FEATURES : 27 August 2019

Chassol

Chassol’s originality that Solange and Frank Ocean appeal to

By Shino Okamura

FEATURES : 27 August 2019

Chassol

Chassol’s originality that Solange and Frank Ocean appeal to

By Shino Okamura

来日公演直前!
ソランジュやフランク・オーシャンもラブコールを送るシャソールの独創性
(文末にチケットプレゼント詳細)

決して早くはないソロ・デビューだったと言っていい。2012年、最初のアルバム『X-Pianos』がリリースされた時点で36歳。1976年、カリブ海の小さな島マルティニークに生まれたシャソールは、フランスとカリブとの合流が独自の文化を育んでいるマルティニークという美しい島そのままに、複数の支流が一つに融合したような複合的かつ独創的な音楽が魅力のミュージシャンだ。近年、フランク・オーシャンやソランジュの作品に客演するようになり一層注目されるようになったので名前を覚えている人も多いだろう。

フランス国籍のクリストフ・シャソールは、もともと幼少時からピアノのレッスンを受け、バークリー音楽院に学んだ秀才。卒業後はスタジオ・ミュージシャンとしての仕事、映画やCM音楽制作、あるいはフェニックスやセバスチャン・テリエといった同じフランスのアーティストのライヴや作品に参加するなどあくまで裏方として幅広く活動。そして2012年にようやく自身の名前でソロ・デビューを飾った。それが『X-Pianos』だ。

しかしながら、シャソールの存在がユニークなのは活動の多彩さや、その豊かな経験を生かした作品のクオリティ以上に、音楽制作の姿勢だろう。『X-Pianos』に収録されている「RussianKidz(La Ré Fa La)」が、ロシアの子供達の合唱映像に合わせて作成された曲であるように、自由自在に映像からインスピレーションを受けてコンポーズしていく手法は斬新というよりもユーモラスで洒脱だ。中でもオバマ前大統領のスピーチに音やメロディをつけた映像(2012年)も有名。これらに触れると、歌(声)と演奏の組み合わせを無理やり解放するのではなく、その枠組みの中でどれほど面白いことに挑めるかにトライしようとするウィットに溢れた創意工夫の引き出しの多さに驚かされる。ちなみに、今年4月からニューヨークの《Jewish Museum》で開催中(9/8まで)のレナード・コーエンのトリビュート展『Leonard Cohen: A Crack in Everything』にも、シャソールはレナードのスピーチにメロディをつけた作品を出展している。

そのアイデアはブライオン・ガイシン~ウィリアム・バロウズらが発展させてきたカットアップの柔軟な手法を彷彿とさせる、いわば“レディメイド・リユース”とでも言うような技法。既存の素材を全く異なるものへと再利用する懐の大きな作業だ。彼が素材として用いている動画や音源は、オバマのスピーチや動物たちの鳴き声の引用も含めて、一定の精度の高さはもとより、手を加えずとも十分に“美しい”もの、あるいは何らかの主張の持つものが多い。つまり、シャソールは、過去のそうした歴史財産や自然の事象への敬意を前提に、それを生かした上でどうポップ・ミュージックとして継承させていくのか?の姿勢を、ヴェイパーウェイヴ的発想で独創的に展開しているのではないかと思う。

だが、ただ素材を再利用するのが巧みなアイデアマンではないことは、目下のオリジナルとしては最新作にあたる『Big Sun』(2015年)やその前作『Indiamore』(2013年)の完成度の高さに現れているだろう。これらの作品は、カリブやインドの伝統的な音楽を引用しつつも、ジャズやブルーズ、近現代音楽の系譜上に位置するモダンなポップスとして構築されている。おまけに、決して敷居の低さを感じさせない開かれた目線があるのがいい。十分すぎるスキルと豊かな音楽知識と愛情、それらに溺れない遊び心。シャソールはそんな天賦の才能をいくつも兼ね備えた現代屈指のクリエイティヴな音楽家なのである。

そんなシャソールが《Billboard Live》では2度目となる来日公演をまもなく行う。そこで、TURNではこのシャソールの来日公演(東京公演1st Stage)に2組4名様をご招待! 応募方法は簡単! 下記をチェックして、ぜひふるってご応募ください!

この3年の間にフランク・オーシャンやソランジュとの交流で知名度も高まったシャソールの貴重な来日公演、お見逃しなく!(岡村詩野)


Chassol(シャソール)来日公演 チケットプレゼント

\下記公演に2組4名様をご招待!/
場所:Billboard Live TOKYO
日時:2019/9/9(月)1st Stage (Open 17:30 Start 18:30)
※Billboard Live OSAKA、およびBillboard Live TOKYOでの2nd Stageのチケットプレゼントはございません。

■応募方法
STEP1:
TURNのTwitterアカウント(@turntokyo)をフォロー。
STEP2:
上記のTwitterアカウントから投稿される対象ツイートを期間内にリツイート、または引用リツイートで完了!
※必ずご自身のアカウントを“公開”にした状態で参加ください。アカウントが非公開の場合は参加とみなされません。
※ダイレクトメッセージを受信拒否設定している場合、参加とみなされません。

■応募期間
2019/8/27(火)17:00 ~ 2019/9/2(月)23:59
※上記期間内にされた対象ツイートのリツイート、または引用リツイートが応募対象です。

