FEATURES : 13 March 2019

Stella Donnelly

A Cute & Sharp SSW - Stella Donnelly- Who Bites The Society Naturally

By Nami Igusa

FEATURES : 13 March 2019

Stella Donnelly

A Cute & Sharp SSW - Stella Donnelly- Who Bites The Society Naturally

By Nami Igusa

フジロックにも出演決定! 〜自然体のまま社会に噛みつく、キュートで鋭利なシンガー・ソングライター=ステラ・ドネリー

昨今の女性シンガー・ソングライターのロール・モデルとしての、コートニー・バーネットの存在感の大きさは、日に日に増すばかりだと感じている。その実感は、この新進気鋭のシンガー・ソングライターの存在によって確信に変わった。それが、オーストラリア・パースを拠点に活動、今年の《FUJI ROCK FESTIVAL》にも出演が決まっている、ステラ・ドネリーだ。フル・アルバムのリリースは先ごろ発売された『Beware of the Dogs』(2019年)が初。そのジャケット写真を見ればわかるように、まず第一に、めちゃくちゃかわいらしい。だが、そのルックスと、リリー・アレンにもよく似たキュートな歌声に「さぞや愛らしい楽曲が聴けるのだろう」と期待して、彼女のアルバムを聴き始めるのだとしたらーーリリー・アレンもそうだと言えるがーー痛い目を見ることになるから気をつけてほしい。ステラ・ドネリーの標的は、まさにそんな「女の子はかくあるべし」というような決めつけを持った貴方なのだから。

彼女はそのリリックで、旧態依然とした価値観やステレオ・タイプの押し付けに噛み付いて、鋭く“NO”を突きつけてくる。性犯罪で被害者のほうが責められることに怒りをぶつけ注目を集めた「Boys Will Be Boys」(2017年リリースのEPにも収録)や、前出のアルバム中もっともアップ・テンポな「Tricks」では、レイシズムに繋がりかねない盲目的な愛国心を引き合いに出しながら、「女の子にはこうあってほしい」という外野の要求に「ほっといてよ」と連呼するなど、その凄みはなかなかのもの。

ただ、彼女はそれらを単に辛辣に糾弾するわけではない。『Beware of the Dogs』のしょっぱなを飾る「Old Man」では、女性や子どもとの対話を蔑ろにする男性を、家庭で孤立している“オヤジ”に重ねて描き〈あなたは私が怖いの、ご老人?(Are you scared of me, old man?)〉とつつくあたりに、ウィットに富んだ批評性も垣間見せる。また、エモーショナルに歌い上げたかと思えば別の曲ではコミカルな歌い回しを聴かせたりとヴォーカルの表現の幅は広い上、楽曲もリアル・エステートなどを思わせる明るくアップ・リフティングなフォーク・ロック調から、ドラム・マシーンがビートを刻む曲まであり、表情豊かだ。そして何よりどの曲も、メロディが際立って良い。

自然体で“すっぴん”なソング・ライティングと、批評性を携えたリリック…こう見ていくとやはり、同じオーストラリア出身ということもあるが、とりわけコートニー・バーネットの存在こそが、ステラ・ドネリーがこうした強い批評性を持ってデビューするのにあたって、背中を強く押したのだろうと想像してしまう。“猛犬注意 (Beware of the Dogs) ”ーー女の子だって、男性社会の理不尽に噛み付いて、吠え立ててもいいじゃないか。ステラ・ドネリーを、侮るなかれ。(井草七海)

■オフィシャル・サイト
https://www.stelladonnelly.com/

■ホステス内アーティスト情報
http://hostess.co.jp/artists/stelladonnelly/

■FUJIROCKFESTIVAL ’19出演決定
https://www.fujirockfestival.com/


Stella Donnelly

Beware of the Dogs

■amazon商品ページはこちら


MORE FEATURES

  • FEATURES : 19 March 2019

    Khruangbin

    初来日公演間近&フジロック出演!アメリカ・テキサス発、時代と地域を軽々と飛び越えるバンド=Khruangbin(クルアンビン)の摩訶不思議な面白さと新しさとは?

    By Nami Igusa / Koki Kato

    まもなく初来日ツアーが始まるアメリカはテキサスのクルアンビン。近年、世界的に見てもアジア・カルチャーへの注目が散見されるように、ヒューストン出身のLaura Lee ( Bass )、Mark Spe

  • FEATURES : 16 March 2019

    Say Sue Me

    初の単独来日公演間近!コリアン・インディの代表バンド、Say Sue Meを知る!

    By Daichi Yamamoto

    韓国・釜山を拠点とする4人組インディ・バンド、Say Sue Me(セイ・スー・ミー)の初の単独来日公演が、約3週間後に迫っている。世界的にアジア系のアーティストに注目が集まる昨今、彼らのことは、ミツ

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 09 March 2019

    Various Artists

    BEST TRACKS OF THE MONTH -February, 2019-

    By Shino Okamura / Kei Sugiyama / Nami Igusa / Koki Kato / Yasuyuki Ono

    Better Oblivion Community Center – 「Dylan Thomas」 先日の来日公演も記憶に新しいフィービー・ブリジャーズ。昨年話題を呼んだプロジェクト「ボー

  • FEATURES : 08 March 2019

    Vampire Weekend

    ヴァンパイア・ウィークエンドが見つけたラップ時代におけるバンド・サウンドとは?

    By Keigo Sadakane

    ヴァンパイア・ウィークエンド(以下、VW)は、バロック、アフロ、サイケ、そうした音楽の歴史と積極的につながることで自らを更新することに成功してきたバンドだ。そのことが「インディー・ロック」という10年

  • INTERVIEWS : 06 March 2019

    Alex Lilly

    ベックのバック・バンドでも活躍する西海岸の奇妙なミューズ
    アレックス・リリーがソロ・デビュー!

    By Shino Okamura

    昨年のサマーソニックでのベックのパフォーマンスを観た人なら覚えているかもしれない。現在の彼のバック・バンドにモデルのようなクール・ビューティーがキーボードやコーラスを担当していたことに(ギターはもちろ

  • BEST EVER TV SERIES : 04 March 2019

    Netflix

    「DARK ダーク」〜ドイツの田舎町に潜む、行き場のない家族間を巡る絶望

    By Hiroko Aizawa

    2017年にシーズン1が公開されたドイツ発のNetfilxオリジナル・ドラマ「DARK ダーク」。面白さの割に注目度の高くない本作だが、ついに今年の6月にシーズン2が公開されるという噂。シーズン1の主

  • FEATURES : 26 February 2019

    Beirut

    Beirut Original Album Guide ~サンタフェから世界へ……チャンス・ザ・ラッパーも魅了するBeirutの音楽旅

    By Shino Okamura / Nami Igusa / Koki Kato / Yasuyuki Ono

    『Gulag Orkestar』(2006年) エミール・クストリッツァ監督の諸作品や、そのクストリッツァもメンバーのノー・スモーキング・オーケストラのアルバムと並べて聴くと確かに気づく。ジプシー・ブ

  • INTERVIEWS : 25 February 2019

    Beirut

    ベイルート=ザック・コンドンが語る、 最高傑作『Gallipoli』で見せる地域も時空も超えたミュージック・タイムトラベラーとしての自負

    By Shino Okamura

    今回のインタビュー中で本人も説明してくれているように、ベイルートのザック・コンドンの故郷、アメリカはニューメキシコ州サンタフェに《フィエスタス・デ・サンタフェ(Fiestas de Santa Fe)