BTSやBLACKPINKとも肩を並べる人気バンドが聴かせる、現代に寄り添うレトロ・ポップ

    By Daichi Yamamoto

    「K-POP」という言葉は私たちに何をイメージさせるだろう。北米や北欧のソングライターとタッグを組んだ激しいダンス・ミュージック?歌や踊りを何年も鍛え上げる厳しい訓練生活やオーディションといったアイド

  • INTERVIEWS : 13 May 2019

    空間現代

    遠回りをした方が得られる感動もある~ アメリカ・ツアーも大好評だった空間現代、初の海外リリース作であり7年ぶりのオリジナル・アルバム『Palm』を語る

    By Shinpei Horita

    ニュー・アルバム『Palm』は、空間現代にとって実に7年ぶりとなる単独名義でのスタジオ録音作品であり、初の海外リリース作品である。しかし彼らはその間、沈黙を貫いていた訳ではない。言うまでもなく、201

  • INTERVIEWS : 12 May 2019

    三宅唱 x Hi’Spec x OMSB

    三宅唱 x Hi’Spec x OMSBが語る、共に過ごす日々が紡ぐ、尊敬と信頼のクリエイティブ~映画『きみの鳥はうたえる』Blu-ray&DVD発売記念インタビュー

    By Daiki Takaku

    ヒップホップの曲作りの過程を収めたドキュメンタリー『COCKPIT(2014年)』でも既にその音楽への熱を迸らせていた映画監督・三宅唱。そしてその出演者でもあり今や神奈川県は相模原を代表するヒップホッ

  • INTERVIEWS : 11 May 2019

    Jamila Woods

    レガシー、それは私そのもの ~ジャミーラ・ウッズが語る新作『レガシー!レガシー!』と、誇りの在り処、アイデンティティのゆくえ

    By Nami Igusa

    レガシー、それは自分自身だ。ジャミーラはインタビューでこう語ってくれた。「『この人は誰だろう? 私と同じ所から出てきて、世界を変えるような素晴らしい業績を残したこの人は?』と。それが私の自信になり、自