■抽選・当選発表・賞品発送
・ご当選者様にはTURNアカウントよりTwitterのDMにてキャンペーン期間後当選連絡をいたします。当選発表は、DMの当選連絡をもって代えさせていただきます。
・ご当選者様にはDMにて、氏名・チケット送付の宛先をお聞きいたしますので、あらかじめ同意の上ご応募ください。
・DMのご返信をいただき次第、Billboard Live Tokyoよりすみやかにチケットを郵送させていただきます。
・チケットお届け先は、日本国内のみとさせていただきます。
・チケットお届け先が不明などでお届けできない場合は、当選を無効とさせていただきます。

■個人情報について
・ご当選者にDMでお聞きした個人情報は、賞品の発送、本件に関する諸連絡にのみ利用させていただき、第三者に開示・提供することはありません(法令などにより開示を求められた場合を除く)。本キャンペーンの個人情報は、キャンペーン終了後、すみやかに破棄いたします。

Text By Shino Okamura


Chassol Japan Tour 2019

大阪公演
2019/09/07(土)
Billboard Live OSAKA
1st
OPEN 15:30
START 16:30
2nd
OPEN 18:30
START 19:30
ADV / Service Area : ¥7,500 / Casual Area : ¥6,500
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=11512&shop=2

東京公演
2019/09/09(月)
Billboard Live TOKYO(東京都港区赤坂9丁目7番4号東京ミッドタウン ガーデンテラス4F)
1st
OPEN 17:30
START 18:30
2nd
OPEN 20:30
START 21:30
ADV / Service Area : ¥7,500 / Casual Area : ¥6,500
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=11511&shop=1


MORE FEATURES

  • FISHING THE BESTS : 18 September 2019

    youheyhey

    Fishing the Bests #3 〜Another Perspective〜

    By Daiki Takaku

    「音楽の聴き方を変えているのは間違いなくインターネット」先日TURNで行ったインタビューでYoung-Gもこう語っていたように、実際インターネット上で音楽を聴く、あるいはクラウドで音楽を管理することは

  • INTERVIEWS : 17 September 2019

    川本真琴&山本精一

    対談:川本真琴 × 山本精一
    「いろいろな曲がたくさん聴ける雑誌のようなアルバムにしたかった」

    By Shino Okamura

    悪いけど私はデビューした時から川本真琴のファンだ。だからわかる。彼女は決して衝動だけのアーティストなんかじゃないってことが。 それに気づいたのは、もう今から20年くらい前、彼女の正式なライヴとしてはお

  • INTERVIEWS : 16 September 2019

    Give me little more / MARKING RECORDS

    感度の高いショップが密集する城下町・松本のインディー文化
    カギを握る2軒の人気ショップ店主に訊く

    By Dreamy Deka

    サブスクリプション・サービスの普及と巨大フェスの定着によって、ぱっと見では隆盛を極めているようにも見える音楽シーン。洋楽・邦楽のメインストリームが盛り上がるのはもちろん素晴らしいことだけど、クラウドサ

  • FEATURES : 13 September 2019

    Belle And Sebastian

    映画と漫画と音楽から届いた手紙、私たちが過去を物語る理由

    By Koki Kato

    2020年公開予定の映画『Days Of The Bagnold Summer』のサウンドトラックがベル・アンド・セバスチャンの新作だという。誰かの過去について描くことで完成した新作、というべきだろう

  • BEST TRACKS OF THE MONTH : 08 September 2019

    Foals / Thom Yorke / Flea / Tohji / Alessia Cara / DIIV / The 1975 / South Penguin / Spinning Coin / First Aid Kit / Konradsen / 折坂悠太 / Oliver Tree

    BEST TRACKS OF THE MONTH – August, 2019

    By Hitoshi Abe / Si_Aerts / Sayuki Yoshida / Dreamy Deka / Shino Okamura / Kei Sugiyama / Daiki Takaku / Koki Kato / Hiroko Aizawa / Eri Mokutani

    The 1975 – 「People」 スタイリッシュでポップ、現代社会をクールに、かつ痛烈に切り裂くメッセージ性の強い歌詞、どこをとっても今最強で最高のロック・バントの一つであるThe

  • BRINGING THE PAST TO THE FUTURE : 06 September 2019

    Music From Temple

    〈プログレッシヴ〉の捨象したものが蘇る
    83年福岡産自主制作プログレを聴く

    By Yuji Shibasaki

    これまで一般にというと、テクニカルな演奏、複雑な楽曲構成、壮大で主情的なメロディーといった要素ばかりが取り沙汰されてきたきらいがある。それを抽出することをもってとして(一部カンタベリー系やジャーマン・

  • FEATURES : 04 September 2019

    Bon Iver

    バラバラになった何かをつなぐ最後の希望
    ROTH BART BARON三船雅也が綴る『i, i』に向けられたどうしようもなく美しい物語

    By Masaya Mifune

    ボン・イヴェール『i, i』に寄せて—— “これは1人のアメリカ人の男が絶望と孤独の淵から回復し、戻ってくる物語だった” 美しい自然と、黒く清んだ川がある。ウィスコンシン、オークレア。ジョン・プライン

  • FEATURES : 03 September 2019

    Jay Som

    Jay Som『Anak Ko』から考える、アジアン・アメリカン女性による”私たちの音楽”としてのギター・ミュージック

    By Nami Igusa

    90年代のオルタナ・ロックというのはある種、サウンドの荒っぽさゆえ、雄々しいイメージとは不可分であることは否定できない。いや、もちろん、ピクシーズのキム・ディールやソニック・ユースのキム・ゴードンとい