BEST TRACKS OF THE MONTH : 09 March 2019

Various Artists

BEST TRACKS OF THE MONTH ~2019.02~

By Shino Okamura / Kei Sugiyama / Nami Igusa / Koki Kato / Yasuyuki Ono

BEST TRACKS OF THE MONTH : 09 March 2019

Various Artists

BEST TRACKS OF THE MONTH ~2019.02~

By Shino Okamura / Kei Sugiyama / Nami Igusa / Koki Kato / Yasuyuki Ono

BEST TRACKS OF THE MONTH -February, 2019-

TURNライター陣による、2019年2月のベスト・トラック紹介!

Better Oblivion Community Center – 「Dylan Thomas」

先日の来日公演も記憶に新しいフィービー・ブリジャーズ。昨年話題を呼んだプロジェクト「ボーイジーニアス」に続き、手を組んだのは彼女のアルバムにも参加していたコナー・オバーストだった。本曲は突如リリースされたアルバムのリード・トラック。フォーク・ロックを基調とし、どこかカラリとしたアコースティック・ギターと、ノイズ・ライクなサウンドが重層的に織り込まれ展開する。

曲名はボブ・ディランがその名を借りた詩人「ディラン・トーマス」に由来するのだろう。2人は「自らに/この世界に対して実直にありたい」と、フェイクにまみれた祖国の現政権への批判を歌い、「それでもいい、私は一人でも進む」と静かに叫びながら、欺瞞と不条理に満ちた社会への憂いとシニシズムを届ける。そこにあるのは、現状はきっと変わらないかもしれないがそれでもこの世界を生きていくというメッセージだ。00年代のディランと呼ばれた男と稀代のシンガーソングライターが生んだ、怒りと諦めのなさに満ちた、時代と対峙するプロテスト・ソング。(尾野泰幸)

Coughy – 「V」

現段階で我々が聴けるのはたった1曲。それも僅か1分。それだけだ。でも、その破壊力が凄まじい。もちろん、90年代には割と聴いた音ではある。初期セバドー、ペイヴメントを思わせる超絶ロウ・ファイ・サウンド。ヴォーカルも脱力系。でもメロディは人懐こくてフレーズもキャッチー…という構造。でも、誰もがグルーヴだとかミニマルだとかしなやかな音だとか…というものへアプローチしている中、いくらセバドーやディアフーフの近作をリリースしているレーベル(Joyful Noise)だからって、ここまで振り切ってくれるとどんよりした闇が一気に吹っ飛ぶ。Ava LunaのJulianとLaser Background、Speedy OrtizのAndyという、近年のインディー・ロック氷河期を飄々と生き抜いてきた二人によるウニ脳直撃のロウファイ・ポップ・レジスタンス。ディズニーからクレームが来そうな落書きのアニメーションPVの腰抜け具合も申し分なし。で、ファースト・アルバム『Ocean Hug』は3月29日発売。どんな時もブレないで来た私や貴方、そして行き場が見えない若きロック迷子の貴方に!(岡村詩野)

Cuco, Dillon Francis – 「Fix Me」

チカーノのシンガーソングライターCucoの新曲は、Clairoと共演した「Drown」でフラれた男の続編と解釈できて面白い。シンセサイザーがバック鳴りながら、「Fix me, I’m a lonely boy. I wanna be your only toy」(“孤独なボーイ”“あなたのトイになりたい”)というパンチラインの虚しさときたら何とも言えない。他にも「完璧な男になるよ」アピールなど、前作に続き見事に未練たらたらを貫いている。

MVは、そんなフラれた彼を頼りになるアニキDillon Francisが相談にのるという物語になっており、失恋による心の痛みを身体的な痛みへと変換して表現しているのか、コラージュのクオリティしかり、笑劇的かつアクロバティックな失敗の数々に思わず笑みがこぼれてしまう。Cucoはこの曲で「失恋も笑い飛ばそうよ、そりゃ人生いろいろあるよね」と肩を叩いてくれているのだ。こうなってくると第三弾を期待したくなるし、今度はKhalidなど男性R&Bシンガーとコラボして恋敵登場的な歌とか面白そうではないでしょうか。(杉山慧)

Nilüfer Yanya – 「Tears」

いまロンドンで最も旬な新人は? と尋ねられたら、間違いなくニルファー・ヤンヤだと即答できる。この23歳のシンガーソングライターの感性は、完全に新世代のそれだ。“UKソウルの新星”と言われているが、ジョルジャ・スミスら正統派志向のR&B〜ソウルの若手と近しい感覚を共有しながらも、ストロークスやリバティーンズから影響を受けてきた彼女は、そうした2000年代のギター・ロックとブラックミュージックとを、はなから区別することなくフラットに吸収しているのだ。

そんな彼女の新曲「Tears」は、予想外なことに、エレクトロ・アレンジが施された、どことなく80年代をも思わせるシンセ・ポップだ。ただ、深みのある歌声やメロディはやはりソウルフルで、さながらグライムス、ミーツ、エイミー・ワインハウス、といわんばかりのセンスに、中毒性が宿っている。ジャンルの壁など感じさせないその奔放な才能が、ジョン・コングルトンがプロデュースするというデビュー・アルバムでどう化けるのか。待ち遠しくて仕方がない。(井草七海)

Norah Jones – 「Just A Little Bit」

静謐なエレクトロニカのようなサウンドに驚いて、ついもう一度再生した。長く響くオルガン、優しく指を降ろすピアノにトランペットとサックスが寄り添う。前作『Day Breaks』で共にジャズを奏でたドラムのブライアン・ブレイドとベースのクリストファー・トーマスがミニマルなビートを奏で、穏やかな音風景が少しづつ広がっていく。これは本当に彼女の曲なのか。誰かから決めつけられることを避けた匿名性や、自身を再発見した喜びが歌われるように、少なくとも前作のジャズとは異なるし、自らの存在を捉え直しているよう。ビリー・ジョーとのコラボ作『Foreverly』でその組み合わせの妙に驚いたこともあったが、中心にはポップミュージックとしての歌があった。バンドとの即興で作曲されたからか、歌は必ずしも中心にはいない。楽器と溶け合うように曲の、環境の一部になっていく。彼女がまた新たに歌と向き合っている、そう感じる。(加藤孔紀)


MORE FEATURES

  • FEATURES : 24 May 2019

    Connan Mockasin

    初来日公演に見たエキセントリックでカルトなだけではないコナン・モカシン

    By Takuro Okada

    4月15日に新代田《Fever》で行われたコナン・モカシンのライブを観に行った皆さん。音源で聴ける線の細い歌声の印象から、ともすればヘタウマな世界が繰り広げられると思いきや、その繊細なヴォーカルに圧倒

  • FEATURES : 21 May 2019

    Flying Lotus

    Flamagra、それはフライング・ロータスが歴史を把捉しながら描く新たな音楽の設計図

    By Tetsuya Sakamoto

    これまでフライング・ロータスことスティーヴン・エリソンは、ビート・ミュージック、エレクトロニック・ミュージック、ジャズ、ヒップホップ、ファンクを自由に撹拌し、自在に往来しながら、エクレクティックでフレ

  • INTERVIEWS : 17 May 2019

    The National

    人はまっさらで生まれ、喜びや挫折を浴びて育ち、強く気高く終える
    ザ・ナショナル最高傑作『I Am Easy To Find』ここに誕生!

    By Shino Okamura

    モノクロのポートレートとしてアルバム・カヴァーに写る女性は女優のアリシア・ヴィキャンデル。と知って、とっさに『光をくれた人』(2016年公開)の熱演を思い出した人は、筆者以外にもいるだろうか。昨年公開

  • INTERVIEWS : 16 May 2019

    The National

    世界に誇る最強バンドであるために
    アーロン・デスナーが語るザ・ナショナルが無敵の理由

    By Shino Okamura

    このインタビューは2年前、2017年9月に発表された通算7枚目のスタジオ・アルバム『Sleep Well Beast』のリリースに際して筆者が行ったものだ。相手はアーロン・デスナー。このバンドの音楽面

  • MAP OF THE K-POP : 15 May 2019

    Jannabi

    BTSやBLACKPINKとも肩を並べる人気バンドが聴かせる、現代に寄り添うレトロ・ポップ

    By Daichi Yamamoto

    「K-POP」という言葉は私たちに何をイメージさせるだろう。北米や北欧のソングライターとタッグを組んだ激しいダンス・ミュージック?歌や踊りを何年も鍛え上げる厳しい訓練生活やオーディションといったアイド

  • INTERVIEWS : 13 May 2019

    空間現代

    遠回りをした方が得られる感動もある~ アメリカ・ツアーも大好評だった空間現代、初の海外リリース作であり7年ぶりのオリジナル・アルバム『Palm』を語る

    By Shinpei Horita

    ニュー・アルバム『Palm』は、空間現代にとって実に7年ぶりとなる単独名義でのスタジオ録音作品であり、初の海外リリース作品である。しかし彼らはその間、沈黙を貫いていた訳ではない。言うまでもなく、201

  • INTERVIEWS : 12 May 2019

    三宅唱 x Hi’Spec x OMSB

    三宅唱 x Hi’Spec x OMSBが語る、共に過ごす日々が紡ぐ、尊敬と信頼のクリエイティブ~映画『きみの鳥はうたえる』Blu-ray&DVD発売記念インタビュー

    By Daiki Takaku

    ヒップホップの曲作りの過程を収めたドキュメンタリー『COCKPIT(2014年)』でも既にその音楽への熱を迸らせていた映画監督・三宅唱。そしてその出演者でもあり今や神奈川県は相模原を代表するヒップホッ

  • INTERVIEWS : 11 May 2019

    Jamila Woods

    レガシー、それは私そのもの ~ジャミーラ・ウッズが語る新作『レガシー!レガシー!』と、誇りの在り処、アイデンティティのゆくえ

    By Nami Igusa

    レガシー、それは自分自身だ。ジャミーラはインタビューでこう語ってくれた。「『この人は誰だろう? 私と同じ所から出てきて、世界を変えるような素晴らしい業績を残したこの人は?』と。それが私の自信になり、自